ちょっと古いドラマを見た

2012-01-31 13:00:56 | インポート
今日の話はがらりと変わって、昨日見たドラマのことだ。

三年くらい前の作品で、水谷豊さん主演の「誰かが嘘をついている」という、ごく平凡なサラリーマンとその家族の上に突然ふりかかってきた痴漢冤罪事件の話だ。正直な話、当方女性であり、いまやれっきとしたおばはん世代になって被害にあうこともなくなったが、痴漢の問題は女性側として日ごろ許しがたいと思っている。

しかし、最近のニュースなどで満員電車の中で、痴漢と間違われた人が自殺してしまったりしているのを知り、これは一体何とかならないのかとも思っていた。水谷さん主演のこの作品のことは聞いていたが見る機会がなかったのが今回ちょうど機会があってドラマをみたわけである。水谷豊さんといえば「相棒」の右京役でいつも犯人を捕まえる側を演じている方なのだが、どんな役を演じてもその役になりきって見えることで評価の高い一流の俳優さんだ。この作品でも見事に主人公になりきっておられた。

脇役の方々もそれぞれ良い方々がそろってドラマとしても面白かった。ドラマの結末はハッピーエンドに終わっていたが、現実の痴漢冤罪事件の場合、無実を立証することは非常に困難なことも教えられたドラマだった。だいぶ前の古いドラマなのに内容はいまだに古びてはいない現実に起こりえる話なのが恐ろしい。

こんな時代であり、忙しすぎて簡単な事件などは本気で詳しく調べてはいられないのだろうけれど、関係者一人一人の人生の歯車が狂うようなこんな問題は安易にかたづけようとしてほしくないものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子猫

2012-01-30 20:38:42 | インポート

冬の寒さにも負けないぞ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何もしないうちに一日が終わってしまった

2012-01-30 19:16:04 | インポート
付け足し

自分のブログを更新しようとして、昨日の記事を読み直し、説明不足を感じた。なぜ今、おしらさまや座敷ぼっこ、地母神的な女神をとりあげているのかといえば、民俗のなかにこそ日本人の心の歴史、魂の歴史が潜んでいると思っているからだ。日本とキリスト教の接点を探ろうというとき民俗歴史を見直すことは絶対必要なことではないかと思うからだ。


都合で出かけるわけにいかず家にいたので、調べ物と映画やテレビドラマのビデオを見て一日すごしてしまった。

調べ物は前から気にかかっていた座敷ぼっこ(座敷わらし)や、おしらさまのことをちょこっとだけ。でもこれは参考文献にも何もほとんど詳しい研究のされていない分野でほんの一部しかわからなかった。ただ、菊池展明という方の「エミシの国の女神」(風琳堂)という本がかなり探しているものに近いようだが、今、これを買うゆとりがない。残念だ。それでも説明書を見る限り、かなりちゃんと調べられている本のようだ。

おしらさまの背後にいるのがどういう存在なのか知りたかったのだが、ちょっぴりわかったところでは、どうやら日本神話の古事記にも日本書紀にも正式には登場しないが、実は天照大神のモデルだったという地方在来の古い古い女神の白天様と養蚕などの守り神が結びついたのがおしらさま信仰のようだ。なぜ、このおしらさまや座敷ぼっこが小さい子供の姿なのかなどはよくわからない。けれども、古来からの日本人の深層にこのような存在が住んでいて、今ではほとんど忘れられかけているというのは何かかなり重要な問題のような気がしてならない。

もはや現代人には理解できなくなってしまった世界だが、そこに今の時代のさまざまな問題を解く鍵があるのではないかという気もするのだ。まあ、カトリック信者としては異教の神々を振り向くより、唯一の真の神、天地万物を造られた父なる神と子なるキリスト、そして聖霊に目を向けねばならないのだが、しかし、この日本古来の小さな神々は(その力もせいぜい一部の地域や一定の一族、特定の人を守ることくらいしかできないのだが)決して悪しき存在などではないと感じるのだ。

