まるは の ココロ

ああだこうだの工作日誌

次なるヘッドホンアンプ  284 アルトイズ缶に入れるヘッドホンアンプ その3

2017年02月13日 | Weblog

 最初にアルトイズ缶に入れたヘッドホンアンプは、ポタ祭り?とやらいう所に出す事となりました。

ということは仕上げなければなりません。

最初の基板では問題ありすぎてどうにもならないので、慌ててバージョンアップしました。

見栄えは、ほとんど変わっていません。

 そしてケースにもいれました。

 

実はこの平らな真空管は別基板上に乗っています。

ソケット化しているので、通常のサブミニチュア管とも差し替え可能です。

〔好都合な事に、ヒータ電圧の調整はほとんど必要ない事がわかりました。実は平らな真空管は2つのヒータを

直列にしています。1個当たり実測で0.65V/17mA。ただ5Vから抵抗2本で降圧させているので、これが功を奏してサブミニチュア管でも許容範囲内の電圧で納まるようでした)

 

あとはこれを梱包して送り出すだけです。当然平らな真空管のみですが

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  283 アルトイズ缶に入れるヘッドホンアンプ その2

2017年02月12日 | Weblog

 アルトイズ缶に入れるヘッドホンアンプ、実はもう1台あります。

こちらは3年前に作り、音の良さにいつか中華発注基板にしてみたいと思っていたものを、別の真空管を

載せる形で実現しました。

オペアンプ部分はClassAAの回路を採用しました。

しかしこれは部品点数は半端ではない状況となってしまいました。

それだけトラブルも倍どころではない有様となりました。

問題点。デュアルタイプのチップFETを使用しましたが、パターンを間違えました。

何故か裏に付ける事になってドレインとゲートが逆という、致命的なミスをしていました。

そこはそれ。実験ですからパターン切ってジャンパで繋ぐという方法をとりました


あとは次々と部品を付けてみましたが、ヒータ電源回路で問題がでました。

 予定してたチップタイプ(何と足が8本もあるNchとPchが入っているFET)のデバイスが予定どおり

動作してくれません。どうも2V以下では満足に動作しないのが分かった時点で、すっぱりと諦めて

通常のNch FETを基板表側に無理やり取り付けて、ヒータ電圧ができました。


 立てている電解コンデンサの下にチップFETが見えています。

そしてNutubeはグリッドをプラス側にしなければなりませんし、3.5Vは必要なので、基板裏にチップタイプの

3端子レギュレータと表側に表面実装型半固定抵抗を付けて、電圧を調整できるようにしました。

これは一応問題なく動作するようでした。


 やっと音が出せる状態となりました。でも・・・やはりというかどうもこの真空管を生かせていないというか

使いこなせていないというか、サブミニチュア管には遠く及ばない音しか出ません。

せっかくのClassAAも冴えない音になっています。


 しかたないということで、もうひとつのアンプでサブミニチュア管をつけるゲタで鳴らしたので、

それを取り外して付け直してみました。

嗚呼やはり・・・・・・・・・・・・・・・・・今まで聞いてきた音がしだしましたし、ClassAAの回路のせいか

より音が響く感じでこれなら満足できそうなのが伺えます。

 

ただ問題も若干。ボリュームと出力側のジャック、電源スイッチ間が狭すぎるため、

大きめのツマミを付ける事ができない事に気づきました。またプラグも外側が太いものですと

電源スイッチに干渉する事もわかり、再設計が必要なのもわかりました。


 自分用に作ったので、気にいらなければ作りなおせばすむ事なので、これはいずれ

改良して製作する予定となりました。

(ただ、真空管をどうするか。平らな真空管はボツかもしれません)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  283 アルトイズ缶に入れるヘッドホンアンプ

2017年02月08日 | Weblog

 とある企画に乗る格好で、アルトイズ缶(ミント缶)に入るヘッドホンアンプを作る事になりました。

 以前ですと生基板からアイロン焼付け、エッチング、穴開けなど、手作業で基板を作っていましたが、

去年から中華業者に基板を発注しだしたので、年末に大急ぎでパターン引いて発注しました。

 毎度ながらのお約束で慌てるとろくなことになりません。(もっとも試作基板の実験?ですから

間違えていようと、基板の出来が悪かろうと、まずは動作実験しなければ意味ありませんので・・・)

