猫に腕枕

腎不全の猫と暮らした日々+

お知らせ(この記事はTOPに固定してます)

2016年12月31日 | お知らせ
第7回 十猫十色 猫だらけ展 無事閉幕しました。

今回の十猫十色猫だらけ展チャリティは、合計 561,064円となりました。
寄付先や支援物資などの詳細につきましては、十猫十色猫だらけ展ブログをご覧下さい。
会場まで足を運んで下さった皆さま、チャリティ作品をお送り下さった作家の皆さま、応援宣伝お手伝いをして下さった皆さま、
本当にありがとうございました!



みんなに素敵なお家が見つかりますように(-人-)

        
コメント (43)
この記事をはてなブックマークに追加

七夕

2016年07月07日 | 猫雑記
あっという間に3週間が経ちましたが、何だか実感がありません。
毎朝目が覚める度に、毎晩家に帰る度に、いない事を確認するのですが
心が付いていけてないのかもしれません。



ももちゃんも体調を崩してから駆け足で旅立ってしまいましたが
ミニはももちゃんよりもあっという間でした。
いえ、振り返れば、あっという間ではなく、少しずつ準備していたようにも思います。
少しずつ体重を減らしていったのもそうだし
飼い主と一緒に寝たり膝の上でご飯を食べたりと
それまであまりしなかったことをしていたのもそうなのかもしれません。

ああすれば良かった、とか、しなければ良かった、とか
心にいろんなことが刺さっています。
それでも、一緒に寝たり膝の上で鯛を食べさせたりしたことが
苦しさを少し緩和してくれています。
ミニがそんな風にしてくれたように思います。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

申し送り

2016年06月25日 | 猫雑記
とらちゃんがいた時、腕枕で寝るのはとらちゃんだけでした。

ミニはいつも自分の猫ベッドで寝ていて、人間と一緒に寝ることはなかったので。

とらちゃんがいなくなってから、ミニはたまに腕枕につきあってくれることはありましたが
やはり寝るのは自分の猫ベッドでした。
我が家では1匹につき1個の猫ベッドを用意していましたし
超が付く甘えっ子のコブちゃんがよく私と一緒に寝ていたからかもしれません。


そんなミニでしたが去年の9月からよく一緒に寝るようになりました。


ずっとこの体勢で寝ているわけではありません。
朝にはミニは自分の猫ベッド(猫こたつ)に戻って寝ていました。
そういうところもとらちゃん、コブちゃんと同じ。
申し送り?「寝相が悪いから、寝入ったら自分のベッドに戻るのよ!」



膝の上に乗りながらお猪口でお水を飲むコブちゃん。


コブちゃんは腎不全だったので、高濃度水素水(スパシア)というものを毎日飲ませていました。
お猪口で飲ませていたのは、水素はパウチから器に移した途端どんどん抜けていってしまうため
常に入れたてを飲み干してもらう必要があったからです。


甘えっ子のコブちゃんは、お猪口で口元まで出前してもらったお水を飲むのが気に入って
ゴキュゴキュと何杯も毎日膝の上で飲んでくれていました。
いや、何も膝の上に乗らなくてもいいのですが、膝の上で飲むというのが好きなコブちゃんでした。

ミニは、コブちゃんが膝の上で飲んでるところをじっと見ていることがあったので
たまにミニにもあげてみましたが、
フンッ!って感じで、いつも顔を背けて完全拒否でした。

そんなミニでしたが、お刺身や焼き魚を食べてもらうのに
手のひらの上でほぐして口元まで出前したり、豆皿に乗せて口元まで出前したりしていました。
そうすると、ただ目の前にポンとお皿を置くよりも、ずっとよく食べてくれたからです。
なのでそれが毎日の習慣となったのですが、
いつの間にかコブちゃんのように、ミニは膝の上に乗って食べるようになりました。
水素水が鯛や鮪になっただけで、コブちゃんと全く同じ。
申し送り?「膝の上で食べてあげて!喜ぶから」

