少年Hを見てきました(追加)

2013-08-30 23:10:38 | インポート

本日はもうブログはいじらないので、さいごにおまけのおまけ。

  これで見られなかったら直接、テレビ朝日のサイトを開いて、終了番組相棒から入って、相棒ブログをごらんください。最新の水谷右京さんやミッチー神戸くんの写真が載っています。

    http://www.tv-asahi.co.jp/reading/aibou/15186/

 

土曜日の午後、東京は高温注意報が出たそうです。昨日も今日も、そして明日もまだこの暑さが続くようです。その後、雨が降ってから次第に秋に変わっていくのでしょう。でも、まだ雨でも蒸し暑い日々だとか。地球全体の気温が上昇中といいますから、話は簡単ではないようです。海水温の変化で魚の取れ方まで違ってきている状況です。

それはとにかく、昨日の少年Hの話、少し、追加します。

昨日のブログでは、話がややこしくなるので書きませんでしたけれど、映画の中でたびたび日本の昔のオペラ歌手、藤原義江の歌声が流れていました。風の中の羽のように~と歌っているこの人物は、少年Hの作者の妹尾河童さんの河童という名前の生みの親だった方です。妹尾肇くんはいかにして妹尾河童氏になったか、なかなか面白いエピソードもあります。

実は私は妹尾さんの精密な画風と文章が好きで著書はほとんど読んでいたわけですが、少年Hはそれまでのものとはまったく違っていました。とにかく重苦しい内容で読みきるのに努力が必要でした。この本に、いろいろな意見や反論も出ていますけれど、一人の人が自分の目に見えた範囲のことを書いているわけで、ほかのかたがたと同じものが見えていたわけではありませんし、これはこれでいいのだと思います。

それはとにかく、映画の少年Hに流れている歌声の持ち主と妹尾河童さんの関係がわかっていると、話の背景もさらに膨らみ、たぶん、見え方もまた少し広がります。

小説のほうの少年Hも、映画の少年Hも、作者が、そして監督や演技者たちがそれぞれ表現したかったものがあるので、受け取る側もまたこれはこうだと画一的に決め込む必要もないのだと思います。ただ過去の歴史に起こったことと今現在の自分の生きている世界の動きは、やはり時々、比較検討は大切かという気がしますが。

そういえば今日はもうひとつ、朝の連続ドラマのあまちゃんで大きなターニングポイントにきたようで、ドラマの世界でもついに来週は、二年前に現実に起こった東日本大震災がやってきます。ドラマとはいえ、その動きに一喜一憂してきた登場人物たちの運命が大きく変わってしまうのを思うと胸が痛みます。

現実の大震災の時も私たちはみんな、普段と変わらない一日が次の瞬間に崩れ去ってたくさんの人の運命が変わってしまうなどとは考えもよらないまま、3.11を迎えたのでした。戦災と自然災害の違いはあっても、少年Hも、あまちゃんも、どちらも人間の運命というものについて、何かを考えさせられるようです。

 

 

今日の都心の最高気温36度以上。四谷の昼ミサの帰り、聖堂の外に出てこれはとてもではないと思い、ついでだし今日は前から見に行くつもりでずっとのびのびになっていた映画、少年Hを見に行くことにしました。今回は新宿バルト9に行ってみました。

小説の文章を読んだときと違い、映画という形になって目の前に現れた少年Hの世界はなんというかリアルすぎてショックでした。それだけ現実に起こったことは恐ろしいことだったわけですが。

実際、当方も還暦をとっくに過ぎた人間ですから第二次世界大戦が終わってしばらくして生まれたので、子供のころはご近所周辺にはまだ戦争の傷跡がいくらも残っていたのです。こんなところに逃げ込んでもどうしようもないような横穴式の防空壕の跡も残っていましたし、まだちゃんとした家もなくて掘っ立て小屋のようなところに一家で住んでいた友達もいました。

神戸の大空襲の恐ろしい場面を見ながら思い出していたのはそんな昔の記憶でした。戦争中は南方に行っていた亡き父の若いときの思い出話を思い出し、中山法華経寺の墓地で父が、これはお父さんと仲良しだった幼馴染の墓だと教えてくれた戦死者の墓の記憶でした。

