我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D字幕) / LIFE OF PI

2013-01-27 10:54:10 | 劇場&試写★6以上

 

 

  文学界の権威あるブッカー賞を2002年に受賞した世界的ベストセラー小説『パイの物語』を、

アン・リー監督(「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」)が映画化

 

来月発表になる、アカデミー賞作品賞ほかにもノミネートされ話題の作品。

映像がスゴいと聞いていたので、あえて嫌いな3Dを選択。

 

主人公は海で嵐に見舞われ、ただひとり生き残った16歳の少年パイ。

家族を亡くし悲しみに暮れるまもないまま、さらなる過酷な運命が降りかかる。

パイが避難した小さな救命ボートには、何とトラが隠れていたのだ

 

 

物語は、この不思議な体験を本にする為にインタビューに訪れたカナダ人作家に語りながら回想で綴られていく。

成人したパイには、「スラムドッグ・ミリオネア」で警部、「ニューヨーク、アイラブユー

などにも出演のイルファン・カーン。

 

トラと漂流する少年、パイには新人のスラージ・シャルマ。

 

ジェラール・ドパルデューはコックとしてちょこっと登場。

 

初めパイのほかに小さな救命ボートに乗って助かったのは、シマウマとハイエナと、オラウータン。

そこにトラもいたから大変!

弱肉強食で段々とやられ、トラと2人きり?になったパイはどうやって生き延びたのか??

 

大自然と生命の神秘圧倒的映像美で魅せる

これはぜひとも劇場、それも3Dがやっぱりオススメ

 

 

8/10(80点)

 

 

 

大型の船が嵐で難破するまでの話がけっこういらないかも。

少年パイの名前をpiとからかわれ、その意味が語られる。

前半の30分くらいまでがけっこう退屈。

やっぱり漂流してからが俄然面白くなってくる。

トラはCGで撮影し、別撮りだとわかっててもその恐怖感、緊張感は伝わるし、

どうやって共存したかと言えば、小さなイカダをそばに繋げてそっちに座る。

(あ、やっぱりそうでもしないと同じ空間にいるのはムリだよね)

肉食のトラ、食べるものが尽きている状況でいつ自分の命が狙われてもおかしくない。

 サーカスのように調教を試みてもムリ。

なんとか笛と長い棒でたしなめることが出来ても

エサはボートの方にあるからとりに行く度に危険にさらされる。

 

これで、トラとの友情が成立してわかりあえるようになるのではフツウすぎる。

やっぱりトラはパイの事を友達としては思っていないというところで

人間が飼うペットとはまた違う野生動物なんだなぁと実感する。

 

トビウオ?がスゴい勢いで飛んできたり、

ミーアーキャットとすごい群れの肉食島のシーン、クラゲの群れなど

壮大なCGならではの迫力のシーンは盛りだくさんで飽きさせない。

そしてこれでもかというくらい美しい自然の映像

 

感動!!というよりじんわりいい話。

ラストで作家にパイが語る2通りの物語は信じるも信じないもその人次第。

最後に振り返ってくれなかったトラのリチャードパーカー。

その存在が、生きる希望を与えてくれた。

 

これがアカデミー賞作品賞をとるか?といえば

とるほどではないという気がするけど、観て良かったと思える作品

劇場でお見逃しなく

 

1960年代初めにインドのポンディシェリで生まれたパイは、父親が経営する動物園でさまざまな生き物と触れ合い、勉強や初恋に一喜一憂する少年だった。 ところが1976年、16歳になったパイの人生は根底からひっくり返ってしまう。カナダ、モントリオールへの移住を決めた両親、動物園の動物たち、そしてパイが乗り込んだ日本の貨物船が、洋上で嵐に見舞われて沈没したのだ。生き残ったのは、必死の思いで救命ボートに避難したパイと、足を折ったシマウマ、ハ イエナ、オランウータン、そしてベンガルトラのリチャード・パーカーだけだった。まもなくシマウマらが相次いで命を落とし、パイはトラとともに、果てしなく広大な太平洋をさまようことに。わずかな非常食で当面の飢えをしのぎ、家族を亡くした悲しみと孤独にも耐えるパイは、どのようにして腹を空かせた獰猛なトラの襲撃をかわし、この絶望的な極限状況を生き抜いていくのか.....。

 

 

 

  公式サイト 

LIFE OF PI     2012年   アメリカ    127min

1月25日(金)より、公開中~

 

 

台湾プレミアにて

 

NYフィルムフェスティバルにて。

しかしなんだか本作はアン・リー作品っぽくない

 

 

 

1日1回、ポチっとよろしくね
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (48)   Trackbacks (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウトロー/ JACK REACHER | TOP | ゴーストライダー2 /GHOST RIDE... »

48 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2013-01-27 11:08:43
たしかに序盤は少々退屈でしたね。

