海保博之

認知的体験
わかりやすい表現
ヒューマンエラー、安全
ポジティブマインド
大学教育
老人心理

2016年02月24日 に書かれた記事

2017-02-24 | Weblog
2016年02月24日 に書かれた記事をお届けします。

エレヴェーターの中の鏡」知らなかったなーシリーズ

駅などのエレベーターにはかなり大きな鏡がある。時折、自分の風袋などのチェックをしている。そんなときのためにあるのだろうなーと漠然と思っていた。違うのだ。バリアーフリーユニバーサルデザインなのだ車いすの人がバックで出られるのを助けるのだ。なるほどなるほど。もう自分の姿にうっとりするような不謹慎なことはしません!......
>続きを読む


心理テストとチェックリストは違います

心理テストと銘打っての自己チック方式のものの多くは、チェクリストと呼ぶべきです。それは、自ら振り返る際の手がかりを提供するものです。それに対して、心理テストは、①測定概念がはっきりしている②ひとつの概念に複数項目でのチェックをし得点にする<<概念に対応した項目設定がとても大変③大集団に実施して、ノルム(平均は......
>続きを読む


軍手

すべり止めの軍手を愛用している。ただし、右手だけ。テニスをするのに、とても有効。したがって、左手だけ残る。そこで、寒い日は、左手だけに軍手をする。軍手なんてことば、死語かと思いきや以下の通りであった。wikipediaより軍手(ぐんて)とは、手袋の一種。一般には白色の作業用編手袋をいう[1]。メリヤス製のため......
>続きを読む


自己実現も欲求

自己実現も欲求です。強弱があります。その内容も様々です。きまぐれなところがあります。強く、これこそ自分のなりたいもの、というものがあればそれに越したことはないのですが、あまりそれに固執してしまうと、実現できないリスクが高くなります。なれないときに、社会的な弱者になってしまうリスクが高くなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年02月23日 に書かれた記事

2017-02-24 | Weblog
2015年02月23日 に書かれた記事をお届けします。

平成25年厚生労働省白書平成25年厚生労働省白書切。 ● 夫の家事・育児時間が長いほど、第2子以降が生まれる傾向。夫の育児参加はわずかなが ら広がりつつあり、若い世代の積極的な姿勢に期待。 子育てサービスの充実と男性の育児参加 9第4節 仕事に関する意識......
>続きを読む


注意集中、熱中、フロー,

 熱中とは、時間を忘れ、他の事を忘れてしまうくらいに一つのことだけにかかわってしまうような状態です。「社会」  創造(発明・発見)至高   フロー    使命感忘我   熱中    個人的嗜好             挑戦心    注意集中                   「個人」図 注意集中から熱中、フ......
>続きを読む


習慣

習慣はいったんできてしまうと、ついつい、現状維持、マンネリになってしまい、状況が変化して、もはやその習慣が妥当でなくとも、相変わらずそのままやり続けてしまうからです。適当なスパンで見直しが必要です。いわば、頭の政権交代のすすめです。


知性」名言の心理学

ゴローニンは高度に知的な男でありながら、その知性は、すべて肉眼と筋肉による体験に裏付けられており、かつ、体験を蒸留させて知性の質と量をつねにふやしていた。(司馬遼太郎;菜の花の沖」より@@@知性、認知心理学では手続的知識と呼ぶ。多くは技能をさ支える知識である。もっぱら体験を通して学ぶ。なお、宣言的知識も知識レ......
>続きを読む


gooよりいただいたお題に

最近手紙は書きましたか?(33件)  いただきものの礼状を、12月に最近お気に入りのスイーツは?(46件)  果物ケーキバレンタインデーの思い出は?(65件)  まったくないなー大雪の対策は何ですか?(49件)  スコップを買っておくこと  買ってからまだ一度も使ってない定期購入をしていますか?(51件)  ......
>続きを読む


