虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

自分の気持ちを簡単に捨てられてしまう 6

2017-07-21 13:07:11 | 日々思うこと 雑感

説得作戦、歌作戦、

10円玉で誘いだす?

100円玉で誘いだす?踊り作戦と、

名案、愚案がいろいろ試される中で、

みなが足止めされ、効率的な日常の流れから切り離されたまんま、

それを見守る大人たちは常識と非常識の際

日常と非日常の境界線上に立たされていました。

 

他者に迷惑をかけるということに気にかけたり、

互いに迷惑をかけあいながら生きる自分を意識したり、

待つことや見守ることが困難な世界で暮らしているということを

感じ取ったりしながら。

 

そうやって、ひとりの子の存在に待ったをかけられて、進むのを

やめたとたん、他のひとりひとりの子についても、

その時々の断片的な姿ではない「その子」というのが浮き上がってきました。

 

最初に、両手を腰に当てて、鼻息荒く、

「みんなの使うものなのに、ほかの人が入れないようにしてしまうなんて、

本当に悪いよ。」「自分たちだけの部屋じゃないのに、自分たちだけで使うなんて、

悪い人たちだよねー。ねー」と訴えてきた

年長のEちゃんFちゃんの女の子ふたり組は、昨日初めて顔を合わせたばかりでした。

どこに行くのも連れだって行動し、

「ねー」「ねー」と言いながら顔を見合わせていた仲良しふたり組ですが、

親しくなったきっかけは、Eちゃんの

「わたしのプリンセスのかばんを触っている子がいるから嫌だ」

という苦情でした。

「どれどれ?どれを触っている子がいるの?」とEちゃんの後ろをついていって、

かわいいプリンセスの絵柄のキャリーバックを見せてもらいました。

「このキャリーバックを触っていた子がいるの?」

「そう」

「Eちゃんの大事なかばんだから、触られたくないな~って

思ったの?」

Eちゃんは、「そうだよ。だって、嫌だもん!」と怒りに震えながら

口をとがらせていました。「ふーん、かわいいキャリーバックだもんねぇ。

かわいいから、ちょっと触ってみたいな、って思ったのかな?」

「そうじゃない?嫌になっちゃう」

「へぇ~。大事なキャリーバックだから触られたくなかったのね。

Eちゃんだけが、自分でファスナー開けて、中に入れてるものを出したり、

片付けたりしたかったのね。」

「そうそう」

「へぇ~」と聞きながら、「どの子が触ったの?」とたずねました。

「この子!」と言いながら、Fちゃんを指さします。

「Fちゃん、このキャリーバック、かわいいなぁって触ったの?」とたずねると、

Fちゃんは顔を引きつらせた状態でこっくりしました。

「かわいい絵がついているから、ちょっと見ようかなって思ったの?」

「そう」と言います。

「ふぅ~ん」と何度かうなずいてから、

「Eちゃんも、Fちゃんも、こんなかわいいカバンが好きなのね」というと、

ふたりともこっくりしました。

「いっしょのものがかわいいなぁって思ったり、同じものが好きだったりするのね。」

と言ってから、

「Eちゃんも、Fちゃんも同じ年長さんね。同じものが大好きだから

とっても仲良しになれるかもね」と言いました。

 

すると、たったその一言で、

ふたりはもじもじしながらも、しっかりと手をつなぎあいました。

そして、心底うれしそうな笑顔を浮かべて、互いにキラキラ光る目で

見つめあってから、

どこかへ行ってしまいました。

EちゃんとFちゃんの、どこへいくのも連れだって、「ねー」「ねー」と言いながら

顔を見合わせる仲良しぶりは、そこから始まっています。

 子どもが誰かに不満を抱いたり、文句を言ったりする時にしても、

その背後には、もやもやした気になるという気持ち、

相手への興味、親しくなりたい気持ちなど、さまざまな思いが

潜んでいるのだと思います。

それを身近な大人が、いつもいつも、

子どもの代わりに成敗しておしまいという

流れを作ってはいけない、と感じました。

 

このEちゃんFちゃんは、ユースで出会ったお姉さんたちに

とてもかわいがってもらっていました。

わがままも甘えも許容してもらって遊ぶうちに、

だんだんテンションが上がって、お姉さんたちの頭に

おもちゃを乗せる悪ふざけをしている姿がありました。

 

そういえば、EちゃんFちゃんの責められてたじたじとなっていた

Bくんは、2年前まではうれしすぎて興奮して、相手が嫌がるような

ちょっかいをだしてしまいがちでした。

でも、今年はすっかりそうした面は卒業し、責任感や自制心が

芽生えつつあるのです。でも、そうしたがんばりの一方で、

ひとつくじけると、今回のように自分の殻に閉じこもってしまう

こともあります。

 