いざ漂流生活に入ると、かなり盛り上がり…
映像面も素晴らしいと思いました♪

物語を通して訴えていることは、
まさに“生きる希望”なんでしょうね。
Unknown (あいち)
2013-01-27 11:11:33
この映画気になってたんです。
トラと一緒って怖いですよね・・・
「ライフ オブ パイ」のこと書いてくれてありがとうございます。
こんにちは (dai)
2013-01-27 12:10:21
前半は退屈でしたが、
トラを含めた動物CGの素晴らしさや
映像の大迫力さなど良かったですね。
最後も含めて本当に観て良かったと思えますね。
児童文学、、 (kira)
2013-01-27 12:32:39
にしては、宗教観が最後大きく関係していると思わせるので、
ちょっと余り小さいと深くは理解出来ないかもですね。

初日鑑賞でしたが、公開劇場が多いせいなのか、
私が観た3Dの回は3割ほどの入りでした。
これはやっぱりスクリーンで観て欲しい作品でしたよね
だって、トビウオのシーンでは、臨場感たっぷりで
思わず避けてしまってました(爆)
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-01-27 15:35:13
前半をもう少し短くしてくれると、もっといい映画になっていたかも知れませんね。
私もオスカーを取るとは思えませんけど、監督賞あたりはもしかしたらあるかも?と思いますよ。
Unknown (yukarin)
2013-01-27 20:51:17
私も漂流するまでが長くて退屈しちゃった~
評判どおり映像は美しかったね~いつもは文句言う3Dだけど今回は良かったし、トビウオのところは思わず避けちゃった(笑)
感動とまではいかなかったけど私も観て良かったと思うのだけれど、私もアカデミー賞をとるほどではないかなと思ったのが正直なところ....
BROOKさん★ (mig)
2013-01-27 23:56:02
そうですね、思ってたように映像美は綺麗。
そして3Dで正解でしたよね☆
序盤はいらないからもうちょっとはやく航海にでればイイと思っちゃいました。
あいちさん★ (mig)
2013-01-27 23:57:16
混んでましたのでぜひチケット早めに確保して
劇場で観て下さい♪
大画面が断然オススメです。
ただ画面けっこう揺れるので酔い易い方は要注意です☆
daiさん★ (mig)
2013-01-27 23:58:52
あ、そうかぁ
トラはCGなのは知ってたけど、合成という意味で別撮りしたのかと思ってました。
トラそのものがCGかー、ほんと良く出来てますよね。
CGとか3Dとか嫌いだけどうまく活かされててこれはありですよね。
序盤は退屈でしたねー
kiraさん☆ (mig)
2013-01-28 00:00:36
そうですねー、あまり小さい子は理解できないかな。
でも映像的な面白さは十分子供でも味わえますね♪
トビウオのシーンも面白かったけど
あのミーアーキャットの群れもすごいですよね、
あんなのうじゃうじゃいたら私歩けないわ!
グアムのなまこだらけの海も怖かったけど 笑
にゃむばななさん★ (mig)
2013-01-28 00:02:03
うーん、監督賞ですか?
アンリーは好きだけどそれもないかなぁって思います。
ただ面白い映画ではありました。
作品賞ノミニー作品って昔に比べると枠が増えたから
このくらいでもノミニーになっちゃうんですね。
いや、面白かったけど、、、
yukarin★ (mig)
2013-01-28 00:03:59
うんうん、同じ感想だわ~
しかしあんなに混んでるとは思わなかったわ
最近はネットで皆席予約しちゃうからかなぁ。
yukarinとこですいてるって言ってたので
大丈夫かぁって思ってたけど渋谷のシネコンは
やっぱり油断できないね
トビウオのシーンとかすごかったねー!
魚とり放題!
Unknown (佐藤秀)
2013-01-28 00:11:28
>少年パイがpi (ヒンドゥ語でおしっこ)

なんてことなかったですよ。序盤退屈だたそうだからから勘違いしたのかな? こういう映画って退屈そうなところにネタバレありですから。
Unknown (mig)
2013-01-28 00:19:43
あ、さっきツイッターで教えて頂いて
私の勘違いみたいですね。
消そうと思ってたところです、
まぁネタバレというか伏線でしょうか。
でもそんなに大事ではないですよね
こんにちは。 (オリーブリー)
2013-01-28 16:16:07
やはり皆さん前半が。。。ですね(笑)
ここ、もう少し簡潔にしてくれたら、もっと良かったと思えるのですが。
私も3D苦手ですが(地元では2Dしか上映無かったし)同じく苦手なmigさんも3Dと仰るから、近いうちに観てきます!(前半、乗り切らなきゃ~^^)
こんにちは (たいむ)
2013-01-28 17:46:22
「タイタニック」とかでもそうだったけれど、沈没だの漂流だのって映画は、不謹慎ながらそこからが本番で楽しみにしているんですよね。
うっかり前半は眠くなっちゃいました。
見て良かったって思う映画だけれど、個人的には気持ちが高ぶるような作品ではなかったです。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2013-01-28 22:59:42
アカデミー賞ノミネートは納得の素晴らしい作品でしたが、では作品賞を獲るのかって言うと
そこまでではないような気が私もします(^^ゞ

