日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





カンヌ映画祭グランプリ作品。

なので、公開後早めに観に行こうと決めていたが、なかなか足が向かない…
仕事後に、凄惨な状況を描くアウシュビッツ映画を観る気分には、とても なれないのだ!(笑)
結局、かろうじて日曜の仕事帰りに、やっと鑑賞。


オープニングでまず説明が。
主人公サウル(写真)は ゾンダーコマンドと呼ばれる「特殊チーム」の一員。
「特殊チーム」といってもとんでもない 驚愕のチーム。
ナチスの手先となって、大混雑するユダヤ人虐殺を実行する毒ガス室の運営係!
同胞を次々と誘導し、裸にさせ、ガス室に送り込み、阿鼻叫喚が治まった後は焼却、灰を捨てる。
これが次々と反復される日々…

こんな「狂気」
これまで到底描けなかっただろう、が遂に、という感覚…
20世紀中には、とても映画のメインテーマとしては 描けない、あまりの事実。




さて、それを どうやって描いたか。

あくまでも主人公にフォーカスを当て、周りはピンが合ってない。
なので、大量の死体も何も、悲惨・凄惨を極める周囲は何となくしか解らない構造。
新人監督にもかかわらず、何て狡猾な手法だ!!!

そして始まる物語は、予想外の展開に…




以下、ネタばれかつ当ブログの解釈が入るので、10行ほど改行。













主人公サウルは、狂気の環境の中で 自分の正気を保つために止むなく、自作自演の物語をでっち上げた。
「息子」など、実は存在していなかった。

そう、この物語は、狂気 ↔ 正気 の間を画く映画なのだ...
だからこそ、あのエンディングとなる。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 16 )



« 読後評:勝手に選... 「ブログでサッカ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「サウルの息子」:見えないものを見よ (大江戸時夫の東京温度)
映画『サウルの息子』は、新視点かつ生々しいことこの上ないアウシュビッツ映画。ハン
 
 
 
映画感想『サウルの息子』2016年 ハンガリー (見取り八段・実0段)
1944年、アウシュビッツ絶滅収容所で起きたゾンダーコマンド(遺体処理を任されたユダヤ人)の反乱をベースにした物語。主人公の視点に付いていくカメラ演出が恐ろしい臨場感を醸し出す...
 
 
 
サウルの息子~失われた少年時代を求めて (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ハンガリー映画。原題:Saul fia。英題:Son of Saul。ネメシュ・ラースロー監督。ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レヴェンテ、ユルス・レチン、トッド・シャルモン、ジョー ...
 
 
 
サウルの息子 (風に吹かれて)
アウシュヴィッツの日常 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/saul 第68回 カンヌ国際映画祭 グランプリ受賞作 1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容
 
 
 
サウルの息子・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
煉獄に生きる者たち。 アウシュビィッツ収容所の解放から70年目の昨年、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したハンガリーの作品である。 主人公のサウルは、囚人の中から選抜され、数か月間生かされる代わりに、収容所の労役を担う“ゾンダーコマンド”の一人。 ユ...
 
 
 
『サウルの息子』 (こねたみっくす)
ホロコーストを音で見せる、想像力から来る臭いで見せる。 第68回カンヌ国際映画祭にてグランプリを受賞したハンガリーの新鋭ネメシュ・ラースルー監督作品。それは「悲劇の物語」 ...
 
 
 
「サウルの息子」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Saul fia」2015 ハンガリー 1944年10月、ポーランドのアウシュビッツ(ビルケナウ)収容所。ハンガリー系ユダヤ人のサウルはゾンダーコマンドとして働いている。彼の仕事は同胞であるユダヤ人の死体処理。ある日ガス室で生き残った少年を発見するが、直ちに医者が呼...
 
 
 
「サウルの息子」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Saul fia」2015 ハンガリー 1944年10月、ポーランドのアウシュビッツ(ビルケナウ)収容所。ハンガリー系ユダヤ人のサウルはゾンダーコマンドとして働いている。彼の仕事は同胞であるユダヤ人の死体処理。ある日ガス室で生き残った少年を発見するが、直ちに医者が呼...
 
 
 
神が与えしもの~『サウルの息子』 (真紅のthinkingdays)
 SAUL FIA  SON OF SAUL  1944年、アウシュビッツ。ユダヤ人強制収容所には、「ゾンダーコマンド」= 秘密の運搬人と呼ばれ、同胞の死体を処理するために働かされていた囚人た ちがいた。その一人であるサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、ガス室から虫...
 
 
 
『サウルの息子』 スタイルと物語の融合 (Days of Books, Films )
Son of Saul(viewing film) アウシュビッツ収容所のユダヤ
 
 
 
サウルの息子  (心のままに映画の風景)
1944年10月、ハンガリー系ユダヤ人のサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊“ゾンダーコマンド”に選抜され、次々と到着する同胞たちの死体処理の仕事に就いていた。 ある日、ガス室で息子らしき少年を発見したサウルは...
 
 
 
息子を葬るために・・・ (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「サウルの息子」を鑑賞しました。 1944年10月、ユダヤ人のサウルはビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊ゾンダーコマンドに選抜され同胞の死体処理の仕事に就く ある日 ガス室で息子らしき少年を発見した彼は、直後に殺されたその少年をユダヤ教...
 
 
 
『サウルの息子』 見たくないものを見ようとすると…… (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 カンヌ映画祭でグランプリを受賞した作品。  監督・脚本はハンガリーの新鋭ネメシュ・ラースロー。  舞台はアウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。ユダヤ人を効率よく殺すための工場としてあったその収容所では、ゾンダーコマンドと呼ばれるユダヤ人が死体処理の仕...
 
 
 
【映画】サウルの息子 (アリスのさすらい映画館)
  サウルの息子(2015)ハンガリー 原題:Son of Saul 監督:ネメシュ・ラーシュロー 脚本:ネメシュ・ラースロー  / クララ・ロワイエ 出演:ルーリグ・ゲーザ/ モルナール・レヴェンテ/ユルス・レチン/  トッド・シャルモン&...
 
 
 
サウルの息子 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
サウルの息子 '15:ハンガリー ◆原題:SAUL FIA ◆監督:ネメシュ・ラースロー ◆主演:ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レヴェンテ、ユルス・レチン ◆STORY◆1944年10月、アウシュヴィッ...
 
 
 
サウルの息子 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(10) ホロコースト関連で最もシンプルで衝撃的作品…らしい。
 
 


 
編集 編集