『陽当たりまぁまぁ』

事実に惹かれ、事実に学ぶ

「ニーズ」

2010年09月29日 | そこの細道
『焼きたてパンのお店』って惹かれない?わしは惹かれる
だけど時間がズレると、もう焼きたてじゃないパンが並んでる

店にハエが入ってきちゃったりするのは有り得ることだけど、
そ~ゆ~場合どうするかの対処って、パン屋って特に用意してない感じ
前に店員に、「パンにハエとまってますよ」って指摘したけど、

何をする訳でもなく放ったらかしでハエはあちこち止まり放題。

(・・・幸せなハエやな~)

パンって基本オープンじゃんか。個包装にするのはコストがかかるから、

しょうがないのかな~って思ってた矢先、

あるパン屋が厚手のセロファンをトレーごとに全部かけるようになってた!

その隙間からトングでパンを取るんだけどね、セロファンが邪魔にならない。

これはスゴイぞ!!咳もかからないし、パンも乾燥しない!!ハエも入りにくいじゃん!!

見た事の無い光景 でもコレって素晴らしい!
客のニーズやろか 店員の発想やろか。何しろ今迄有り得ないことがあっただよ

床屋通いのわしの父が、初めて美容院に行くことになった時、母が電話で美容院に交渉してた。

「髪が少ないんで、安くならないかしら」

店員に笑われて、もちろん定価。わしだって髪が多くたって定価だもん。
でもいつか、そんな日が来る気がする  わしは高なるけど。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「干渉なしに鑑賞したい」

2010年09月28日 | そこの細道
親とゆ~ものは自分のこどもに、色々見せたいいいものを見せたいって思うでしょう?

わしの親も、誰かから美術館の切符とかもらうと、小学生のわしさえ連れて行きたがった。

でも服を買ってあげるとゆ~感覚は 恐ろしく無くて

服が無いからものすご抵抗してたのを覚えてまフ。
大人になった今からすれば、着る服よりも、いいもの見る方がいいじゃんって思うけど、
いやいやいや、やっぱ必要最低限の服はいるでしょう


さて、先日はお友達の『芸能発表会』に出かけまひた。フラダンスでございます。

これもやっぱり、こ~ゆ~機会に、普段見る事の無いものをこどもに見せたいとゆ~思いがありまフ。

でも息子らの場合、まずクスクス笑ったりしないか、失礼なこと言えへんかとか、め~っちゃ気になる。

空港で、飛行機に乗る前に金属探知機で検査するじゃん。

あれみたいに、こ~ゆ~会場の前で、『笑いのツボ探知機』とか置いて、
取り上げれるもんなら取り上げてくれまへんか?って感じ

案の定、奴らは何故かツボにハマってクスクスクス 曲名にも笑えてクスクスクス

「え~加減にしなさい!!」

大人から見れば、

年配になっても踊れるっていいなこんな可愛い衣装着て嬉しいだろうなって見れるけどね~。
今は種まきの時期。どの芽が育つやら~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「へ~っ」

2010年09月26日 | そこの細道
今日は両親の、結婚50周年記念日だス。

教会の礼拝の後の報告の時間にそう言ってた。

結婚式を挙げた日も、50年前の日曜日だったんだって。

忙しいからってわしらの食事の誘いも断って、今日も福祉の行事に出かけておりまフ。

50年前と同じ日にち、同じ曜日、同じ場所の記念日・・・なかなか無いよね。

よく知ってる教会の人から、「よく持ったね」って言われたらしい。

それは娘のわしからして、
何ちゅ~言葉だと全然思えへん だってホントにそうだもん

育った環境が違うもん同士が一緒に暮らすって大変よ。

『屁』の扱いひとつで大ゲンカになるんだから。

だいたいどこでも男の方が『屁』をブッ放つけど、

わしの父は家族の前でも『屁』をこかない、上品な人でフ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『日本・今どき話』

2010年09月25日 | そこの細道
先日の雷雨の日は、今迄したいと思っててなかなかできなかったことを朝からした。

それは、目頭にできた脂肪の塊を取ることと、包丁研ぎ

脂肪の塊はなっかなか取れなくて、結構な充血の後が残った。

(・・・仕方ないわな ちょっと無理して取ったから)

長男に宿題を先に済ませるように言ってから包丁研ぎに入ると、彼の友達2人がいきなり遊びに来た。
前も休みの日に午前からいきなり来た子達だったんで、ちょっとムカついた

「いきなりはダメだって~、こっちの都合もあるから。前もって連絡してから来てくれない?」

でも雨が降ってんのに、傘持ってないだの自転車で来ただの言うから家に上げた。

案の定、ゲームばっかするわ長男は宿題できんわで、
おまけに、「おにぎり持って来たから大丈夫」って午後もいるつもりでいるから、
(そ~ゆ~問題か?一体この子らの親は何考えてんだ)

外は雷雨、目頭に充血、腹立てながら台所でシャ~コシャ~コと包丁を研ぐ
わしの姿は、鬼婆だったに違いない!雨も止んできたんで、

「君達、いったん1時に帰ろう。また来たかったら3時においで」

その子の親に電話したら、自分のこどもがどこにいるかも知らん、
休みの日に朝からいきなり来てたことも知らん。ビックリだ
もっと興味もてよ~ 彼らは再び2時半に来たぞ。「はえ~じゃん」
「前もって連絡してね」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ちゃんとちゃんとの教育論」

2010年09月24日 | そこの細道
ボナールとゆ~偉人がこんな言葉を残してまフ


『恋愛の場合は信じられたいと思う。友情の場合は見抜いてほしいと思う。』


じゃあ、血がつながってる場合はどうなんでしょうね。
信じると同時に、見ぬかなアカン
問題が起きた時、自分のこどもはいい子だと信じて疑わない親とは話にならん

本気で向き合う親は、話してて分かる。

甘やかし過ぎたらアカン、厳し過ぎてもアカン。
親子は、きちんと向き合わなアカン
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加