私も船の沈没、漂流から俄然面白くなってきました!
この作品は、migさんがおっしゃっているように、絶対に映画館でそして3Dで観るべき作品ですよね。

圧倒的な映像美IMAXで鑑賞して堪能しました\(^o^)/
オリーブリーさん☆ (mig)
2013-01-29 00:18:06
お、オリーブリーさん二度目行くのね!?
そうですねー、前半はうとうとしちゃったもの。
そんなにすごい3D効果ってほどでもないんだけど、
でもやっぱり良かったナ。
ぜひぜひ~♪
たいむさん☆ (mig)
2013-01-29 00:19:56
そうなのよね~
☆8にするからには最初から通して面白いのだけど、
ちょっとオマケかなぁ。
作品賞??って感じもするし。
でも去年のもファミリーツリーとか
そのくらいの内容で作品賞?てのも多いなぁ。
本作は私、サバイバルもの好きだからけっこう好き♪
見たい!! (yue)
2013-01-29 00:20:44

8スターならかなり良いのだね★
この小説、トロントに居る時に
学校の読書の課題でゆえこれを選んでがんばって読んだんだ。
いいよね~小説のイメージを裏切らないような出来だろうな。
ノルウェーで映画もう終わっちゃったかもーー
これこそ3Dで観たい。

主演の男の子もイメーどおりだわー
ひろちゃん★ (mig)
2013-01-29 00:21:13
最近は出来るだけレビューを簡潔かに戻そうとしてるけど
ひろちゃん、詳しく時間かけてるなぁってわかるレビュー
感心です。
面白かったけどアカデミー賞作品賞はとらない感じしますよね
☆yue (mig)
2013-01-29 00:22:38
お?
そうなの!?知らなかった~
じゃあもうこれ観るしかないよ!!
良かったから観て。CGはうまく使われてるし、
3Dも正解。やってるとこ探して大画面でみるのじゃ!!
あとでブログいくよー☆
観た~! (マリー)
2013-01-30 21:05:23
こんばんは~~♪
やっと観てきたよ~~~。
しかも苦手3Dで!それに前フリが長いってみんな言ってたから覚悟出来てて~あんまり長いって感じなかった。らっき~(笑)

なんたって映像美だよね。キレイだったなぁ~~~。
凄く3Dを感じたのはクジラシーンではなく冒頭の小鳥だったなぁ(笑)
それにミーアキャットにツボった!1人で大笑いしちゃった・・・

全編を通して、生きる希望ってどこにあるのか・・・極限においては、宗教って何教でもあんまり関係ないなとか考えたかな~。
早く観たい! (mezzotint)
2013-01-30 23:40:28
migさん

今晩は☆彡お久しぶりです。
まだ観れてないんですよ。
やっぱ3Dが良さそうですね。
前半が長くて退屈そうなのでちょっとzzzならないか
心配です。3D&字幕版の上映が少ないので、夕方
鑑賞予定です。また記事アップしたらお邪魔しますね。
キ―ラ&カレル作品はmigさんの勘通りダメでした(涙)
トラちゃんに萌え目線 (q夢か希望か現実か)
2013-01-31 14:35:56
人物背景は大切だけど前半ナンジャカナねぇ・・・
この画像美は絶対映画館
映画館の特権ね
肉食アイランドはアリだと思いつつ
生き抜けたのはママの遺体を食べかな~と
観終わって感心して考えちゃった
もしかしたら全部「創作」とか
もしかして夢オチか?!と
トラちゃんがウルウルとパイを見る目線に
我家の3猫達と変わらなくて
モフモフ♪したーい萌え目(=v=)ムフフ♪
ワタクシ、トラだライオンだホワイトタイガーだの
尻尾を持って散歩したり育てたいのですのですわ
マリーさん☆ (mig)
2013-01-31 23:24:40
あはは、あの導入部分ねー笑

ミーアーキャットのシーンはほんと
何々!!?ってびっくり。面白かったね~
あんなのかき分けながら歩けないよね
 笑
これは3Dで良かったね♪
レビュー待ってまぁす。
mezzotintさん★ (mig)
2013-01-31 23:28:18
こんばんは~☆

そうそう!お年賀状いただいたまま
お返事してなくってごめんなさい!
今年はほぼ書かなかったので~
後日お葉書する予定です。
これねぇ、面白かったです☆
前半はまあ30分弱くらいかな?ちょっと眠気くるのでちゃんと寝て挑めば大丈夫かと

キーラとスティーブカレルやっぱりダメでしたのね。
あの2人が恋愛って最初からありえないものねー
 笑
qちゃん。 (mig)
2013-01-31 23:31:11
わぁお、
トラやライオン飼うにはお肉のエサ代が半端ないよー


ママの遺体とは??

