日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

当ブログは2年前の年末映画ベスト10で、同スタッフの「バードマン」 を3位にいれていた。

サブタイトル=「中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快? 怪作!(12/18アップ)」

オフビート系な映画にもかかわらず、ここまで心を掴まされるとは、驚き!というのが感想だった。


そしてイニャリトゥ(写真:左)の最新作はまたもやアカデミーで賞賛の嵐で大量のノミネート。

作品賞、監督賞、主演男優賞、撮影賞、編集賞、美術賞、音響編集賞、資格効果賞、衣装デザイン賞、メイクアップ賞、と ×10 も。

 

 

まず物語が始まると驚くのは、ディカプリオ(写真:中央)が喋ってるのが英語でない!

のっけからかましてきたな、イニャリトゥ(笑)

 

 

そして次に驚くのは、とにかく撮影のクオリティが凄い!

各シーンの自然の風景はどれを取っても美しいし、焚き火の色合いだけでその有難みが伝わってくる。

これだけで2時間 36分飽きることがなく、ここで既に入場料の価値はあると思った。

 

それもそのはず、史上初のアカデミー撮影賞を3年連続受賞、エマニュエル・ルベツキ(写真:右)が担当。

今回は、自然光のみで撮り上げたそうで、確かに過去見たことのない美しさ!

CG? 何それ?的な説得力があった。

 ロケに9ヶ月かかったというのも納得。

 

面白かったのは、「バードマン」的なシーンがいくつかあったこと。

オープニング直後の襲撃シーンは前回のワンカット撮影を思わせるような長回し。

瀕死の重傷を負った主人公が何回か見る幻覚シーンでは何故か急に「バードマン」化(笑)

そして極めつけ?は、今作でもまたもや落ちる隕石!

 

5度目のノミネートにして、悲願のアカデミー賞主演男優賞を初受賞したデカプリオはやはり強い印象を残す。

トム・ハーディも賞を取ってもいいくらい、過去ベストの演技じゃないかな?

 

そしてノミニーに終わったが、シンプルで強い映像に乗せるサウンドトラックに徹した坂本龍一の音楽も良かった。

 

結論:イニャリトゥの執念がまたもや結実した傑作。


追記:後から思ったのだけれど、イニャリトゥの執念が向けられているのはもしかして、コンテンツをスマホ画面で消費してしまうことかも?


コメント ( 6 ) | Trackback ( 36 )



« 「ブログでサ... 「アクセスさ... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (atts1964)
2016-04-27 08:28:37
今作は、復讐、差別、親子愛と、比較的テーマがはっきりしているんですが、2時間半を超えても最後までギラギラした緊張感を味わわせてくれました。
監督の技量と、ディカプリオの執念が結実した作品でした。
こちらからもTBお願いします。
 
 
 
おっしゃる通り (onscreen)
2016-04-29 14:28:30

<監督の技量と、ディカプリオの執念が結実

この結果、有無を言わせない力作に仕上がってましたね!
 
 
 
こんにちは (ここなつ)
2016-05-13 12:43:50
こんにちは。TBさせていただきました。
…そうか、執念!!監督と役者の執念!!
相乗効果を生んでいましたね。
息を呑むシーンも多かったです。もう、ホント大作でした。
 
 
 
こんにちは (もののはじめのiina)
2016-05-14 10:53:50
「中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快? 怪作!」とサブタイトルにしたところもあったのですか・・・。φ(..)メモメモ

息遣いを終始、効果音にしたのも刺激的でした。

 
 
 
ここなつさん、コメントありがとうございます (onscreen)
2016-05-14 12:45:46
正確には、監督・撮影監督・役者 ということでしょうか。

追記にも書いたんですが、その執念は小さい画面でコンテンツが消費されてしまう時代へのアンチテーゼのように最近思ってます!
 
 
 
innaさん、コメントありがとうございます (onscreen)
2016-05-14 12:48:23
もしかしてわかりにくかったもしれません。

中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快? 怪作!=バードマン

のことだったんです。

息遣い、確かに迫力ありましたね!
いい視点だと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
「レヴェナント:蘇えりし者」絶対不死身、ディカプリオ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[レヴェナント:蘇えりし者] ブログ村キーワード  “アカデミー賞最多12部門ノミネート、監督賞・主演男優賞・撮影賞 受賞!”「レヴェナント:蘇えりし者」(20世紀フォックス)。実在した伝説のハンター、ヒュー・グラスの実話を基にした“サバイバル・ドラマ”。とに...
 
