2017年1月のTable with Colorsセミナーは…



遅くなりましたが、2017年1月のTable with Colorsセミナーの模様を。

香港生活も3年目になりました。不思議なことに丸2年もすると、
感覚は知らないうちに香港よりになってきたのか、
この年末年始はなんだか日本のお正月がピンときませんでした。

ところが旧正月は旧正月で出張で香港に不在の予定でしたので
せっかくなので、日本で香港で出会った旧正月ならではのメニューをご紹介して
みんなで年始をお祝いすることにしました。

旧正月を祝う食材にはいろいろありますが、
今回はまず大根餅と笑口棗をご紹介。

昔、芝公園近くの中華料理店に友達とよく飲茶に行きました。
そのころ、点心で大好きだったメニューのひとつが大根餅。
よく頼んでいましたが、いつのまにか、あまり頼まないメニューに。
白っぽくて「餅」とあるだけに、
ちょっと太りそう、と無意識のうちに感じていたのかもしれません。
ところが、香港で習ってみると、食材のバランスも自分で調節できるし、
簡単で楽しいメニューとわかりました。
ほとんど野菜で、作り方によっては立派なベジタリアン・メニューにもなります。
本場の食材はなかなか取り寄せられないので
日本で作りやすい食材で美味しく作れるようアレンジしてみました。
皆さんもぜひ今回のレシピをもとに、
お味噌汁のように、自分の好きな大根餅の配合を研究してみてくださいね。

デザートにご紹介したのは笑口棗。
これは揚げるとパクッと割れ目ができるのですが、
この割れ目がニコッと笑った笑顔のようなので、
新しい年がたくさんの笑顔に恵まれますように、と願うお菓子だそう。
まだ、香港に来て間もなくなんとなく不安だったころに、
会社の人が手作りの笑口棗をくれてとてもうれしかった、
まつわるお話が楽しいので、いつか皆さんにご紹介したかった思い出のお菓子。
簡単ですが、揚げたての食感がサクサクとなんともいえないので、
ぜひできたてを大切な人に味わってもらいたいものです。

メインは中華ではなく、ベトナム料理の牛肉のフォー。
スープを丁寧にしっかりととり、
大根やもやし、レタスなど野菜もたくさん!
簡単にもつくれますが、時間があれば、丁寧に作っただけ、美味しさも増します。
年末年始で疲れて、寒さで冷えた体を温め、いたわってくれそうなメニューです。

テーブルは暖かな春の陽光を感じさせ、
心をワクワクさせる効果のあるオレンジレッドの春の花々をシンプルにまとめて、
モダンなチャイニーズのテーブルに。
大根餅や牛肉のフォーに合わせるお薬味をたっぷりと用意して
味覚的にも視覚的にもわくわくするテーブルに仕上げました。


日本の春の色、到来♪

お正月はどのようにお過ごしになりましたか?

私たちは家族の誕生日を皆で香港に集まり祝いました。

日本にいる家族が、わざわざ送っていただいた京都の和菓子を
香港まで持ってきてくれました。





なんてきれいなんでしょう!


面白いけれど日本とは違って大雑把で賑やかしい香港とはうってかわって
繊細で、細やかな、ほんのりとした色合いの、京都の春色のお干菓子。

小さな空間に、ひとつひとつ細部に気持ちを行き渡らせて、
心を詰めて物語をつくる。

自分がつくったわけでもないのに、こんな素敵なものを拝見すると、
自分が同じ日本人であることが誇らしく感じられるほど美しいです。

大好きな梅の花とその香りを思い出しながら
香港にいながらも日本の新春を楽しませていただきました。

あけましておめでとうございます!



あけましておめでとうございます!
2017年がみなさまにとって、幸せ色溢れる豊かな一年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Happy New Year !
Much peace, love and joy to all in 2017 !



