日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 






スティーブン・ソダーバーグ監督は、当ブログのお気に入り。
最近でいうと、

2011年11月25日:コンテイジョン Contaigion 大作だが、ソダーバーグの趣味的要素も含まれるところが新しい?

2011年04月02日:バブル Bubble ガールフレンド・エクスペリエンスとは全く違う感覚で、久々に凄いソダーバーグ。

2011年03月27日:ガールフレンド・エクスペリエンス The Girlfriend Experience 久々に凄い、ソダーバーグ。

2008年12月21日:フィクサー Michael Clayton クルーニーが好きかで評価が分かれそう。

という具合で、彼の「エリン・ブロコビッチ」「オーシャンズ11」「ソラリス」のようなメジャー作を作る一方、趣味丸出しの実験っぽい路線(上記の「バブル」「ガールフレンド・エクスペリエンス」そして「フル・フロンタル」のようなとんでも実験映画(DVD持ってるんだな~なぜか)を豪華スター共演で作ったりする。
もちろん出世作 「セックスと嘘とビデオテープ」なんてえのもあるが。


さて今作。
どちらの路線かというと、前回の「コンテイジョン」ぽい感じ。
<大作だが、ソダーバーグの趣味的要素も含まれるところが新しい?

特にキャスティングで趣味っぽい。
「ガールフレンド・エクスペリエンス」では主役に主役に現役のポルノ女優を起用し驚かされたが、今回もそのキャスティングでその感じが。
アクション主体の今回の企画に、美人総合格闘家 ジーナ・カラーノ (写真:右)を起用しているからだ!

このため、当然のこと殴り合いのシーンのスピード感が圧倒的に違う。
何度かのファイトは見応え十分!!

とともに、Haywire っていう原題らしく、とてもキツ~い状況に陥る彼女なのに、いつも冷静でクールな彼女の表情が、ハマっている。
(演技力の不足をカバーするためかもしれない...が)

で、この不足をフォローすべく? まわりの共演陣はほとんど男(笑)
彼女をもり立てるかのようにとっても豪華。
ユアン・マクレガー、マイケル・ファスベンダー(写真:左) チャニング・テイタム、マイケル・ダグラス、アントニオ・バンデラス他、といった具合。
あと誰かは言わないが、彼女のお父さん役にも大物が起用されていて、その2人が親子だなんて思うと、なかなかタノシイ。


さて肝腎のストーリー展開、アクションの演出。
これは、いつものソダーバーグという感じで、非常に手堅い。
それゆえに、当ブログとしては不満なところでもあるが(笑)
そこでアンバランス性があると、さらに普通の映画にない味が出てくるような気がするんだけど。
前作「コンテイジョン」は、そういうところがお気に入りだったので。
まあ主演女優の部分で監督も満足した、ということだろうか?


今週末に公開なのだけれど、この公開日、ちょっと失敗しちゃった気がする。
この秋のアクション大作「ボーン・レガシー 」The Bourne Legacy と同じ日になってしまったのだ!
いくらソダーバーグとはいえ、3連作越えのアクションが炸裂しまくる大作で、007の強敵になるような映画と同時公開は、正直 ちょっとキツいなあ~...

コメント ( 0 ) | Trackback ( 13 )



« WOWOW:アメリ... 自民党は、何... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
エージェント・マロリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(14) ジーナ・カラーノご本人以外見どころなし(苦笑)
 
 
 
『エージェント・マロリー』 2012年8月30日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『エージェント・マロリー』 を試写会で鑑賞しました。 入場時に、マロリーならぬ、マロニーを貰いました。 だから、評価したいんですけど... 【ストーリー】  並外れた戦闘能力と知性を兼ね備えた女性スパイのマロリー(ジーナ・カラーノ)は、民間軍事企業の経営者...
 
 
 
エージェント・マロリー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【HAYWIRE】 2012/09/28公開 アメリカ 93分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ジーナ・カラーノ、マイケル・ファスベンダー、ユアン・マクレガー、ビル・パクストン、チャニング・テイタム、マチュー・カソヴィッツ、マイケル・アンガラノ、アントニオ・バンデラス...
 
 
 
映画「エージェント・マロリー」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「エージェント・マロリー」観に行ってきました。アメリカ女子総合格闘技界の人気者で、スタントを一切使わずに本作に挑んだジーナ・カラーノが主演を担う、スティーヴン・ソダ...
 
 
 
エージェント・マロリー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
スティーヴン・ソダーバーグ監督が、ジーナ・カラーノを主演に迎えて作った女性が主役の本格サスペンスアクションだ。なんでもジーナは総合格闘技界の人気スターだそうで、非常にきれのある動きをしている。脚本もすばらしくて最初はわけのわからないストーリーだったのに...
 
 
 
エージェント・マロリー 監督の趣味の世界やね~ (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=39 -5-】 予告編では「どうなん?B級?」ってな感じやったが、なぜか心惹かれるとこがあって、ふら~と、ほんま疲れ切っているのに見に行ってしまった、のだが。  フリーランスの女性スパイ、マロリー・ケインが田舎町にあるダイナーに訪れた。そこに、アーロンと....
 
 
 
エージェント・マロリー (佐藤秀の徒然幻視録)
草食系男子には優しい史上最強女スパイ 公式サイト。原題:Haywire。スティーヴン・ソダーバーグ監督、ジーナ・カラーノ、マイケル・ファスベンダー、ユアン・マクレガー、ビル・パ ...
 
 
 
エージェント・マロリー (I am invincible !)
NY北部のダイナーにいたマロリー(ジーナ・カラーノ)の前に現れたのは、バルセロナで一緒に仕事をしたフリーランスのスパイ、アーロン(チャニング・テイタム)だった。
 
 
 
エージェント・マロリー (だらだら無気力ブログ!)
これ、シリーズ化して欲しいなぁ。
 
 
 
エージェント・マロリー 評価★★ (パピとママ映画のblog)
女格闘家が銀幕に殴り込み、私を怒らせると死ぬよ! クールでタフでセクシーな格闘ヒロインの誕生である。全米女子格闘界のスターであるジーナ・カラーノが、ハリウッドで主演デビューを飾ったのが本作。 男たちを相手にリアルアクションに挑んでいるのだ。民間軍事企業....
 
 
 
『エージェント・マロリー』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
民間の軍事業者である元恋人のケネスから、バルセロナでの人質救出を依頼されたマロリー。無事に仕事をやり遂げた彼女の元に、今度はMI6から新たな任務の依頼が来るが、その背後には彼女を狙う何者かの陰謀が・・・?! アメリカの女子総合格闘家のジーナ・ガラーノ...
 
 
 
エージェント・マロリー (いやいやえん)
主演はジーナ・カラーノさん。知らないなあ…新人かと思ったら、アメリカ女子総合格闘技界のスターなんだそうな。他にユアン・マクレガーさん、チャニング・テイタムさん、マイケル・ファスベンダーさん、アントニオ・バンデラスさん、マイケル・ダグラスさんなど出演...
 
 
 
エージェント・マロリー (映画大好きだった^^まとめ)
95 : 稚羽矢[sage] : 2012/10/01(月) 19:54:29.68 ID:3UN1VrIk思ったよりジーナが美人だったな時系列としてはカフェからの逃亡はダブリンから戻って親父に会う前だよな?『ボーン・レガシー』を観 ...
 
 


 
編集 編集