我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

ラスト、コーション/ Lust,Caution/色|戒

2008-02-07 00:02:07 | 劇場&試写★6以上

平日昼間なのに満席!整髪剤の臭いと加齢臭とが入り交じって ちょっとうっとなるような空気の中、
(見渡したらおじいさんだらけ!)
約3時間も大丈夫か?という不安がよぎってたけど
そんなことは30分くらいでほとんど気にならなくなるくらい

面白かった!


2人の立場の違う男の間で揺れる女スパイとのスリリングな心理的駆け引き。



ドラマなどには出演経験ありらしいが、マイ夫人になりすまし、イーに近づいて行くワン役をつかみ取ったのは
1万人の中から選ばれた新人タン・ウェイ。
少女のような素朴さ+悪女のような妖艶さを併せた不思議な魅力を持つ。


イーを演じたのは、トニー・レオン。今迄のソフトなイメージを覆し、冷淡で寡黙な男。


どちらも、目線での演技力が凄くて惹き付けられっぱなし。
爪のいろ、唇(紅)のいろ、手の動き、視線の行方、全てをじっくりと魅入ってしまった。

視線の交わり、、、
本当に信じてるのか それとも、、、、?






もう1人、重要な男として本業は人気歌手、ワン・リーホン。



1942年。日本占領下の上海で傀儡政権特務機関の顔役イーのもとに飛び込み、命を狙う女スパイがいた。
やがて、待ちに待った暗殺の機会が訪れ、仲間に連絡を取る女。
だが、その顔はどこか浮かなく見える。話はその数年前にさかのぼる──。

1938年。日本軍の侵攻から逃れ、香港に移住した女学生のワンは、女友だちのライに誘われて香港大学の演劇部に入部。
そこで反日活動に燃える男子学生のクァンと出会ったことから、彼女の人生は大きく変わり始める。
クァンが演出する愛国心溢れる舞台に主演女優として立ったワンは、観客総立ちのフィナーレを迎え、仲間とともに高揚感を味わう。
その余韻も冷めやらぬ中、クァンが計画したのは、傀儡政権のイーの暗殺だった...。



妻も、いる。



秀逸な脚本とキャスト、演出、映像美、、、
やっぱり面白い作品だと、これだけ長いのに長さ感じさせずに観られるんだな~と実感。



スパイだと割り切っていても、
ずっとふたりの関係を観ているとラストになる頃にはなんだか切ないんだよね、、、。


9/10

んんん、評判通り良かった。
カメラワークも素晴らしかったし。
なぜ満点じゃないのかと言えば、DVDが欲しいと思う程すごく好き!というわけではないからかな☆(笑)
ストーリー的には、去年観たポールヴァーホーヴェン監督の『ブラックブック』に少し似てる。
でももっとリアリティがあって現実味帯びている雰囲気。
ラスト近くはどうなるのかと引き込まれた。

妻にさえ贈らなかった大きなリング、
それは 彼なりの愛の証し、、、
カルティエのでっかいダイヤ凄かった~

途中、ワンがイーに料亭で歌を披露する場面もすごく印象的。
2年前の同じくアン・リー作品、ゲイのカウボーイの愛を描いた
ブロークバック・マウンテン』よりもわたしは断然こちらの方が良かったな

これはもう、傑作でしょう~。




さて、過激な性描写が話題を呼んでいる部分については
日本公開にあたり、オリジナルからの修正は
税関チェックで4カ所、映画界の自主規制機関である映倫チェックで2カ所の計6カ所らしい。
やっぱり日本においては、ノーカット上映とはいかないみたいね。
最初のトニー・レオン(イー)の動物的な衝動、はいきなりかい
という感じでびっくりしたけど、その後のセックスシーンはそうだなー
なんと言うか、役者も大変だなぁーと、、、、あ、チガウか。
生々しく、リアルで、、、 



このワン役は、チャン・ツィーも熱望したと聞くけど 彼女がやってたらもっと違ってたと思う。
チャン・ツィーももちろん素晴らしい女優だとは思うけど、
この役はこのタン・ウェイの体当たり演技が見事で素晴らしかった


タイトルにある"ラスト(LUST)"は仏教用語で“欲情”
"コーション(CAUTION)"は戒め(いましめ)を意味する。
“戒”には、中国語で指輪のことを“指戒”と表現するように“誓い”の意味があるらしい。




               

公式サイト
Lust,Caution/色|戒 2007年  中国=アメリカ=台湾=香港   158min
2月2日より、公開中~   R-18 



-------------------------------------------------------------------------------------------------





第64回ベネチア国際映画祭金獅子賞とオゼッラ賞(撮影賞)のダブル受賞をはじめ多くの映画賞を獲得するなど各方面から高い評価を受けた。



記者会見で。トニーさんは来られず、、、、、

アン・リー監督&キャストのインタビューはこちら


1/24 ジャパンプレミア試写にて



しばらくはどの回も満員御礼になりそう
これから観る方は時間にゆとりを持って早めにどうぞ♪




人気blogランキング←please click


クリックしてくれると嬉しいな



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (66)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペネロピ/ PENELOPE | TOP | マゴリアムおじさんの不思議... »

66 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です! (moviepad)
2008-02-07 01:09:49
おお、9点だ!!!

