まるは の ココロ

ああだこうだの工作日誌

THA-06用アドオン基板 「ds昆布」

2016年07月17日 | Weblog

 またもや変な物を作ってしまいました。

これも業者発注基板の1連のつながりです。

この基板は青樹さんが頒布されていらっしゃる基板「THA-06」用に付ける基板です。

元は初段がデュアルオペアンプ、後段がシングルオペアンプ2個を使用するようになっていますが、シングルオペアンプの手持ちが

少ないため、デュアルオペアンプの1段だけを動作させてソケットさせるようにするために変換基板を作ってみました。

 

回路図は簡単ながら、こういったものです。

1,2,3ピン側のオペアンプは、単に入力端子をグランドに落とすだけではなく、安定して停止させるために

わざと抵抗を付けています。データシートにも、このように指定してあるオペアンプもあるため、安易に+端子をグランドに落とすのは

危険なようです。

5,6,7ピン側のオペアンプは、元のオペアンプと同様に使用できるようにしています。

つまりデュアルオペアンプを使っていますが、1個だけ動作させているということです。

-------------------------------------------

ds-conv (別名:ds昆布)  部品表

C1    チップコンデンサ    0.1μF (104) 基板裏
C2    チップコンデンサ    0.1μF (104) 基板表
ピンヘッダ 4列 (2個)    基板裏
ICソケット   8P  (1個)    基板表
R1    チップ抵抗    1KΩ
R2    チップ抵抗    1KΩ
(抵抗値は同じ値の物であれば、最小1KΩから最大5KΩまで使用可能)


部品実装時の注意

チップ抵抗、チップコンデンサを両面それぞれに取り付けてから、ピンヘッダ、ICソケットをつけます。
先にソケットを付けると下にコンデンサがあるため取り付ける事ができません。

 

部品点数は少ないものの、これまた表側のソケットの間に裏側のピンヘッダの足が表側でハンダ付けされるという

難解至極な状況となっていますので、製作手順を間違うと半田付けできないという最悪の状況が待っています。

-------------------------------------------

 

 

まずは、チップ抵抗、チップコンデンサを取り付けます。

基板表側です。

表裏の判別がつきにくいかもしれませんが、d-sのシルク印刷と8ピンのICソケットがある側が表側です。

C2のチップ抵抗を先にハンダ付けしませんtの、ソケットの下になりますが、8ピンソケットは最後にハンダ付けしなければなりません。


上が表側のパターン図です。

 

こちらが基板裏側です。

こちら側からピンヘッダを挿して表側面でハンダ付けしなければなりません

裏側のパターン図です

 

 

裏側のチップ部品と、4列のピンヘッダ2個はこのように取り付けます。

 

最後に表側の8ピンICソケットを取り付けます。

 

挿す方向。元のオペアンプと基板表側・オペアンプを挿した方向が同じになるようにします

 

こちらが全体図です。

(訂正:基板の向きを青樹さんが配線図で説明されている方向に合わせましたので、上の画面とは90度右に回っています)

 

このゲタを使う事で、多くのデュアルオペアンプが使用できるため、好みの音が得られる可能性も大きいのではないかと思っています。

肝心の音的には、このオペアンプが好きな感じでした。

しっかりと電流を流せるタイプなので、音の厚みが増える「気」がしました。もっとも何度も書いているように「駄耳」ですので

大きな間違いかもしれませんが、今まで「741」という古典的なシングルオペアンプを使用していましたので、余計に違いが

出るのかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ic-Amp (リメイク品)

2016年07月01日 | Weblog

 これはずいぶん昔に作った物のリメイクです。

といっても、当時は蛇の目基板でしたが、今回も業者発注基板で作ってみることにしました。

でも、どんな音だったのでしょうか。そして今聞くと、どう違って聞こえるのでしょうか。

単にそれだけが気になったというだけですが。

 

 