ちなみに人間の目覚まし係は、ももちゃん→コブちゃん→ミニちゃんと引き継がれました。
賢いとらちゃんは、アラームが鳴ったら人間は起きると熟知していたので
人間と一緒にアラームが鳴ってから起きる子でしたが。

うちの猫は、とらちゃん以外はみんな猫の方からうちにきました。
だからとらちゃん以外はみんな年齢不詳。
でもみんないい子の可愛い子ちゃんでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミニちゃん

2016年06月21日 | その他の猫通院記録
突然のことで、驚かれる方も多いかと思います。。
6月17日(金)夜、ミニが永眠しました。

ミニは生まれつき肝臓が弱く、過去には静脈点滴で入院したこともありましたし
2014年8月の診断では慢性肝炎か肝臓ガンではないかと言われて
ここ2年は無理な治療はせず内服薬を飲ませるくらいで、あとは好きなものを食べさせてきました。
ミニは鯵、マグロ、鯛、甘海老、ブリ、サーモンが好きで、ここ1ヶ月のミニのブームは鯛だったので
鯛の刺身をサクで買ってきて少しずつ生であげたり、焼いたのをあげたりしていました。
食欲のある時は、ロイヤルカナンの老猫用のドライも少し食べていましたが
食欲のない時は鯛しか食べず(しかもちょっと)
栄養が足りなくなってしまうため、a/dをシリンジで朝晩あげていました。
あとは週に2回ほど輸液をして脱水にならないよう気をつけていました。
そんな生活だったので、全盛期と比べたらびっくりする程痩せてしまっていましたが
明け方必ず私を起こしてゴハン(鯛)を催促していました。
催促するといっても、一口しか食べないこともあったし、お代わりすることもあったし
食欲に波があったので日によって様々でしたが、膝の上に乗って食べるのが好きでした。
老猫なので、1日のほとんどを寝て過ごしていましたが
たまにベランダに出たがったので、一緒にベランダに出て
そのまま中庭まで散歩したりしていました。
マンションの内廊下に行くのも好きで、寒さがキツい時は内廊下を散歩していました。

13日夜、ご飯を食べても吐いてしまうようになって、目ヤニもどっと出るようになったので、14日朝に病院に行きました。
注射が効いたのか吐き気と目ヤニはおさまったのですが、代りに覇気と食欲がなくなってしまいました。
17日明け方、ミニが起きてトイレに行く気配を、うとうとしながら感じていましたが
暫く経っても戻ってこないので(たいていトイレに行って戻ってきた時に私を起こすのです)
ふとおかしいと思い、トイレを見に行くと、ミニはトイレ(紙の砂が敷き詰めてあります)の中で寝ていました。
抱き上げてベッドまで連れてくると、歩いて猫用こたつ(人間のベッドの上に猫用こたつを設置していました)の中に入っていき丸くなりました。
ミニは痩せて毛も薄くなっていたせいか寒がりで、風邪ひかないようこの梅雨の時期もこたつは常にオンにしていました。
トイレの中で寝てしまうなんてことは今まで一度もなかったので
朝輸液をしてa/dも食べさせて落ち着いているのを見届けてから会社に行き
お昼には早退して戻りましたが、戻ってみるとミニはまたトイレの中で寝ていました。
たぶん力めなくなっていたんだと思います。前日まではおしっこも便もちゃんと出ていましたが。。
抱き上げてベッドまで連れていくと、立ち上がって歩いてベランダの前まで行ったので
抱っこでベランダに出て、その後抱っこで庭に出ました。
庭に下すと少し歩きましたが座る力がないようですぐ横になってしまいます。
暫く抱っこで庭で日向ぼっこして過ごしてから、ベッドに戻りました。
ベッドで暫く寝ていて、急に立ち上がったと思ったらおしっこをしてしまいました。
ミニがトイレ以外でしてしまうのは初めてでした。
病院に行くかどうか迷いましたが、病院でできることはないと思い、結局病院には行きませんでした。
ミニはほとんど寝ていましたが、突然起き上がって隣のリビングに行ったり(ソファの下に潜って寝ていました)、ベランダの前に行ったりを何度かして
夜7時過ぎ、ベッドで寝ながら息を引き取りました。