 まずは最初のが届きました。

部品をつけていくと、あれ~っといった具合でパターンがショートしていたり、裏にパターンひっぱったはずが

何故か表もあったりと、自分でも大笑いするような事となっていました。

 

 今回はNutubeという平らな真空管を鳴らすのもひとつの目的でした。

この真空管を別基板に乗せ、配線で下のメイン基板と繋ぐという方法をとってみました。

缶は以外と狭く、006P電池も入れるとなると真空管の下に部品を付ける必要性がでてきましたので

こういった奇妙な構造となりました。

さて音出しを。

どうもしっくりきません。 今まで何種類もサブミニチュア管でヘッドホンアンプを作ってきましたが、

低域はボワボワ、高域は耳ざわり、肝心の人間の声の帯域は引っ込む感じで、これをどうしたたよいものかと

頭抱えるような音がでてきました。
(やはりこれって、ギターエフェクター用の物なのかと、考えがよぎります)

そしてあまりに気にいらないので、別の方法をとってみることにしました。
そのままサブミニチュア管を挿す別の基板も製作していましたのでつけてみました。

 唖然とした、というのが本音です。

音が出たばかりというのに、人間の声が綺麗に聞けますし、低域もしっかり高域はまだ若干伸びが

足りない感じですが、終段の電解コンデンサが起きていないということもあって、これなら馴らしをすると

満足できるだろうという感じがします。

(実際、丸3日間、アンプ専用に作った外部安定化電源で慣らし作業で放置していましたが、今まで

聞いてきた音がしてきました)

ということは・・・・・・やはりあの平らな真空管に何か問題があるとしか思えません。

さて困った。どうしましょう

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DCDCコンバータの修理

2017年02月01日 | Weblog

 こんなものまで直すのかと言われそうですが、他の部品注文に壊したDCDCコンバータのICも

注文していたので修理しました。

LM2237というICを使って、+2.1Vから+14V入力の電圧を+35Vまで昇圧できるコンバータでしたが、

突然故障してしまいました。何が原因なのかわからなかったのですが、入力電圧よりすこし低い電圧が

出力されるだけでしたので、昇圧部分がうまく動作していないだろうという、適当な推測です。

横のチップコンデンサなどが少し邪魔でしたが、無事取り外す事ができました。

あとは元どおりハンダ付けして

 無事、昇圧できました。IC代85円(もっとも手数料と送料で2千円とられていますが

やれやれです。

 

 

そして、もう1台も修理しました。ICを2個注文していてよかったですが。

 

こちらはツイッタの知り合いの方のでしたが、IC替えても昇圧せず、半固定抵抗も怪しそうなので交換。
しかしながら、指定の半分の抵抗値の物しか手持ちがなかったのでとりあえず付けて昇圧。
24Vまでしか上がらないので(それでも十分なのですが)パターンをちょっと切ってチップ抵抗を付けて、
しかしながらチップコンデンサに当たるので少し移動させて、やっと+30Vが出力されました。
 
一安心です
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いまさらメリクリ 2

2017年01月31日 | Weblog

 どうも我が家では、バテレンの祭りが退化している様子で、年を越しても靴がお目見えしませんでした。

 

そして必要になったは、VUメーター基板なので、躊躇なく基板を切りました。

たったこれだけで疲れましたので工作はいずれ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マウスの修理

2017年01月30日 | Weblog

 いつ以来でしょうか、久々に調子悪くなった物を修理しました。

(たいがい暑い暑い夏の話だったような記憶がありますが・・・)

 

静音マウスが故障したとは言いづらいけれど、どうも不調になりました。

奇妙な爪のひっかかりで若干手間取りましたが、開けてみてすぐに原因がわかりました。

タクトスイッチが若干斜めに傾いています。何故か。

この部品は2本足でして、スクロールホイール側の(画面後方。実は手首側)スイッチは縦方向(実はマウスの使用時からすると左右)に足を配置するようになっていますが、何故か左クリック型は横方向に足を配置していたので、押すときにスイッチが前傾となっていて押し辛くなっていたようでした。

 

ということで、無理やり真っ直ぐにするため、シューグーを3面に塗りました。

たったこれだけで元より確実にクリックできるとは。

 

以外なことですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いまさらメリクリ

2017年01月22日 | Weblog

 完全に時間軸がずれています。去年の話。

中華基板屋がキャンペーンをしているので、のっかって作る事にしました。

 

