日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





公開が近くになってからアップしようと思っていたのだけど、公開が5月(観て半年以上も先!)と知り、お先に。


今回の主演はケイト・ブランシェット。
彼女の演技が注目されており、いよいよ主演女優賞でオスカー獲得か?と騒がれている。
(The Aviatorでキャサリン・ヘプバーンを演じ、助演女優賞は獲得済)

彼女の演じるのは、落ちぶれたNYセレブ主婦。
マンハッタンのアッパータウンでの裕福なセレブ生活を、ほんの一瞬にして失う。
主人は逮捕。誰が演じてるかは観てのお楽しみ(笑)

彼女は仕方なく、サンフランシスコにいる腹違いの妹ジンジャーの元に駆け込む。


だが...
元セレブには、妹の質素な生活が堪え難いだけでなく、ゆるゆるのロスな環境にげんなり。

例えば写真は、妹の彼氏だか友達だか区別のつかない男のユルさに切れかかっている図。
彼は彼女にフレンドリーに接しようとしているのだが、その仕草のひとつひとつが彼女の気にさわるのだ(笑)

そうしているうちに姉妹とも男ができ、終盤「どう物語が着地するのだろう?」な興味津々状態に陥り、ハラハラ。
その結果は....


結論:
当ブログ的には、2年前に年間ベスト1にした「ミッドナイト・イン・パリ」の方が好きだが、こちらもなかなか。
アレンの作品賞、監督賞については、エントリーはされたとしても、獲得はちょっとキツいかな...
一方で、ブランシェット主演女優賞の可能性はかなり高い、と判断する。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 41 )



« METライブビュー... 映画:Paranoia ... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (atts1964)
2014-10-14 13:50:32
彼女の演技は秀逸でしたが、アレン監督の容赦ない感じの作りも見事でしたね。
TBありがとうございました。
 
 
 
確かに! (onscreen)
2015-02-21 09:23:05
まさに、容赦ない作り、でしたね
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ウディ・アレン監督、ケイト・ブランシェット主演『ブルージャスミン(Blue Jasmine)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ブルージャスミン』(Blue Jasmine)ウディ・アレン監督ケイト・ブランシェットが本作でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)の主演女優賞を受賞した(他、各種映画賞多数)物語・ジャス
 
 
 
『ブルージャスミン』 (ラムの大通り)
(原題:Blue Jusmine) ----アカデミー賞も終ったようだけど、 いつもと、ニャんだか違ったような…。 「おそらくそのひとつは、 毎年、前日発表されるラジー賞にあるんじゃないかな。 M・ナイト・シャマラン監督、ジェイデン・スミスとウィル・スミス出演の『アフター...
 
 
 
「ブルージャスミン」イタいな~、イタ過ぎるよな~。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ウディ・アレン] ブログ村キーワード  しばらくヨーロッパを徘徊…、放浪…、もとい!ヨーロッパを拠点に、各地(ロンドン、バルセロナ、パリ、ローマetc,etc)で映画を撮っていた“名匠”ウディ・アレン 監督が、アメリカへ戻って撮った新作、「ブルージャスミン」(ロン...
 
 
 
ブルージャスミン (あーうぃ だにぇっと)
ブルージャスミン@一ツ橋ホール
 
 
 
劇場鑑賞「ブルージャスミン」 (日々“是”精進!)
「ブルージャスミン」を鑑賞してきましたウディ・アレン監督が初顔合わせとなるケイト・ブランシェットを主演に迎えて贈るシニカル・ドラマ。富豪との結婚生活が破綻し、妹のアパー...
 
 
 
『ブルージャスミン』 (2013) (相木悟の映画評)
ウディ・アレンが届ける、苦~いシニカル・コメディ! 喜劇なのか、悲劇なのか、苦笑をまじえつつ複雑な後味の残る匠の逸品であった。 本作は、ルーティン・ワークな映画製作を己に課し、職人的に独自のアート路線を快走するウディ・アレンの監督第44作。最近はアメ....
 
 
 
「ブルージャスミン」 (ここなつ映画レビュー)
傑作。ウディ・アレンの毒、今度ばかりは無しにして!と願ってしまう位、ジャスミン(ケイト・ブランシェット)が素晴らしい。もちろんサイテーサイアクなキャラだけど、頑張れジャスミン!と私は心の中で叫んでしまった。「ブルー・ジャスミン」。夜に咲く花。徒花(あだ...
 
 
 
ブルージャスミン (映画好きパパの鑑賞日記)
 ウディ・アレンが久々にアメリカを舞台にした作品で、コメディではあるのだけど、人間の愚かしさにスポットをあてており、シニカルな色合いが強い。オスカー受賞のケイト・ブランシェットは手堅いけど、「8月の家族たち」のメリル・ストリープにはかなわなかったと個人...
 
 
 
ブルージャスミン (to Heart)
原題 BLUE JASMINE 製作年度 2013年 上映時間 98分 脚本:監督 ウディ・アレン 出演 ケイト・ブランシェット/アレック・ボールドウィン/ルイス・C・K/ボビー・カナヴェイル/アンドリュー・ダイス・クレイ/ピーター・サースガード ニューヨークでのセレブ生活が崩壊し....
 