EちゃんとFちゃんは、常識的な善悪が見えだして、

「これは悪いことだよ」と他の人には厳しいけど、

自分自身には甘いという時期でしょうか。

Bくんの周りに集まっている子たちの心はみなBくんの心の延長上にあって

互いに溶けあって、

いっしょに自分の内面や外で起こる出来事と会話をしながら、

心を耕しているんだな、と感じました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虹色教室オンライン 工作について

2017-07-21 13:01:31 | 連絡事項

虹色教室オンライン教材のご購入をご検討いただき

本当にありがとうございます。

虹色オンライン工作の教材は、メンテナンスの最中で、少しの間、

発売をストップさせていただいています。

すでに購入しておられる方は今まで通り見ていただくことができます。

発売を再開しましたら、

このブログ上でお知らせします。

どうぞよろしくお願いします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の気持ちを簡単に捨てられてしまう 4

2017-07-19 08:35:10 | 日々思うこと 雑感

Bくんに呼びかけているDくんは、

敏感でものごとをより強く感じ取る子で、

ちょっとしたことで驚いて興奮してしまいがちでした。

数年前まで、ユースでも、こうした騒動の主人公になっていた

タイプでした。

今年はしっかりしたお兄ちゃん、という姿に成長したDくん。

年下の敏感な子たちが過敏になって問題を起こすと、

「ぼくもね、以前は、しょっちゅう……こんな気持ちになったり、

……あんなことをしたりしていたんだ。

でもね、落ち着いて。大丈夫だから……。」と

親身になって、窮状から救ってあげようとする姿がありました。

Dくんのお母さんいわく、Dくんは以前の自分のような子を見ると

放っておけないそうです。

また、年下の子たちのテンションが高すぎるときは、悪ふざけが

収まるように、リーダーシップを発揮してくれていました。

 

何とか戸を開こうとみんなで考えあぐねる様子は、まるで

天照大神が天の岩戸に隠れて世界が真っ暗になったという有名な神話の

物語を演じているようでもありました。

すると、子どもたちの様子を見守りながら世話を焼いてくれていた

Aちゃんのお父さんが、神話の世界を実演するように

閉まった戸に向かって、簡単な舞いを披露しました。

もちろん、おふざけやお遊びの延長上の踊りなのですが、

お父さんの踊りが上手なこともあって、子どもたちは

さらに深く今自分が体験している出来事の中に引き込まれていきました。

 

おでこを打ったAちゃんはというと、日ごろ、控えめで優しすぎるくらいの子が

「ちゃんと謝ってよ!」と文句を言いにいきもしたし、

「大丈夫よね」と言われると、痛くても我慢してしまう性質のところ、

十分にみんなに介抱され心配されもしたもので、

もう被害者としての体験はおなかいっぱいという様子で、

閉まった戸の周りで繰り広げられる話の展開を眺めていました。

自分の事件がこんなすごいことになっているし、

これほどみんなが注目している……

一大事を救うカギを自分が握っているのかも、

という思いもあってか、瞳がキラキラと輝いていました。

 

しまいに、いてもたってもいられない様子で、「先生、わたしも、Bくんが

出てくるようにがんばってみる!」と言い残すと、

 みんなのところへ駆けていきました。

すると、作戦会議の真っ最中だったDくんは、

Aちゃんがおでこをぶつけた本人だとも知らずに、「Bくんが戸を開けよう

としたら、わざとじゃないんだけど、おでこをぶつけた女の子がいて……」と

事の始終を話していました。

AちゃんはAちゃんで、「それは私のことよ」と言って話の腰を折ることもせずに、

「Bくんが好きな歌を歌ってみたらどうかな?

そうしたら、戸を開けるかもしれない」と懸命に知恵を絞る姿がありました。

 

子どもが自由に自分の知恵を試せて……

自分の考えを否定されたり決めつけられたりせずに言葉にできて……

想像力を非現実の世界までどんどん膨らましていけて……

問題を自分たちで解決していける……という場所や時間や人と人の関係

を保障してあげたい、守ってあげたいと強く思いました。

その時に解決しなくたって、次もその次もある、次には自分でと思える

変わらぬ場と人間関係と時間がひとりひとりの子どもに持たらされることを

切望しました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の気持ちを簡単に捨てられてしまう 3

2017-07-18 18:12:37 | 日々思うこと 雑感

いったん戸を開けさせて、

おでこを打ったAちゃんにきちんと謝らなければならないこと、

この部屋は他の大勢の利用者のためにあるものだから、

カギをかけてはいけないこと、を注意すると、

当のBくんは靴下を脱いで、自分の足の指を調べながら

押し黙っていました。

どこかでケガをしたのか、足の指先から血が出ていました。

黙っているものの、Bくんの表情からすると、

Aちゃんのおでこにケガをさせてしまったかもしれない状況への

ショックが大き過ぎて、言葉を失っているようでした。

すっかり自分の殻に閉じこもってしまったBくんは、再び

部屋の内側からカギをかけてしまいました。

 

本来なら、他のお客さんへの迷惑ということを考えて、性急にBくんを部屋から

出させて注意しておしまい、となるところ、

その日のその時間は周囲に人はあまりおらず、

子どもたちのために、空間と時間の隙間を

ちょっと使わせてもらうのならいいかな……そんな風に

感じられる日でした。

 

カギのかかった部屋の周りに集まって、子どもたちが

Bくんを外に誘いだす相談を始めました。

「まずは、熱中症を避けなくちゃ。

部屋の周りに隙間はないかな?

