日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





公開が近くになってからアップしようと思っていたのだけど、公開が5月(観て半年以上も先!)と知り、お先に。


今回の主演はケイト・ブランシェット。
彼女の演技が注目されており、いよいよ主演女優賞でオスカー獲得か?と騒がれている。
(The Aviatorでキャサリン・ヘプバーンを演じ、助演女優賞は獲得済)

彼女の演じるのは、落ちぶれたNYセレブ主婦。
マンハッタンのアッパータウンでの裕福なセレブ生活を、ほんの一瞬にして失う。
主人は逮捕。誰が演じてるかは観てのお楽しみ(笑)

彼女は仕方なく、サンフランシスコにいる腹違いの妹ジンジャーの元に駆け込む。


だが...
元セレブには、妹の質素な生活が堪え難いだけでなく、ゆるゆるのロスな環境にげんなり。

例えば写真は、妹の彼氏だか友達だか区別のつかない男のユルさに切れかかっている図。
彼は彼女にフレンドリーに接しようとしているのだが、その仕草のひとつひとつが彼女の気にさわるのだ(笑)

そうしているうちに姉妹とも男ができ、終盤「どう物語が着地するのだろう?」な興味津々状態に陥り、ハラハラ。
その結果は....


結論:
当ブログ的には、2年前に年間ベスト1にした「ミッドナイト・イン・パリ」の方が好きだが、こちらもなかなか。
アレンの作品賞、監督賞については、エントリーはされたとしても、獲得はちょっとキツいかな...
一方で、ブランシェット主演女優賞の可能性はかなり高い、と判断する。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« METライブビュ... 映画:Paranoi... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (atts1964)
2014-10-14 13:50:32
彼女の演技は秀逸でしたが、アレン監督の容赦ない感じの作りも見事でしたね。
TBありがとうございました。
 
 
 
確かに! (onscreen)
2015-02-21 09:23:05
まさに、容赦ない作り、でしたね
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。


 
編集 編集