 
 
ブルージャスミン ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットをヒロインに迎え、サンフランシスコを舞台に転落人生の中でもがき、精神を病んでいく姿を描くドラマ。ニューヨークでセレブ生活を送っていたものの夫も財産も失ったヒロインが妹を頼りにサンフランシスコに引っ越し、再生しよ...
 
 
 
ブルージャスミン (心のままに映画の風景)
ニューヨークでセレブ生活を送っていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、夫ハル(アレック・ボールドウィン)のビジネスが崩壊し、サンフランシスコに暮らす妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のアパートに身を寄せる。 再出発を図ろうとするものの、質素な...
 
 
 
『ブルージャスミン』 (こねたみっくす)
虚飾とは哀れなり。 何とも滑稽でビターなブラックコメディだこと。さすがウディ・アレン監督といいましょうか、第86回アカデミー賞主演女優賞を受賞したケイト・ブランシェット演 ...
 
 
 
ブルージャスミン (佐藤秀の徒然幻視録)
モテ過ぎて自立できなかった女性の悲劇 公式サイト。原題:Blue Jasmine。ウディ・アレン監督。ケイト・ブランシェット、アレック・ボールドウィン、ルイス・C・K、ボビー・カナヴェイ ...
 
 
 
「ブルージャスミン」☆しあわせの見つけ方 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞を獲得した作品。 他の作品の女優たちも、かなりいい演技だったからケイトが突出して素晴らしかったとは思えないけど、自然体でありながらも、人生に翻弄されて戸惑う心を表現した彼女の演技はやっぱり見事だった☆
 
 
 
ブルージャスミン/ケイト・ブランシェット (カノンな日々)
主演のケイト・ブランシェットが見事オスカーを獲得したウディ・アレン監督の最新作です。サンフランシスコを舞台に一人の女性転落人生を描くシリアスなドラマだそうで、今作はロ ...
 
 
 
ブルージャスミン (キノ2)
★ネタバレ注意★  ウディ・アレン監督作品。  今年のアカデミー賞では、ケイト・ブランシェットが主演女優賞を獲得しました。  美しいジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、コロンビア大学に在学中、リッチなハル(アレック・ボールドウィン)に見初めら...
 
 
 
ブルージャスミン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブルージャスミン』を吉祥寺バウスシアターで見ました(これで同館は見納めになるかもしれません)。 (1)およそ1年ぶりのウディ・アレン監督作品であり、主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞を受賞したということで映画館に行ってきました。  本...
 
 
 
『ブルージャスミン』 2014年4月24日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ブルージャスミン』 を試写会で鑑賞しました。 ケイト・ブランシェットは病的な役を素晴らしくこなしていたんだけど これが・・・主演女優賞かぁという感じでしたな 【ストーリー】  ジャスミン(ケイト・ブランシェット)は夫ハル(アレック・ボールドウィン)とニ...
 
 
 
「ブルージャスミン」 (セレンディピティ ダイアリー)
ウッディ・アレン監督の最新作、「ブルージャスミン」(Blue Jasmine)を
 
 
 
『ブルージャスミン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブルージャスミン」□監督・脚本 ウッディ・アレン□キャスト ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、       ピーター・サースガードド、ルイス・C・K ■鑑賞日 5月11日(日)■劇場 ...
 
 
 
ブルージャスミン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ブルージャスミン」監督:ウディ・アレン(『ミッドナイト・イン・パリ』)出演:ケイト・ブランシェット(『ホビット 思いがけない冒険』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 ...
 
 
 
映画『ブルージャスミン』★そんなジャスミンに残されたのは (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/163894/   ↑ あらすじ・配役はこちらを参照ください。       それは、セレブ女性の転落の物語――     ウッディ・アレン 監督作品なので...
 
 
 
「ブルージャスミン」みた。 (たいむのひとりごと)
第86回アカデミー賞でケイトが主演女優賞を受賞したこともあって公開を楽しみにしていた作品。もっとコメディ色が強いのかなと思っていたけれど、さすがオスカー受賞というべきか、ケイト演じるジャスミンの滑稽さ
 
 
 
「ブルージャスミン」:ケイトのワキ汗 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ブルージャスミン』はウディ・アレン久々のクオリティーの高さ。最近のヨーロッ
 
 
 
ショートレビュー「ブルージャスミン・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ジャスミンは夜、密かに咲く。 ここしばらくのヨーロッパ観光地巡りに飽きたのか、久々に母国へ戻ってきたウッディ・アレンの、ビターでアイロニカルなヒューマンドラマ。 今回アレン翁の俎上にあげられるのは、21世紀に入ってから加熱する一方のアメリカのセレブカル...
 
 
 
「ブルージャスミン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Blue Jasmine」 2012 USA ジャスミンに「ロビン・フッド/2010」のケイト・ブランシェット。 ハルに「私の中のあなた/2009」「恋するベーカリー/2009」「ローマでアモーレ/2012」のアレック・ボールドウィン。 ジンジャーに「ウディ・アレンの夢と犯罪/2007」...
 