それは実はまだそんなに遠い昔のことではない、手の届くような距離の昔なのです。でも今の若い方たちはそれも知らない。安易にやたら右に寄りすぎではないのでしょうか。バランス感覚を忘れると、神戸大空襲の後、いや終戦になってだったか、Hが人々の態度の変化を見て、海の波に右に左に揺れ動く海草の若布だというところがあったように、相変わらずこの先も時代の流れに揺れ動くだけの若布になるのでしょう。

Hのお母さんのような信仰、お父さんのような誠実さ、それは時代が変わって、状況も変わっていくとしても忘れてはいけないものなのだと思いました。

次に作品としてのこの映画を見直すと、やっぱりさすが降旗監督作品だけあって一つ一つの場面がすばらしいです。少年Hが慕っていた男姉ちゃんと呼ばれる役者崩れの若者が、出征間際に逃げ出して自殺してしまったときの、本当だったら女形の役者になりたかったこの若者の哀切な思いを語るような絵の美しさ。大空襲の炎に呑みこまれてしまう町並み。残ったのはすっかり炭になった焼け焦げの人体、焼け落ちた日常。

出演している俳優さんたちについては説明する必要もないくらいよく知られた名優ぞろいです。あ、そういえば神保さんと山中さんも出ていました。音楽がまたすばらしいです。いつもの池先生でした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フラッシュプレイヤー

2013-08-29 23:55:53 | インポート

もうもう、本当に大変。普段何とかパソコンを使ってはいるものの、細かいことはよくわからないのだ。ましてやタブレットのアンドロイドはもっとよくわからない。

わからなくても使えるはずだといっても、普通はそうでも今回のようにアドビがアンドロイド用のフラッシュプレイヤーから手を引いたために、うっかり消してしまうとフラッシュプレイヤー無しの機械になってしまうとは予想もしていなかったから参った。

さすがにギャラクシータブ7.7は初期段階ではちゃんと装備していたのをこちらの手落ちで消してしまい、グーグル・プレイからは手に入らなくなってしまったことに初めて気がついてあわてた。

さんざん、あちこち検索してようやくアドビにたどり着き、今やっとダウンロード、インストール、テストまで終わったところ。機械音痴の私がこんなに必死に説明を読み返すことになるとは夢にも思わなかった話だ。

とにかくアーカイブ版でもフラッシュプレイヤーが手に入って助かった。しかし、この先、次の機器はフラッシュプレイヤーの代わりをどうするのだろうか?

 

ああ、そういえばオペラのブラウザーが15から16になって、少しは使い物になるようだ。でもまだまだらしい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かかりつけのお医者さんは大切だ

2013-08-28 18:04:53 | インポート

こんにちは~、マリーで~す。

うちのおばはん、今日はすごく早起きしてパソコンの調整をしてたから眠くてしょうがないみたいなのよ。それでも午前中にはちゃんといつもお世話になってるお医者さんに行って診察してもらったわよ。来週病院にもっていく紹介状も書いていただいて、足のむくみのほうも、このところ血圧が高くなっちゃってるからたぶんそれが原因だろうってことだったの。もうひとつ甲状腺のほうも気になるからって念のために血液の検査もすることになったのよねえ。あの人、ほんとは注射嫌いなんだけど採血は逃げられないわよ。

ほんでもって、熱中症の危険のありそうな暑い時期は塩分の補給も大事だっていうけど、うちのおばはんみたいに塩分感受性の高血圧の人は塩分の補給は普段の食事で十分足りるからそんなにいらないんですってよ。その代わりになるべく減塩しなくちゃいけないみたいなの。今日出たお薬は薬局の人が今度の薬は血圧を下げる働きと利尿作用があるって説明してたわ。

これで当分あの人、餃子の王将はだめだと思うな。知り合いの人たちがいくらおいしそうな写真を出しててもそれどころじゃないじゃないの。当分減塩、野菜中心だわさ。食べすぎもだめみたい。今日もまた体重を減らすお勧めよ。これはもう、どこかの机さんを見習うしかないみたいよ、もっとも赤いのも黄色いのも辛いのはいらないけどね。