冬季休暇および商品等の発送について




冬季休暇および冬季の商品等の発送についてお知らせいたします。

12月21日(水)~1月9日(月)の期間、冬季休暇のためスウォッチ等の商品等の発送ができません。

上記期間中、メールにてのご注文は承れますが、ご注文をいただきました順にご連絡し、代金のお振込みを確認させていただきました後に、1月10日(火)以降に順次発送させていただきます。

上記期間中、セミナーへのお申し込みや取材等のお問い合わせはメールにて承ります。
ご連絡いただければメールにて返信させていただきます。

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承くださいませ。

それでは素敵な年末年始をお過ごしください。




★コンサルティング、セミナー等へのお申込、お問い合わせはメールにて承れます。
E-mail:http://www.impression.ne.jp/contact/index.html






『幸せを呼ぶ色のおもてなし』出版記念お食事会

今回の帰国時には、Table with Colorsセミナーの生徒の皆様が
『幸せを呼ぶ色のおもてなし』出版記念のお食事会を開いてくださいました。



皆さんが気楽に楽しめるよう、でも、
食いしん坊の皆さまに満足いただけるよう、
Kさんがいろいろと考えてくださり、
Kさんお気に入りのカジュアルだけれどとっても美味しいイタリアン、
Rozzo Siciliaにて食卓を囲みました。

食べきれないくらいたくさんの厳選されたお料理、
デザートまでどれもとてもおいしく、
今でも思い出すと、また食べたくなってしまいます。
作り方も教えていただいたので
いつかお教室でもつくってみたいですね!

母と私が選んだデザートのお皿には、
キャンドルとともに
かわいい小人のフィギュアに
「出版おめでとうございます」とのメッセージが。

このレストランの阿部さんは絵がとても上手で
彼が手描きでつくってくれた手作りんの飾りなのです。
メニューやお店のロゴも阿部さんが描いているそうです。
美味しいお料理だけでなく、こんなおもてなしまで。最高!
皆さまから素敵なプレゼントまでいただき、大感激です。
今週末のクリスマスセミナーの時に飾らせていただきますね。

年の瀬も迫り、お忙しいところ、
お集まりくださいまして、本当にありがとうございました。
それぞれお互いに連絡をとってくださったり、大変だったかと思います。
小さなお教室も、優しく素敵な生徒の皆さまに支えられてここまで続きました。
今年は皆さまとの時間を一つの本にすることができました。
本当にありがとうございました。
これからも皆さまに喜んでいただけるように努力したいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。






パレスホテル東京のクリスマス

インプレッションのfacebookページで、
香港のクリスマスシーンを時々ご紹介しています。

香港は何でも華やかなのが好きなので、
比較的モリモリなデコレーションが多いですが、


東京のクリスマスもなかなか素敵!





こちらはパレスホテル東京。




暗い空間にライトアップされてとてもきれい!

近くで見ると…





トレンドのアクリル製?の羽オーナメントです。
光に照らされて、キラキラ輝いて幻想的です。

白は清潔感や透明感があって誰もが好きな色ですが、
ともすると寂しくなりがち。
ライトアップすることで針葉樹の深い色とコントラストがついて
華やかになりますね。




デコレーションを遠目に眺めながらラウンジでゆっくりしていると、
ジャズの生演奏も流れてきて、さらにいい感じです。


お近くにいらっしゃることがあればのぞいて見てはいかがしょう?


2017年1〜2月のTable with Colorsセミナーのご案内



お元気ですか? 
年の瀬も近づき慌ただしい毎日になってきました。
Table with Colors Seminarの2017年1~2月の日程を
ご案内いたします。
来年も色合い豊かな幸せ色のテーブルと季節感溢れる楽しいメニューを
ご紹介していきます。
どうぞよろしくお願い致します。

Table with Colors Seminar では、
日々の暮らしを豊かにする、ブレックファースト、ランチ、
アフタヌーンティー、ディナーなどに応用できる
季節感あふれる健康的で楽しいメニューをご紹介しています。

季節や食べる時間、集まる人やテーマなど、
想定するシチュエーションに幅を持たせて、
健康的で気の利いた、簡単で美味しいメニューを、
カラーコンサルタントならではの視点で
色彩をフルに活かした、美しく、おいしく、
楽しく見えるセッティングのテクニックとともにご紹介します。
毎回自由な発想で皆さまと一緒にその日の課題をつくり、
召し上がって頂きます。

●日曜クラス:11:00~14:00

 第1回目: 1月15日(日)
 第2回目: 2月26日(日)


● 月曜クラス:11:00~14:00

 第1回目: 1月16日(月)
 第2回目: 2月27日(月)


●受講料:
 入会金:10,800円(初めてセミナーを受講する方のみ)
 受講料:21,600円(2回分、税込、材料費、レシピ込み)
 講師:菅原 明美、令子
 持ち物:エプロン、スリッパ、手をふくタオル、筆記用具