 
 
『ブルージャスミン』 (beatitude)
ニューヨークのセレブリティ界でもてはやされていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)だが、実業家のハル(アレック・ボールドウィン)との結婚生活が破綻し、家庭も資産も失う。質素なアパートに住むシングルマザーの妹ジャンジャー(サリー・ホーキンス)のもとに身...
 
 
 
ブルージャスミン (そーれりぽーと)
『8月の家族たち』のメリル・ストリープの熱演を上回って、本年度アカデミー賞主演女優賞をケイト・ブランシェットが受賞した『ブルージャスミン』を観てきました。 ★★★★ これは、ケイト・ブランシェットに軍配が上がったのに納得。 何もかも失ったストレスで頭おか...
 
 
 
ブルージャスミン (ダイターンクラッシュ!!)
2014年5月10日(土) 19:20~ 109シネマズ川崎5 料金:1100円(109シネマズの日) パンフレット:未確認 映画史上に残る嫌な女。 『ブルージャスミン』公式サイト 「タロットカード殺人事件」以来のウディ・アレンだ。 ケイト・ブランシェットが、「エリザ...
 
 
 
『ブルージャスミン』 (My Pace, My Self)
昨日のレイトショーで『ブルージャスミン』鑑賞 札幌駅のお店は21時で終わりなのに上映開始が21時45分ということで、時間潰すのがちょっとしんどかった レイトショーだと帰宅が日付変わる頃だから翌日こうして感想を書こうにも記憶が薄れてしまう(汗) 先週観た2作も...
 
 
 
ブルージャスミン (とりあえず、コメントです)
ケイト・ブランシェットがアカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞したウディ・アレン監督作です。 かなりブラックそうだけど、アカデミー賞だし…と気になっていたのでチャレンジしてみました。 さすがの演技とウディ・アレン監督の笑いにも通じるブラックさに、愛って怖い...
 
 
 
ブルージャスミン (昼寝の時間)
2013年 アメリカ 98分 原題「BLUE JASMINE」 公式サイト 監督
 
 
 
【 ブルージャスミン 】虚飾の花 (映画@見取り八段)
ブルージャスミン~ BLUE JASMINE ~     監督: ウディ・アレン    出演: ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、ピーター・サースガード、ルイス・C・K、ボビー・カナヴェイル、アンドリュー・ダイス・クレイ、マイケル・ス...
 
 
 
憂鬱な夜に咲く花~『ブルージャスミン』 (真紅のthinkingdays)
 BLUE JASMINE  ニューヨークからサンフランシスコへやってきたジャスミン(ケイト・ブラン シェット)は、夫が逮捕されたため、セレブから無一文に転落していた。血 の繋がらない妹で、シングルマザーのジンジャー(サリー・ホーキンス)の ...
 
 
 
映画『ブルー・ジャスミン』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
14-43.ブルー・ジャスミン■原題:Blue Jasmine■製作年、国:2013年、アメリカ■上映時間:98分■料金:1,800円■観賞日:5月17日、新宿ピカデリー(新宿) □監督・脚本:ウディ・アレン◆ケイト・ブランシェット◆アレック・ボールドウィン◆ボビー・カ...
 
 
 
ブルージャスミン (atts1964の映像雑記)
2013年作品、ウディ・アレン監督、ケイト・ブランシェット主演。   ジャスミン(ケイト・ブランシェット)は飛行機の中でひたすらしゃべっていた。 話し掛けられていたのは、たまたま隣に座っていた夫人だったが、彼女は相槌を打っているだけだった。  ジ...
 
 
 
ジャスミンの運命 (笑う社会人の生活)
映画「ブルージャスミン」を鑑賞しました。 資産家ハルと結婚しセレブリティとして裕福な生活を送っていたジャスミンはハルとの生活が破綻し地位も資産も全て失ってしまう。 妹のもとに身を寄せるが過去のセレブ生活にとらわれ神経をすり減らすが、それでも再び華やかな....
 
 
 
ブルージャスミン (いやいやえん)
【概略】 かつてN.Y.セレブリティ界の花と謳われながら、今では結婚生活も資産もすべて失ったジャスミンが、虚言と現実逃避を繰り返し、次第に精神のバランスを崩していく。 ドラマ 「ジャスミンという名前に変えたの ジャネットなんて平凡だもの」 かつてセレ...
 
 
 
映画評「ブルージャスミン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年アメリカ映画 監督ウッディー・アレン ネタバレあり
 
 
 
ブルー・ジャスミン (映画に耽溺)
ウディアレンの作品って「知的」とか「サレオツ」とか冠がつくっつうかさ観る人が語りたがるものが多いんだけど それゆえにいやそれだからこそ 「なによ~~~~」って鼻白む部分も多くあって ま、わたくしが「英語が不得意」とか知的ではないとかなにより「ニューヨーカ...
 
 
 
「ブルージャスミン」 (或る日の出来事)
わりと笑えるのと、サリー・ホーキンスさんがいいのと。
 
 


 
編集 編集