ナンシー・Chang!のおいし~生活

湘南(住まい)&東京(勤務地)で見つけた、あんなこと、こんなこと。

■□ご訪問ありがとうございます□■

■文字サイズは「中」で正常にご覧いただけるよう編集しています。 ■ゲストブックはブログを持たない友人に提供しているカテゴリーです。 ■記事についてのクレームなどは、右サイドバーの「メッセージを送る」からお願いいたします。■投稿者名が空欄のネガティブなコメントは承認しない場合があります。■「安藤美姫」カテゴリがパスワード制になりました。閲覧希望の方はメッセージにてパスワードをお問合わせ下さい。

◆活動資金の寄付をお願いしています◆

■被災地支援団体 aoSORAnt(前・美味しい食べ物届け隊)/【ゆうちょ銀行からのお振込みの場合】*記号:10140 *番号:45177361【ゆうちょ銀行以外の金融機関からのお振込みの場合】*店名:〇一八 *店番:018 *預金種目:普通貯金 *番号:4517736 *口座名:被災地支援団体aoSORAnt(管理は服部会計事務所の服部税理士) 

常在寺へ/170318

2017-03-20 05:00:59 | 中川勝彦



*初めて勝ちゃんのお墓参りに

勝ちゃんが亡くなってから今年の9月で23年になるけれど、私が彼の死を知ったのは21年前。報せを受けていながらそれを知るまで2年近くかかったのには、詳しく言えない複雑な事情があるのだけれど・・・。
お葬式にも行けなかった、お墓参りもせず1年9ヶ月も過ぎてしまった、と知った時の絶望感はとてつもなく大きかったです。しかし、彼の死を知らずに2年近くも普通に過ごしていたのだと思うと、実感も曖昧で、なによりも「受け入れたくない」という気持ちが強かったかもしれません。

以来、毎年命日のたびに「今年こそ…」と思ってはどうしても行けずに21年も経ってしまいました。

お彼岸の入りというタイミングで、普段なら私が誘われるはずのないイベントが、それも鶯谷で開催されるというのは「もういい加減行ってくれば?」という、まるで何かに導かれているかのような因縁を感じました。



親族でもない者が他人様のお墓にお参りして写真をネットに晒すなんてどうなの?という気持ちもありました。
が、勝ちゃんのパパは「出来るだけお墓参りには来てほしい。ファンの人たちがいつまでも忘れずにいてくれれば、勝彦に2度目の死はないということだから」と言っていたし、この記事を見てお墓を訪れたいと思ってくれる人がいれば嬉しいです。

新しいお花と猫に囲まれた墓前に立つと、勝ちゃんが今もたくさんの人たちに愛されていることが伝わります。

「ご自由にお使いください」というメモとお線香がはいったケース、生前の特集記事が掲載された音楽雑誌と、お墓参りに訪れた人が自由に書き込めるノートとペンが。
日付を見ると、ほとんど間を空けずに書き込みがありました。

墓石側面に「中川勝彦 ここに眠る」、左の石碑には「この思い また逢えるまで さあ風にのれ 勝彦」と刻んであります。
『千の風になって』が聴こえてきそう。。。

「やっと来られたんだ…」という万感と、「どうしてもっと早く」という後悔が入り交じり、お線香が真っ白な灰になるまでただただ泣きました。誰もいなくてよかった( ;∀;)
今はなんというか、生まれ変わったように清々しい気持ち。
勝ちゃんありがとう。また来るね。

常在寺墓地(谷中5-2-25)
中川家のお墓は、手桶などのある水場のドアを開けて裏墓地へ入り、左奥左側にあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルチャークラブの前座を飾った“しょこたん”の父

2016-09-17 17:46:00 | 中川勝彦
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

15/09/17のダイアリー

2015-09-18 06:55:04 | 中川勝彦

今日は中川勝彦さんの21回目の命日。生きていれば53歳。雨降っちゃった。夕方晴れて大きな虹が・・・なんてことにもならなそう。せめて雨あがってほしいな。
#katsuhiko p.twipple.jp/3mxCi


1 件 リツイートされました




きょうは父の命日だ
祖母の誕生日でもある
9/17

21年経ったのか。どんどん時が経つなぁ
でも、いまみらくるキャット団に夏彦父さんとして、アニメになって生き返ったみたい!凄い
pic.twitter.com/3b6M4szFMj


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 190 RT





ナンシーChang! (LIVE) - 中川勝彦
youtu.be/m53UYhCYBLQ @YouTubeさんから





.@shoko55mmts 勝ちゃんに会いたいな。夢でも、この際幽霊でも ( ´,_ゝ`)





