日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
このプラットフォーム上で思いついた企画を実行、仮説・検証を行う場。基本ロジック=整理・ソートすることで面白さが増大・拡大
 



 

 

 

アトム・エゴヤン新作。

彼といえば、カンヌでグランプリを獲得したスウィート ヒアアフター が有名。

多くの子供を巻き込んだ悲惨な事件後に生きる人々の苦悩と癒し、が響く作品だった。

 

 

そして、こちらも悲惨な事件、が物語に大きく関係している。

ただしその事件のスケールは比較にならないほど、巨大。

主人公は第二次世界大戦中、アウシュビッツで家族を殺されたユダヤ人なのだ!

その主人公はすでに90歳…

 

彼は友人のマックスから1通の手紙を託され、動きの取れない彼に代わり、復讐の旅に出る。

4人にまで絞り込まれた、直接家族に手を下したナチスの残党を追う。

 

アメリカからカナダから、ちょっとしたロードムービーっぽいところもある。

が「復習」が軸にあるので、緊張感が根底にあり、そこにいろいろな人物たちが絡む。

 

そしてクライマックスに向かうのだが、エゴヤンの演出が緻密に組み上げていたことに気づく(後で)

それは、主人公たちの配役・ちょっとしたエピソード・登場する音楽 etc.. と全くぬかりがない。

出来のいい脚本を見事にまとめあげた、エゴヤンの名人芸、と言っていいだろう!

今年のベスト10級。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 14 )



« 「アクセスさ... 読後評:ライ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (atts1964)
2017-02-26 20:42:14
これは私もベスト級の作品でした。ここにも過去の亡霊がいっぱいいるんですね。
ナチの起こしたホロコーストの作品の恐ろしさに驚愕でした。
こちらからもTBお願いします。
 
 
 
まさに (onscreen)
2017-02-27 01:48:07
過去の亡霊、ですね...
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
『手紙は憶えている』 「忘却は救い」では済まないのだけれど (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『スウィート ヒアアフター』『白い沈黙』などのアトム・エゴヤンの最新作。  脚本はベンジャミン・オーガスト。  妻の葬儀が終わって一段落したころ、ゼヴ(クリストフ......
 
 
 
「手紙は憶えている」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2015年・カナダ・ドイツ合作/Serendipity Point Films他 配給:アスミック・エース 原題:Remember 監督:アトム・エゴヤン脚本:ベンジャミン・オーガスト撮影:ポール・サ
 
 
 
手紙は憶えている (Spice -映画・本・美術の日記-)
「手紙は憶えている」 TOHOシネマズシャンテ 妻の死も覚えていられないほど、物忘れがひどくなった90歳のセヴ(クリストファー・プラマー)は、友人のマックス(マーティン・ラン
 
 
 
【映画】『手紙は憶えている』認知症ナチハンター 復讐の旅路の果てに・・ (アリスのさすらい映画館)
   手紙は憶えている(2015) カナダ/ドイツ 原題:Remember 監督:アトム・エゴヤン 脚本:ベンジャミン・オーガスト 出演:クリストファー・プラマー  /マーティン......
 
 
 
「手紙は憶えている」:手紙じいさまの備忘録 (大江戸時夫の東京温度)
映画『手紙は憶えている』の原題は“Remember”。はい、確かにそういう映画で
 
 
 
「手紙は憶えている」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Remember」2015 カナダ/ドイツホームで暮らす90歳のゼヴは認知症で最愛の妻ルースが亡くなったことすら忘れている。ある日、友人のマックスから1通の手紙を手渡される。ゼヴとマッ......
 
 
 
手紙は憶えている (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) ラストの衝撃!これって完全ブラックコメディでしょ。
 
 
 
手紙は憶えている (♪HAVE A NICE DAY♪)
面白かった。。。 ナチスに家族を殺されたユダヤ人が 戦後70年を過ぎた今、復讐するというストーリーなので 主人公と友人、復讐の相手も老いている・・・ なので認知症を患っ......
 
 
 
「手紙は憶えている」 (ここなつ映画レビュー)
監督アトム・エゴヤンという人物は…。いや、私ごときが大上段に構えて「論」をぶつつもりはさらさらないのだけれど、アトム・エゴヤンという人物は、本当に凄い。ホロコースト(......
 
 
 
手紙は憶えている / Remember (勝手に映画評)
妻が死んだことを覚えていないほど認知症の進んだアウシュビッツ収容所の生き残りが、友人から託された手紙を手がかりに、アウシュビッツ収容所で家族を殺したナチス兵士を探す物......
 
 
 
手紙は憶えている ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「スウィート ヒアアフター」「白い沈黙」のアトム・エゴヤン監督が「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマーを主演に迎え、アウシュヴィッツを生き延びた老人の復讐の旅......
 
 
 
忘れた記憶の真実は・・・ (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「手紙は憶えている」を鑑賞しました。 妻の死も覚えていられないほど、もの忘れがひどくなった90歳のゼブ 彼は友人のマックスから1通の手紙を託される 2人......
 
 
 
映画鑑賞「手紙は憶えている」 (人生を楽しもう!)
フリーパス 90歳認知症老人が、ナチ親衛隊に殺された家族の復讐の旅に出る。 やっとの思いでたどり着いた元ナチの人物。実は老人自信もナチ親衛隊だった、というショ......
 
 
 
手紙は憶えている (atts1964の映像雑記)
2015年作品、アトム・エゴヤン監督、クリストファー・プラマー主演。 朝ベッドで目を覚ましたゼヴ(クリストファー・プラマー)。 隣には誰もいない。 妻のルースを呼ぶが、......
 
 


 
編集 編集