日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



欧州サッカーについて語る、ドイツの記者 ロナルド・レングの日本経済新聞での記事(5/13夕刊)から触発されて。。。

彼の友人エンケとの10年前の会話を以下。
「37才で、これまで外国のクラブの通訳をしていたから、プロの選手を指導するのは初めてなんだって」
「そんな素人みたいな人物が通用するのかね」
それへのエンケの答えは、
「僕が知る限り最高の監督だ」
そう!エンケの所属チームはベンフィカで、その通訳あがりの監督は、あのジョゼ・モウリーニョ!

「熱っぽい成功願望に満ちあふれ、その抜群の先述センスはエンケのみならず、全選手をとりこにした」
「若さと活力と進取の起床に満ちた野心家の出現」
「仕事初日から大監督の風格があった」?!

このあとの記事がおもしろい。
「今季のインテルは攻撃精神のない退屈なサッカーを繰り返している」
そしてレングは、天国の友人に語りかける。
「これって、かつて君を魅了したスペクタクルの名残なのかい?」


いやいや......
その答えを、その直後に雑誌「パノラマ」のインタビュー(やはり5/13?)でモウリーニョが吠えていた!

「イタリアのサッカーは好きではない」
「遅かれ早かれ、レアル・マドリッドの監督になる」

明日のリーグ最終戦で、まずセリエAのタイトルを。
そして来週末にはチャンピオンズリーグ決勝。
バイエルン・ミュンヘンを撃破することで、コパ・イタリア優勝とともに「3冠」達成を目指すモウリーニョ。

ポルト時代にUEFAカップ優勝(2003年)、翌年はなんとチャンピオンズリーグ優勝(2004年)、チェルシーに移ってからも2年連続でリーグ優勝(2005年、2006年)
2007年9月、選手起用(多分シェバでは?)でオーナーのアブラモヴィッチともめまくって退団。
お休み後、インテルの監督就任で3年契約。
で、上記のように素晴らしい結果を出しつつある。

一方で、こんなに滅茶苦茶 多忙な彼なのに、次のビッグな「目標」が既に動き出しているのだ!
そう、この現在も、正に「熱っぽい成功願望に満ちあふれ」ている。
素晴らしい!

当ブログではモウリーニョ追っかけをしており(笑) 以下×2記事を参考まで。
2009年11月24日 読後評:モウリーニョの流儀 イタリア見参からスクデットへの道を追う、サッカー好きには必読の読み物! (イタリアに渡ってからの1年間を追う)  
2008年06月08日 読後評:「ジョゼ・モウリーニョ 勝者の解剖学」 なぜ彼が昨日おとなしかったかのワケは

PS そういや最近BOOKアップできてないな。乱読はしているのだが......

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )



« ipadのCMがヤ... 何○○年ぶりの... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
モウリーニョ監督の口撃止まず (Calcio.info)
●インテル・ファンは、欧州CL決勝チケットを求めて長い列を形成。モウリーニョ監督は、先頭の23歳Paolo Saccoにチケットをプレゼント。「皆を満足させられなかったが、ファンへの愛情を示すのに繋がって欲しい。全インテリスタの情熱を称賛するよ」 -「今、CL決勝を考え...
 
 
 
"ジョゼ・モウリーニョ"の感想 ~異端のカリスマ~ (市村の感想)
ジョゼ・モウリーニョ。 プロ経験がないながら、"世界最高"の監督と呼ばれる彼。 そんな彼について語ったブログを紹介。 三十歳から四十五歳を無自覚に過ごすな ~ジョゼ・モウリーニョ 1 ~ - 中小企業診断士 和田伸午のおもしろビジネス放談 三十歳から四十五歳を無自...
 
 


 
編集 編集