・1コース全2回です。
・クラスに空席がある場合は1回ごとのご参加も可能です。
ご希望の場合はお問い合わせ
 ください。
 単発のお申し込みの場合は(入会金+)1回につき受講料12,960円です。
・ 作ったメニューのお持ち帰りはございません。
・ お申し込み後のキャンセル、お休みの際の受講料のご返金は
 出来ませんのでご了承ください。
・ 都合により開催日が変更になることがございますのでご了承ください。
 講師の都合で変更の場合のご欠席は振替/キャンセル可とさせていただきます。

* 2017年3月はお休みです。


⭐︎セミナーへのお申込、お問い合わせはメールにて承れます。
E-mail:http://www.impression.ne.jp/contact/index.html

ウキウキワクワクさせてくれる色

インプレッションのfacebookページで、
香港のクリスマスシーンを時々ご紹介しています。

今日はその中から、Lane Crawfordのクリスマスオーナメント売り場をご紹介します。

クリスマス売り場にはツリーが幾つか設置されていて、
テーマごとに飾り付けられています。

白いオーナメントばかりのもの、金のもの、シルバーのもの…

その中でもひときわ、目立って楽しい気持ちにさせてくれるのは





やはり赤のオーナメントたち!






天井にもこんな飾りが♪



見ているだけで心が温かく、楽しい気持ちになります。
そして購買意欲にも火がつきそう!

赤は一番刺激的な色なので、色々な意味で
発火作用があるのでしょう!

ですが、うちのツリーは赤がテーマではないから、ちゃんと見て選ばないと。

でも赤も楽しくていいですね〜

インプレッションのfacebookページでは動画がご覧いただけます☆


癒しの色

先日の日本滞在ではハードスケジュールがたたり、
帰る頃には肌の調子がとても悪くなりました。

そこでこの機会にスキンケアを見直してみることに。

そして、手にしたのは、
いくつかの美容雑誌で2016年のクレンジング第1位に輝いていた、
RMKのモイストクレンジングバーム。

パッケージはこんな花を思わせる優しい色合い。



なんとも微妙なやさしいピンク。

それもそのはず、
説明書きを読むと、ローズブーケの香りとのこと。

まさに中身にぴったりなパッケージ。



前に購入したパウダーソープも良かったので、早速購入。
使用してみると、




左はモイストクレンジングバーム、右はパウダーソープ。2つともなんとも言えない、かわいい色。
見ているだけでも色に癒されます。


香りは私には少し強く感じるものの、素晴らしいテクスチャー。
顔にのせるとバームが体温でオイル状に変化して、
ローズの香りに包まれながらゆるくゆるくフェイスマッサージできるのです。
使用後もしっとり!


おすすめされて、よく説明も読まず、一緒に購入したフォームドソープ。
こちらは濃密なもっちりとした泡状のソープです。

白いパッケージから出て来た泡は、私の勝手な予想に反してほんのり紫色。
説明を読むと、ラベンダーの香り。
なるほどですね!

個人的には、この泡もほんのりピンク色で
ローズの香りシリーズで作ってもらいたかったかも、
と思いつつ、クレンジングバームの後、このソープで洗顔すると、
肌のキメがきれいに整い、気持ちも安らかに。

きっとラベンダーの鎮静効果でしょうね。
作り手は、1日の最後の洗顔でリラックスしてもらいたいという願いを込めたのでしょう。


生活リズムも見直して、洗顔も変えてみると、みるみる肌の調子が整いました。

久々に楽しい化粧品に出会いました。

クレンジングを変えようかな?という方、
忙しい年末でもほっとする時間は欲しいなという方にとてもおすすめです。
面倒なクレンジングタイムが、
楽しみなリラクゼーションタイムに変身します。


ここでも反対色効果が♪


12月のインプレッションのFacebookページでは、
香港の街で見かけたクリスマスデコレーションをご紹介しています。

そこから、いかにも香港!な、ウィンドウディスプレイをご紹介しましょう。





イギリスのデパートのバーベイ・ニコラスのウィンドウです。

トレンドの星モチーフ⭐️がたくさん!

カラーのつけまつげもしっかり押さえてますね〜




隣のウィンドウを見ると、




こちらもギンギラギン⭐️⭐️⭐️

サングラスの向こうにも、しっかりとカラーつけまつげが。
さすが、ぬかりありません。


オレンジのウィンドウの隣には、ブルーのウィンドウ。

補色効果で、どちらもとても華やかに、引き立て合っていました。

キラキラ、ギラギラ、カラフル❗️
まさに、香港なウィンドウですね。

意外な色!

