日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 




まず最初に、当ブログのアメリカへのスタンスから。
民主化していないにもかかわらず 巨大化していく中国、そして孤高の独裁国家 北朝鮮。
そしていくつか点在する軍事国家、あるいは中東が揺れ動く。
おまけにロシアも含まれるのが、ユーラシア大陸。

こんな情勢の中、世界における日本ーアメリカの同盟はたいへん貴重。
先日「アメリカはカムバックする!」という本を読んだが、共感するところが多かった。
21世紀に入ってからその重みがいちだんと増しているという認識である。



と普段、あまりふれない政治的な話から入ったのは、この映画が極めて特殊な部類に入るからだ。
オサマ・ビンラディンを追い詰めた、実在する特殊チームの現役隊員たちが実際に出演。
初めて見る新兵器(007みたい?)も含め、ミリタリー好きでなくてもオトコ心を燃えさせるシーンが満載。
そして、たいへん「リアル」に作戦を遂行する。

この「リアル」は、「演出」というより「実践」に近いリアリティの世界なのだ。
ので、緊迫感は十分なのに、いわゆるアクション映画の「派手」な演出、という感じは全くしてこない。
ということで、ある意味「地味」に見えることもある。
ここが、ストイックで面白い。

ストイックなゆえに好感が持てるのは、それを貫くことで「国家高揚」的な気持ち悪さが出てこないこと。
「キャプテンアメリカ」でも、ちょっと筆がすべっただけで気持ち悪くなりそうなのだが、そういう感じは皆無。
もし、有名どころの俳優を1人でも採用していたら、バランスが崩れてしまったことだろう。
この点において、原題 Act of Valor というタイトルも納得。
たいへん異色のアクションものに仕上がったと言えよう!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 21 )



« 昨日おととい... 映画:プリン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ネイビーシールズ/Act of Valor (LOVE Cinemas 調布)
ウサマ・ビンラディンの暗殺などアメリカの誇る最強の特殊部隊・ネイビーシールズをテーマにしたアクションムービー。監督はこれまでドキュメンタリーを中心に手がけてきたマイク・マッコイとスコット・ウォー。その手腕によって徹底的にリアリズムを追及された描写はあ...
 
 
 
映画 「ネイビーシールズ」  (ようこそMr.G)
映画 「ネイビーシールズ」
 
 
 
ネイビーシールズ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Act Of Valor。スコット・ウォー、マイク・マッコイ監督、ロセリン・サンチェス、ジェイソン・コットル、アレックス・ヴィードフ、ネストール・セラノ、エミリオ・ ...
 
 
 
『ネイビーシールズ』 2012年6月14日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ネイビーシールズ』 を試写会で鑑賞しました。 よみうりホールの2階後ろの方の席で観ましたが、スクリーンちっちゃくて駄目だね ここのところ1階で観てただけに余計にそう感じたわ。 【ストーリー】  過酷な訓練を乗り越えてきた数パーセントの精鋭兵士たちで編成...
 
 
 
ネイビーシールズ / Act of Valor (勝手に映画評)
主要俳優(?)が、現役兵士と言う映画。さすがに描かれている内容は、フィクションではあるものの、現実の出来事を下に脚本化されているので、ある意味内容も“ホンモノ”と言う事も言えるかもしれません。 いやぁ、本当に演じている人たちは現役兵士ですか?演技が上手い...
 
 
 
ネイビーシールズ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Act of Valorクチコミを見る武器も戦術も隊員もすべて本物という異色のミリタリー・アクション「ネイビーシールズ」。アメリカって国は軍のPR映画まで作ってしまう。中米コスタリカ ...
 
 
 
ネイビーシールズ/ネストール・セラノ (カノンな日々)
1990年にもチャーリー・シーンの主演作で『ネイビーシールズ』という戦争アクション映画がありました。そちらはあまり面白くありませんでしたけど、それと同じ題材、近年ではウサマ ...
 