他の基板のついでに突然思い立ってアートワークして、何か気になるなと思いつつ発注して届いたものは、これでした。

シルクは表裏間違えず入っているし、肝心のスルーホールもサイズ違いもしっかりとできているし。

部品番号忘れていました(笑  

実質1時間で作ったので、こんな事になってしまいますね。普段ですと角を丸めたパターンですがカクカクしていますし。

 

回路図はいたってシンプルです。

INVではなく、単なるバッファアンプなので並列にしていますが、秘密があります。

ICはMC14049UBを使っていますが、ICは基板裏側にも付きます。つまり、片ch6個、それがさらに倍。

12個並列駆動という事になっています。

 

 

-----------------------

Ic-Amp 部品表

R1・・・3.3KΩ
R2・・・10KΩ
R3・・・10Ω
R4・・・10Ω
R5・・・10Ω
R6・・・1KΩ(パターンを忘れていたため、C2の基板裏側に直接取り付ける事)

R51・・・3.3KΩ
R52・・・10KΩ
R53・・・10Ω
R54・・・10Ω
R55・・・10Ω
R56・・・1KΩ(パターンを忘れていたため、C52の基板裏側に直接取り付ける事)

C1・・・1μF
C2・・・1000μF
C3・・・104 (0.1μF)

C51・・・1μF
C52・・・1000μF
C53・・・104 (0.1μF)

C4・・・1000μF (値は適宜。パターンを忘れていたため、基板部品側・電源端子部分に横倒しで取り付ける事)

IC
MC14049UB・・・4個

ICソケット
16ピン・・・4個分 (そのうち2個分は左右に分割する)

または、

丸ピンICソケット(シングル40P)・・・2個分
(8P分を8個分に分離する)

入力ジャック、ボリュームなど、基板固定用ネジは各自用意すること

-----------------------

ミスその2。なんと、R6,R56をつける場所がありません。完全に忘れていました。

C2,C52の裏側、ハンダ面の所に抵抗をつけるしか方法ありません。

 

部品番号はこのようになっています。これは表側です。

 

こちらは裏側

 

手持ちのICソケットが何故か18ピンしかなかったので、1列1個ずつ切り詰めました。

(蛇足ながら、模型用の精密ノコがあると、ほとんどキリシロがなく(0.1mm以下)、丸ピンICソケットのピンの間も綺麗に切ることができました)

 

 

さて組み立てましょう。これまたパズルです。

まずは裏側にICソケットを切った1列状の物をつけます。

これまた表側にICソケットがつくため、足はその間から出るので、先に付けていなければ、表側でハンダ付けする事ができなく

なります。

 ミスその3。何故だか抵抗の足の幅を間違えました。抵抗の下に足を織り込むように曲げるか、斜めにするか。

作り手の判断に任せましょう。

ミスその4。電源ラインにいれる電解コンデンサの事も忘れていました。

という事で、切った抵抗の足を端子代わりにして、電解コンデンサを横向きにつけました。

 

ちなみに裏側はこんな事に。写真を撮った時点で何か足りないなぁと思いつつ撮ったものです。

R6,R56が付いていません。(なくても動作しますが)

 

さて音だしです。

簡単ですから、よほどの事が無い限り問題は出ないと思いますが、いつでも電源入れる瞬間は緊張するものです。

電源は安定化電源から供給して+5Vにしてみました。

 

 実をいうと、この写真は電解コンデンサを交換した後の写真でした。最初はTK(いわゆる黒いヤツ)を挿していたのですが、

メリハリも何も無く素直な音がしているものの、何か足りない。足りなさ過ぎるくらい足りないけれど、低域も中域も高域も出ている。

でもすっきりしすぎて、という事で、オーディオ用の電解コンデンサ(金色)にしてみました。

 

ああやはり。ある意味、音に色が付くというのはアンプとしては問題なのかもしれませんが、聴感上では若干補正あったほうが

聞き疲れしないという(思い込み)もあって、こういう仕様となりました。

 