すっかりご無沙汰してしまいました!
あっという間に師走ですね!

先日の花市場はクリスマス色いっぱいでした!
今年目立っていたのはポインセチア。



定番の赤のほかに、
ピンクやマーブル、

このあたりまでは珍しいけれど見たことある範囲でしたが、

今年はブルーやイエローまで登場!

ピンクくらいまでは許容範囲でしたが、
ブルーやイエローはどうでしょう?

たくさん飾られていたら、見ているうちに
これも慣れてくるのでしょうか?

青いのは紫陽花みたいですね。

ちょっと寒そうですが、街で見かけるのが楽しみです。

それにしても、もうこれ以上新しいものは出てこないのでは?と思っても、
何か出て来ます。
人間の創意工夫、無限の可能性、素晴らしいです!

紫の意味

先週はアメリカ大統領選で世界中が大いに湧きました。
結果はほとんどの人が予想しなかったトランプの大逆転。
これから世界はどの方向に向かうのでしょう?
既存のシステムが機能しなくなったら、ただ壊すのではなく、
よいところは保持してさらに前進、進化していくべきです。
変化の波を追い風にして、より良い世界になっていくことを期待します。





ヒラリー・クリントンの敗北宣言をご覧になったでしょうか?
最後の演説で、ヒラリーはラルフ・ローレンのグレーに
鮮やかな紫のラペルのついたパンツスーツで臨みました。
後ろで彼女を見守るビル・クリントンも揃いの紫のタイを締めて。


スピーチの内容も素晴らしかったですが、
紫という、こういった場面では非常に珍しい色を選択したことには
きっと意味があるのだろうなと思っていたら、
やはり米各紙でその紫色について取り上げています。

紫という色は、赤と青を混ぜるとできる色です。
共和党の赤と民主党の青が、長い選挙戦という戦いを終えひとつに融合する、
真っ二つに分断されたアメリカという国が再びひとつに団結して
より強い国になって行ってほしいという
メッセージであろうと言われています。

そして、紫には、高貴、洗練、パワーといったイメージもありますから、
それがヒラリーにぴったりとも。
また、紫には忍耐や喪の意味があるという説も。

またその後、ホワイトハウスで行われたオバマ夫人とトランプ夫人の初会談の際には、
オバマ夫人がナルシソ・ロドゲリスの紫色のワンピースで現れたため、
ヒラリーの意思を継いでこの服を選んだのではないかとも言われています。


アメリカでは、服装を戦略的に選ぶことは日常茶飯事なため、
珍しい色を選んだので、
「この紫は一体どういう意味を表しているのだろう?」
と、毎日のように話題になるわけです。

本当のところは関係者に聞かないとわかりませんが、
私はこの紫のパンツスーツの時のヒラリーは
最近の中で一番美しく見えたと思いました。
ファースト・レディの頃から長年彼女を見て来ましたが、
一流デザイナーやスタイリスト、ヘアメイクスタイリストとの繋がりがありながらも、
彼女にはいつも服装や髪型に迷っている印象がありました。
アメリカという大きな国を率いるために、
常に目立とう、もっと強く、と意識していたからかもしれません。
彼女が小柄な、経験豊富ではありますが若くはない女性で、
さらに、あの個性の強い大柄なトランプが競争相手だとすると
無理もないことかもしれません。
今回の紫は目立つ変わった色ではありましたが、
ブライトカラーを少量に抑え、落ち着いたチャコールグレーと合わせたところが
上品で彼女の豊富なキャリアや年齢とも合っていてよかったと思います。

日本もおしゃれの楽しい季節。
今日自分が着る色がどんなメッセージを放っているのか、
時々考えて見ても良いですね。
冬は暗い流行色が多いので、
思ったような色を探すのはなかなか難しいですけれども。

秋のブーケ

香港に来てもうすぐ2年になります。
こちらで仲良くなったお友だちに、素敵なブーケをいただきました!




オリーブやローズマリー、ワックスフラワーとともに、この季節にピオニーが!