でもとにかく、やっぱりずっと継続的に健診も受けているかかりつけのお医者さんて大事よねえ。いつもの先生は内科が専門だけど、ずっとかかっている先生だったら大きい病院に持っていく紹介状も書いてくださったりするし、本当に助かったわ

というわけで今日の話はおしまいね。ほんじゃまたね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕べ書けなかった分

2013-08-28 06:46:31 | インポート

昨日は、意地悪なパソコンがまた動かなくなり、ついに再びリカバリーと相成ったので、ブログは書けなかった。昨日、フェイスブックに書いたものでここに出してもよい分をとりあえず出しておくことにする。

今日は早起きしてリカバリーの続きをして、午前中、ご近所のかかりつけ医の内科に行ってくる予定だ。来週は眼科の視野検査もあるし、役所に出す診断書のことなどもあって今回は区外の病院に行く予定。でもそこはかなり時間がかかるらしい。足のむくみのこともあるし、今日の内科の先生の意見と一緒に、ついでにそこでも相談してみるつもり。

そして、以下が昨日のはなし。

現在もう午後の2時近い時間。今朝起きたら頭がガンガン痛くて歯も痛かったので、これは熱があるとわかり、ロキソニンを飲んでまた寝たので実際に起きだしたのはお昼すぎ。あまちゃんに間に合いました。しかし、足の甲は相変わらずすごい浮腫み、足首とすねはだいぶ浮腫みがひいています。なんなんでしょう、これ。今までにない症状でいやな感じ。とにかく来週眼科の視野検査で千駄木に行かなくてはならないし、警察病院の初診受付も行かなくてはならないし、早起きしなくてはならない週になります。重ならないように今週中に内科の健診の方も行かなくては。でもこの足、何科??大きい病院に行く時に聞いてみよう。

足首や甲の浮腫で検索していたら、気になることを思い出させられてしまった。実は子供の頃、心雑音があって検査をしたら、心臓が完全に収縮していないけど、成人すれば改善するので大丈夫と親は医者に言われたそうで、大人になってからもたまに心雑音が出て再検査を受けることがあったけれどなんともなかった。でも成人を通りこして成人病の年代になっている今、心臓は心肥大気味と言われていたし、高血圧だし、それで足首や甲が浮腫むのは、これはちょっとやばいかも。嫌なかんじ。元々が元々なのだ、これはまずいかな? もうひとつ静脈瘤もわかっているから、どっちにしても足の浮腫みは簡単にはいかないらしい。とりあえず、いつもの内科の先生に相談してからだ。

そんなわけでとにかく医者に行かなくてはならぬ。来週はお医者通いで忙しい感じ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現在リカバリー中

2013-08-27 20:23:04 | インポート
油断していたら、またもや隙を突かれてパソコンが言うことを聞かなくなりました。仕方なくリカバリー中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天気が悪い分なんだか涼しい

2013-08-26 20:23:37 | インポート

こんばんは~、マリーで~す。

夕べ、夜中にうちのおばはんたら寒くて目を覚ましたのよ。ものすごく暑い日が続いてたから、夜も開けておいても大丈夫なところは開けたままカーテンだけだったんだけど、昨日、いや、もう今日か、明け方寒くて目が覚めたんだわ。暑がりのうちのおばはんもびっくりよ。なんだかんだといっても季節が変わり始めてるのよね。

もう今度の日曜日は九月に入るし、そろそろ何処から手をつければいいの考えないとね、いつの間にか世の中の動きが変わってきてるから介護支援もうちのおばはんの程度じゃどうなるんだかわからないけど、どっちにしても足腰の今の正しい状況はあの人自身だってちゃんと把握しておきたいと思ってるし、福祉事務所も区内の病院でなくて隣接区の病院でもいいって言うんだから、今度は中野の警察病院に行くつもりなのよ。たださあ、お医者さんて、なにか伝手がないとまた衛生病院の二の舞になりかねないのが心配みたいよ。

ひざや腰もだけど、足首や甲のむくみは何科なのかしら。たぶん一回の診察じゃ全部はおわらないんじゃないかしら。警察病院は混んでて時間がかかるらしいから覚悟して行かなくちゃ。