ちょっと前に東京教区の倉田神父様がfacebookで、芥川龍之介の「神々の微笑」の世界は現代日本にも続いていることを考えさせてくださったが、正確に言うと今の日本と日本人は昔のままではない。本来のかんながらのみちを生きていた昔の日本人ならそのままでもカトリックの信仰にも違和感なく溶け込めたのだと思えてならない。だが現代の日本人は経済利益優先の行き方で道を踏み外していて何が本当に正しいのか見えなくなっているのではないか。清い水の女神や幼い子供の姿の神々、あるいは妖精も下手をするとお金儲けの道具にしようとするだけかもしれない。ましてや聖なる真の神に心を向けるなどといっても空しいだけなのかも。

そんなことを考えているうちに一日すぎてしまったわけだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一安心(おまけも入れた)

2012-01-28 23:24:57 | インポート

本日は帰宅が遅かったので更新もこんな時間になっている。

癌の大手術を受け、今は療養中の友人に久しぶりにあったので話しこんでいたのだ。友人の癌は殆ど末期的だったのだが、奇跡的に手術も成功し、残った部分の抗癌剤治療もうまくいっているようだ。よかった、よかった。何しろ日本地図で言ったら東京から秋田のあたりまで広がっていた癌だ。良くぞ助かってくれたものだ。

30年以上の年月をお互いに付かず離れずの付き合いで今日まで来て、本当にこんなに心配したことはなかった。まだ抗癌剤の治療で三回入院が必要だそうだ。治療費のことで、口うるさい親族がいて、自分のところに迷惑をかけるなといっているようで情けない思いもしているようだ。どちら様も家計を預かる奥方は自分の家族の安全が第一だから親族だからといって容赦なしになるのは仕方がないが、むずかしいところだ。

とにかく早くちゃんと治ってほしい。

 

今日はブログの更新はしないつもりなので、昨日の話で出た、twitterの記事をおまけにのせておく。二人で愚痴った。

butsuyoku_taro 物欲 太郎 (@tyriuy)お金、名誉、権力、この辺は下手に欲を出すといつの間にかダークサイド行きになりかねない恐いもの。中年クライシスではないけれど、異性に心惹かれる真昼の悪魔現象というのもあるぞ。これは主に男性だな。女性は物欲いや欲のかたまり。でなければ家族の安全を守れないから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

異人たちとの夏再び

2012-01-27 16:00:27 | インポート

こんにちは~、マリーで~す。うちのおばはんはねえ、なんかぼんやり考え事ばかりしちゃってて、今日は朝から全然仕事が進まないのよ。ご飯だけは二人前も食べてるから具合が悪いんじゃないらしいんだけど、どうなっちゃってるのかしらねえ。

なんかさあ、昨日ニュースで小さい子供に劇薬入りの目薬を点眼して大怪我をさせた人が捕まったニュースがあったじゃない、それを読んでだいぶショックだったみたいよ。だって犯人は実のお母さんとお母さんの男友達じゃない。おまけにお母さんも嫌がる子供を押さえつけて手伝っていたってもう最悪よね。

このごろ、ひどい事件がいやに目に付くと思わない。この前の子供を刺した通り魔は捕まったけどさ、この犯人も日ごろから犬猫いじめを繰り返してたんでしょう。動物園のサル山に花火を投げ込んでサルさんたちを火傷させた犯人はまだ捕まっていないじゃないの。自分の子供を虐待する親の話はたくさんあるし、歳をとってぼけたり、動けない親を虐待した実の子のニュースもたくさんあるし、弱いもの、口のきけないものをいじめる話が多すぎるじゃないの。

まったくいったい世の中どうなってしまったのかって、うちのおばはんでさえ考えこんじゃってるのよ。『絆』って言葉の意味がわかっていてこの言葉を選んだかなんだか、なんというかわけがわからない時代よ。動物の世界でも生存競争で自分の遺伝子を多く残すためによその子を殺したり食べちゃったりする現象があるけど、今の日本て動物たちの生存競争並みの世界だってことかしら。人間らしい思いやりとか、気持ちのゆとりはどこへ行っちゃったのかしらって、あの人、一人で考えてもどうにもならないことで頭を痛めているんだわさ。

この間からあの人、『異人たちとの夏』っていう昔の映画を何回も繰り返してみてるの。臆病で怖がりだから、ホラー物は大嫌いなうちのおばはんがよ。なぜかっていうと怖い場面もあるけど、主人公がたった12歳の時に交通事故で死に別れてしまったお父さんとお母さんに再会して両親の暖かさに癒されていくところを見ると、おばはん自身も自分の両親を思い出したのね。幽霊は怖いけど、幽霊でもいいから会いたい人がいるとしたら、やっぱり親じゃないの。(正常な家庭の正常な親子ならかもしれないけど)

