日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 







ブライアン・デ・パルマの名作をリメイクするとは、何と大胆!
デ・パルマ監督ならではの演出が、冴えまくっていただけに...

でリメイク組は、主演をメジャーにすることでこの難題をクリアーしようとした。
主役キャリー役に、クロエ・グレース・モレッツ(写真)、母親役にジュリアン・ムーア。

ところが!
この作戦が完全に裏目に(笑)
ジュリアン・ムーアはともかくとして、クロエ・グレース・モレッツ。
彼女はカワイ過ぎる〜!!!

オリジナルは、決して美人とは言い切れない シシー・スペイセクだからこそ、説得力があった。
そのフツーの彼女のはずが、怨念がピークに達することで想像だにできないような凶悪さを発揮するところがミソだったのに...

このため、クロエが発する特殊能力も、どんなに最新の CG を使っても全く迫力をもって迫ってこない。
「蓄積された怨念」の集積で奇跡の力が生まれる感覚はなく、よくある「超能力もの」のよう。
これでは、到底オリジナルには及ばない。

勝負を賭けたはずの作戦が、これだけ超!裏目ってしまうのは、ややセンスに欠いている、と言うのはいささか厳しい?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 21 )



« iPad miniセルラ... ショック! 来年... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
キャリー(2013)〜報復の連鎖 (佐藤秀の徒然幻視録)
いじめと良心の呵責と性と超能力 公式サイト。原題:Carrie。スティーヴン・キング原作、キンバリー・ピアース監督。クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア、ガブリエラ ...
 
 
 
映画「キャリー」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 今回の試写会は客入りが悪く一階席が7〜8割くらい、二階席が3〜4割くらいだ。客層は若い層から大人まで幅広い。日本語吹き替え版での上映である。
 
 
 
キャリー (だらだら無気力ブログ!)
ジュリアン・ムーアの方が怖い!
 
 
 
劇場鑑賞「キャリー」 (日々“是”精進!)
「キャリー」を鑑賞してきました吹き替え版を。スティーヴン・キングの同名小説を基に、一人の少女が引き起こす惨劇を描いたブライアン・デ・パルマ監督による76年の傑作学園ホラー...
 
 
 
キャリー(2013年版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:キンバリー・ピアース 出演:クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア、ジュディ・グリアポーシャ・ダブルデイ、アレックス・ラッセル、ガブリエラ・ワイルド、アンセル・エルゴート 【解説】 1976年にブライアン・デ・パルマ監督の実写版もヒットした、....
 
 
 
キャリー (Some Like It Hot)
■「キャリー/Carrie」(2013年・アメリカ) 監督=キンバリー・ピアース 主演=クロエ・グレース・モレッツ ジュリアン・ムーア   "リブート"の名の下で過去の作品のリメイクが相次ぐハリウッド映画。ブライアン・デ・パルマ監督の名作ホラー青春映...
 
 
 
キャリー (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】いじめられっ子はある日自分に超能力がある
 
 
 
キャリー (心のままに映画の風景)
狂信的クリスチャンの母親マーガレット(ジュリアン・ムーア)の過度な束縛により、変人扱いされ陰湿なイジメに晒される日々を送る高校生のキャリー(クロエ・グレース・モレッツ)。 ある日、クラスメイトのイジメが一線を越え、激しい興奮状態に陥るったキャリーは...
 
 
 
キャリー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
1976年にブライアン・デ・パルマ監督、シシー・スペイセク主演で映画化されたスティーブン・キングの同名小説を、クロエ・モレッツ主演で再映画化。超能力を秘めた内気な少女キャリーが引き起こす惨劇を描くサイコサスペンスで、「ボーイズ・ドント・クライ」のキンバリー...
 
 
 
キャリー (2013) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CARRIE】 2013/11/08公開 アメリカ PG12 100分監督:キンバリー・ピアース出演:クロエ・グレース・モレッツ、ジュリアン・ムーア、ジュディ・グリア、ポーシャ・ダブルデイ、アレックス・ラッセル、ガブリエラ・ワイルド、アンセル・エルゴート [Story]狂信的クリスチ...
 
 
 
[映画まとめて語り『キャリー(2013)』『おしん(2013)』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
      ☆・・・どちらも面白くて、どちらも、母と子の関係がポイントで、作中の時間経過に違いはあるが、過酷な生活の中で、近い年齢でセレブの理解者が出来たりする話である。  『おしん』の方は、  貧しい寒村で、まだ7歳なのに、過酷な奉公に出される少女の...
 
 
 
キャリー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(10) これではオリジナルは越えられない。
 
 
 
キャリー (あーうぃ だにぇっと)
キャリー@新宿明治安田生命ホール
 
 
 
キャリー(時間の都合で吹替え) (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Carrie 監督:キンバリー・ピアース 出演:クロエ・グレース・モレッツ, ジュリアン・ムーア, ジュディ・グリア, ポーシャ・ダブルデイ,
 
 
 
クロエ・グレース・モレッツ主演、キンバリー・ピアース監督、音楽マルコ・ベラトルミ『キャリー(Carrie)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
スティーヴン・キング原作を再映画化(1976年にブライアン・デ・パルマ監督により映画化)『キャリー(Carrie)』主演はクロエ・グレース・モレッツ、監督は『ボーイズ・ドント・クライ』のキンバリー・ピ
 
 
 
キャリー (2013)/クロエ・グレース・モレッツ (カノンな日々)
1976年にブライアン・デ・パルマ監督がスティーブン・キングの同名小説を映画化し大ヒットさせた名作ホラー『キャリー』をクロエ・グレース・モレッツ主演にリメイクした作品です。 ...
 
 
 
『キャリー』 (こねたみっくす)
クロエ・グレース・モレッツ版キャリーは普通に可愛い女の子でした。 やはりオリジナル版キャリーを演じたシシー・スペイセクは偉大な女優でした。そばかすだらけの無表情と痩せ ...
 
 
 
キャリー  監督/キンバリー・ピアース (西京極 紫の館)
【出演】  クロエ・グレース・モレッツ(声:潘めぐみ)  ジュリアン・ムーア (声:潘 恵子)  ジュディ・グリア  (声:弓場沙織)  ガブリエラ・ワイルド(声:早見沙織) 【ストーリー】 狂信的クリスチャンの母親から厳しい教育を受け、学校では周囲から疎....
 
 
 
血まみれテレキネシス〜『キャリー』 (真紅のthinkingdays)
 CARRIE  ハイスクールに通う内気な少女、キャリー・ホワイト(クロエ・グレース・モレッ ツ)は、性的な物事を忌み嫌う狂信的な母親(ジュリアン・ムーア)に育てられ、 周囲から 「変人」 の烙印を押されていた。プロムも近いある日、そんな...
 
 
 
キャリー (いやいやえん)
ホラーと言う意味では、やっぱりオリジナルの「キャリー」のほうがあってるかな。クロエちゃんだと可愛すぎなところがあって、その点シシー・スペイセクさんの色素の薄いキャリーは脆さを感じさせてくれて、病的な脆さをもつキャリーがプロムの惨劇を引き起こした時の...
 
 
 
キャリー(2013) (銀幕大帝α)
CARRIE 2013年 アメリカ 100分 ホラー/学園 PG12 劇場公開(2013/11/08) 監督: キンバリー・ピアース 原作: スティーヴン・キング『キャリー』 出演: クロエ・グレース・モレッツ:キャリー・ホワイト ジュリアン・ムーア:マーガレット・ホワイト ジュデ...
 
 


 
編集 編集