そうだ今週中にいつもの高血圧のほうの内科に行って九月分のお薬をもらって、来週重ならないようにしとかなくちゃだめじゃん。

四谷がどういうつもりなんだか知らないけど、とにかく病院に行ってそれからだってあの人、言ってるけどこれもどうなるのかしらねえ。順番に話を進めるしかないって言うけど、傍で見てるあたしとしても心配よ。

それもこれもXXXXがXXXXXだからだわ。まったく日本人はまるでXXXXXXなんだからもう。とにかくまたこのままほったらかしにされるともう、残り時間がそんなに無い年齢だし今回はちょっとxxxxxx。なーんて、あの人、ぶちぶちこぼしてばっかりなのよねえ。

まあ、妙なる道しるべの光も暗くなって見えない時だってあって当たり前なんだわさ。とにかく、ひとあし、またひとあし進むしかないじゃないの。

本日の話はこれでおしまい。涼しくなると痒みは収まってるのに、むくみは相変わらずだし、あの人、今夜はさっさっと寝てほしいわ。 ほんじゃまたね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何を犠牲にするかで愛の深さが決まる

2013-08-25 22:21:23 | インポート

こんばんは~、マリーで~す。

うちのおばはん、「八重の桜」を見るのに夢中でブログのほうは放ったらかしだったの。あの人のお友達の京都生まれの女性が同志社出身で、別のお友達は群馬県人でちょっと前まではポーランドとか中国とか外国の人達を相手にお仕事をしていたんだけど今は独立して地元の紹介なんかもしてて、群馬県絡みで八重の桜の番組制作が決まった段階から紹介してたのよ。これじゃあ、もう最初から見るに決まってた番組じゃないの。会津には、たもかくさんもいるから福島も全然無関係な土地の気がしないし、「八重の桜」は他の人達の評判に関係なくずっと見てた番組だからしょうがないわ。

そんなわけでやっとこんな時間になって、パソコンを開いたのよ。

昨日、Amazonに注文していたDVDが届いたじゃない。その話ね。うちのおばはんが初めてその映画を見たのが確か中学生の頃よ。なぜかって言うと、あの人のおうち、お父さんの考えであの人が中学生になるまで家にテレビを導入してなかったの。その頃のテレビって今と違っていつでもスイッチを入れればどこのチャンネルでも番組を放映しているような時代じゃなかったのよね。そんでもって、まだ日本のテレビ局も始まってそんなに経っていないから番組自体もそんなになくて、空き時間みたいな時間帯に古い外国映画を放送してたの。そこで見たのがこの映画だったのよ。

あの人、このパンドラっていう映画が相当印象的だったみたいで、ずっともう一度見てみたいって思ってたんだわ。でも言っちゃなんだけど、あの人が中学生の頃って50年も昔、半世紀も前よ。すごく感動したってことは覚えていても、中身はすっかり忘れてたのよ。全くお粗末なんだからもう。

で、今回は本当に久しぶりに、見たかったこの映画をDVDで見て、やっとなぜあんなに感動したのか、忘れられなかったのか、やっとわかったのよ。

主演のエバ・ガードナーさんもジェイムズ・メイソンさんも一番素敵だった頃だから画面だけでも文句なく楽しめるんだけどそれだけじゃないのよ。

メイソンさん扮する神様の罰を受けて永遠の時と所をさまようオランダ人を救うことができるのはオランダ人を本当に愛している女性がオランダ人のために自分の命を差し出すことでだけだったのね。「何を犠牲にするかで愛の深さが決まる」これがこの映画のテーマってわけよ。この映画は愛しあう二人の真実の愛のはなしだったの。

さまよえるオランダ人の話はオペラにもあるし、あのパイレーツオブカリビアンにも形を変えて、船の名前がフライングダッチマン、船長はタコのお化けのデイビー・ジョーンズとして出てきてたわ。でもこちらのフライングダッチマン、さまよえるオランダ人は愛する女性の死も恐れない愛で永遠の罰から救い出されるの。

これってキリスト教の教えそのまんまじゃないの、うちのおばはん、やっと何故自分があんなに感動したのか、忘れられなかったのか、50年も経って分かったのよ。おかげでいろいろなことを考えさせられたみたいよ。

