日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 





元々NYの魅力を描かせたら天下一品だったウディ・アレン。

最近では、
2010「恋のロンドン狂騒曲」
2011「ミッドナイト・イン・パリ」
   ときて、今回の「ローマでアモーレ」、と世界の都市を巡っている。



さてローマ。
この物語の狂言まわしは、英語がほとんどしゃべれない交通整理の警官、といきなりひねりを利かせてスタート。

主な登場人物は、
ジェシー・アイゼンバーグにからむ、恋人の友達エレン・ペイジ(下枠:中央)
これにつきまとう?謎な存在、アレック・ボールドウィン(下枠:右)
(ボギー!俺も男だ、のボギー的?存在)

自分の日常が“セレブ化”してしまう ロベルト・ベニーニ(上枠:左)

田舎者の新婚カップルにからむ、娼婦ペネロペ・クルス(下枠:左)

ローマ子に魅せられ、婚約するアリソン・ピル(ニュースルーム出演中)とその親アレン(上枠:右。久々の登場!)

この×4セットで構成され、1時間41分アレン節はいつもながらの名人芸。
ベニーニの起用は明らかに彼のシークエンスの最後を演じさせたいがためだったと確信する。
それくらいそのシーンはハマっていた! ここだけ何度でも観たいかも(笑)



インタビューでアレンは以下のように語っている。

 パリは非常にロマンチック
 ニューヨークは、とても神経質で、野心的な都市
 ロンドンは、非常にシニカル

 そして、

 ローマというのは、とても遊び心にあふれていて、クレイジーな場所で、こんな都市って世界のどこにも存在しない
 他の都市ととても違うのは、例えば、パリやニューヨークは、ひとりになりたかったら、家から出て街を散歩すればいい。
 でも、ローマっていうのは、家から出るのは、人に出会うためなんだよね。
 ローマは外に繰り出し、外での生活を中心とした文化なんだ。
 誰もがカフェにいるし、公園でたむろしている。とても社交的な都市だと思う。


そうか!
確かに、交通整理の警官のおしゃべりも、饒舌なベニーニも、超社交的。
こうしてローマの魅力を上手に演出しているわけか~。


気になったのはインタビューにもあったように、今回のローマの魅力はパリに匹敵するクラスの仕上がりの一方、ロンドンはそうとうに落ちる事だ。
ローマ、パリは恋の街、と言われてしっくりくるが、ロンドンはとてもそう言えないもんねー
「非常にシニカル」って言われちゃう街だから、「恋のロンドン狂騒曲」のキャラが誰もかもいまひとつ冴えず、イマイチな出来だったのかも(笑)



コメント ( 2 ) | Trackback ( 29 )



« オフ・ブロー... 「ブログでサ... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました。 (tak)
2013-07-09 21:13:48
「ローマでアモーレ」楽しかったですね。"社交的な都市"、うーん、納得です。

訪れた人に日常を忘れさせてくれるような都市。遺跡のせいもあるでしょうけど、やっぱり関わる人なんでしょうね。
 
 
 
コメントどうもです! (onscreen)
2013-07-11 01:41:44
あのノー天気さがうらやましい(笑)ですね、イタリア人!
マンマミ~ヤ!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ローマでアモーレ (I am invincible !)
1組目。 旅行でローマにやって来たヘイリー(アリソン・ピル)は、道を尋ねたことがきっかけとなって、弁護士のミケランジェロ(フラヴィオ・パレンティ)とあっと言う間に婚約した。
 
 
 
ウディ・アレン監督『ローマでアモーレ (To Rome with love)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ウディ・アレン監督によるローマを舞台に描かれるお馴染みの恋愛群像劇(艶話)『ローマでアモーレ (To Rome with love)』「タロットカード殺人事件」以来の本人出演の他にアレック・ボールドウ
 
 
 
ローマでアモーレ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ローマでアモーレ』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作は、『恋のロンドン狂騒曲』でロンドン、『ミッドナイト・イン・パリ』でパリというように、このところヨーロッパの大都市を舞台にして映画を制作しているウディ・アレン監督が、今度はローマに場所を移し....
 