そう、クリスマス関連であればOKというので、サンタクロースの靴を基板で作りました。

 改めて自分でみても、どう見ても怪しいですが。

ラジオなどの音源から音声をもらい、基板裏のレベルメータ回路でLEDを駆動させて
下の穴から3色チップLEDをそれぞれ点灯(明暗も含めて)という壮大なものだったのですが。

去年暮れからパワー不足で、ついにクリスマスまで出来ませんでした。
たぶん2017年用のクリスマス用イルミネーションとなる事でしょう(予想はたいがい当たらない)

とまぁ、体たらくの有様です

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年が越えていた

2017年01月22日 | Weblog

 はっと気づくと、何故か間が開くこのブログ(単に更新さぼっているだけですが

 

なんと年を越えていたとは。

 

パワー不足でブログを書くまでエネルギーが残っていません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  282 まだまだ新しいケース

2016年12月10日 | Weblog

 以前から欲しい缶ケースがありました。

ALTOIDSのケースは山?のようにありますが、これのLarge版、いわゆる特大のが入手できません。

全く無いわけではないのですが、どうも国内では流通していないとなると海外に頼るしかありません。

 

ということで、eBayでオークション形式で出されていたのをポチっとしてしまいました。

しかしながら海外発送しない旨を見逃していたにもかかわらず、他に入札する人もいないので

何と落札してしまいました。そして何故だか海外(アメリカから)発送してくれる事にもなりました。

以外な事もあるものですね。そして2週間弱、届きました。

これは比較として上に通常の缶を載せてみました。

もっと大きいものかと思ったのですが、意外と小さいなという感じでした。

 

しかし、上蓋は何故かふくらみ、下も内側に膨らむなど不良かと思われるふしがあったのですが、

他のオークションなどの写真をみても、多くのが同じような形状となっています。

経年変化なのか最初からこういった格好なのか。(しかし平らな写真も存在するという事は・・・・)

 

よくわからないけれど、とりあえず目的達成ということで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  281 ICアンプ ケースに入れる

2016年12月06日 | Weblog

 IC-AMPを作ったものの、むき出しのままでした。

流石にホコリが積もるのもしのびないのでケースに入れる事にしました。

しかし適当なケースがなかなかありません。

せっかくICを使ってヘッドホンアンプを作ったのに、金属ケースでは見えません。

何かないかと探したところ百円ショップにプラケース(透明)がありました。

あと、石鹸箱も(最近、固形石鹸なんて使いませんねぇ)

 

 中にれてみたところ、四角の透明ケースが丁度よさそうなので無理やり押し込む事となりました。

ジャックなどは穴をあけて取り付ける事になりますが。

最初は昇圧電源基板と、過放電防止回路も載せる予定だったのですが、何故かブーンというハム音がします。

はて?という事でせっかくつけた電源を外したり様々なことをしているうちに、Ic-Amp基板側の電源ラインに

電解コンデンサが付いていないことに気づきました。

 そもそも設計時から付けるのをわすれていたため、無理やり横向きにつけていたのを電源の配線をつけるときに

外したままになっていました。

そして、外したはずのコンデンサがありません。机の上にあるはずなのに。

こうなると物はでてきませんので、しかたなく他のコンデンサを探すと、大きすぎるかちいさすぎるか

どちらかしかありません。こういうときってうまくいきませんね。

 今回はケースの底に穴をあけずに固定しようという事で、秋月のプラパーツを購入しました。

底が平らなのでシューグーを塗り押し付ける事で、けっこう固定されるものでした。

 

 

さて音的には。今ひとつです。残念ながら。

鼻につくまでとはいかないものの、何か中域が極端に盛り上がったような、いわゆる、カマボコ型の音という感じで

どうしたものかといった具合でしたが、東の方で何やらイベントがあるという事で、こういう物もあるさ、という事で

送ることにしました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  280 新しいケース

2016年12月02日 | Weblog

 あいもかわらずヘッドホンアンプを作っています。

やはり金属ケースがシールドの面でも都合がいいので、ついつい見かけると買ってしまいます。

(密林にもポチっとしてしまいます)

以前に購入したケース。見ればみるほど、このケースとしてつかえそうなので、合わせてみました。

ケースごと入ってしまいましたが、ひょっとしたらと基板を並べてみました。

なんと2枚、端においても入ります。

そして、この基板。再版となりました。「Phonoka+」です。

これを2つ入れるか、何か別の物をいれるか。

ああでもないこうでもないと考える日が続いています。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  279

