伝統文化★資料室

東京成徳大学・日本伝統文化学科の学生と教員が「伝統文化資料室」から、情報発信します!

日本伝統文化学科ブログ「伝統文化★資料室」

2018-01-15 21:55:11 | 小林朋恵先生

 

「新入生の皆さん、ようこそ日本伝統文化学科へ」

昨日の入学式は雨模様の日でしたが、まだ桜が満開で、会場近くの増上寺の桜がきれいでしたね。

今日から新入生の皆さんは忙しいオリエンテーション期間を忙しく過ごしていくことになります。たくさん覚えなくてはならないこと、気をつけなければいけないことがあって、パンクしそう、という方も少なくないと思います。

でも大丈夫! 明日からは学科オリエンテーションが始まりますので、少人数で、懇切丁寧に大学生活スタートの手ほどきをしてゆきます。一人一人の希望を大切に、一人一人のカリキュラムを作成し、4年間の見通しを少しずつ作り上げて行きます。

皆さん、明日からも、履修ガイドと学生便覧を忘れずに持参してください。

(日本伝統文化学科長 小林朋恵)


この記事をはてなブックマークに追加

日本伝統文化マイスター

2018-01-01 21:11:38 | 日本伝統文化学科

「日本伝統文化マイスター」は、平成19年にスタートした日本伝統文化学科独自の資格です。伝統文化体験を一つの柱として重視する日本伝統文化学科では、「伝統文化の達人」を養成すべく、「装束・茶道・華道・書道・三味線/箏・謡・和歌披講・雅楽」の全課程を修めた学生に対し、卒業時に「日本伝統文化マイスター」の称号を授与しています。

現在、「日本伝統文化マイスター」の称号を有する卒業生は、27名です。 


この記事をはてなブックマークに追加

小・中・高等学校の先生方へ「装束体験講座」(出張いたします)

2018-01-01 15:58:52 | 日本伝統文化学科

 皆さんあこがれの平安装束。ドラマや写真では見ることができても、なかなか実際に見たり、着たりする機会は少ないものです。京都などでの着装体験には、それなりの費用もかかります。


 千葉県八千代市にある、東京成徳大学日本伝統文化学科では、平安装束を数多く所有し、教育の一環として、着装の技術を日々磨いています。学生たちは、有職研究家の八條忠基先生のご指導を仰いで精進を重ね、現在では、京都・井筒装束店からの依頼で、全国の神事・祭礼の着装を担当するまでに成長しています。

福岡・太宰府天満宮・曲水の宴
京都・伏見稲荷大社・還幸祭
千葉・香取神宮・式年神幸祭

 これほどの高い技術と経験を持つ学生たちは「装束班として、これまで多くの小学校・中学校・高等学校・特別支援学校等で、「平安装束体験」を行ない、大変ご好評をいただいて参りました。十二単はもちろん、束帯・直衣・狩衣や、小袿・汗衫・細長、さらには、甲冑や武家装束などまで、ご希望に応じてご用意できます。

 授業のカリキュラムの中で、または放課後等、お時間にあわせてアレンジ可能です。生徒さんの人数も、数人~数十人の単位で対応できますので、ご相談くださいませ。

 大学の教育普及活動のため、費用は一切かかりません。しかし、きちんとしたプロの技術をお見せ致します。千葉県内どちらにでもお伺いいたします。このようなプログラムを先生方にぜひ知っていただきたく、実物教育の一環として、ご検討下さいますようお願い申し上げます。

お問い合わせは、東京成徳大学日本伝統文化学科あて、メール(dento@tsu.ac.jp)またはお電話(047-488-7103) にてどうぞ。

(PDF版パンフレットはこちら)

装束ラインナップ

十二単(裳唐衣装束)・小袿・細長・汗衫・白拍子・単袴姿
文官束帯・武官束帯・衣冠・直衣・小直衣・狩衣・水干
大鎧・甲冑(当世具足)・直垂・大紋・裃(武家装束)・新撰組隊服 
花魁衣装(立兵庫髷)

舞楽装束(蘭陵王。雅楽体験講座も可能です)
行司装束・流鏑馬装束・山伏装束・虚無僧姿

韓国王朝装束(国王・王妃・尚宮・文官・武官・軍服・監察官・医女・一般韓服)

お申し込み用紙はこちらからダウンロードできます。word版PDF版

平成28年度の体験講座等予定

28年5月18日(水)佐倉市生活クラブ風の村保育園佐倉東(甲冑)

28年6月24日(金)東京都立山崎高等学校(平安装束)

28年7月5日(火)八千代市立阿蘇中学校(来校=平安装束)

28年7月8日(火)明治学院大学(平安装束)

28年7月21日(木)神奈川県立旭高等学校(甲冑)

28年8月5日(金)きらく庵(来校=平安装束)

28年8月9日(火)着物ドリーマーズ(来校=平安装束)

28年8月10日(水)八千代市立郷土博物館(博物館実習、装束)

28年8月20日(土)・21日(日)千葉県立中央博物館大利根分館(甲冑)

28年8月25日(木)千葉県立柏南高等学校(平安装束)

28年9月11日(日)八千代市立郷土博物館(雅楽体験)

28年10月21日(金)浦安市立入船小学校(装束体験)

28年11月7日(月)千葉県立成田国際高校(装束体験)協力=早稲田大学装束研究会

28年11月8日(火)千葉県立佐倉東高等学校服飾デザイン科(装束体験)

28年11月11日(金)千葉県立実籾高等学校PTA(来校=平安装束)

28年11月14日(月)藤村女子中学高等学校(平安装束)

