Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

グロッキーの果て

2017年04月25日 21時14分00秒 | 日記(アニメ感想含み)
前回の続きめいた話。
"クロムクロ"#16の録画分を見ていて、
「あれ、OPに横筋流れが一本入るエフェクトってあったかな?」
と思って本編を見たら、
受信不良のブロックノイズだった……。
判断力や思考力が露骨に落ちてるなぁ……。
(オマケに食料の買い出しに行ったスーパーではカードを間違えて提出するし……)

・"タイムボカン24"#6「渋谷のハチ公は蜂だった!」
何故アメリカ翻案?>トキオ、「確かハチ公って映画になっていたよね」と言ってハリソン・フォード(でしたっけ?)の声色で「ハチー」と発言したこと。
でもって、
カレン、容赦ねぇ>季節外れのレンゲの花を見つけられないと思い込んで弱音を吐いたトキオをしかり飛ばしたことはともかく、アクダーマの香水メカの発するにおいをビマージョの加齢臭呼ばわりしたこと。
まぁ、
オヤダーマにフェロモンが通用していれば、リストラ部屋(だよなぁ)送りになることはないわけでして>ビマージョ
それにしても、
良く言えば後腐れ無く一話完結、悪く言えば投げっぱなしなこの作品に前回のハロウィンの話を持ち出して、真歴史発見による歴史の書き換え(「ハチ公が犬でなくスズメバチだったら銅像もそれに変わって……」とトキオが想像したこと)は話のつじつまが合わなくなるんじゃ……。
(それこそ野暮、ってのは分かっているけど)

・"ブブキブランキ 星の巨人"#6(#18)「蝶と死刑台」
かーちゃんがいないと、羽目を外したくなるのが男ってものでして。>周作、隠れ家で酒しか用意していなかったこと。
(尤も、未成年飲酒を薦めた周作に弁解の余地はなく、黄金と木乃亜にぼろくそに言われてしまったが)
それにしても、
静流(石蕗の姪)のいる前で容赦ねぇな。>黄金と木乃亜。カップラーメンしか用意していなかった石蕗をぼろくそに言って。
で、カオルコを取り戻すべく単独で動いた東とギーが思わぬ形で鉢合わせして……。
と言うか、
うっかり(東はギーと面識がない)ギーの口車に乗ったばっかりにカオルコと入れ違いで生け捕りにされる展開しか見えないのだが……。
(礼央子が炎帝の呪縛(なんだろうなぁ)から解放されて憑き物が落ちたり、ギーが子供達にトラウマを与える読み聞かせをしていたり、炎帝が神経塊、と言うか副脳を持ち合わせていることとかどうでもええんかい)

・"クロムクロ"#16「再会は水に流れて」
「もし主君が道を違え同胞に仇為す時は、一命を賭してそれを倒すべし」(「もし主君が道を誤っていたら、一命を賭してそれを諌すべし。それでも主君が道を誤ったままなら、主君を止めるべし」かも)と言う侍の使命(と言うよりほとんど業だな)があるとは言え、簡単に割り切れる事も出来ず。>剣之介とムエッタの研究所での対峙の顛末。
この回、剣之介の言動が己に跳ね返ってくる回でもある(模擬戦で市街地の損害を無視したトムを「おぬしに我が背中は預けられない」と言い放ちながらも「貴方をほおっておくと何をしでかすか分からない」とソフィに言われたこと。)。
それだけじゃなく、ミラーサの出し抜きに引っかかったムエッタの運命や如何に?
(ただでさえ難しい立場を余計に難しくした剣之介のその先も問題だが)

・"クロムクロ"#17「雲中に鬼が舞う」
少なくとも何を優先すべきかをわきまえてはいたようで。>剣之介。ムエッタの捜索を打ち切って輸送機の救出とヨルバとの交戦に向かったこと。
とは言え、剣之介とガウスチームに微妙な溝が埋まったかどうか(セバスチャンが剣之介を「お家の忠義に囚われるあまり迷った」と擁護するのを本人のいないタイミングで言ったことをソフィーに窘められた)ははっきりしないが。
でもって、はっきりしないと言えば、
「鬼」と鷲羽家の因縁のこともなんだが。
(剣之介と由希奈の助っ人に現れた翼の持ち主は「鬼が鷲羽家の敵」とする剣之介の執着を疑ってかかっている節があって……)

・"終末のイゼッタ"#6「穏やかな日々に」
バスラー大尉がゲルマニア技術工廠で試作機と「キャッキャッ、ウフフッ」する回。(リッケルト曰く「ほんと(さっきまでリッケルトを小僧扱いしていたくせに)自分が子供なんだから……」)
(間違いじゃないがおかしいだろ)
両者仕切り直しの間の平穏な一瞬。
それにしてもパイ店の亭主と言い、お客さんと言い、近衛達と言い、フィーネの気持ちをおもんばかって気を遣っていたんだなぁ。
(フィーネがお忍びでパイ店に来ることを見て見ぬふりをした件)
で、
反ゲルマニア諸国や亡命政府との秘密会議にフィーネとイゼッタが出席する(少しでも諸国に対ゲルマニア攻勢に意見を一致させるため)べく、隠密裡にブリタニアへ向かう。
で、
両者仕切り直しの日々はは水面下の戦いの日々であり、
少しでも隙を見せたらひとたまりも無いエイルシュタットとなんとしてもイゼッタの死角(=エイルシュタットの隙)を知りたい(ベルクマンは最初から魔女の存在を知っている節のある工廠9局に接触したが)ゲルマニアの暗闘の果ての、
「この戦い、もはや禁じ手はない(Byジーク)」
非情な回。

・"タイガーマスクW "#6「アイドル×ヒール」
試合に負けて気が立っている選手に会いに行くのは流石に非常識なんじゃ……>生ハムと焼きうどんが試合後の挨拶回りでタイガーマスクに敗れたゴリラージェットシンに会いに行ったこと。
意図せずして(だろうなぁ)プロレス的顛末になってしまった回。
(生ハムと焼きうどんが(おそらく意図せずして)最初にやった炎上商法も「禍転じて福となる」結果となったしなぁ)
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色々とグロッキー | トップ | 地に足が付かない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記(アニメ感想含み)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。