東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

サトウカエデの苗(2本)を移植,福寿草の花芽

2013年01月22日 | 樹木,果樹

 注文していたサトウカエデの苗が届きました。我家の山には雑木がたくさん生えています。これから数年間にかけて有用な樹木を植えてみようと思います。特に自給自足に役に立ちそうな木です。今回植えるのは、10年以上後にメープルシロップが取れるらしいサトウカエデです。大小の二つの苗が届きました。

      届いたサトウカエデの苗               穴を掘って苗を埋める
 

 植えた場所は、梅を伐採した場所です。伐採した梅はまだ幹の一部が残っていますが、その横に植えました。二つ目の苗は、そこの場所から7m位は離れた場所です。まずは春にちゃんと芽吹くか心配です。芽吹いたとしても、今後5年位は世話をしなければならないのではないかと思っています。

             サトウカエデの苗を植えた、梅が茂っていた場所


 これまで、亡き父親が管理していた山ではありますが、少しずつ変えていこうと思います。5月に甘柿,渋柿,そしてイチジク苗を移植しました。今回は、それに続く植え付けです。これから植えたいと思っているのは、カヤ,カリン,ナツハゼ,シャシャンボなどです。しいたけを作るために必要な、コナラやクヌギなどの木は残すつもりです。ところで、伐採した梅の根元に一昨年八王子から持って帰り、植えつけた福寿草が花芽を出していました。なんとか根付いたようです。2月にパラボラアンテナのような黄色の花を咲かせてくれそうです。

      2本目の苗を植えた場所             根付いた福寿草の花芽
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柳井市 おだいっさー(大師様... | トップ | 中古ハンマナイフモアの回転... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。