パピユ王国日誌 
文鳥の国「パピユ王国」のにぎやかな日々の記録。
 





疲れたときは、こんな歌を歌おう。


♩ * ♩ * ♩ ♩  ♩ *
タン * タン * タンタン タン *

♩ * ♩ * ♩ ♩  ♩ *
タン * タン * タンタン タン *

タンタン、タン太、タン太郎
コンスタンタン・クレモン君

タンタンの かわいい おちり
ファンタスティック
タン太すてっき!






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


仕事  



仕事がなかなか片付かない。いや、片付けておるのだけれど、次々と仕事のメールが入ってくる。この日曜日も仕事。いつになったら終わるの?

もう仕事したくない・・・。



タンタン、31g。遊ぶのがタンタンの仕事。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





「飼い主の心臓に悪いペットの寝相コンテスト」に便乗する。
あいにく、ツイッターは、やっていないので、ここで。

4年前のドキンちゃん。




この子には本当にドキン!とさせられた。

なつかしい、かわいい子。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





ふうふう言いつつ、仕事をしていると、とげとげの白いひよこちゃんが飛んで来る。

なんだか目付きも悪いような…。

まだ熱があるのかな????まさかね。
B型は予後が悪いと言うが、引きずりそうだわ、これは。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






インフルエンザを過ぎ越すと、タン&みーが甘えん坊になっていた。

まずはタンタンが肩にやって来て、いかに自分がさびしかったかったかひとしきり報告してくれる。気がすんだのか、気が休まったのか、その場で丸くなって寝始めた。

すると、みーが「ぼくも!」とばかりにやって来た。珍しいことに、しばらく肩の上で一生懸命に話しかけてくる。「本当に心配したんだよ!」「ぼくだってさびしかったんだから!」

結局、右肩にみー、左肩にタンタン。ふたりともやっと安心したのか、そのまま寝入り始めたので、しばらく動かずにじっとそのまま寝させていた。かわいそうに、この1週間本当にさびしかったんだね。

心配かけてごめんなさい。




コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





不覚にも5日間の「出勤停止」をくらった。

まさかのB 型隠れインフル。

仕方がないから、職場へ電話し、明日と明後日の仕事の代行と掲示とを依頼する。しかし「書類」は、こちらで作って送らねばならない。そうこうしているうちに、体の痛みと悪寒は強くなってきた。あ~あ、体の動くうちにお医者に行っておいてよかった、と妙な安心をする。

タンとみーは今日はかごから出さないままだった。夜、かごに戻す時にふらふらだったら困るから。ごめん。

明日、掲示してもらうものをメールで送ったら、あとは「自宅療養」。ふう。明日はタンとみー、出してあげれたらいいな。



コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )






仕事したくない…。寝たい。



ホントに?

タンタンは乳母やの希望の星だね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






タンタンが怒る。










コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





今日はミルゥの誕生日。2日遅れで、タンと同じ3歳。





それを見ているタンタンは…






兄弟というのは永遠のライバルかもしれない。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





オイルヒーターの横でぬくぬく、うとうとするタンタン。そのままだと、こちらの手が熱いし、乾燥する。

しかたがない、ヒーターのそばにいられるように、ヒーターガードになるようなものを買ってあげよう。誕生日のプレゼントに。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