 
 
ネイビー・シールズ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】兵隊さんが撃ち合いする映画でしょ?と
 
 
 
ネイビーシールズ (試写会) (風に吹かれて)
メインキャストは現役隊員たち公式サイト http://navyseals.gaga.ne.jp/official6月22日公開メキシコの医師を装ってコスタリカに潜入し、麻薬取り引きと武器密輸で莫大な富
 
 
 
ネイビーシールズ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【ACT OF VALOR】 2012/06/22公開 アメリカ PG12 110分監督:スコット・ウォー出演:ロゼリン・サンチェス、ジェイソン・コットル、アレックス・ヴィードフ、ネストール・セラノ、エミリオ・リヴェラ 最前線を、追体験。本物の兵器、本物の戦術、現役SEAL隊員――最強...
 
 
 
ネイビーシールズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(10) 各種、任務遂行シーンに鳥肌連発!!!
 
 
 
ネイビーシールズ (だらだら無気力ブログ!)
迫力ある戦闘シーンは凄かった。
 
 
 
ネイビーシールズ   ACT OF VALOR (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
悪役と救出されるCIA女性エージェントなどだけが俳優で、他の主要な配役は本物の兵士だ。あまりにもリアルすぎて、うまくできた再現ドラマを見ているようだった。世界トップの実力を持つ特殊部隊がどのくらいすごいのか、興味がある人は劇場に行くべきだろう。
 
 
 
ネイビーシールズ (花ごよみ)
試写会で見ました。 ビン・ラディン暗殺も実行した 現役NAVY SEALS、 本物の米海軍現役特殊部隊。 ミッションは拉致された、 CIAエージェントの救助。 首謀者は麻薬取引と兵器の密輸、 巨万の富を築いた男クリスト。 その後クリストと関係のある、 テ....
 
 
 
ネイビーシールズ やはり暴力の連鎖の原因はアメリカ (労組書記長社労士のブログ)
【=29 -3-】 観ないでおこうと思っていたのについつい観てしまった、予告編を見ている限りでは戦争の悲惨さや無常観を描こうとする映画ではないようだと感じていたにもかかわらず。 封切りの日、観に来ているのはやはり男ばっかり。 しかもどっかで観客同士が喧嘩までし...
 
 
 
ネイビーシールズ (ここなつ映画レビュー)
NAVY SEALS。米海軍特殊部隊。「SEALS」のSEは海(SEA)、Aは空(AIR)、Lは陸(LAND)を意味し、海豹と表されるアザラシ(SEAL)と掛けられている。最新鋭の機器を駆使し、選び抜かれた精鋭たちが競って任務に就く。凄まじいばかりの肉体と頭脳とハイテクマシーン。勿論...
 
 
 
『ネイビーシールズ』・・・精鋭無比 (SOARのパストラーレ♪)
陸軍のグリーンベレーやデルタフォースに比べると、同じ米軍特殊部隊ながら海軍のシールズ(U.S.NAVY SEALs)は知名度が低めかもしれない。が、このシールズ、何かと映画に登場する機会の多い部隊でもある。最近では『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』終盤での...
 
 
 
映画「ネイビーシールズ」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ネイビーシールズ』(公式)を昨日TOHOシネマズデーにて劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点にします。 ざっくりストーリー ネイビーシールズとは、ア...
 
 
 
「ネイビー・シールズ」 (暇さえあれば映画ミル)
銃、ハイテク兵器、戦闘機、潜水艦、戦術 そして現役シールズ隊員、すべてが本物。 という宣伝文句のように、緊張感や迫力はちょっと 今までの戦争映画とはちがう生々しさありました。 <NAVY SEALS> あのオサマ・ビンラディン暗殺を遂行したことでも 有名な米海軍特...
 
 
 
ネイビーシールズ (銀幕大帝α)
最前線を、追体験。 本物の兵器、本物の戦術、現役SEAL隊員――最強の精鋭による新感覚戦闘アクション。 -感想- 銃器マニアには堪らない作品。 兵器から演じる隊員まで全てに本物を取り入れたミリタリーファン泣かせな作り。 内容は主に人質となった女性の救出作戦...
 
 
 
ネイビーシールズ ACT OF VALOR (映画大好きだった^^まとめ)
70 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/22(金) 18:50:44.01 ID:L9HrEc4p見てきたー!ここ最近の軍モノ映画で一番よかったかも!84 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/22(金) 21:15:45.42 ID:bGhkyAPeミリ好き ...
 
 


 
編集 編集