自分の子供の目に劇薬目薬をさしたりするクレージーな親でも親は親だけどさ、本来の正しい普通の親はそんなバカなことはしないわよ。本来なら親だけは子供の存在を絶対否定しないで受け入れてくれるものじゃないの? だからこどもは安心感や暖かさに包まれてちゃんとした人間に育っていくんじゃないの? そうするとこの事件、子供の親たちがちゃんと育っていないってことじゃないの。これって本当は大変な問題なんじゃないかしら。

これってたぶん、日本のカトリック教会の召し出しが少なくなったことと深いところの原因はおんなじだと思うのよね。経済性や利益中心の世界で、大事なものがなくなっちゃってるんだわ。どうしたらいいのか、うちのおばはんもあたしもわからないんだけど、みんなこの話どう思う? 考えてみてほしいな。

ほんじゃ、またね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つまらないことだが

2012-01-26 13:43:28 | インポート

気になるので、ネット上の無料動画サイトの現状を簡単に調べてみた。するとやはり予想通りでMegavideoの壊滅以後の無料動画サイトはほとんどが機能しなくなっていた。

今機能しているのは、Pandoraとfc2、それにどうしようもないWoopieと、あとはTudouを使っているところが少しと、ちょっとセキュリティの心配なアジアのサイトを使っているところくらいだろうか。

Pandoraとfc2は無料と言っても、殆ど有料だが安全確実、内容も豊富。見逃した名作映画やテレビドラマもかなり入っている。Woopieはどうにもしようがない。Tudouは少ない。

当方、無料動画はテレビを持っていないための『相棒』のためぐらいしか使っていないが、こうも一度に壊滅状態になると、いくらなんでもこれは困る。運よくちょうどfc2の有料に入ったところだったからよかったが、さもなければレンタルのビデオが出るまで見逃し分はお預けだ。

たぶん、そんな状況の方もおいでなのではないかと思われる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『相棒ten-13』 を見た

2012-01-25 23:21:34 | インポート

顔を出せば「ヒマか」のヒマ課長、実は非常に有能な警察官なので、いざ、部下を引き連れて現場に出るとちゃんと見事な働き振りを見せてくれます。右京さんたちの特命係とは大変良い関係で、仕事でも協力しあっていますから、今週の出だしは特命係の二人が組対五課の仕事を手伝うところから始まります。

組対の組って、麻薬や銃器の密輸入、不法所持にその売買とか、はたまた人身売買とか、今どきだといわゆる経済やくざさんとかの一般社会の裏の組織犯罪の組なのですね。

ところがその仕事を手伝いながら、右京さんの目は別の事件の証拠物件で鑑識の見過ごしかけた異常に気がついてしまいました。というわけでそちらの事件を調べ始めます。自殺に見せかけた殺人事件のようです。

で、いつものことながら、ここでは見ていない方々のお楽しみをそがないように、詳しいストーリーは遠慮したいとおもうのですが、今日の話もかなり良くできた話です。少なくとも当方はあっとビックリでした。実を言うと今日の話で、その昔、アルバイトで和文タイプを打っていた事務所のお得意さんが超一流の有名企業だったのですが、そこが仕事の関係でヤクザさんや右翼さんとしっかり組んでいたのを思い出してしまいましたよ。

本当にすごい事務所でした。ただ社長がその大手企業のおえらいさんたちと昔からの知り合いだったので、社内の人間は何もされませんが、そこにいたおかげでヤクザさんの怖さをしっかり教わりました。あれは良い経験でしたよ。仲良くなったら薬を打たれて売春させられていた可哀想な女の子の話なども聞きました。とても怖い世界です。人身売買は現実の話でもあるのです。

というわけで、言ってしまうとヒマ課長の課のお仕事が絡んでくるという、凝った作りのお話です。

それはいいのですが、月本幸子さん、そんなゲテモノ料理を花の里で出すのですか?それはちょっとまずいのでは?