私は純粋にこのトラとの話が全部、彼の体験と受け止めましたわ☆
二度目の例えは取りあえず作った話。と、、、、。
でも考え方はいろいろね。
IMAXのドデカ画面で堪能しました。 (ボー)
2013-02-01 23:07:51
いやー、いい! ネコ好きならネコ科のトラも好きさ!?
最後の、びっくり告白で、考えも、ひっくり返りました。
…あ、地震だ!
ボーさん☆ (mig)
2013-02-02 09:47:27
うち(父の家)に
トラの大きな剥製あるんですよ、だからか
トラは好きです  笑
地震最近多いですよねー
同じく (NAO)
2013-02-02 20:36:46
私も漂流するまでの下りが退屈でした。
おまけにOPの音楽で半分寝てしまい・・・・^^;;;;
あれは眠気誘うわ~~。

それはともかく、海での映像はほんとにキレイでしたね。
私は2Dで観ましたが、3Dだともっとキレイだったんでしょうね。
あと、トラがCGなのには正直驚きました。
CGの技術、すごすぎ。

どちらの話がほんとなのかは観る人に託した形ですが
どっちにしろ、「生きる」という根本的なものを問う
なかなか奥深い作品だったな~と感じました。
NAOさん☆ (mig)
2013-02-03 10:32:40
前半は皆さん退屈って言ってますね~
(あ、きいろいゾウも静かな映画なので
たっぷり寝てから観てね! 笑)

CG凄かったですよね。
ミーアーキャット、トビウオやクジラのシーンも凄かった。
劇場で観て正解だけど
2度いく時間とれないし
DVDでたらまた観たいですー☆
アン・リーっぽくない (sakurai)
2013-02-05 13:28:55
ってのを感じましたが、考えてみると、アン監督は、結構いろんなジャンルに挑戦してますよね。
まだまだ楽しみです。
いろいろと感じるところがあって、居心地の悪さを感じた本編です。
きれいすぎる漂流とか、ありえないシチュエーションとか、再見して自分の考えの落としどころを探そうと思ってます。
2Dで見たから、やっぱ3Dで見てるかな。

息子へのエール、ありがとうございます。
自分、かかったことないんで、痛さがいまいちよくわかんないのですよ。痛そうだったもんね、migさん。
几帳面で生真面目な奴なんで、自分で感じてる以上に疲れてたんでしょうかね。
3月の本番直前じゃなくて、よかったと思っております。
公立入ってもらわないと、母ちゃん映画見にいけなくなるから!
sakuraiさん☆ (mig)
2013-02-06 21:45:53
こばんはー、アンリー確かに色んなジャンル
とってますよねぇ
あれ?あまり好きではなかったんですね?
でも3Dで観直しちゃうんですか!
3Dはオススメですよ~

息子さん、それにしても回復早くてびっくり。
一度なった人はならないっていうの、
友達も勘違いしてたけど、お医者様二人に聞いたら
1度なったらならないといってたので
間違いないかと、、、、。
ヘルペスの菌と似てるけど違うんですって。
ほんとに眠れないほどの激痛でまいりましたよ~
ストレスでなるらしいです。
その頃、ほんとに珍しく精神的に私ストレス抱えてたのでそれが原因だったようです。
プレッシャーかけず息子さんを気遣ってあげて下さい~!

こんばんは (ノラネコ)
2013-02-13 00:12:05
アン・リーて本当に毎回ガラリと作風を変えてきますね。
これも予告の時点で彼が撮った事に結構驚きましたが、実際に観ると予想と全く異なる神学的世界に二重の驚き。
長尺もあっという間に楽しめました。
ようやく観て来たよ~ (ノルウェーまだ~む)
2013-02-13 11:08:56
migちゃん☆
migちゃんがオススメ☆8にしていたから、これは行かねば!と思って、やっと行って来たよん。
IMAXだったせいもあって?映像がハンパなく綺麗ね~~
初めて3Dってすごい!って思ったわ。

最初は私もアカデミー賞はないでしょう?って思ったけど、じっくり考えると「ツリーオブライフ」的に哲学な話で、結構深いんだなぁと思い始めたよ。

教はボランティアのあと試写会「遺体」行ってきます。
Unknown (タイガー屋伍一)
2013-02-13 21:47:23
この映画、シャマランが撮るという話もあったそうだけど、こころなしかイルファン・カーン氏、シャマランに微妙に似てるような・・・

たぶん最後はトラが死んじゃうんじゃないかな・・・と勝手に思ってたんだけど、予想がはずれてよかった。まあ猫はあんなもんだよね。呼んでも気が乗らないとスタスタ行ってしまったりする