28年11月18日(金)明治学院大学(平安装束)協力=早稲田大学装束研究会

28年12月3日(土)吟亮流吟風会吟詠発表大会構成吟(装束着装)赤羽会館講堂

28年12月7日(水)八千代市立村上東小学校むらかみ・インターナショナル・子どもサミット(装束体験)

28年12月15日(木)千葉県立柏中央高校(装束体験)協力=早稲田大学装束研究会

28年12月18日(日)星と森披講学習会「古今伝授・源心庵」装束着装(平安装束)

28年12月18日(日)八千代市立郷土博物館「八千代異文化交流フェスタ」(韓国装束)

29年1月13日(金)神奈川県立荏田高等学校(平安装束)

29年1月25日(水)和塾(平安装束=高輪・道往寺)

29年2月5日(日)八千代市立郷土博物館(伝統装束体験)協力=早稲田大学装束研究会

29年2月9日(木)千葉県立沼南高等学校(来校=平安装束体験)

29年2月15日(水)八千代松蔭高等学校(平安装束体験)

29年3月3日(金)市川日本語学校(来校=平安装束体験)

29年3月3日(金)佐倉市生活クラブ風の村保育園佐倉東(ひな祭り)

29年3月4日(土)・5日(日)千葉県立中央博物館大利根分館(平安装束)

29年3月5日(日)しきなみ子供短歌コンクール(平安装束)

29年3月18日(土)さわら雛舟(平安装束)

29年3月19日(日)八千代市立中央図書館(平安装束)

29年3月31日(金)流山市生涯学習センター「なでしこ会」(平安装束)


この記事をはてなブックマークに追加

装束合宿準備

2017-03-25 13:37:04 | 伝統文化★資料室

荷物の梱包と積み込みです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

房総紀行

2017-03-24 13:42:07 | 青柳隆志先生

野島崎灯台をめぐる


この記事をはてなブックマークに追加

春の海

2017-03-23 15:26:58 | 青柳隆志先生

南房総を旅してきました



この記事をはてなブックマークに追加

「戦時下の「日常」と東京大空襲〜三人は確かにそこにいた〜」展

2017-03-22 15:31:01 | 伝統文化★資料室

実際の空襲体験者の皆さんが来校されました。


この記事をはてなブックマークに追加

装束お疲れさま

2017-03-21 15:56:37 | 伝統文化★資料室
朝もはよからお装束の積み下ろし 行李11個をはじめこれだけの荷物が一台の車に収まっていましたよ(^_^;)

この記事をはてなブックマークに追加

震災復興支援長唄演奏会

2017-03-21 15:44:27 | 日本文化

今年で5回目となる震災復興支援長唄演奏会です。


この記事をはてなブックマークに追加

千葉県動物愛護センター登録ボランティア意見交換会

2017-03-20 16:05:27 | 青柳隆志先生

千葉県動物愛護センターに「登録ボランティア」の制度ができて今年で10年目、いまでは個人・団体合わせて56のボランティアが登録しています。年に一度の「意見交換会」で、動物愛護センターと登録ボランティアの皆さんが直接話し合う貴重な機会となっています。全国的に「殺処分ゼロ」がトレンドになりつつありますが、皆さんの努力により、ワンちゃんについては、昨年度は、収容頭数1683頭に対して返還417頭(24.8%)、譲渡993頭(59.0%、このなかの一頭がクロちゃん=愛樹君です♪)となり、残念ながら殺処分となった子は215頭(12.8%)というご報告でした。10年前は処分率が9割近くであったことからすれば「激減」といってよい数字で、センター副主幹の小野さんは「まだまだです」とおっしゃいましたが、猫ちゃんも含め、セーフティネットの充実に不断の努力を続けておられる姿勢は、高く評価されるものと思います。ボランティアの皆さんからも活発な意見が出され、それぞれに担当部署から真摯な回答がありました。最後にほっこりするサプライズもあり、大変有意義な会でありました。


この記事をはてなブックマークに追加

八千代市立中央図書館装束体験

2017-03-19 16:33:21 | 装束班

八千代市立中央図書館装束体験、ホント、一人も来なかったらどうしよう、という心配しかしていなかったのですが、蓋を開けてみれば来客引きも切らず、成徳・早稲田スタッフは完全にフル稼働、労働基準法スレスレのハードワークでございました。35組54名のお着付けでした。
本日とうとうデビューした四位夏闕腋袍、近衛中将の御装束でございます。


 


この記事をはてなブックマークに追加

さわら雛舟

2017-03-18 16:55:32 | 装束班

おかげさまで、さわら雛舟、三回とも無事に終えることができました。ご出演の皆さま、佐原おかみさん会の皆さま、装束班の諸君、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。

東京成徳大学スタッフです。


この記事をはてなブックマークに追加

明日は雛舟

2017-03-17 17:08:24 | 装束班

さあ、いよいよ雛舟前日、午前中から積み込みチェック、到着後は井筒企画さんのお装束を一点ずつ確認、明朝7時半の着装開始に備えて英気を養って……って、雨?まさかの、雨?
(そんな予報は全く出ていない)


この記事をはてなブックマークに追加

卒業式

2017-03-16 07:06:43 | 日本伝統文化学科

卒業おめでとうございます。


この記事をはてなブックマークに追加

白袴

2017-03-15 07:21:42 | 伝統文化★資料室

 紺屋の白袴ということばがございますが、お装束で白の有紋袴は特別なもの、宿老用の白の指貫なんて実にいいですよねぇ(といっても、実際には僧侶袴でしか扱ったことないんですけれどね)。
 ご神職の方でも白の袴は「特級」のあかし、ごく限られた御長老の御料でございます。うれしいのは前後の紐が同寸であること、昔ふうのお仕立てでございますね。 


この記事をはてなブックマークに追加