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生いろいろ

2012-01-25 11:16:24 | インポート

アメーバブログは自分ではたまにしか書いていませんが友人のブロ<WBR>グが多いのでよく読みます。

ところが、たまたま読んで以来気にか<WBR>かってずっとブログを読んでいたアメリカ在住のもう90歳になろ<WBR>うという方からメールが来て返事をしたところ、聖イグナチオ教会<WBR>に彼の恩師の神父様のお墓があるのだと伝えてきました。まったく<WBR>の無縁のご縁ではなかったのでした。

その方のブログはこれです。
http://ameblo.jp/<WBR>thomas-penfield/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あらいやだわ

2012-01-24 19:42:34 | インポート

大自然の運行をちっぽけな人間がやたらに心配したところで、なるようにしかならないのだが、やっぱり気になるものは気になる。

今日、知っている若い人が明日地震があるってほんと?とかSNSに書き込んでいたとおぼしめせ。こちらは地震だったら明日まで待たなくても毎日のように起こっているではないのと思ったわけだ。こればかりは出たとこ勝負としかいいようがない。大自然よりさらに大きなお方にお任せしていくしかない。

しかし、人間がほかの生き物たちと違うのは、明日をもしれないはかない存在でありながら、『考える』能力を与えられていることだろう。安易に2012年という時期を不安だけで過ごしてしまうのはただのお馬鹿さんだ、しかし、信憑性の高い研究結果が教えているものを無視するのもやっぱりお馬鹿さんだろう。不安を煽るのではなく、協力して対策を考えておくのが人間の道ではなかろうか。

こういう話もあるのだ。Yahooニュースを引用すると、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120124-00000079-reut-int 現実にどういうことが起こるのかまだよくわからない。

少なくとも何の知識ももたないままその時を迎えてしまうよりはよいかと思うので書いてみた。1859年の時の巨大磁気嵐でどんなことが起こったかは記録がある。当時よりもさらに影響の大きい時代に生きている現実、何も考えないままでよいはずがない。

電気・通信機器への大きな影響と同時に、まだはっきりしたことはわかっていないとはいえ、太陽活動も巨大地震を引き起こす原因かと疑われているというのも頭にいれておいてもよいのではなかろうか。ただし、地震の前の動物たちに見られる異常現象とか、地磁気や太陽風と地球の巨大地震の関係などは信じないと言う方々はこれも無視なさることと思う。でも世の中、まさかと言うことが真実だったりするのだがはて??

これがただの考えすぎで終わってくれることを強く望む。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝は早起きして外階段の雪かき

2012-01-24 13:38:30 | インポート

夜中のうちに雪が止んでくれていて本当に助かりました。夜中にしんしんと雪が降り積もってしまうと、狭い階段とはいえ平地ですから、簡単ではなくなるのです。それを3階からずっと降りていって門の外のあたりまでは雪を片付けておかないと、滑って危険なことになりますが、何しろほかに誰もやる人がいないので自分で雪かきをするしかありません。

おかげでこの時間はやたらに眠気はでるは、咳は続くはですが、これはもう仕方がありません。ニュースを見てもあちこちですべって怪我をしている人が出ているような日では、やっぱり雪かきはしておくべきです。ご近所には夜中に家の前の道路の雪かきをしておいたお宅もありました。

と言うわけで、今日はこの雪をもってきたラニーニャについて調べているうちに、なぜか今南極に行っている第53次(だったと思う)南極観測隊が気になってしまいました。確かこの間、「しらせ」がどうしても凍りついた海を進みきれず船は昭和基地に接岸できなくて、隊員だけ輸送ヘリコプターで先に基地に運び、燃料や機材は後から少しずつヘリコプターで空路輸送するという記事をみた記憶があります。あれから観測隊と「しらせ」はどうなったのでしょう。

検索してみるとこんなのがありました。パソコンがwindowsの7になってから面倒なのでブラウザはIEとopera(スマホをパソコンと同期させるのにoperaが最適ですから)しか使わなくなって、いまやすっかりお馴染みのmsnからです。

  http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/nankyoku/27setsugangannen/

なんだか今回の南極観測隊はかなり大変なようです。行きは昔と違って全員が「しらせ」に乗り組んだのではなく成田から途中までは空路だったようですが、これからがすごい難関です。今回は都合でたまたま輸送用ヘリコプターが今までの2台ではなくて1台しか載っていなかったのだとか。はたしてどうなるのでしょうか。

今後の事態の進展に注目したいところです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加