アカデミー賞はやっぱりリンカーンかなー アルゴの勢いもすごいけど
ノラネコさん★ (mig)
2013-02-14 00:34:40
そうですよね~。
毎回変わるってのは面白いものです。ワンパターンじゃないし。
で、これは意外と精神世界とか神の世界とか
深いけどさらっとエンタメとして楽しめたりもする、
なかなか気に入ってます。
まだーむ☆ (mig)
2013-02-14 00:38:12
レビューにはそうは書いてなかったけど
もうまだーむ観たかと思ってた!
IMAXだとどこでみたのかな?この辺ある?
新宿かな?私は渋谷。
うん、そうだねー
でもほらこれも同じくノミネートだけかも。
あちらもノミニーだけだったからね、
こういう世界って特殊だしねー。
エンタメとしても楽しめるし好きだけど★
3Dもいいものはいいでしょ?
明日早いけど朝いけたらコメいくねー!
タイガー伍一★ (mig)
2013-02-14 00:41:35
そう、ネコ科だもんね。
そこがまたいいよねー、
あはは、シャマランね。インド人みんなこんな感じだからね 笑
シャマランが意外とハンサムだということに数年前に気付いちゃったわ。
だから自分の映画に出たがりなのかも
アルゴにとってほしいけど、、、、英国もGGもとちゃったからね、どうなるかなぁ。
リンカーンは本命とかいうけど
そう思わせて意外ととらない気がする。
2つの物語 (iina)
2013-02-14 12:06:59
映画ポスターも、いくつかあるのですね。
やはり、トラの '撮ら' れたポスターが魅力です。

ファンタジックな映画として観ましたが、なにやら意味深な後半部分でした。

2つの物語のどちらが正しいかは誰にも証明できません。
神についても同じことがいえ、神がいるかいないかは誰にも証明できないけど、神を信じるかどうかは選ぶことができるといっているようです。

また、トラの名のリチャード・パーカーは、19世紀のヨットミニョネット号の人食い事件で、難破し食べられた犠牲者の名だそうです。
こんなことは、予備知識がないと理解できないですよねーーーーー。
iinaさん☆ (mig)
2013-02-16 21:30:24
名前の由来、そうらしいですねー、
公式サイトにあったみたいだけどまぁそこは名前絡めたというだけでしょうけど…
意味づけて考え様とするといくらでもある深い作品のようだけど
普通にサバイバルエンタメ作品として
純粋に楽しめました☆
映像も素晴らしいですよね。
そうなん? (aq99)
2013-02-21 20:28:59
リチャード・パーカーの由来ってそうなん?さっきノラネコさんのレビューで、めっちゃステキな謎解き由来を見かけましたが、そちらに一票投じたいと思います。
あと、二つの物語は殺戮ボートに一票、
ついでにアカデミー作品賞にも一票です(もうそろそろ作品賞あげてよ。。。)
aq99さん☆ (mig)
2013-02-23 00:22:17
こんばんは☆
あ、それで正しいと思います。私はちょこっと触れただけなので、、、
深く意味の内容には触れてません。
公式サイトに詳細載ってたようですよ。
アカデミー賞は、アンリーが作品賞
ブロークバックでとってますねー
今回はどうだろう。これも好きだけど、
基本CG多用はダメなので私はアルゴ派です!
結果が楽しみ☆
あはは (maru♪)
2013-03-12 23:48:33
確かに前半長いよね(笑)
でも、たぶん前半に意味があるんだよね!

映像はきれいだったよね~
リチャード・パーカーはCGとは思えないわ!!

アン・リー作品あんまり見てないから語る資格ないけど、
一緒に試写会で見た『ウッドストック』より全然好き(笑)
maru♪ちゃん★ (mig)
2013-03-13 10:29:23
おはよう、
そうそう。そこに意味あったんだけどいくらなんでも長いかなぁって 笑
あのトラ、聞いてなかったら本物かとも思うくらいだわ
あ、ウッドストック~はつまんなかったねー!
もう忘れた
これから仕事、夜いくね~
こんにちは (maki)
2013-06-12 13:48:38
気持ち的には★4つというところです
確かに素晴らしいけれど賞をとるようなものではないなと私も感じました
リチャード・パーカーが夜空をみていて、振り返るじゃないですか。そこの描写がとても格好良くって素敵でした
実際の遭難話としては凄惨なものだったほうだったのでしょうが、宗教感や抽象的な物語としてのトラの話は素晴らしかったと思います
makiさん☆ (mig)
2013-06-19 23:06:22
こんばんは。
5段階でかな?
夜空をみてて振り返る?
覚えてませんけど トラとの別れのときに振り返るのを待つが、振り返らなというのはなんだかジーンときましたね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