 
 
劇場鑑賞「レヴェナント 蘇えりし者」 (日々“是”精進! ver.F)
復讐は、神の手に… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604220000/ 【輸入盤】Revenant [ レヴェナント: 蘇えりし者 ]価格:2365円(税込、送料無料) レヴェナント 蘇えりし者 [ マイケル・パンク ]価格:885円(...
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者 (佐藤秀の徒然幻視録)
トム・ハーディの悪にはワケがある 公式サイト。原題:The Revenant。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督(本年度米アカデミー監督賞受賞)、音楽:坂本龍一。レオナルド・ディカプリオ(本年 ...
 
 
 
レヴェナント 蘇えりし者 (Akira's VOICE)
そして彼はクマになった。
 
 
 
映画『レヴェナント:蘇えりし者』★復讐に燃えた魂は旅の果てに真に生還す (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/168505/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ ←大好き☆ 主演: レオナルド・ディカプリオ レオの仇: トム...
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 極限という言葉が最も当てはまる映画。
 
 
 
レヴェナント 蘇えりし者 / The Revenant (勝手に映画評)
レオナルド・ディカプリが、アカデミー賞(主演男優賞or助演男優賞)ノミネート5度目にして、初めて主演男優賞を受賞。これで彼も、無冠の帝王を脱したわけですね。 初めてのアカデミー主演男優賞のレオ様の重厚な演技が光っているそんな話題作ですが、同じく今回のアカ...
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者  (心のままに映画の風景)
1823年、アメリカ北西部。 ヘンリー隊長(ドーナル・グリーソン)をリーダーとする狩猟一団は、未開の地で先住民の襲撃を受けて逃走する中、ガイド役のベテラン・ハンター、ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が熊に襲われ、瀕死の重傷を負ってしまう。 手当...
 
 
 
「レヴェナント:蘇りし者」☆生まれ変わって蘇るレオ様 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
これは凄い! これでアカデミー賞取らなかったらオカシイよね。
 
 
 
「レヴェナント 蘇えりし者」:大自然と激痛サバイバル (大江戸時夫の東京温度)
映画『レヴェナント 蘇えりし者』は、明らかに映画史に残る作品。シンプルなサバイバ
 
 
 
『レヴェナント 蘇りし者』 (時間の無駄と言わないで)
エマニュエル・ルべツキちょっとヤバイだろ!? 才能の溢れ方が半端無い。 3年連続アカデミー賞もむべなるかな。 相変わらずの長回しに自然光撮影にもうクラクラきますわ。 デカ ...
 
 
 
『レヴェナント:蘇えりし者』 (こねたみっくす)
復讐は神の手に委ねる。ゆえにそれまでは己の力で生き延びよ。 こんな映画を作られたら、世界中の才能が嫉妬を超えて失望するではないか。 バジェット、アイデア、センス。その全 ...
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者 (to Heart)
THE REVENANT 上映時間 156分 映倫 R15+ 監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本 マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ 音楽 坂本龍一 出演 レオナルド・ディカプリオ /トム・ハーディ/ドーナル・グリーソン/ウィル・ポールター/ルーカス・ハース 1823...
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者 (♪HAVE A NICE DAY♪)
まず あの大自然の寒さの中、キャストの皆さん撮影に参加した皆さん 本当よく頑張ったなあ~ 大変だったろうなあ~ レオナルド・ディカプリオ 演技も良かったわ~何も喋れなくても、苦しさも充分伝わってくるし 目が物語ってます。。。これまでも何度も素晴らしい演....
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者 (atts1964の映像雑記)
2015年作品、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ主演。 1823年、西部開拓時代のアメリカ北西部、極寒の荒野の中、狩猟をして毛皮を採取するハンターチーム。 しかし、いきなり彼らはネイティブアメリカンの一団に襲われ多大...
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者  監督/アレハンドロ・G・イニャリトゥ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・ディカプリオ  トム・ハーディ  ドーナル・グリーソン 【ストーリー】 アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラスは狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルドに置き去りにされてしま...
 
 
 
レヴェナント 蘇えりし者 (映画好きパパの鑑賞日記)
 レオナルド・ディカプリオが念願のオスカーをとった作品で、過酷な自然に体当たりしたのは敬意を表しますが、個人的には「リリーのすべて」のエディ・レッドメインの演技のほうが印象的だったなあ。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:アレハンドロ・G・イニャリ...
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者 (風に吹かれて)
圧倒的な自然 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/revenant 実話を基にした映画 原作: レヴェナント 蘇えりし者 (マイケル・パンク著/ハヤカワ文庫)監督: ア
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者 (本と映画、ときどき日常)
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演 レオナルド・ディカプリオ     トム・ハーディ     ドーナル・グリーソン 狩猟の旅をする一団。 ディカプリオが熊に襲われ瀕死の状態。 息子と見届け人を置かれ、死を待つのみ。 しかし…。 いや~、重かった...
 