このICはC-MOSですので、電源電圧+3Vから+18Vまで対応します。ということで・・・

 

なんという温度でしょう。写真とるとき手元がくるって、最大温度は53.8度と出ました。

これはIC2個並列で+15Vかけた時のIC表面上の温度です。これくらいでも問題ないといえば問題ないですが、これから暑い季節なのに

高発熱アンプはちょっとという事で。

実際聞いた感じでは、+5Vでも+15Vでもほとんど分かりません。低域が細くなる事もなく、いたって同じ音がしているというのも

不思議といえば不思議ですが。

夏には+5Vが一番かと。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アドオン基板 「bakuonkun」

2016年06月30日 | Weblog

 今までは自作基板で作ってきましたが、一念発起、業者発注基板を作ってみました。

理由は単純。自作ではスルーホールを作成するのが、問題です。

市販されているスルピンキットとかを利用する方法もありますが、コストとサイズの問題もあって

導入に至りませんでした。

しかし、中華に基板を発注すると、驚くほど安いようですので、試しという事で、いくつか注文した結果です。

 

今回は「bakuonkun」と称する基板の説明です。

YAHA系のヘッドホンアンプが多数存在していますが、多くの場合、オペアンプはユニゲイン、つまり等倍で動作させています。

回路的には真空管の出力からヘッドホンアンプを鳴らすためのインピーダンス変換としてオペアンプが仕事をするため、

それほど増幅率は求められません。

 しかしながら、ユニゲインも推奨するオペアンプでも若干増幅率を持たすことによって音が変化するという、プラシーボともいえるような事ながら

音に違いが出てくるのは何故でしょうか。

また、ゲインがないため音量が不足しているという使用例もあるようですので、それを少し改善させるための基板ですが、この基板だけでは

動作しません。

 ヘッドホンアンプなどが必要です。

(個人的使用例としましては、しろくま様が頒布された「Phonoka+」で動作検証を行いました)

ーーーーーーーーーーー

bakuonkun 部品表

C1・・・104
C2・・・104

R1・・・同じ値(1Kから4.7KΩ) 試作では1KΩを使用
R2・・・同じ値(1Kから4.7KΩ)
R5・・・同じ値(1Kから4.7KΩ)
R6・・・同じ値(1Kから4.7KΩ)

R3・・・同じ値(10Kから47KΩ) 試作では10KΩを使用
R4・・・同じ値(10Kから47KΩ)

ICソケット 8ピン・・・1個

ICピンヘッダ 4列・・・2個分

 

試作段階ではR2,R6を2KΩにしています。電源電圧が低いため(10V程度)、ゲインを稼ぎすぎても思ったほど音は大きくならないばかりか

歪みが増えるばかりなので、R2,R6は1KΩを使用することにしました。

ーーーーーーーーーーー

 

こちらが基板表側です。

R1からR6までのチップ抵抗と、C2のチップ抵抗、ICソケットが付きます。

(シルク位置のミスで、R1の表記が消えていますので注意)

 

 

 

 こちらが基板裏側です。

裏側には C1と ICピンヘッダ 4列・・・2個分 が付きます

 

「製作の注意」

ヘッドホンアンプのICソケット上と少しの隙間に基板を入れるため、表のICソケットの間に裏側のICピンヘッダのハンダ面があるため

ピンヘッダを先にハンダ付けしなければなりません。ICソケットは最後にハンダ付けすることになります。

 

「回路図」

R3 R4 C1は共用なので、回路図的には片側しか表記していません

 

「取り付け方向」

わざとICソケット(’8pin)を付けず、ピンヘッダの位置合わせとハンダ付けした状態です。

この後でICソケットをハンダ付けします。

 

 狭い場所に無理やり押し込んだ状態です。

ICソケットを使用しているので、別のオペアンプ(デュアル)も使用可能となります。

 