2016年11月30日 | Weblog

 このごろはアドオン基板と市販キットの製作ばかりしていましたが、久々に基板のみのヘッドホンアンプを作りました。

ツイッター上で青樹イツキさん

が基板頒布されている物です。

この中から今回は「THA03Re」「THA-08X」の2種類と同時に作り、1個のケースに押し込んでしまいました。

 

 幸か不幸か、この2種類の基板は電源が同じ構成となっています。

(正確にはTHA-08Xが派生版です)

ですから、THA-03Re側だけ電源回路を付け(市販・昇圧回路基板)も含めて、そこからTHA-08Xに電源を

供給する方式にしました。

 毎度お約束となっているダイソーの缶ケースです。

余裕で2枚とも入ります。

 さくっと製作しました。ほぼ同時進行でしたが、1発で鳴りました。

(ただ配線の色が手持ちでこれしか残っていませんでした。買いに行こうと思いつつ店の営業時間内にたどりつけず)

ただ右側の基板は、あまりに手抜きをしたため、若干問題が発生しました。

電源はプラスマイナス電源ですので配線は3本必要ですが、右側のTHA-08Xに電解コンデンサを付けるのを忘れ

奇妙な音が鳴ることに気づきました。

 

 これまた手抜きでボリュームは1個。そこから分岐して両方の入力に繋がっていますので、片側だけ鳴らすと

シャリシャリといった高域で音がしている事に気づきました。

これの対策は、基本的なことを忘れたのが原因です。 上にも書いたように、THA-08X側のプラスマイナス電源部に

電解コンデンサを追加する事で解決しました。(電源ラインのインピーダンスが高くなったせいかと)

 ケースは、鉄板が思ったより薄く、かなりびびり音をさせながら穴明けしましたが、若干ずれてしまいました。

ドリルビットを押し付けたときに薄板が変形して、少し横にずれてしまいました。(保持の問題)

 

 極端に穴がずれていないので、とりあえずこの細いジャックでも固定できますが、イヤホンプラグを挿すと

鉄板がペコペコと動くので、今ひとつといった感じです。

 

 

 今回、基板をビス留めしない方法をとる事にしました。

中華に注文した基板の端に凸状のものを加えて作成しました。

0.8mm厚のが3枚で一組ですが、1つずつ切り離し整形し、瞬間で貼り付けるのが以外と手間かかるようでした。

基板にはTHA-03Reに1個、THA-08Xに3個のビス穴があいていますので、そこに凸状のを差し込む格好で固定しますが

1個しかない方は基板の外から挟み込む格好にして、あとはシューグーを塗り乾燥した後に押し付ける事で固定化が

出来るようでした。

 

 後はシューグーを凸部分の側面に少し塗り、乾燥させたあと基板を押し付けると見事に固定化されていますし

少し力を加えると外す事も可能となりました。(もっとも再度付けると塗りなおさないとしっかりと固定されない可能性がありますが)

 

これで右と左のジャックそれぞれで聞くことができます。(もっとも人間は一人で聞くのでどちらかしか選択できませんが)

 

右側のアンプTHA-08Xは、シングルオペアンプを4個使用する設計になっています。

個人的に作った「ds昆布」(デュアルオペアンプをシングルソケットで使うためのゲタ)を挿す事も可能です。

これはまたのちほど。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

修理したドリルスタンド

2016年11月28日 | Weblog

 春に購入したドリルスタンド。

せっかくテーパタイプの電動ドリルを新調したのに、その支えのスタンドが壊れてしまいました。

まさか首が折れるとは思いませんでした。

 

 どのように修理しようかと思っていましたが、思い切って知人を頼ることにしましたが、これほど見事に

修理できるとは思いませんでした。

 薄いベニアに薄手のガラスクロスを低粘度エポキシで貼り、真空脱泡して密着させた後、レーザーでカットして

積層させて瞬間で固定されています。

 横方向にビスが通っているのと、ドリルが2Kgを越えるため、作動時の軸ぶれや強度の点で気になる所がありましたが

全く問題なく、テーパータイプの電動ドリルという事もあって、0.8mmはおろかわざと0.6mmも試してみましたが芯ブレもなく

見事に狙ったとおりの穴があきました。

 ただ、ダイソーの缶は鉄板が薄いのと、バイスの幅より大きかったという事もあって、ガムテープで底の台座に仮固定した

という問題か若干穴がぶれてしまいましたが、これは穴明けされるほうの固定方法を変更すると問題なさそうです。

 見事な工作例です。

ありがたいです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市販のキット その2 (製作編)