59 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
劇場鑑賞「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (日々“是”精進! ver.F)
希望は、失わない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301250003/ Life of PiSoundtrack Sony Classics 2012-11-20売り上げランキング : 2018Amazonで詳...
『ライフ・オブ・パイ -トラと漂流した227日-』 2013年1月16日 ユナイテッドシネマズ豊洲 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ライフ・オブ・パイ -トラと漂流した227日-』 を試写会で鑑賞しました。 イベントもありましたが、外は寒かったのでパスしてしまいました。 アン・リー監督ともっくんこと本木雅弘が登壇しました。 【ストーリー】  1976年、インドで動物園を経営するパイ(スライ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (Memoirs_of_dai)
散りばめられたπ 【Story】 小説のネタを探していたカナダ人作家(レイフ・スポール)は、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性を訪ね、彼の語る驚愕の冒険話を聞くことになる…。 ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (to Heart)
なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、 希望を与えるのか 原題 LIFE OF PI 製作年度 2012年 上映時間 127分 原作 ヤン・マーテル『パイの物語』(竹書房刊) 脚本 デヴィッド・マギー 、ディーン・ジョーガリス 監督 アン・リー 音楽 マイケル・ダナ 出...
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 (こねたみっくす)
トラと漂流した227日に及ぶ神秘の世界。 ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルの小説を映画化したこの作品は、あのラストをどう解釈するかで評価も別れてくるものの、宗教という神秘 ...
ライフ・オブ・パイ (Akira's VOICE)
人生って冒険なのよね。  
【ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日】生があることの美しさ (映画@見取り八段)
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日~ Life of Pi ~    監督: アン・リー    出演: スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、タブー、レイフ・スポール、ジェラルド・ドパルデュー、アーユッシュ・タンドン、ゴータム・ベルール、アディル・フセイン 公開...
映画レビュー「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Life of Pi◆プチレビュー◆摩訶不思議なサバイバル劇「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」。圧倒的に美しい3D映像に息を呑む。 【85点】 インドで動物園を経営するパテル ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) いろんな解釈のできる映画ならではの語り口の広がり
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LIFE OF PI】 2013/01/25公開 アメリカ 127分監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、希望を与えるのか [S...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LIFE OF PI】 2013/01/25公開 アメリカ 127分監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、希望を与えるのか [S...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (悠雅的生活)
嵐の海。生きること。神への感謝。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (だらだら無気力ブログ!)
幻想的な映像美は見応えあり。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (佐藤秀の徒然幻視録)
22/7≒円周率=π(パイ) 公式サイト。原題:Life of Pi。ヤン・マーテル原作、アン・リー監督。スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、ジェラール・ドパルデュー、タッブー、アディ ...
[映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なかなかの傑作でした。  物語展開上、良くも悪くも、あまりにもスムーズに話が進むので、ご都合主義的に思えようが、そこは、私、一種の大人のファンタジーとして見たので、問題はなかった。  私が感動したのは2点だ。  一つには、深海や宇宙空間までも見通せる...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」君は生き延びることができるか? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ライフ・オブ・パイ] ブログ村キーワード  「ブロークバック・マウンテン」で、≪アカデミー賞・監督賞≫を受賞したアン・リー 監督が挑む、3Dアドベンチャー超大作。「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(20世紀フォックス映画)。“ゴールデン・グローブ賞...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (あーうぃ だにぇっと)
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日@ユナイテッドシネマ豊洲
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 IMAX-3D/スラージ・シャルマ (カノンな日々)
カナダ人作家のヤン・マーテルが2001年に発表し 世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたベストセラー小説「パイの物語」をオスカー受賞監督であるアン・リー監督が映画化した作品です。16 ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (心のままに映画の風景)
小説のネタ探しをしていたカナダ人ライターは、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性の冒険譚を聞く。 1976年のインド。 動物園を経営していたパイ(スラージ・シャルマ)の一家は、...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
イスラム教、ビンズー教、キリスト教と興味を持った主人公が動物と海を旅するのは、現代版「ノアの方舟」という内容の深いものだった。宗教にあまり関心のない日本人を船の持ち主で事情聴取の役目を担わせたのは、うますぎる設定だ。傑作だと思う。
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(2D字幕)みた。 (たいむのひとりごと)
たぶん、この映画は3Dで観てこそではないかと思われたが、時間の都合もあって2D字幕で鑑賞。原作は未読。アカデミー賞候補に選ばれた作品だし、壮大で非常に困難な撮影を乗り越えて作り出した映像美は素晴らしい