さて音的にはどうでしょう。

何か違ったような気がする、と書いてしまうと、意味が無いじゃないか、と言われそうですが、極端な差はないようですしノイズも

増えることはありませんでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動作停止状態

2016年06月29日 | Weblog

 体調が回復しかけて、今ひとつ戻らずといった具合で、さっぱりです。

生きています。とりあえず

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハンダ

2016年05月13日 | Weblog

 

 今年にはいってから、やっと評判のはんだを使うようになりました。

たしかにNASA御用達というだけあって、イモはんだが皆無となりました。おそるべし。

しかし、半年足らずで100gを使い切ってしまいました。

そう対して工作していないのですがねぇ。

 手っ取り早く買わなければ次の工作ができません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  278 真空管のような音がする石のアンプ その2

2016年05月12日 | Weblog

 慣らし運転を続けていたSSYAHAですが、もうひとつといった感じでした。

音も何かおかしい様子なので、ふと思って出力の所で電圧を測定してみました。

なんと、電解コンデンサを通しているにもかかわらず、4Vの電圧が計測できてしまいます。

これって漏電? なんということでしょう。

もう少しでイヤホンを焼いてしまうところでした。測定してみるものですね。

 

出力側の電解コンデンサを当初は普通のそこらにある物を使っていましたが、オーディオ用に変更してみました。

確かにオーディオ用というだけに、高域がかなり出るようになりました。

でも何か詰まったような感じを受けます。という事でFETも交換することにしました。

 

2SK303から手持ちの関係上2SK30A-Yにしてみました。

かなり良い感じとなりました。でも、何か音が薄っぺらというか、真空管の音にしては足りない雰囲気です。

それならばとオペアンプも交換。気分程度ですが、悪くはないというくらいでしょうか。

 

という事で奥の手を。

なんとデュアル。単純に並列化しただけです。

かなり違ってくるようですね。しかし今度は電流が足りない様子です。それは当たり前。

ソース側の抵抗を多回転半固定抵抗にするか、ドレイン側をソケット化して抵抗を変更可能にするか

いくつか方法がありますが、これはまたいずれ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  277 真空管のような音がする石のアンプ

2016年04月28日 | Weblog

 球のような音がするディスクリートヘッドホンアンプ というのがあるようなので基板を購入しました。

部品の都合上、製作するのは来月になるはずでしたが、手持ちで揃っていることが分かり急遽製作してみました。

なかなかよくできた基板でした。

個人的に慣らし運転する場合は、外付け電源(今回は9V)を繋ぎますが、外付け電源用のコネクタ部分も搭載されていました。

また、「Phonoka Plus」用の缶と同じ仕様になっているので、そのまま缶に入れる事もできるようです。

 

 そして台。iPhone5s用のカバーがあまっていたので載せてみると幅は丁度いいみたいでした。

以外な事を発見してしまいました。

入れ物(缶)が用意できていないのと、机の上においていると抵抗の足の切れ端などが裏側に入り込み、最悪ショートする可能性もあるので

保護のためにも必要でした。

最近、お決まりにもなっている、銅板 自作ネームプレートも作っておきました。

 

さて音はどうでしょうか。

最初はしかたないか、という音がしていました。特に出力側の電解コンデンサは、起きるのが遅いせいか、丸1日か2日しないと

本来の音がしない経験上、そのまま放置にしたいところですが、気になるのは気になるので、時々聞いてみることにしました。

 

夜中にできて朝聞くと、低域が出すぎています。これはしかたなし。

次の日の朝に聞くと、まだバランスが悪く、ぼんぼんと低域が目立つ様子でした。

丸2日たつと変化が出てきました。

低域がどこかに行ってしまいました。(どうしたものか。。。。

 

球の音というと、人の声あたりが聞き取りやすいというのが、特徴のひとつです。(というかそこに合わせてきているのかも)

初段をあえて指定の2SK303にしたのですが、秋月の積層セラミックコンデンサ(実際には中身はチップタイプ)が悪さをしているのか

出力側につけた赤いコンデンサ(WIMA)が悪さをしているのか、非常にバランスが悪い感じがして残念でしかたありません。

 