 
 
『レヴェナント 蘇えりし者』 2016年3月23日 20世紀FOX試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『レヴェナント 蘇えりし者』 を試写会で鑑賞しました。 レオ様アカデミー賞受賞おめでとう これだけやったんだからご褒美だね。 【ストーリー】  アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死(ひ...
 
 
 
『レヴェナント:蘇えりし者』 ディカプリオ、何もそこまでしなくても…… (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 アカデミー賞作品賞を獲得した『バードマン』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの最新作。  この作品はイニャリトゥに2年連続のアカデミー賞監督賞をもたらしたほか、主演男優賞と撮影賞などのアカデミー賞5部門を受賞した。  音楽には坂本龍一も参加して...
 
 
 
『レヴェナント : 蘇えりし者(The Revenant)』アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドー... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『レヴェナント : 蘇えりし者』The Revenant監督 :アレハンドロ・G・イニャリトゥ撮影 : エマニュエル・ルベツキ出演 : レオナルド・ディカプリオトム・ハーディドーナル・グリーソン、他
 
 
 
「レヴェナント:蘇えりし者」 (或る日の出来事)
凄いところは凄すぎて、あり得ず、かっこつけすぎ。眠くなった。
 
 
 
レヴェナント 蘇えりし者 (そーれりぽーと)
レオナルド・ディカプリオが、遂にアカデミー主演男優賞を獲った『レヴェナント 蘇えりし者』を観てきました。 ★★★★★ やたらとレオぽんにだけハードルの高いアカデミー賞でしたが、ここまでしなければ獲らせて貰えないのか。と、恐怖を感じさせる究極の演技に打ちの...
 
 
 
神の手~『レヴェナント:蘇えりし者』 (真紅のthinkingdays)
 THE REVENANT  19世紀、雪深いアメリカ北西部。ヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は 原住民の妻との間にもうけた息子ホーク(フォレスト・グッドラッグ)と共に、狩猟 団の一員として原野を旅していた。  レオが6度目のノミネートにし...
 
 
 
『レヴェナント 蘇えりし者』 デジタル・シネカメラの進化 (Days of Books, Films )
The Revenant(viewing film) 映画を見る醍醐味のひとつは
 
 
 
映画「レヴェナント 蘇えりし者」 (FREE TIME)
映画「レヴェナント 蘇えりし者」を鑑賞しました。
 
 
 
レヴェナント 蘇えりし者 (映画的・絵画的・音楽的)
 『レヴェナント 蘇えりし者』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)主演のディカプリオがアカデミー賞主演男優賞を受けたというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、夜、横になっている主人公のヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)が、先...
 
 
 
レヴェナント: 蘇えりし者 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
厳しい極寒の大地でロケーションしたサバイバル劇は人間の存在の小ささと、主人公の壮絶な復讐への執念を浮かび上がらせる。満点の出来栄えだと思う。
 
 
 
レヴェナント (もののはじめblog)
レヴェナント 蘇えりし者 実話を基に”復讐のために過酷な状況を生き抜く、決して諦めない男”を描く。(156分) 瀕死の重傷を負いながら生存本能を糧に、追う者と追われる者が交叉する強靭な男のサバイバル・ドラマ。 息遣いが荒くなる。 極寒の未開の地で凍った川に入...
 
 
 
「レヴェナント 蘇えりし者」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオは年を取ってから(失礼!)の方が好きなので、彼がオスカーを受賞した事は、心からおめでとうを言うよりほかの気持ちは無い。むしろ遅い、遅過ぎた、という気持ちがある程だ。というか、何もこの「レヴェナント~」で獲る必要があったのか?とい...
 
 
 
大自然の猛威の中に (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「レヴェナント:蘇えりし者」を鑑賞しました。 IMAXにて 狩猟中に熊に襲われ瀕死の重傷を負ったヒュー・グラス グラスを足手まといだと狩猟メンバーのフィッツジェラルドは置き去りにし 反抗したグラスの息子も殺害 かろうじて生還したグラス....
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フォレスト・グッドラッグ、ドウェイン・ハワード、アーサー・レッドクラウド、グレイス・ドーヴ、ポール・アンダーソン、ルーカス・....
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE REVENANT】 2016/04/22公開 アメリカ R15+ 156分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:レオナルド・ディカプリオ、トム・ハーディ、ドーナル・グリーソン、ウィル・ポールター、フ...
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者 (銀幕大帝α)
THE REVENANT 2015年 アメリカ 156分 アクション/ドラマ/アドベンチャー R15+ 劇場公開(2016/04/22) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 『バードマン あるいは(無知がも......
 
 
 
レヴェナント:蘇えりし者 (いやいやえん)
【概略】 狩猟の旅の途中、ヒュー・グラスは瀕死の重傷を負う。彼は仲間に置き去りにされた上、最愛の息子の命を奪われてしまう。 アクション 復讐の先に、何があるのか。 ......
 
 


 
編集 編集