だけどこの話はこのへんでおしまいにするわよ、長くなりすぎちゃうもの。それより機会があったら実際にDVDを見てみたらいいわ。わかる人にはわかると思うな。

ほんじゃまたね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

回るお寿司が牛丼(並)に化けた夜

2013-08-24 23:17:13 | インポート

こんばんは~、マリーで~す。

うちのおばはん、このところなんだかあんまり調子がよくなくて、あいかわらず足はむくむし、靴下を履けば接触性皮膚炎で痒くて仕方がないし、下着のナイロン部分でかぶれて、体中あっちもこっちも痒くて、抗アレルギー剤と痒み止めと孫の手なしではどうしようもないのよね。この間のテレビの解説じゃ暑さ負けの症状は皮膚にもでるっていうんだけど。今のあの人の症状ってそれじゃないのかしら。元々がかぶれやすい体質なんだけど、まったくひどいものよ。

それでもあの人、いくらなんでも流石に最低限の主日のミサは休むわけにいかないからってちゃんと今日は四谷に出かけたわよ。ほんとに早く秋になってほしいもんだわさ。

ほんでもってあの人、帰りにせめてたまには回転寿司でいいからお寿司をたべたいって、お寿司屋さんに行ったら、店内で立って待っている人たちがいっぱいいて、これはダメだって即諦めて、お腹はすいてたからすぐ食べられる松屋の並牛丼に切り替えたの。これなら西友によって野菜や果物を買ったほうが良かったのにさあ、ザーンネンでしただわ。

荻窪の松屋はテーブル席もあるから、たまには利用するのよ。だけど回るお寿司の気分でいたのが並牛丼ていうのもなんだかよね。うちのおばはんも暑くてお料理したくなかったにしても、せめてもうちょっとましなものにしとけばいいのに、これじゃなんだかやる気が下がっちゃいそうじゃないの。

だけどそんなこんなでお家に帰ってきたらポストにAmazonに注文してあったDVDが届いていて、たちまちあの人喜んで浮かれちゃって、まったくもって起伏の激しい人だわ。もう何十年も昔、うちのおばはんがまだ二歳くらいだった頃の映画なのよ。

パンドラっていう作品よ。エバ・ガードナーが主演で、ジェームズ・メイソンも出てるの。それをあの人、中学生の頃テレビで見て、ずっと覚えていて、もう一度見たいってずっと思っていたら、今の時代は何しろなんでもDVDで手に入るのよね。少女だった頃のうちのおばはんには、この作品すごく印象的だったらしいのよ。それこそいまだに心に焼き付いていたんだから大変よ。愛とか信仰とかキリスト教とか、何かとっても大切なことを考えさせられた映画だったみたいよ。

まだケースから出していないから明日見るのかな。あたしも楽しみだわ。そんなわけで今日はここまででおしまい。ほんじゃまたね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わりの手抜き

2013-08-23 23:01:31 | インポート

また地震か、気になる。

  

 

 

こんばんは~、マリーで~す。

今、うちのおばはんはNHKテレビで、津波のときの『亡き人たちとの再会』の話を見てるところよ。今日はもう8月も23日で子供の頃だったらお盆が終わって家族みんな、おばあちゃんのところからうちに帰ってきて、溜まっているやり残しの夏休みの宿題で頭を抱えている頃じゃない。

もうあれから何十年も経っちゃったのよね。

ってことで今日は昔の思い出で心がいっぱいでここに書くようなことも思い浮かばないみたいなのよ。しょうがないから今朝フェイスブックに書いた話でも載せとくことにしたのね。フェイスブックで一緒の方たちはもう読んでいるけど、参加していない方は読んでいないと思うから、ちょっと我慢してちょうだいね。

今朝の記事はこんなのだったの・・・・・・・・

今朝の瀬戸内寂聴先生出演のNHKの番組を見ていてふと思い出した。日々の出来事はそれぞれ断片的でばらばらに起こっているのだけど、長い目で全体を見ると、不思議とすべてがどこかでつながっている。

 言っても信じてもらえないような変な話がたくさん起こって、おかげで今の状況に至ってきたのだが、ここではその話はしない。それより、ここではそれではなくて時にはありえないような奇妙な偶然の一致の数々さえ起こすその人間の心の不思議のごくごく一部を書いてみたい。