町内会

1年間5千円弱の会費昔、1年だけ、班長を順番ということでさせていただいたことがある。結構大変である。なぜかというと、活動が活発だから。おまつり、防犯パトロール、朝市、班長会議、見回り、回覧板などなど若い世帯が少なくなり、高齢者が頑張る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

処分に困るもの、余話

2017-02-24 | 高齢者
絶対にやるまいとひそかにこころに決めていたことがある。

それは、研究室にある本(無論、自費購入本です!)
を家に持ち帰ること。
それは、持ち帰るコスト、保管するコスト、また捨てるかどうか迷うコスト、
どう考えてもわりに合わないから、そう決めていたが、
いよいよとなると、だめ。

もう数冊、持ちかえりボックスに入れてしまった。
ここ4年は触ったこともないのにねー

馬鹿だなー、ダメだなーと我ながら思う。
でもねー。

きっと、もう少しすると、これだけは棺桶にいれてね!
なんて遺言を書くことになるかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家」処分に困るもの

2017-02-24 | 高齢者
これは金額的にもっとも大きい案件。
昔バブル時代には、無理してでも買っておけば貴重な資産になる
といわれ(思わされ)て、無理をして買った。

それがこのざまである。

近隣で増えているのは、更地にして売り出すもの。
あるいは、リホームして売り出すもの。
数は少ないが、そのまま売り出すのもあるらしい。

悩ましいが、まだまだ先ということで、判断先延ばし。
期限がないあれこれが、これから押し寄せてくる予感がある。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集中力の法則その5

2017-02-24 | 健康・スポーツ心理学


法則5
集中力は限界があることを知っておく

 集中力には、2つの意味で限界がある。
 一つは、エネルギー量の限界である。石油でも、原子力でも、およそエネルギーにはどんなものでも限界があり、いつかは枯渇する。注意のエネルギーも例外ではない。供給量の限界に加えて、それをためるのにも限界がある。容量制限である。ちょうと、ダムのようなもので、ダムに流れ込む雨の量にも限界があるし、大きさにも限界がある。
 もう一つは、集中のエネルギーを一点に集め、それを一点にとどめておく力の限界である。図を見てほしい。いずれも反転図形と呼ばれるものであるが、じっと見ていると見えるものが反転するはずである。一方だけ見ようとして注意を集中しても別の見え方は生じてしまう。
 いずれの限界の、固定したものと考える必要はない。ある程度までは訓練によってこの限界を拡大することはできる。禅や瞑想、メンタル・トレーニング、一点凝視などがそれであり、また、環境の設計によってもこの限界を越えることができる。
 しかし、そのいずれにも限界がある。朝から晩までたえまなく集中し続けるのは人間にとって自然なことではない。自然ではないことをずっと続ければ害になる。
 特に、注意集中が外から強制されるときは、注意しなければならない。注意力コントロールは、個人の力量にゆだねられるくらいの環境がちょうどいいのである。これまでに述べてきた方法の数々は、子供や部下の注意集中をコントロールする技術として使うこともできるが、十分にこの点への配慮をしてほしいものである。
 そして、集中力について考えるのと同じくらい、あるいはそれ以上に大事なことは、いかにリラックスするかである。リラックスのコントロールができれば、おのずと集中力は発揮できる。この点も、随所で強調してきたつもりである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エラーと事故に関する論考

2017-02-23 | ヒューマンエラー
https://free.filesend.to/filedn_infoindex?rp=1b7aa92c65ba96eff1d53091ba4aa48o


新聞投稿欄をpdf化したものです

2月25日20時までの限定です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年02月22日 に書かれた記事

2017-02-23 | Weblog
2016年02月22日 に書かれた記事をお届けします。
またやってしまったシリーズ

1つの連絡ミスがあれこれ波紋をうっかり連絡すべきところに連絡しなかったためにあとあと大変なことになる、というような経験はこれまでにも何度かしたことがある。また、それをやってしまった。たった1分で済む連絡を忘れたために、その回復に1日、2日もかかってしまう。反省しきりである。


