伝統文化★資料室

東京成徳大学・日本伝統文化学科の学生と教員が「伝統文化資料室」から、情報発信します!

【企画展】戦時下の<日常>と東京大空襲の記憶 

2017-04-18 01:12:03 | 企画展示

【企画展】戦時下の<日常>と東京大空襲の記憶 ~三人は確かにそこにいた~が始まってから一ヶ月経ちました!三月十日から展示を始めてたくさんの人が来てくださっています。 

 この展示は、企画時点からは昨年の十一月頃から、現二年生(昨年度一年生)が入って今のメンバー構成になってからは二月三日からのスタートとなっています!

先週から空襲展のメンバーによる更新が始まりましたが、それ以前の動きについてはあまり発信していないので今回の更新はこの展示が始まるまでの準備についてお話したいと思います!


昨年度
十一月     一週間に一度程度の会議
十二月四日   昭和館・東京大空襲戦災資料センターへ見学(現三年+現四年メンバー)
二月三日    現二年メンバーと初顔合わせ・会議
二月十二日   フィオナ・アムンゼン氏の映像展示・東京大空襲戦災資料センター見学(現二年+現三年+現四年メンバー)
二月十七日   丸木美術館・埼玉ピースミュージアム見学(展示メンバー+専修大学合同見学)
二月二十日   体験者インタビュー
三月一日    体験者インタビュー
三月二日~三月 展示準備作業

 

 

こうして書いて見るととても濃厚な二ヶ月間を過ごしました。
また、展示を始めた春休み、三月の間にも様々な事がありました。それもまたお伝えできたらと思います!だらだらと長々しく失礼しました。

明日の展示も十三時からの開始となります。是非お越し下さい!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【企画展】戦時下の<日常>と... | トップ | 【企画展】戦時下の〈日常〉... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む