@EvaShion0415 すごく大きな虹でしたね。あの日から、毎年9月17日には17:40になると空の見える場所で黙祷しています。爽やかな秋晴れだとうれしいのですが、今日は最悪の空模様。。。


1 件 リツイートされました





これより帰宅、東京タワーライトオーン(^O^)/
pic.twitter.com/zRgH1zojRn




15/09/17のツイログ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Farewell September

2014-09-17 17:40:44 | 中川勝彦

今日は勝っちゃんの20回目の命日。生きていれば52歳。今年もお墓参り行けなかった。
#katsuhiko pic.twitter.com/Mq9XPlPlhj





今日は父の命日です
二十年経つなんて
早いなぁ
不思議に、父の歩いたいろんな足跡に巡り会いながら辿って来た
これからもずっと生きた証は残る
pic.twitter.com/r3hs65nfGe


ナンシー・Chang!さんがリツイート | RT


コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

#katshuhiko/130917

2013-09-18 05:30:55 | 中川勝彦

今日9月17日は父、中川勝彦の命日です。毎年この日がよく晴れてるとほっとします。あの時夕方、亡くなった時間に大きな虹が空にささっていたのが忘れられない。
祖母、栄子の誕生日でもあります。
大事な二人の血がこの身体にある!
生きねば。


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 1130 RT




王子様だわホント 
#katsuhiko pic.twitter.com/39vy3pYYFZ


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 1 RT




勝彦の書いた色紙には、いつも詩がはいっていました。猫の絵もたくさん描いていました。

今まであったたくさんの事
これから起こるたくさんの事
そのたくさんのもとをたどると
たったひとつの出逢いになる
あなたに逢えてよかった。

pic.twitter.com/VihJ6wfJtg


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 437 RT




「鳥が空を恋ひ 魚が海を慕うやうに 私はあなたを愛するのでしょう」
という詩をいただきました(私の色紙だけに書いたわけじゃなかったけど) >RT





昔、六本木で夜遊びしてた頃、勝ちゃんがレシートの裏に落書きを始めて、「それほしい!」と私が言ったら、たくさんのぬこたちの絵にカエルを足してくれた。私がカエラーだったこと覚えていてくれたから。お茶目でやさしい人だったな。 #katsuhiko
pic.twitter.com/7F4K01EYKZ





また絵、描こうかなぁ。。。(←夢占いに触発されたw)





ここ何年か9月17日は休日だった。今日は仕事ムリ。なんも手につかない。薔薇の花とラム買って、とっとと家に帰りたい。でも、17:40には電車の中ではなく、空が見える景色のいいところにいたいよ。19回目にして、未だにこの日はブルーになる。
p.twipple.jp/8klxT





連休明けでなければ休んだのに。





キングトーンズの『グッナイベイビー』かな。 RT @hijiyuu: ラジオを録音したかセットは宝物。
ラジオのコーナーでカラオケ大会みたいな日があって、勝ちゃんは「きっといつかは 君のパパも わかってくれるさ~♪」って歌ってました
#katsuhiko









勝ちゃんの事を想わない日はなかった学生の頃。雑誌の切り抜き下敷きに挟んで♪( ´∀`)若干色褪せてますが勝ちゃんがセレクトした音楽♪当時はカセットだもんね、時代を感じます。勝ちゃんの字も大好き☆(PLUMより)
#katsuhiko pic.twitter.com/PHwT9JSxGr


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 1 RT





きのう、命日だったからか中川勝彦が注目ワードにはいってましたありがとうございます!(゜∀゜)
pic.twitter.com/1RxG7V9GYl


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 96 RT


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虹を綴って

2013-09-18 00:33:17 | 中川勝彦


*Light into the Rainbow

19回目の命日、黙祷は東京タワーの見える芝公園で。
17:40には、電車の中ではなく、空が見える景色のいいところにいたかった。
19年か…。
ここ何年か9月17日は休日だったけど、今日は仕事がまるで手に着かなかった。
連休明けでなきゃ休んだのに。
ゆっくり暮れかかる青空の下にいると、あの日の大きな虹を思い出す。



虹つながりで、勝ちゃんを思いながらマイケル・フランクスの「アントニオの歌」聴いている。
邦題が「虹を綴って」なんだよね。
ジム・クロウチの「タイム・イン・ア・ボトル」と共に、生前勝ちゃんが好きだと言っていた曲。
それにしても勝ちゃんは年の割に聴いている洋楽がシブかった。