 
 
映画『ローマでアモーレ』★誤解と自虐とおバ〇が絶妙なアレン作品♪ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161844/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     ウディ・アレン の監督・脚本・出演―― と来れば、観たくなること必至...
 
 
 
ローマでアモーレ (Some Like It Hot)
■「ローマでアモーレ/To Rome With Love」(2012年・アメリカ) 監督=ウディ・アレン 主演=ウディ・アレン アレック・ボールドウィン ロベルト・ベニーニ ペネロペ・クルス ジェシー・アイゼンバーグ  ヨーロッパが舞台のアレン先生の作品はおとなしい印...
 
 
 
ローマでアモーレ / To Rome with Love (勝手に映画評)
ウディ・アレン脚本・監督・出演のラブコメ。 いやぁ、ウディ・アレンの作品は一筋縄では行きませんね。『ミッドナイト・イン・パリ』の時もそうだったんですが(って言うか、『ミッドナイト・イン・パリ』は元々、現実と虚実が絡み合っているのがテーマ)、現実と虚実が...
 
 
 
ローマでアモーレ (だらだら無気力ブログ!)
クスクス笑えて面白かった。
 
 
 
『ローマでアモーレ』 2013年5月15日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ローマでアモーレ』 を試写会で鑑賞しました。 久しぶりに笑った×5 【ストーリー】  娘がイタリア人と婚約した音楽プロデューサーのジェリー(ウディ・アレン)は、ローマを訪れる。婚約者の家に招待されたジェリーは、浴室で歌う婚約者の父がオペラ歌手のような...
 
 
 
ローマでアモーレ (KATHURA WEST)
ローマでアモーレ 原題:To Rome with Love 監督:ウディ・アレン 出演:アレック・ボールドウィン、ロベルト・ベニーニ、ペネロペ・クルス、ジュディ・デイヴィス、ジェシー・アイゼンバーグ、エレン・ペイジ、他 2012/アメリカ=イタリア=スペイン オフィ...
 
 
 
ローマでアモーレ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
巨匠ウディ・アレン監督が、古都ローマを舞台にさまざまな男女が繰り広げる人間模様を軽妙なタッチで描くロマンチック・コメディー。『タロットカード殺人事件』以来となるウディが自身の監督作に登場するほか、ベテランのアレック・ボールドウィン、『それでも恋するバル...
 
 
 
ローマでアモーレ (だらだら無気力ブログ!)
クスクス笑えて面白かった。
 
 
 
ローマでアモーレ /To Rome with Love (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 昔からのこだわり、NY舞台をやめてから早数年、コンスタントに新作を送り出すウディ・アレン監督作 最近は「それでも恋するバルセロナ」「ミッドナイト・イン・パリ」など、ヨーロッパがお気に入り。 今度...
 
 
 
『ローマでアモーレ』 (ラムの大通り)
(原題:To Rome with Love) ---この映画って、 邦題があまり評判よくない作品だよね。 ウディ・アレンの新作だっけ? 「そう。 でも観てみたら、このタイトルを付けた人たちの気持ちが分かる、 そういう映画なんだ。 夕景の陽のような暖かい光の中、 ローマの名所が全編...
 
 
 
ローマでアモーレ (心のままに映画の風景)
イタリア人と婚約した娘に会うため、ローマにやって来た元オペラ演出家のジェリー(ウディ・アレン)は、フィアンセの父親の美声に驚き、オペラ界への復帰を目論む。 建築家の卵ジャック(ジェシー・アイ...
 
 
 
「ローマでアモーレ」 (セレンディピティ ダイアリー)
ウッディ・アレン監督の最新作、「ローマでアモーレ」(To Rome with L
 
 
 
ローマでのアレン模様 (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「ローマでアモーレ」を鑑賞しました。 毎年のように見せてくれる ウディ・アレン監督作です スペイン、パリ、ロンドンと続いて 今回はイタリア! アレンお得意のさまざまな男女の人間模様が描かれる 4つのストーリーを同時進行で見せていく や...
 