質問心

「質問を口にしないー>「でも、評価、反論、疑問は頭の中で絶えずしている」となって欲しいです。 これによって、頭の中の既有の知識に新しい情報が追加され、それがより高度な知識の構造化につながるからです。これは、アクティブラーニングの認知的基盤になります。


2005年12月の記事
●認知的体験05/12/16海保「これですべての給料をもらった」ボーナスも12月の給料も出た。年収もわかった。驚かされるのは、減収額の大きさである。生活に支障をきたすほどの減収ではないので、騒ぐ必要はないが、それでもモラールはさがるかも。連動して退職金も下がるのが痛い。国も人のリストラだけでなく、財政的なむだ......
>続きを読む


心のすべては脳に還元できるか

心のすべては脳に還元できるか・シンプルなものへの還元は、科学の王道  脳還元論もその一つ  最近では、遺伝子還元論も・今後、驚くべきところまで進む  ロボットに組み込まれる形で実現  神経疾患の治療がすすむ


これはいい!!シリーズ

朝ドラ「あさがきた」1週間の筋を5分で紹介してくれる。これで1週間みなくとも、ストリーに浸れる大河ドラマもやってほしいなーへたな予告編よりずっとみたいという気持ちになる


人生は目標だらけ

人生は目標だらけ   大小もあり、強弱もあり、長短もあるおおざっぱには、   目標は大きなピラミッド構造をなしていて  ・断面でみると(日々の視点だと)     並列的にたくさんの目標が同時に設定されている場合     (パラレル 並列構造)  ・頂上からみると(遠い未来からの視点だと)     大きな目標が......
>続きを読む


名句

☆目に胸に菜の花の色家路かな提供桜氏ありがとうございました


2015年02月22日 に書かれた記事

2015年02月22日 に書かれた記事をお届けします。カウンセリングの役割カウンセリングの役割?クライアントの感情の混乱を言語化してやり、さらに心理学の論理で解釈してやること(物語化してやる)?クライアントの感情の混乱による不安に共感してやること?適切な解決方法を示すこと子どものごっこ遊び心がどんどん壊され......
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

処分に困るもの「過去」

2017-02-23 | 高齢者
すべての過去を処分したいとなれば、これは人生終わり。
思い出したくない過去だけを選択的に処分したい。
でも、絶対にできない。
でもしたい。
この葛藤、意外にこれからおりにふれて出くわしそう。
がんばります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔の書き物リスト

2017-02-23 | 心の体験的日記
順不同

①説明・指示における具体表現をめぐって」筑波大学心理学系紀要、1993
②わかりやすい技術文章の書き方」日経メカニカル 1988年
③マニュアルの認知工学」筑波大学心理学系紀要、1987
④マニュアルを大切にする文化を育てる」標準化と品質管理 1990
⑤インタフェースの認知工学」情報処理学会 1988
⑥わかりやすい取扱説明書を作る」標準化と品質管理 1992
⑦ヒューマンファクターの研究動向」JTT 1992
⑧こうすればわかりやすい表現になる」TUKUBA Studennts,1989
⑨ドキュメントのわかりやすさ」
⑩わかりやすい表現、わかりにくい表現」ビジネスファクター
⑪文章が分かる・分からない機構 」NIKKEI MECHANICAL 1988
⑫脳と心の広告の関係」Human・AD 1933
⑬マニュアルにおける操作説明の最適化」教育心理学研究、1991

疲れたので
今日はここまで 
でもあまり意味のない疲れでした わらい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆情動知]心理学基本用語

2017-02-23 | 心理学辞典


◆情動知(emotional insight)〔1991年版 心理学〕

野田正彰は、身体全体でしかも感情的な興奮のなかで自己や共同体の運命を直感的に悟る情動知の世界を、コンピュータが扱う情報の世界に対置させ、その間に、知恵、知識を置く知の階層モデルを提案している。そして、最近の知をめぐる状況を、アトム化し冷え切った情報知の世界(冷たい認知)の肥大ととらえ、情動知(暖かい認知)の復権を訴える。前項の実体験欠乏症に、情動知の欠如がもたらす破局的な姿をかいま見る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年02月21日 に書かれた記事