We sing the Song
Forgotten for so long
And let the music flow
Like Light into the Rainbow

僕らは歌う
長く忘れられていた歌を
そして音楽に身をまかせる
虹に注ぐ光のように

勝ちゃんが亡くなってしばらくは、勝ちゃんの歌が聴けなかった。
でも今は繰り返し聴いている。
歌は中川勝彦の生きた証だから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

#katshuhiko/130827

2013-08-28 05:38:22 | 中川勝彦

Twitterってすごかりし!父、中川勝彦の知られざる当時のさまざまな角度からの情報がいっぱい、あつまりました嬉しいです。実はずっと父へ尊敬と、反抗と様々な気持ちが渦巻いていました
でも反発しているつもりが不思議な運命に導かれ。偶然父と同じステージで歌う日がきて。


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 242 RT




直接話したわけじゃないのに、趣味やすきになるものはすべて父がすきだったものだった、猫も宇宙も深海もアニメも特撮も。自分の血のなかに、父の生きた証がある。
もっともっと歌いたかったし生きた証を残したかったはずだとおもう。


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 262 RT




いまはインターネットができたおかげで自分のすきなことを自由に発信してつながれる素晴らしい未来の世界がきた。詩や絵を紡ぐのがすごく好きだった父の時代にTwitter、YouTube、ブログがあれば。もっと違った。
でもこうしてわたしが知らなかった、当時のお話を聞くことができている


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 196 RT




不思議だし感謝しています。もっともっと知りたい。歌や残した想いを。どんなひとだったのかを。いまやっとそうやって向き合いたい。そんな気持ちになりました。時間がかかりました。いまの自分があるのは父のおかげだし、わたし自身も父の生きた証だから


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 202 RT




だから、ぜひどんなささやかなことでもいいので、中川勝彦の当時の思い出やエピソードを、聞かせてください。生きていた父のことをいま知りたい。
#katsuhiko このハッシュタグをつけてくださると、みんなで共有できるかなとおもいます。


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 316 RT




勝彦は超力ロボガラットというアニメの主役マイケルを演じていたり。歌った場所も渋谷公会堂、野音、中野サンプラザと、偶然を超えてまるでわたしがどんどん足跡をたどっているみたい。不思議でしかたない。いまいろんな事を話せたらぜったい仲良くなれたんじゃないかとおもう。#katsuhiko


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 153 RT




父は九歳の時に亡くなったから、思い出だって数えるほどしかない、でも病気になってからベッドでたくさん絵を描いていた姿が忘れられない。夕暮れのマジックタイムのブルーと紫の美しく悲しい空の絵。いまの自分のまま父と歌や猫や絵やいろんなこと話してみたい。
#katsuhiko


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 316 RT




いま大人になってびっくりするのは、私になって父がいなくなってからのほうがずっと長いのに、どんどんこうして父のいた証やお話、足跡が新しくみつかっていくこと。不思議なくらいに父の存在感が増してる。
みなさんからみた、父の足跡、教えてください。
#katsuhiko


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 225 RT




@shoko55mmts 1986年の“中川勝彦in渋谷公会堂”のお話などを。 Tears in Heaven blog.goo.ne.jp/nancy0101/e/e2… #katsuhiko





@shoko55mmts 直筆のイラスト。猫好きの勝彦らしさが現れています。(しょこたんとはかなりタッチが異なりますな~) #katsuhiko
pic.twitter.com/7F4K01EYKZ





@shoko55mmts ‘88年、勝ちゃんは「反核」「反原発」の意志を強く掲げながらも、「何事も頭から否定的な見方はしたくない」と言って、原発のことを熱心に勉強していました。No More Nukes blog.goo.ne.jp/nancy0101/e/e1… #katsuhiko





みなさま、本当にありがとうございます、知らなかったエピソードやみなさんの想いがこんなにつながる、星座みたいに勝彦の生きた証がつながってゆく。まだまだパズルのピースみたいにみつけていきたい。父のライブみたかったな、いまの自分があの時の父とライブでコラボしてみたかった。


ナンシー・Chang!さんがリツイート | 102 RT


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tangled Up in Blue

2012-09-17 17:40:00 | 中川勝彦


*I wish if I could see the light of heaven

18回目のこの日がやってきた。
時が経てば慣れるかと思っていたけれど、何年経っても、9/17の17:40が近付くと気分がぐんぐんブルーになる。

昨年の3.11以降、原発のこともあって勝ちゃんのことを思う機会が増えた。
勝ちゃんが生きていたら・・・と何度も考えた。
熱心な反核派だったから、ということもあるけれど、彼は今巷に溢れているような放射脳どもと違って「何故原発なのか」について真剣に勉強していたから。