ユング心理学で原型ということばがある。寂聴先生は宗教者であり、文学者でいらっしゃる方だからたくさんの作品の中にさまざまな人間の思いを書いておられる。寂聴先生ばかりではない、古今東西の優れた文学者の作品や、芸術家たちの作品がなぜ現代の我々の心にも響いてくるのか。

ユングの考えではそれはすべての人間の心に共通した何かが、生まれた時からすでに備わっているからだという。その何かを原型とよぶ。私達の思考は実はかなりその原型の影響を受けているらしい。

 文学をはじめ、古今の芸術作品がどうして今の時代の人のこころをも揺さぶるのかというと、この原型の問題がかかわっているらしいのだ。また、現実に人が他のある人を見て、はっとして恋に落ちたり、下手をすると不倫をしたりするのも実はこの原型が心のなかで動くためだというのだ。

 原型は男女の問題だけではなく、その時代の精神と結びついて人々を戦争に駆り立てたり、歴史に残るような勇者を生み出したり、さまざまな動きをするのだが、大抵の人は無自覚に原型のなすままにうごいてしまう。しかし。少なくとも、人はたくさんの書物を通して自分の経験以上の知識をえることはできるはずだ。

それこそが人間が原型に振り回され、ふたたび悪しき歴史を繰り返さないためのひとつの方法なのだろうと思う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火遊びとユング心理学

2013-08-22 20:38:16 | インポート


今日もすごい暑さだったわよねえ、明日の気温も今日とおんなじくらいまでいくらしいわよ。うちのおばはんはバテバテで昨日よりは良くなったみたいだけど、夕方になるとまたダメ。いけずな京女さんが最低3日はブログやツイッターもやめて体を休めろって勧めてくれてもあの人ときたら、わかっちゃいるけどやめられないのよね。

生暖かい扇風機の風に当たって何もせずに横になっているのじゃ、足の浮腫みにはいいけど、心が浮腫んで来るから嫌だってあの人、やっぱりお友達の言うこともちっとも聞かないのよ。そんなわけで、お外に出かけないだけで、いつもとおんなじなの。

あの人、なんだかんだといっても結構中身は古めかしかったりしてるから、テレビ番組なのに、今日のあまちゃんを見て、まったくこの頃の若い子は何を考えてるんだ、けしからんって怒ってるのよ、笑っちゃうわ、

だいたいさあ、うちのおばはんなんてお父さんっ子の長女で一番上で、小さい頃から、お前が男だったらなあって言われながら育ってきた人よ。お父さんっ子の女性って異性を見るときの基準はお父さんなのよね。いや、お父さんっ子じゃなくてもそうよ。女性の異性を見る目はお父さんが基準なんだと思うわ。

なかでもお父さんっ子の女性って、下手をするとうちのおばはんみたいにどんな異性もつまらなく見えちゃうから、恋だの愛だのなんてものは馬鹿にする傾向があるんだけど、そのかわり、見え過ぎちゃう分、今日のアキちゃんみたいなとんでもないことはまずやらかさないわよ。くだらなくみえちゃうのよねえ。

なんていうかさあ、自分自身の中に男性的な面を持ってるから現実の男性の心も見抜けるのよ。逆に男性の心の中には女性的な面があるんだわ。人間の心はすごく複雑に入り組んでいるから、世の中いろいろな出来事が起こるのよねえ。自分の心のなかの女性像を現実の誰かに投影して、奥さんを捨てて別の女性が好きになっちゃったりなんていくらでもあるじゃない。

人間の心は一面的じゃないから、気をつけないと何が起こるかわからないのよ。アキちゃんの火遊びもNHKの朝のドラマなら丸く収まると思うけど現実はもっと大変なんじゃないかしら。

うちのおばはんの昔の会社の先輩が、毎日のごく普通の生活っていうのが一番難しいんだって言ってたのよ。普通の生活を守っていくためには並々ならない努力が必要なんだわさ。普通の家庭の普通の幸せって家族の努力なしには成り立たないものなんだってことみたいよ。火遊びで一家崩壊なんていうのもいくらでもあるしね。

あれっ、なんか変な話になっちゃった。もうこれで終わりにしとくわね。ほんじゃまたね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加