2017-02-22 | Weblog
2016年02月21日 に書かれた記事をお届けします。
ドライブが趣味」自分史

ドライブが趣味車があることで、当然、活動範囲が一気に広がる。これまで行ったことにないところに簡単に行くことができる。たとえば、ファミリーレストランや郊外店舗など近隣の行動圏ががらっとかわった。さらに、150キロ圏内の日帰り観光地や一泊ドライブなどなどもするようになった。 土日には堰を切ったかのように、あちこち......
>続きを読む


抽象的目標と具体的目標

抽象的目標と具体的目標目標が具体的であれば、それに到達するための行動計画も立てることができます。そして、結果として、それが達成できたかどうかがわかります。これに対して、目標が抽象的であれば、具体的な行動計画も、その達成度もはっきりと検証できません。最適な目標管理は、抽象的な目標といくつかの具体的な目標とが、そ......
>続きを読む


質問

質問する人がずらり はじめてアメリカの心理学会に行った時の光景を思い出しました。 発表が終わり、質問の時間になると、質問したい人が会場の1本のマイクの前にずらりと並ぶのです。ひるがえって、日本の学会。司会者が、「質問ありませんか」と会場に聞く。出ないので仕方なく(時間調整のため)司会者がお義理の質問をして終わ......
>続きを読む


閉店セール、大賑わい

テニス場近くのスーパーの入った複合ショッピングセンターがまもなく閉店する。30年近くがんばったのではないかと思う。そこが閉店セールをしている。土日、駐車場が満杯。普段、いかにすいていたかを実感。ごくろうさま。そういえば、大阪かどこでいつも閉店セールのお店がいよいよ閉店ということで話題になったニュースをみたこと......
>続きを読む


からぶり天気予報

強風、大雨予報まったくはずれよかった天気予報、難しいんだな!ただ、最近は、悪天候を強調して空振りがやや多いような気がするが、多分、これでいいのだと思う


2015年02月20日 に書かれた記事

2015年02月20日 に書かれた記事をお届けします。日本企業による海外の企業買収が多い日本企業による海外の企業買収が多いどんなビジネスモデルかはわからない。しかし、新聞には連日のごとく、海外の企業買収のニュースが載る。企業にお金が貯まり込んでいるらしいから、これもありとは思うが、それにしても、海外に投資し......
>続きを読む


本当かなー?

暇なときに読む。 @himatoki_ 2015年12月3日恥を承知で言いますが、保育士35年やり、今の民間保育園に勤めて25 年。主任やってます。 給料手取りで(残業代少ない時、年金.介護保険.住民税等もろもろ引かれ)(主任手当3万円つき)18万円代ーーー@@安いとは聞いてはいたが、これで生活、というより......
>続きを読む


2015年02月21日 に書かれた記事

2015年02月21日 に書かれた記事をお届けします。山芋山芋は好きだが、いじると手がかゆくなるのでつい食べずじまいでもねばねばはアンチエイジング効果があるとのことそれが冷凍になった通販で買ってみた食べてみた美味だった便利だった冷凍保存の技術の進歩を実感でも野菜はあまり手をかけずにそのまま食べる方が良いとは......
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2001年に書いたい本のあとがき

2017-02-22 | わかりやすい表現
素人ユーズであり、心理学の研究者としての立場から、20年間、マニュアル制作者へメッセージを発信し続けてきた。  
ユーザに向けて発信したのは今回が初めてである。
その間、実は、ユーザに対しても発信したいと思ったことがなかったわけではない。
しかし、それを言ってしまってはおしまい、との思いも強くあった。

ユーザ側に努力を期待してしまうことは、マニュアル制作者、インタフェース設計者の側でのさらなる努力を削ぐことになってしまことを懸念したからである。  
事実、メーカーでインタフェース設計をしている人から、こんな嘆きを聞いたことがある。  