そこから水筒かペットボトルを入れないと!」と

真顔でつぶやくDくん。

部屋のぐるりを調べてから、「Bくん、ぼくとCくんだけを部屋に

入れてくれない?他は誰も入れないから大丈夫だよ。

ぼくたちふたりだけが入れる狭い隙間を開けてくれたらいいんだ」と説得していました。

 

途中ですが、次回に続きます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の気持ちを簡単に捨てられてしまう 2

2017-07-17 18:46:07 | 日々思うこと 雑感

「大切だと感じていることを大事に扱われることがないから、

どんどんそういう気持ちがないものになっていっているんだろうな」

という知人の指摘は、豊かで便利な日本で暮らす子どもたちが、

総じて、何だか幸せそうに見えないことと

関連があるように思いました。

子どもたちは、大人たちから、いいと思われるもの、

子どもの能力を高めそうなもの、

子どもの価値を上げそうなものを、毎日、

シャワーのように浴びせられているのです。

 

でも、子ども本人が何をどう感じたのか、どう考えたのかには、

ほとんど注意を向けられていない現状があります。

 

もやもやと言葉にできない感情を抱いて、

自分でも何がなんだかわからないような衝動のまま外に出してみて、

いろんな人のいろいろな反応に、驚いたり、自分の態度を悔いたり、

慰められたり、勇気づけられたり、自分の感じていた言葉を見つけたりしながら、

出来事の中でゆっくりと自分の感情を噛みしめていく……という

誰もが数えきれないほど通過してきたような子ども時代の当たり前の体験が、

現在は、効率的に管理されたカリキュラムの中で削ぎ落されています。

 

先日、「子ども時代のほとんどの体験は、それを味わう子どもの

気持ちを大事にしてあげるなら、

その子の人生にとってかけがえのない貴重な一瞬、一瞬となるのだろう」

としみじみと感じる出来事がありました。

アメリカからいらしたマイコさんのご家族と日本で親しくしている方々と

いっしょに集った際のことです。

 

みんなで出かけた先で、幼稚園の女の子ふたりが、

「みんなの使うものなのに、ほかの人が入れないようにしてしまうなんて、

本当に悪いよ。」「自分たちだけの部屋じゃないのに、自分たちだけで使うなんて、

悪い人たちだよねー。ねー」と憤慨した様子で訴えてきました。

 小学生の男の子ふたりが内側からそこの部屋の鍵をかけてしまったらしいのです。

 

「だって、眠いんだよ!」

「疲れているんだから、休んだっていいじゃんか!」

と小さな声で逆切れしている男の子たち。

実際、その前の晩は、大人がいない部屋で自分たちだけで寝たいと強気で

宣言したものの、怖い人が部屋に来るかもしれない、何かが起こるかもしれない、

とドキドキし通しで、(何度も大人たちの部屋を覗きにきていて)

しっかり眠れなかったのです。

とはいえ、その部屋は、個人的に占拠していい場所ではなく

そこを訪れる人みんなが利用するスペースでしたから、

カギをかけるなど言語道断でした。

 

「これはダメなこと!みんなに迷惑がかかるから出てくるように」と

注意しに行くと、さすがに悪いと思ったのか

もじもじしながら出てきかけていました。

 

と、その時、内側にいたBくんが無造作に戸を押し開けたので、

戸の反対側にいた小学生の女の子のおでこにぶつかってしまいました。

 

「大丈夫?」「痛くない?」と女の子を介抱する声や、

「急に戸を開けたから、〇〇ちゃんのおでこにぶつかってしまったのよ。

謝りなさいよ」という注意する声に驚いたのか、

Bくんは再び部屋に閉じこもってしまいました。

 

おでこをぶつけたAちゃんのお母さんが、ぶつけたところをちょっと調べて、

「大丈夫、大丈夫」と言いかけると、

(Aちゃんのお母さんはいつも子どもの心をとても大切にしておられる方です)

女の子の表情がちょっと固くなりました。

 

親御さんにすると、周囲や閉じこもっている子たちや女の子自身を

安心させる必要がありますから、これはそうしかるべき対応なのですが、

でも、打ったばかりのおでこがまだ痛い当人にすると

酷なあしらいでもありました。

そこで、「痛そうね。今は何ともなくても、後から、

腫れてくるかもしれないし、大丈夫かどうかはAちゃん(女の子)しか

わからないから。これは、絶対に謝ってもらわなくちゃ。さぁ、いっしょに

Bくんのところに行こう」とAちゃんの手を取って、裏にある戸の前に行きました。

 

話の途中ですが、次回に続きます。

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加