2016年11月27日 | Weblog

 入手時期が前後しますが、これも何か気になるヘッドホンアンプでした。

K-0006_6418サブミニチュア真空管使用ヘッドホンアンプキット V1.1

 印刷されたマニュアルがあるため、これも1発動作しました。

ただ、金属皮膜抵抗がいつもの1/ 4Wではなくため、ずいぶん抵抗が小さく感じられたのと、トランジスタのパターン部分と

真空管のパターン部分の隙間が狭いため、少しハンダ付けしずらいのが難点といえば難点でしょうか。

 LEDが2個ありますが、低電圧警告灯として動作します。


 

このヘッドホンアンプは2種類の電池が必要です。単3ニッケル水素電池1本と006P、いわゆる9V角電池が1本。

以外と2種類用意するのは面倒な感じですのですし、家では末置きに近い形で使用するため、ヘッドホンアンプ用の外付け

安定化電源を使うために少し細工をしました。

いきなり何だこれは、という状況ですが、昇圧回路基板(市販品)とヒータ用電圧(1.2V)を生成する基板を中華に発注して作りました。

 コイルやコンデンサなど山盛りとなって、思ったより大きくなってしまい006P電池と同じサイズになってしまいました。

昇圧回路は可変タイプなので、必要な電圧に可変する事ができます。

ここでは元は9Vでしたが、出圧変更して鳴らすと12Vあたりが調子よさそうなので、その電圧のままになっています。

 

 基板剥き出しではショートする危険もありますので、ケースに入れてみました。

これやアマゾンで売られていたブリキケースでした。

思ったより深いので、基板が底のほうになってしまいました。

 基板上には、電圧警告LEDやらコネクタやらVRなどが並んでいますので、そのままで穴明けしました。

「スパットドリル」(いわゆる一文字とかろうそくとか呼ばれるドリルビット)で1発位置決め穴明けができました。

やはり道具ですね。

 

 音的には、非常に太い感じの音がする様子です。(電圧の関係かもしれませんが)

基板剥き出しでは外来ノイズを拾いやすかったのですが、ケースに入れた事でかなり防ぐ事が出来るようでした。

持ち歩きには向きませんが、家で据え置きとして使うには十分な感じです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市販のキット その3 (製作編)

2016年11月22日 | Weblog

 これは、ツイッター上で知ったヘッドホンアンプです。

はんてん氏(@chiacchiere_)が頒布されている物ですが、フロントパネルもシルク印刷されていました。

  丁寧な説明書のおかげで、1発動作してくれました。(気持ちのよいものです)

音的には、なるほどこれがバランス出力かという感じで、いつものアンバランスから比べると音場が広がった感じを

うけました。

ここまで何の問題もなく動作してしまうと何か足りない気がしてしまうのは、いつもの悪い癖でしょうか?
どうも明るすぎる感じがしていたパイロットランプの白色LEDを、他の物に交換しようとしたのですが、同じするならという事で専用基板を作って「ムギ球」を光らす事にしました。

 専用基板ですのでアナログ的に輝度調整回路をつけました。

何とも微妙な光り方をしています。半固定抵抗で好きな輝度にできますので、これくらいが丁度よい具合でした。


あと気になったのが、ニッケル水素乾電池です。

以前から慣らしで夜中から朝まで鳴らしたままにする事がありましたが、朝になって止めるのを忘れて

ニッケル水素電池を過放電させる事がしばしばありました。

という事で、リセットICを利用して警告灯をつけることにしました。(ここでは放置のままでは過放電します)

ムギ球の隣で何やら光っています。

 この赤色LEDが点灯しだすと、そろそろ電池交換時期だよ、という事になります。

 

本来ですと、電池4本なので、過放電カット基板も使用できそうですが、残念ながら、このヘッドホンアンプはプラス側2本

マイナス側2本を使用する方法なので、プラス側マイナス側双方にFETを入れなければなりません。
それはそれでまたいずれという事に。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加