 
 
ローマでのアレン模様 (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「ローマでアモーレ」を鑑賞しました。 毎年のように見せてくれる ウディ・アレン監督作です スペイン、パリ、ロンドンと続いて 今回はイタリア! アレンお得意のさまざまな男女の人間模様が描かれる 4つのストーリーを同時進行で見せていく や...
 
 
 
『ローマでアモーレ』 (千の天使がバスケットボールする)
作家の塩野七生さんがはじめてヨーロッパに発ったのは、今から50年前のことだった。季節は10月のローマ。 一年間だけ、欧州を歴訪したら帰国してちゃんとお見合い結婚をするという両親との約束は、とうとう果たせなかった。初めてのローマに心を奪われてしまったからだ....
 
 
 
ローマでアモーレ (そーれりぽーと)
いかにもイタリア好き必見なタイトル、しかもウディ・アレン監督作、『ローマでアモーレ』を観てきました。 ★★★★★ 数人の監督が特定の街と愛をテーマに短編を持ち寄ったオムニバス企画映画『パリ、ジュテーム』『ニューヨーク、アイラブユー』を彷彿としますが、一...
 
 
 
ローマでアモーレ (迷宮映画館)
ウディ、お久しぶりにご登場。
 
 
 
映画、ローマでアモーレ (フクロウと大理石 黄昏のフクロウ)
 2012年のウディ・アレンの監督作品、ローマでアモーレが世界で一番最後に日本で劇場公開になった。  最近は監督と脚本が多く、主演することは少なくなったウディ・アレン。もうすぐ80歳になろうという彼が、主演する体力はないが映画には出たいと言う思いが伝わってく...
 
 
 
『ローマでアモーレ』 ウッディの欧州都市巡り (Days of Books, Films )
To Rome with Love(film review) 『ローマでアモーレ
 
 
 
「ローマでアモーレ」 (Con Gas, Sin Hielo)
同じ説明不能なら、楽しい方がいい。 W.アレンの映画では、いつも愚かな人間が出てきてイタい行動をする。ただ、描き方がさらっとしているからか、喜劇にしろ悲劇にしろ何故か観た後に心の中にどこか温かな空間が生まれる気がする。 齢70を過ぎて突然世界を回り始めたW...
 
 
 
[映画『ローマでアモーレ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆こりゃ、面白かった!  ウッディ・アレンらしい、予算は大きいのだろうが、その中で、軽妙で小粋な語りぐちの傑作でした。  と言うほど、ウッディ・アレンの作品を見てないのだか、よく見る方は「また、このパターンか」とか思うのかな?  私には新鮮でした。  ...
 
 
 
「ローマでアモーレ」:今回は切れ味鈍し (大江戸時夫の東京温度)
映画『ローマでアモーレ』は、ウディ・アレンが久々に役者としても登場した作品。バル
 
 
 
ローマでアモーレ (映画の話でコーヒーブレイク)
前回の「グランド・マスター」を見た後、引き続き本作を鑑賞しました。 ウッディ・アレン監督はニューヨークからヨーロッパに作品の舞台を移し、 ロンドンからバルセロナ、パリ、そして本作はローマです。 それぞれの街の雰囲気がストーリーの中に色濃く活かされていて、 ...
 
 
 
ローマでアモーレ (悠雅的生活)
小悪魔の嘘。シャワー中の美声。おれに関する噂。
 
 
 
愛しのローマ♪ ~『ローマでアモーレ』 (真紅のthinkingdays)
 TO ROME WITH LOVE  旅行中に出逢った弁護士と婚約した娘に会うため、元オペラ演出家のジェリ ー(ウディ・アレン)はローマにやってくる。ローマでホリデイを過ごすジョン(ア レ...
 
 
 
映画評「ローマでアモーレ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年アメリカ=イタリア=スペイン合作映画 監督ウッディー・アレン ネタバレあり
 
 


 
編集 編集