それも納得の傑作でした。
目線の演技はすごかったですね。
ワンがイーに料亭で歌を披露するところもよかったです。この映画唯一の癒し場面。

あのダイヤ...
贈る側ももらう側もどんな心情だったのか、
色々と深読みもできる内容ですが
とにかく映像に酔うことができる作品でした!
引き込まれる映画 (パフィン)
2008-02-07 01:58:00
微妙な心情に共感できる映画でした☆



夫人たちの会話は上海語なのかな?柔らかい響きで衣装や宝石ともども印象に残ります!

パソコン不調でブログ休んでおります…バンコクも行けなくなったので『長江7号』日本公開待ちです…
おお!! (きらら)
2008-02-07 06:11:21
migちゃん、9点~
うんうん、わかるわぁ~!すばらしい作品だったよね☆私も10点満点でいうなら9点かも!
激しいシーンが話題満点だったけど、見終わってみれば切なさ、悲しさそして映像や衣装などの美しさが心に残っているよ~

私もブロークバックより好きかも
タン・ウェイはなんともいえない美しさがあったねー♪


昨日ね「フローズンタイム」観にいこうと思ったの。
そしたらさー、Qフロントだと勘違いしててQ-AXと気づいたときはプチショック、、、それで行く気失くしちゃったよー
ただでさえ"なんであんなところにわざわざ"な映画館なのにー雪だしー

こんにちは! (由香)
2008-02-07 08:00:39
うわ~migさん、高評価ですね~
私はイマイチだったのでコメントし難いなぁ~
これはかなり評判がいい映画のようですが、私はちっとも心動かされなかったなぁ~残念!!
それにしても・・・migさんが載せた二人の裸の写真ですが、一瞬ビックリしました~(笑)
Unknown (マイマイ)
2008-02-07 08:29:11
かなり高得点な映画なんですね!
映像だけじゃなくて、内容でも話題を呼びそうな感じがしますね^^

私はこういう描写の激しい映画って、
ちょっと苦手なんです。。。
いい大人なんですけどね><
あと、近くの映画館ではもう昼間しか上映していないので、
たぶん見に行けないと思うんだけど、
DVDがレンタルされたらチェックしてみようかなと思います!

主演の女優さん、綺麗な人ですね!
新人さんなのかなあ?
それが演技をさらによく見せてるのかも^^
私は、いまひとつ・・・・(-_-;) (latifa)
2008-02-07 08:53:28
migさん、こんにちは!
そうかぁ~migさん、すっごく良かったんですね☆
私は、これ、あんまり・・・うん・・・ハマれませんでした。
主役の女優さんも、それほど好みじゃなかったし・・・。
映像とか細かい部分は凝ってるな~って思ったのですが、内容的にそんなに惹かれなかったんです。
でも飽きることなく、最後まで見ました☆
おはようございます♪ (ミチ)
2008-02-07 08:57:24
migさん、TBありがとうございました!
そうそう、男性客の数が多くて、この人たちは何が目的なの?って思ってしまいました
本当は過激な性描写じゃないところで話題を集めて欲しかったな~と思うんだけどね。
私は実は「ブロークバック~」はそれほど好みでもなかったので、こちらの作品の方が時代背景などが好みです。
衣装なんかもとても見応えがありました。
あのピンクダイヤはカルチェでしたね~
こんにちは♪ (non)
2008-02-07 10:08:17
migさん、こんにちは☆
長かったけど、私も退屈しませんでした~
しかしこの作品、見に来てる人、おじさんが多いですよね・・

主演女優さんの演技にはあっぱれ。
大胆な濡れ場だったけど、その体当たり演技と
微妙な表情は素晴らしかったです
moviepadさん☆ (mig)
2008-02-07 11:39:10
こんにちは♪

そうですねー、あの歌のシーンは唯一、落ち着けるシーンだったかも、、、。
でもずっと動かないでじっと聴いてるトニー(イー)さんが、怒りだしたりして?とか思ってたら泣いてましたね、なんだかじんときました。
ラストのシーツを見つめるシーンとか、
ダイヤを贈ったシーンも あそこで初めて気づいて
あんな行動に出るんですよね、、、、
様々なシーンがすごくリアルで良かったです
パフィンちゃん☆ (mig)
2008-02-07 11:42:05
パフィンちゃんはすぐに観てると思ってたから
レビュー待ってたの、更新されないなーと思っていたら
PCの不具合??大丈夫かな~
もしかして携帯から書いてくれたのかな、、、、
ありがとう
そうか、、、、バンコクも中止になっちゃったのネ、、、、

わたしはまだ諦めずに計画たててるけど、友達がNGにだったらひとりでは何となく行けないかも
この映画、トニーさん新たな新境地開拓というか、凄かった~

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上

Similar Entries