やはり、音が通る所にはフィルム系、ポリプロピレン系が必要なのでしょうかねぇ。しかし、33Pとか100Pなどは通販で、限られたところしか

ないので、入手に時間がかかるのが難点です。

 

課題は大きすぎました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  276 真空管

2016年04月26日 | Weblog

 何やら新しい真空管を入手したというので、貸してもらいました。

しかし箱が変だと思ったら、自作の箱のようでした。あまりに柔らかすぎて潰れています。

測定値つきとは

航空用とは如何に。

 綺麗な音がしています。それも非常に分離が良く、そして定位が良いという、今までにない球でした。

 

こんな球もあるのですねぇ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  275 はちゅねみくアンプ基板

2016年04月06日 | Weblog

 いったい何が始まったのかと言われそうですが、基板を頂きました。

名前が長らくわからなかったのですが、どうも「はちゅねみくアンプ基板」というのが正式名称のようです。

せっかくできている基板ですが、抵抗値などは好きにしてね?という事で自分で決めなければなりません。

そして何か気になるので、結局はパターンを追いかける事となりました。

スルーホールの穴がちょっと大きいようですが、まぁこれも仕様という事で、金属皮膜抵抗を付けられそうだったので

付けてみました。せっかくレジストで足の方向も指定されていましたが、ここ逆じゃないかとという勝手な解釈で

好き勝手付けてみました。

 すんなりと音は出ました。しかし増幅度が高すぎて爆音が。アッテネータを組める部分があるので、抵抗を交換して

まぁこんなものでしょうと音が出ました。

 

さて、ケースどうしましょう。これが以外と問題かもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  274 新しいケース

2016年04月05日 | Weblog

 世の中、様々なケースが販売されています。

ふとしたことで知ったのですが、密林でポチっとな。2個ほど入手してみました。

これ、実はシガレットケースです。

これだけ穴が開いているという事は、放熱もいいはずという勝手な解釈で、これにヘッドホンアンプが組み込めないかと

余計な考えをめぐらしてみました。

見ればみるほど

この基板(Phonoka+)ならそっくり入ってしまいます。

でも入れるなら高発熱の物体をと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次なるヘッドホンアンプ  273 ごちクロ

2016年04月04日 | Weblog

 

 このような試作基板を頂きました。

名前は「ごちクロ」

様々?にシリーズがあるらしく、何が何なのか今だ理解できていませんが、アンバランス入力からバランス出力する

ヘッドホンアンプの基板、というのだけ分かりました。

 勢いあるときに作らないと、いつまでもできないので、あり合わせの部品でえいやっと、オペアンプ(クワッド)にいたっては

往年の選手?に登場していただきました。

 1発で鳴りましたが、そもそもバランスケーブルさえ持っていないので、2千円ちょっとで買ったイヤホンの線を切り、

適当な配線(流石により線にしました)を4本つけて直付けにして鳴らしました。

 

こういう音なのかと、しばし聞いてしまいました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

修理 緑レーザーポインタ

2016年04月03日 | Weblog

 サバゲーしている知人から、これ直らないかと持ち込まれました。

緑レーザーポインタ

トリガーの所でON.OFFができるようになっていますが、接触が悪いのか点かなければいけないときに

点かないなどいろいろと問題あるようでした。

 

あれこれ分解して、結局は終栓の接触不良という お約束でした。

設計に若干問題あって、防水用にOリングが入っているのですが、サイズが大きすぎて肝心の終栓の所についている

接点が微妙に当たっている状況でした。

いつもながらのこんなものでしょうね。

 