「新しい技術なのだから使いにくいのは当たり前と主張してはばからない  技術者がいて、インタフェースの重要性をわかってもらえない。」

 確かに、人はどんなことにも慣れる。最初は不便だと感じていても、慣れるとなんとも感じなくなる。インタフェースも同じだと言うわけである。  
しかし、はさみや金槌の使い方の話ではない。  
コンピュータの使い方にかかわる話である。慣れるまでの努力の量も質も桁違いである。
そこを問題にしているのだから、インタフェース問題は疑似問題(問題のようであるが本当は問題ではない)と言ってしまうわけにはいかない。  

「しかし」である---はなはだ煮え切らないが---。
 
「技術者--機械--ユーザ」は、三位一体である。努力の総体を一定とするなら、それぞれがもうちょっと努力することで、それぞれが少しづつ楽になる。インタフェース技術がここまできたら、ユーザもちょっと努力をしてみようよ、と言ってももよいかなとも思う。  
「みんなでよりよいマニュアルを作りましょう」との小学生的檄を飛ばして本書を閉じる。

2001年3月10日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

集中力の法則その4

2017-02-22 | Weblog
法則4
集中力は環境・課題・心身状態で変わる
 集中力コントロールは、どのような環境のもので何をするか、そしてその時のあなたの心とからだの状態はどうなっているかによって異なってくる。集中に最適な環境と思っていても、からだが極端に疲れていては集中力は発揮できない。心身が充実しているときに簡単な仕事では、気抜けがして集中できない。環境と課題と心身状態が微妙に影響しあっているのである。
 もう一度、ここでこれからの3つの要因を整理してみよう。
 環境には、証明、音、机の配置、部屋の空調などの物理的環境と、親や兄弟、友達や同僚、上司などの人的環境とがある。このいずれも集中力コントロールにとって大事である。
 課題は、それこそ千差万別である。集中力との関係で言えば、「むつかしいかやさしいか」「おもしろいかつまらないか」「単調か変化があるか」「まとまっているかばらばらか」が問題になる。やさしいもの、変化のあるもの、まとまっているものには、それほど苦労な区集中力が発揮できる。問題は、そうではないときにどうするかである。
集中力コントロールを考えるときには、一番のくせものが心身状態である。集中力はそもそも心のある種の状態である。その心の状態をもうひとつの心の状態でコントロールすることが問題になるのだから話しはややこしくなる。
 からだの状態についても、心とからだとは、にわとりが先か卵が先か、つまり集中力がなくなったから疲れたのか、疲れたから集中力がなくなったのかは、はっきりとどちらとも言えないところがある。
 この3つを組み合わせると話はとてつもなく複雑になるので、そのすべてにわたって述べることはできない。あなたの創意によってあなたなりの方法を考えていただきたいところである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

慣れと3つのム

2017-02-22 | 健康・スポーツ心理学
慣れと3つのム

 仕事に慣れること(熟達)は,注意資源の有効活用には必須
です。
車の運転を考えてみてください。慣れてくれば,運転しながら
ラジオを聞くことも,隣の人と会話をすることもできます。
 
慣れることによって起こる3つの「ム」というのがあります。

1つは,「無理なく」の「ム」です。
 ほとんど注意を払う必要なく,仕事ができます。したがって
 あまり疲れません。努力感もありません。

 2つは,「無駄なく」の「ム」です。
 初心者の振舞いには無駄がつきものですが,熟達してくると
 ほとんど無駄な振舞いはありません。一つ一つの振舞いが無
 駄がないだけではなく,それらの流れにも無駄がありません。
 すべてが仕事の達成に関係した無駄のないものになります。

 3つは,「むらなく」の「ム」です。
 量は少なくとも注意は定常的に払われていますから,仕事の
 達成水準も,それほど変化しません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名句

2017-02-22 | 名句と映像


短くも
長くもあるか
春を待ち



春一番
二月の暦
舞ふごとし

提供桜氏
ありがとうございます


コメント
この記事をはてなブックマークに追加