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」観に行ってきました。 カナダ人小説家のヤン・マーテル著「パイの物語」を原作とする冒険映画。 第85回アカデミー賞に11部門ノミネートを果たしている作品でもあります。 今作は、映画の原作「パイの物語」の作...
★ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(2012)★ (Cinema Collection 2)
LIFE OF PI なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、 希望を与えるのか 上映時間 127分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(FOX) 初公開年月 2013/01/25 ジャンル アドベンチャー/ドラマ 映倫 G 【解説】 「ブロークバック・マウンテン」...
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 (ラムの大通り)
(原題:Life of Pi) 「この映画。 実は次の言葉ですべてを言い表せられる。 『Miracle&Beautiful』。 ほんとうは、もうそれだけで語らなくてもいいほど。 導入部、 少年パイが船に乗るまでのエピソードこそ、 少しもたつくものの、 あとは、もう 眼前に展開する大海...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (とりあえず、コメントです)
ヤン・マーテル著の『パイの物語』をアン・リー監督が映画化したファンタジックな作品です。 トラと漂流している予告編を観た時から、一体どうなるのだろうと気になっていました。 美しい映像に魅せられながら、少年パイの冒険に引き込まれていきました。
「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」:物語と映像のセンス・オブ・ワンダー (大江戸時夫の東京温度)
映画『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』は、アン・リーがしっかりと物語
ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日 ジャパン・プレミア (風に吹かれて)
二つの物語あなたが選ぶのは?公式サイト http://www.foxmovies.jp/lifeofpi1月25日公開原作: パイの物語 (ヤン・マーテル著/竹書房)監督: アン・リー小説のネタを探し
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/あなたはなぜわたしを試すのですか (映画感想 * FRAGILE)
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日Life of Pi/監督:アン・リー/2012年/アメリカ むかしむかしあるところに、パイという名の少年がいました TOHO日劇で鑑賞。レディースデーでほぼ満席でしたね。隣の隣に座ったカップルが小声でずっとしゃべっていてうっとう...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」を、『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リー監督が映画化。動物園を経営する家族と航行中に嵐に遭い、どう猛なトラと一緒に救命ボートで大海原を漂流することになった16歳の少年...
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 3D (そーれりぽーと)
全く期待せず、とりあえず映像だけでも楽しめそうなんて思いながら『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ごめんなさい。 映画としてサイコーに面白かったです。 何年も心に残る映画になりそう。 冒頭、信仰についての話が始...
生かされた いのち『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 (Healing )
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 ★★★★★ 3Dの圧倒的映像が語る 想像を絶する海上の日々 パイの人生の227日を約2時間、壮絶に旅して、もうクタクタ。 でも、割と心地よい疲労感です。 ふだん、メガネonメガネになってしまうので すすんで3Dは観ないので...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (或る日の出来事)
映像の美しさ。動物、とくにトラの動き。驚きの物語。 映画芸術を堪能させていただきました!
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 ★★★*☆ (センタのダイアリー)
主人公パイは幼少のころからヒンドゥー教、キリスト教、イスラム教、さらにはカバラ秘術までを学ぶ。 ここまで見たところで、アン・リー監督の旧作「グリーン・デスティニー」が頭をよぎった。 主人公のムーバイは求道者としても描かれており、この監督はこの世の仕...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (NAOのピアノレッスン日記)
~なぜ少年は、生きることができたのか~2012年  アメリカ映画  (2013.01.25公開)配給:20世紀フォックス映画   上映時間:127分監督:アン・リー原作:ヤン・マーテル  『パイの物語』(竹書房刊)脚本:デヴィッド・マギー/ディーン・ジョーガリス...
少年と海、リチャード・パーカー ~『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 【2D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 LIFE OF PI  インド・フランス領区に住む少年パイ(スラージ・シャルマ)は、動物園を営む 家庭に育った。一家でカナダに移住することになったパイは、家族と、動物たち とともに日本の貨...
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 3D字幕 (pure breath★マリーの映画館)
                  なぜ少年は、生きることができたのか。 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 3D字幕 監督・・・アン・リー 原作・・・ヤン・マーテル 出演・・・スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、ジェラール・ドパルデュ....
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年1月31日(木) 21:15~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1500円(レイトショー料金+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 その名は、リチャード・パーカー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』公式サイト インドで動物園を経営していた一家が、新天地...
映画:ライフ・オブ・パイ  当ブログ的には、ぶっちゃけ!! かなりの問題作扱い(笑) ネタバレ注。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログの歴代ベスト3D映画は「アバター」 その理由は、J キャメロン渾身の3D 映像美だった。 そして! その J キャメロンもが絶賛する3D 映像美がこの映画。 漂流する小舟で主人公が直面する自然=大海 これが厳しくも美しい。 元々こうした「映像美」が得意な...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/LIFE OF PI (いい加減社長の映画日記)