やっぱり、長生きすべき人だったのだ、と思う。



今年もお墓参り行けなかった。。。ごめんね勝ちゃん。
そちらで会える日はもうちょっと先だろうから、こっちにいる間に行かないとね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Over the Rainbow

2011-09-17 17:40:00 | 中川勝彦



もう2度と会えない人と、もう1度会えたら。。。
9月17日、私は毎年そんな奇跡を願ってきたな。
もう17年目だ。
自分は年々老いていくのに、記憶の中の笑顔は美しいまま。
切ないわ。思い出は美化されるからね。

私のHNの由来でもある「ナンシー・Chang!」は、1985年5/25にリリースされた3rdアルバム『ペントハウスの夏』に収録されています。
同年の7/10、4枚目のシングルとして発売されました。
作詞:安井かずみ 作曲:加藤和彦
すでにお2人とも故人なのですね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Moon Wolf

2011-03-31 00:11:47 | 中川勝彦



*LOVER PEOPLE

前の記事で、23年前に勝っちゃんが音楽誌の「反原発」特集で語ったことを抜粋して紹介しましたが、同年に発売のアルバム(通算6枚目)に収められた1曲についても触れておこうと思います。
1988年9月21日、勝ちゃんはワーナーミュージックからNECアベニューに移籍しました。
第1弾となる『LOVER PEOPLE』というタイトルのアルバムは、全曲本人の作詞・作曲による初の完全セルフプロデュース盤でした。
そのアルバムの1曲目が「Moon Wolf」。
内容はというと、
ある朝目が覚めたら、TVのニュースがこの世の終わりを告げている。
恋人と離れ離れになった男は、愛する人を守るために狼になって駆けつける・・・というもの。
当時は国内で原発推進キャンペーンの真っ只中、米ソの冷戦もあり、「この世の終わり」が意味するものはズバリ「核戦争」か「原発事故」でした。
このアルバムのレコーディングのため、ニューヨークに渡った勝ちゃんは、ビルやアパートの地下に「核シェルター」があるのを見て、大きなショックを受けたと言っていました。




この曲はシングルではないので、動画は(PVではなく)ライブです。
↑のスタジオライブは、本人のコンディションが良くないらしく、声も出ていないし歌詞が聞き取りづらいのが残念。

MOON WOLF

No control Crazy dream 目覚めのジョークさ
TV news 映しだす Coolな顔で
此の世の終わりに海を越えてプレゼント
今日はFriday It's full moon まるで運命の日

愛する人を焼きつくす 赤い雨が降る前に
狼になって駆けつけるのさ 早く時間はない

祈りは何処にも届かない 昼も夜も鈍い光の中で
神に選ばれた戦士たちの 人間狩りがはじまる

行く先のない流れに逆らい 俺をHoney Oh Please 導いておくれ
ガレキをのりこえジャングルに埋ずもれた

愛する人を焼きつくすのさ Black rain fall in down
狼になって叫び続ける 天子たちよ聞け

お前は今ごろベッドの上で 欲望のままに夢を見る
走り続ける俺の目に映る 蜉蝣のように

焼けた廃墟の中に
見えも聞こえもしないお前を
一体誰が守るのか
コンクリートの荒野で

(作詞/作・編曲:中川勝彦)
 

勝ちゃんはワーナー時代の最後のアルバム『MAJI-MAGIC』で覚醒した感があって、それまでメディアが彼に求めていたヴィジュアル重視の王子様路線をきっぱりと否定し、移籍を機に自分が本当に表現したい音楽を追求しようとしていました。
私はけっこうワーナー時代のキャラクターが好きだったので、このアルバムの中川勝彦には衝撃を受けました。
当時はとまどいの方が大きく、あまり熱心に聴くこともありませんでした。
でも、20年以上経った今なら、彼の思いを素直に受け止めることができます。
今にして思えば、愛していながら公然と会うことができなかった妻子への気持ちを綴った曲もあったし。
ワーナー盤は5枚とも再リリースされたけれど、NEC時代の3枚(うち1枚は没後リリースのメモリアルアルバム)も日の目を見てほしいです。




懐かしいSSC(サウンド・スーパー・シティ)の動画があった。
『LOVER PEOPLE』について語っています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加