闘う母の笑タイム

2004年秋、早期乳癌で入院・手術・通院・経過観察ついに卒業
リンパ浮腫と同居中!髄膜腫摘出手術も経験。がんばろう~♪

驚きの体験!

2017年04月27日 | ひとりごと



我が家の近くにある有料道路で、一部無料で利用できる便利な区間があります。

”通院”や”買い物”によく利用しています。



今日も、いつものように利用しようとインターチェンジに侵入しようとしたら

緊急車両が停車中!目の前で、旗を持った係員が静止の指示。

近づいて来て「逆走車がいるので止まってください!」と言われました。

すぐ目の前で、「軽自動車」がこちらに向いた状態で止まっていました。

係員に誘導されながら、方向転換をして正規の方向に走り出しました。




各地の報道で「逆走車」の危険を知っていましたが・・・

まさか自分の目の前で、起きていたなんてビックリです。


もう少し早い時間だったら・・・事故に巻き込まれていたかも・・・

それにしても、どこから逆走してきたのか?





不思議で、怖い時間を体験しました。






このまま順調に・・・

2017年04月14日 | 髄膜腫


今年になって、気になる症状で検査など

一時心配しした時期もありましたが・・・



本日、MR検査をして気になる症状も消え

脳も異常なく、一安心しました。



次回は、一年後”MR検査”です。




手術から半年。

いろいろありましたが・・・

あのタイミングで手術をし、元気になってから

義父の介護を考え、あれこれと動いた数か月・・・



”健康”について再び考えるきっかけになった”髄膜腫”です。




お疲れ様でした

2017年03月26日 | 社会勉強(老い・福祉)



3月18日・・・義父、93歳の人生に終止符。



今年に入り、足腰が弱りいろいろな面で

見守り → 介助 → 介護 と変化のスピードが速かった。


介護認定通知(要介護3)が届いたのが3月8日。

ケアマネージャーとの計画打ち合わせが13日に決まった矢先


10日に体調を崩し、救急車搬送、約一週間の入院でした。




義父との思いでは、いろいろありますが・・・

やはり、今年に入っての”二か月間”は、義父と嫁というより


私は、”おかあさん” 義父は、”かわいいこども”

そんな関係に私は思ってしまう位、変化にとんだ時間でした。



”かわいいこども”と思えるようになれたのは、

”実母”の経験が、大きく影響しました。


突拍子もない言動・行動にも、付き合って笑顔で対処。

私自身も、ある意味楽しんで過ごせた時間でした。



そんな義父との別れで、寂しさを感じる日々ですが

88歳の義母と夫と、義父の思い出話しをしながら

これからも、過ごしていこうと思います。





いろいろな一か月

2017年02月28日 | ちょっと気になる症状


今日で二月がおしまいですが・・・

今月、初めての記事になってしまいました。反省です!



<自分のこと>

今月の脳外科受診(MR検査)は、2月21日でした。

気になる症状も、ほぼ見えないくらい小さくなっていました。

このまま、落ち着いていくだろうということです。


次回は、4月14日脳外科診察(MR検査)です。

この検査で、異常がなければ一年毎の検査でいいでしょう。

という主治医の説明に少しほっとしました。






<義父のこと>

昨年12月17日の誕生日で93歳になった義父。

今年になって、脚が弱り、体調の変化が目立つようになりました。

今月には、入浴に介助が必要になり言動にも現実離れした内容が多々あり

”介護保険申請”をすることにしました。


手続き、病院受診、面談、を進めるにつれ

症状が、どんどん強くなり・・・


”介護認定”を待つ家族です。


この一か月は、「介護用品」をいろいろと見て回り、

あれこれと、義父に合う物を思案する夫と嫁(私)でした。


”介護認定”を待って、用意したほうがいい場合もあるので

とにかく・・・早く”認定結果通知”きてくださ~い!!!

   
というのが、正直な気持ちです。





来月、早々には結果がでることになっているので・・・

それまで、がんばれ~!  です。(苦笑)





良い方に・・・

2017年01月26日 | ちょっと気になる症状


新年早々、脳外科通院検査をしてドキドキの時間を過ごしましたが・・・

次回検査までの二週間に、またまた気になることが起きて

17日に、再受診をしました。


血液検査・MR検査等しましたが、

心配するような結果ではなく様子をみることに・・・。



そして、24日の検査受診をしてきました。



二週間前の画像よりも、気になる部分が小さくなっている。

手術痕の状態も、落ち着いている。


ということから”最悪の事態”にはならない。という結論になりました。

一か月後に、もう一度検査をして”安心”を手に入れようと思います。




とにかく、いろいろと慌ただしい一月でした。


「気になることがあったら連絡してください。」

主治医の言葉に救われ、安心し納得の受診で、心落ち着きました。



もうしばらく”脳外科”と御付き合いしていこうと思います。(笑)