痩せてしまって毛も薄くなって寒そうだったので、冬からずっと気温が低い時は洋服を着せてました。
痩せても目力はあったミニちゃん。
豹の毛皮を着たマウンテンライオンの子どもみたいだねって、ライオンちゃんとか、子ライオンとか呼んでました。

去年コブちゃんが亡くなってから、うちの猫はミニ1匹になってしまって
ミニには、ずっとずっとももちゃん(20歳)よりも長生きしてね、猫又になってって
無理難題を言い続けてきましたが
ミニは身体の限界ギリギリまで頑張ったんだと思います。
ミニちゃん、ありがとう。無理をさせてごめんなさい。
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

怒涛の4日間

2016年06月16日 | 銅版画
猫だらけ展、無事閉幕しました。
梅雨に入ったにも関わらず、主催者が晴女だからでしょうか
好天に恵まれ、連日大盛況でした!
足を運んで下さった皆様、応援宣伝して下さった皆様、ありがとうございました!!

準備が大変で開催までには相当時間がかかりましたが、始まってしまえばアッという間。
タイトル通り、怒涛の4日間でした。
あまりの疲労に(若くないので)終わって暫くは何もできず。。。(仕事には行ってましたが)
すっかり更新が遅くなってしまいました<(_ _)>

さて、今回の猫だらけ展では全部で8作品展示しました。
事前にご紹介できなかったのは、下記の3点。


「いってらっしゃい」
額装品よりシートが人気で、刷り増しでお待たせする形になってしまい申し訳ありません!
今週末には刷れるので1週間ほど水張りしてからお送り致します。
少々お待たせ致しますが、よろしくお願いします<(_ _)>

最終日に残った額装品はチャリティに。


「鼓動」
版画の地模様の延長みたいな額(実は写真立て)に入れてみました。
こちらも最終日に残ったのでチャリティに。

注(追記):元々のチャリティ作品(ミニ額3つ)は、おかげさまで1日一つずつお嫁に行き、最終日に無事完売になりました。
最終日後半、チャリティ作品がなくなってしまったので、上記2つをチャリティにしましたが
定価でちゃんとお嫁に行きました。
残り物だから叩き売りとかではないです。誤解なきよう追記しました(^_^;)


「Moon River」
最終的にこの版だけ残ってしまいました。
実は額装した絵を見た時に女の子の部分を修正したいなーと思っていたので
ほとぼりがさめたら修正するつもりです。
(1枚でも売れてしまうと修正はできないのですが、幸いにも残ったのでw)
女の子以外は気に入っているんですけどね。

さてさて、猫だらけ展でのお買い物もご紹介しましょう(^_^)

スープ皿(左)と、カフェオレカップ(右)。
カフェオレカップの中は、猫のドアップという大胆柄!
コースターと木のスプーンがセットになっています。
箸置きのように見える小さな長方形は、陶器のブローチです。
小さ過ぎてわからないと思うのですが、猫の目と鼻とヒゲが横向きで描かれてます。
色味と質感が気に入って、一番猫に見えないのを選んでみました。
この他に、急須も後からお買い上げ。写真が無くてスミマセン!
全て菅野幸子さんの作品。
他にも欲しいものはあったのですが、作家は最終日まで買ってはならないという厳しい掟で
買えなかったものが多々。。ああ、残念!

最後になりましたが、夢工房moomamaの豆地蔵(100体)のみですが
チャリティ金額出ましたのでお知らせします。

合計72,500円。こちらは福島の猫達のために使わせて頂く予定です。

他のチャリティ売上につきましては、ただいま集計中ですので、もう暫くお待ちください。
後日十猫十色猫だらけ展ブログで発表させて頂きます。

チャリティにご協力下さった作家の皆様、お客様、厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加