しかし・・・・これ怖いですね。外で照らすと数百メートル先の山まで、手元から光が伸びています。

サバゲーとはいえ、照射されたくないです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きています

2016年03月30日 | Weblog

 2月中ごろから、目がかゆい、鼻がむずむず。のどが痛い。

これって典型的なアレですよね。

薬の影響もあって眠い眠いだるいだるいの連続で薬で症状は緩和されて楽なのですが

それでも、ときおりひどい鼻水攻撃に悩まされています。

書くネタもあれこれあるのですが、余裕がないというのが本音です。

4月になってからブログの更新もしていきたいと思います。

とりあえず、生きています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工具 入手 5

2016年02月17日 | Weblog

 ネットを見ていますと、ドリルスタンドの書き込みがけっこうあるようでした。

ただ、どなたも3000円もしないような物を購入して、ネジ部分が削れるとか、ぶれが酷いとのコメントが目立ちました。

ボール盤もあるにはありますが、やはり据えつけて使う道具だけに、押入れからちょっと出して、または押入れに固定して使うのも

意外と使いづらい部分があって、結局は電動ドライバ、それも100Vタイプのを主に使うようになりました。

 

しかしながら、個人的にキーレスチャックの芯ぶれに嫌気がさしてきましたので、まともな物を買うのと、垂直をしっかり出して穴あけ

したかったということもあって、ドリルスタンドをまず買いましたが、前回の書き込みどおり電動ドライバを固定する事ができません。

 

それならばという事で、電動ドリルを買うことにしました。(もはや本末転倒ながら結果的には・・・

 

チャック方式で、テーパータイプのが以前から欲しかったのですが、結構な値段がします。

上の理由もあって買ってしまいました。日立工機製の電動ドリルでした。

さすがにインパクトまでは必要ないので、ひたすら単機能を求めることにしました。

 

そして先のドリルスタンドに固定しようとすると、今度は首の部分が小さすぎます。

どうも、これらの規格は42mmサイズらしかったのですが、ネットでの説明も取り扱い説明書にも直径が書かれていませんでした。

残念ながらドリルスタンドにも付属品がなく、僅かの隙間ですので、適当なプラ板を切って丸めて瞬間で固定させて輪を作りました。

若干いびつな格好ですが、圧力かかればそのうち丸くなるだろうという適当な理由で取り付けてみました。

 今度はぴたっと止まります。

 

ただ、これは100V用の電動ドリルで、回転調整機能など付いていないものです。

流石に最高回転はトルクもあり結構な反動がきます。これでは使い辛いので、昔作った秋月のトライアックを使って

回転数の調整をしてみました。

 感覚的にドリルビット付けて5回転程度からガラスエポキシ基板であれば実用的に穴が開いていくようなので、

使えそうでした。

わざと0.8mmのドリルビットを付けて、折るのを覚悟で試してみましたが、ほとんど芯ぶれもなく、ドリルスタンドのぶれもなく

真っ直ぐ穴が開きましたので、次は0.6mmのを付けて試してみました。

 ドリルの重さもあってスポンっていう感じで、ガラスエポキシ基板に穴が開きました。

これなら使えますね。ただし、若干騒音があるのはしかたないという事です。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

工具 入手 4

2016年02月13日 | Weblog

久々の工具登場です

小型?中型ボール盤も押入れに入っているのですが、物がたまっていくにつれ奥におしやってしまい

すぐに使えなくなってしまいました。(片付ければすむことですが・・・

さっと使えて卓上にも置けそうということで、新規にドリルスタンドを買いました。

それも日立工機製。

密林などでいろいろと探したのですが、安物はブレがひどいなど値段なりのようでしたので、同じかうなら

という事で、これにしました。

軸のブレもなく、縦棒もむく材なので結構な重さがありますが、電動ドリルの重さに負けるようでは話になりませんし。

 

しかし問題発生。

手持ちの電動ドライバ(ドリルにあらず)は、キーレスチャック部分が太すぎて、マウントに固定できません。

というか、キーレスチャック部分を固定する事となって回転させる事ができません(笑

 ということで、今度は電動ドリルが必要となりました。

なにやってるのやら

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加