実はお誕生日プレゼント。
香港では、お休みになると海外に出てしまう人が多いため、
行き違いになりなかなか会うことができません。
「また今度ね」と言いながら、あっという間に3ヶ月くらい経ってしまいます。
ずっと気にしてくれていたようで、忙しい週末、お気に入りのお花屋さんに行き
ブーケを作ってもらい、フレッシュなうちにと
その足でわざわざ手渡しに来てくれました。

お誕生日の頃はもちろんですが、
こんな風に時差があるプレゼントも、ビッグ・サプライズでうれしいですね。

久しぶりのピオニーのピンク色は気持ちをパッと明るくしてくれ、
香りで気分がリフレッシュされました。





ドレスコードはブラック?

さて、先日、久しぶりにChina Clubにお誘いいただきましたので
その時のおはなしを。

ここは古くからある会員制クラブで、広東料理の美味しさもさることながら、
レストランのインテリアがいかにもオールド香港風でとても楽しい空間。





エントランスのこんなオブジェ(写真左上)から始まり、
1920~30年代上海風インテリアの中に、
中国風だったり西洋風だったりの様々な絵やキッチュなオブジェが所狭しと飾られ、
各所に配置された印象的なデザインのランタンランプの妖しい光でつくられた
椰子の葉の影が幾重にも壁に映り込む、
オリエンタルな雰囲気のする素敵なインテリア。

コテコテの強い原色が飛び交っているのに、
マホガニーの深いブラウンのおかげでなんとも落ち着く空間です。
いろいろな色があるだけでなぜか不思議とワクワクしますね。

調度品もひとつひとつ楽しくて、それを眺めるのも楽しいだけでなく、
お客様のおしゃれを眺めるのも結構楽しい。

ここは会員制クラブなのでドレスコードがあるのです。
そのおかげで、どのテーブルもちょっとドレスアップしていて
なんとなく華やか。

昔の香港は、みんなおしゃれしていてとても素敵でしたが
最近は大陸からの観光客も増えたり、
トレンドもかなりカジュアルになったせいか、
最近は高級レストランにディナーに行っても、
昼間の格好のまま大荷物でやってくるお客様もいらして、
旅行中は時間もなくしょうがないとはわかるけれど、
ちょっと場の雰囲気を壊してしまって残念に感じることも。

ここのドレスコードは
ジーンズやTシャツ、ポロシャツ、トレーナー、
サンダル、スリッパ、運動靴は不可。
たいして難しいことではありませんが、これを守るだけで
こんなにいい雰囲気になるのね、と感じます。

この日は満員で、お誕生日を祝うテーブルもたくさん。
見渡すと、どのテーブルも申し合わせたかのように
男性はダークスーツ、女性はブラックかホワイトの服装。
金融系の仕事の方が多かったのかもしれませんが、
「ここのドレスコードはブラック?」と思うほどのブラック率。
初めて行く方はブラックなら間違いないかも?(笑)



忘れていたここのお楽しみのひとつ。



最初の写真の右下にも登場していた「フォーチュン・クッキー」。
なぜか大好きです。
「今日はどんなことが書いているかしら?」
とワクワクして開けると、

"Smiling often can make you look and feel younger."
(笑顔はあなたを若く見せ、また感じさせてくれますよ)

まさにその日、「笑顔って大切」と思っていたので、びっくり。
簡単な良いことなので心にとめて過ごそう!と思いました。

ご一緒の方には
"Excitement and intrigue follow you closely wherever you go."
(エキサイトメントと陰謀(?!)はあなたがいくところどこにでもついてきます)

世界中を旅して生き生きと刺激いっぱいの毎日を過ごされている方にぴったりの言葉に感じました。

写真左のランプは、なぜかその日いちばん気になったもの。
フラミンゴ流行っているからかしら?!

Happy Halloween! 🎃

今日はハロウィンですね。
みなさんは仮装しますか?
どうぞ楽しい1日をお過ごしくださいね。



通りかかったWホテルのデコレーション。
もともとドラマティックというかちょっと不気味系のデザインのホテルなので
意外と普通に見えてしまう?




こちらは週末に食べたMoon Drops Grapes.
見た目の不気味さとは違って種無しで皮も薄くそのまま食べられる
甘くて美味しい葡萄です。
アメリカ製。香港で初めて食べました。
でも何度見ても不思議な外見!名前はかわいいのに。
タルトにしようかとおもったけれど、きっとあまり美味しそうに見えないですね😅







« 前ページ