ずいぶん溜め込んでしまった・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルのもとに、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。 1960年代、パイはインドで動物園を営む一家のもとに生...
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」□監督 アン・リー□脚本 デビッド・マギー□原作 ヤン・マーテル□キャス スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール、      ジェラール・...
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (FREE TIME)
2月1日のファーストデーに話題の映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を鑑賞しました。
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日間 (迷宮映画館)
これはファンタジーと考えていいのでしょうかねえ。見てて違和感を感じた自分はやっぱリアリスト?
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  監督/アン・リー (西京極 紫の館)
【出演】  スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  ジェラール・ドパルデュー 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルの元に、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。1960年代、パイはインドで動物園を...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 だから人は物語る (はらやんの映画徒然草)
世界は無慈悲なまでに人とは関係なく存在する。 圧倒的な世界を前にして、人は自分と
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
割り切れない、宇宙の理。 太平洋のど真ん中を、トラと共に救命ボートで227日間に渡って漂流・・・。 一人のインド人少年の極限のサバイバルを描いた、ヤン・マーテル原作のベストセラー小説「パイの物語...
ライフ・オブ・パイ (もののはじめblog)
映画『ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日』3Dの吹替版を、映画の日に観てきた。 デジタル効果のせいか、トラが現れたときあまりな臨場感に鳥肌が立った。相手が虎なので虎肌か。 トラが現れる度つづき、トラと少年の関係が落ち着くまで止まらなかった。両腕の...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」小説は奇なり (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
当初は全く眼中になかったこの作品。 アカデミー賞で11部門もにノミネートされただけでなく、周りの評価も高いものだから、俄然期待が高まっちゃった。 満を持してIMAXで鑑賞してきたyo
太平洋一人と一匹ぼっち デビッド・マギー アン・リー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 (SGA屋物語紹介所)
ぼちぼちアカデミー賞が盛り上がってくる時期になってきました。その中の有力候補のひ
ライフ・オブ・パイ   トラと漂流した227日 (映画の話でコーヒーブレイク)
映画館をチェックしたら3Dは吹き替えが多くて・・・字幕版で時間帯もよかったので TOHOシネマズMM横浜で鑑賞しました。 今まで、3D映画は109シネマズで観ることが多かったので、マイ3Dメガネを持参したのですが TOHOシネマズでは専用の重いメガネを着用とのこと...
『ライフ・オブ・パイ』 3月14日はパイの日だってよ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
『トラと漂流した227日』という副題のおかげで、漂流アドベンチャーかと思ったけど、なにかスゲーものを見た感じ。 途中、『銀河鉄道999』で出てきそうな惑星じゃなかった食人植物の島みたいなとこに途中下車や、水の奥の曼荼羅世界を垣間見たりしたあげく、トラとのお別....
ライフ オブ パイ Life of Pi (ノルウェーとゆえの王国☆ Norway and Yue's kingdom)
今日はこの映画。 ストーリーは、トラと漂流した227日。 日本でもノルウェーでももうとっくに公開され、アカデミー賞にもノミネートの この物語。 The film Life of Pi is directed by Ang Lee and is based on the award -winning, best-selling 2...
漂流の果てに (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」を鑑賞しました。 1976年 インドで動物園を経営するパイの一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に嵐に襲われ船が難破 唯一生き残ったパイが乗り込んだ救命ボートにはシマウマ、ハイエナ、オラ....
『ライフ・オブ・パイ』 (・*・ etoile ・*・)
'13.03.01『ライフ・オブ・パイ~トラと漂流した227日』@日劇 評価良かったので気になってた。映像が美しいと聞いていたので、これは映画館で見なきゃと思い、アン・リー監督がアカデミー賞監督賞受賞した記念に行って来たー! *ネタバレありです! 「カナダに住むパイ...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (いやいやえん)
神頼みと聞くと丸投げに感じてしまいますが、3つの信心を持っているパイ、自分の力だけじゃなしえない奇跡も自分の力でどうにかできた事柄も、全て「生命力」が源だった。生きるための気持ちというのは神が人間に与
ファンタジーにしといてほしかったな~。~「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」~ (ペパーミントの魔術師)
漂流してるうちにトラと仲良くなりましてんっていう ありえない奇跡かと思ってたんですが、全然違ってましたね。(^^; DVDで鑑賞。 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray] by G-Tools 大人になったパイが回想す...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (タケヤと愉快な仲間達)
監督  アン・リー 出演 イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール 【あらすじ】 1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (銀幕大帝α)
LIFE OF PI 2012年 アメリカ 127分 アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2013/01/25) 監督:アン・リー 製作:アン・リー 原作:ヤン・マーテル『パイの物語』 出演: スラージ・シャルマ:パイ・パテル(少年) イルファン・カーン『アメイジング・スパイダーマ...
「ヘルプ」「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
アカデミー賞ノミネート作品2つ。  
「ライフ・オブ・パイ~虎と漂流した227日間~」 (ここなつ映画レビュー)
公開当時「あの虎は全部CGなんだって!!」と、朝のワイドショーの受け売りで息子が興奮して叫んできたので、一緒に観に行く事を決意。 素晴らしい映像美!鮮やかで美しく、ロマンティック。この映像体験を幼い時にできた息子は幸せ者だ。 敬愛するアン・リー監...