「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開します。

東京都下(西部)1000人規模の学校。高校生二人が心不全で突然死。ECRR勧告の書籍について。

2011-12-11 03:28:30 | 福島第一原発と放射能

 東京都下、西部で1000規模の学校で、高校生二人が、心不全で突然死をしたそうです。もちろん原因は特定できませんが、報告はしておきます。

========================================================= PTAでのお話しにショックを受けました。

 (子供が通う)学校の高3の男子が、11/29に風邪で休校し、その翌日に突然死したそうで、明日告別式です。
その親御さんから直接詳しく聞いた訳ではありませんが、どうも心不全のようなのです。
給食はなく、内部被曝の状況は各家庭の「意識の差」によるものだと思うのです。(つまり、水、米、肉、魚、牛乳、野菜からどのくらい摂取していたか)
外部被曝はといえば、その子は高3なので部活は既に引退し、最近は受験まっしぐらの生活だったようで、特別なことはなかったと思うのです。
6月に亡くなった子は高2の女子で、こちらは生れつき心臓が正常に比べて小さかったのですが、日常生活における行動制限は特に無く、学校生活最後の体育祭ではチアリーダーで元気いっぱい踊っていたそうです。
まさかその2日後に、心不全で亡くなろうとは露ほども思っていなかったことでしょう。
6月上旬は夏のような暑さで、連日土埃の中練習に励んでいたそうです。
大変残念で、悔しいです!
=========================================================

  ICRPの基準でしか、放射能の影響を考えないことが、当たり前のように言い張る人がいます。政府は当然そうです。しかしながら、もちろん、そのことをどのように捉えるのかが、いろんな観点で考える必要があります。その点では、唯一の反対団体、ECRR、欧州放射線リスク委員会の2010年勧告が、書籍にまとまっています。これをとにかく今、日本国民は全員が読むべき文献と、僕は、考えます。放射能の被ばくによる影響がどういうふうにおきるのか、はっきりしたことはわかっていないと言い張る立場が正当かどうかはまずこの文献を読んでから考えるべきと思います。僕が何回もコメントしている、ベラルーシのバンダジェフスキー教授もこのECRRのメンバーです。このバンダジェフスキーがベラルーシの子どもたちの健康に、チェルノブイリからの放射能の内部被ばくのが与えている影響に注意喚起し、逮捕と収監という報いを受けたことが、まずはっきりと記されています。つまり、放射能を防御するという観点の主張が、旧ソ連の国では、逮捕収監という形で、弾圧までされたということは歴史的事実です。内部被ばくによる健康被害をなかったことにしたい人たちが、全世界に、いまだに数多く存在し、日本の政府中枢もそういう立場の人しか基本的にはいない現実を認識するためにも、僕は読むべきと思います。日本でも、僕が信頼している沢田昭二名古屋大学名誉教授もこの団体のメンバーです。本自体は専門的ですが、装丁や図表などは、それでもわかりやすくなっています。

「放射線被ばくによる健康影響とリスク評価」欧州放射線リスク委員会(ECRR)2010年勧告(明石書店刊)

明石書店の担当者宛にmoe@akashi.co.jpにメール注文の場合。価格:2,352円(定価の2割引)送料:300円(冊数ではなく1件の送料で、5冊以上はサービス)支払い方法:代引だそうです。

なお、これは、以前から美浜の会が翻訳してネット上にデータがありますが、きちんと書籍として、手元にないと、参照はしづらいと僕は思います。

三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力、僕にメールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp  


  

  ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、放射性物質の少ない場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます

 あす松坂の講演会も残り10人で満員ということです。メールアドレスが届きにくいというお話がありました。もともと間違って空白があいていたようなので、送信できなかった方は、アドレスをご確認ください。
 
「木下黄太講演会 in 松阪 福島第一原発事故後の今」
              
日時 : 12月12日(月曜日) 18時30分開演
場所 : 松阪市カリヨンプラザ 3階 市民活動センター
        
 松阪駅から歩いて8 分。駐車場(無料)もございます。
参加費: 一人500円
託児はご用意できませんが、お子様連れでのご参加もお待ちしております。

ご予約お問い合わせ
「木下黄太講演会 in 松阪」実行委員会
メール veludousagi@yahoo.co.jp
  

=====================================

あさって仙台の午前の講演会は、180席が満員となりました。このため、仙台で夕方の講演会を別に設定しました。下記のフォームからお申込みください。

12月13日(火) 15時半開場 16時開始~18時

申込専用フォーム
http://kokucheese.com/event/index/23418/

場所:仙台市体育館 (研修室)
    宮城県仙台市太白区富沢一丁目4番1号

アクセス:地下鉄「富沢駅」で下車の後、案内板に従って約5分で到着。

無料駐車場あり:A駐車場限定75台先着(ほか有料Pあります)

会費:500円

託児なし

未来へつなご~会
  

 

 

 

  
  
====================================
埼玉県志木市でも講演会を行うことになりました。
 
「木下黄太講演会 in 埼玉県志木市 福島第一原発事故後の今」
 
日時 12月18日(日)
時間 18時15分~20時15分(質疑応答含む)
場所 しきふれあいプラザ(丸井ファミリーフォーシーズン志木8F)
    
    東武東上線志木駅東口徒歩1分(マルイファミリー志木 志木駅改札を出 て右手)
ふれあいプラザ専用の駐車場はありません。丸井地下の駐車場(市営)もしくは近隣のコインパーキングをご利用
下さい。なるべく電車でお越しになることをお勧め致します。
 
              
参加費: 一人500円
託児はご用意できませんが、お子様連れでのご参加もお待ちしております。

ご予約お問い合わせ
kodomosukoyakashiki@yahoo.co.jp
吉川

 

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特定の検査会社や特定のクリ... | トップ | 文京区母親橋本病中学生長女... »
最近の画像もっと見る

59 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本人は海外に行く事が制限される日が来る? (ファニー)
2011-12-11 09:43:25
汚染のせいでその人自身や荷物が危険だとすると、国際線とかに乗るのも問題になってきますよね?成田を利用する航空会社では何か動きがあったりするのでしょうか?もしまだだとしても今後そんな制限もあり得るのでしょうか(拒否さsれないまでも日本人だけ特別な除染をされるとか)?

先日、札幌の知人が、東京からの知人の訪問に危惧を抱いていました。私はそれ程神経質ではありませんが、さすがに原発30kmとかに住んでいる人を家に泊めるのは嫌です。海外の人々が日本全体を危険と見なしても不思議はないような気がします。
国の測定 (Unknown)
2011-12-11 10:03:36
高山環境政務官が静岡市内でがれきの放射能について「国が測ったものでは信用されない。国も測っているがその上で自治体にも測ってもらいたい」と発言。同席した静岡副知事が不信感を表した、と毎日新聞に載っていた。静岡市でなんで??静岡は何で受け入れたいの?引きつづき、静岡県・沼津市、静岡市に抗議お願いします。率先して受け入れられたらお終いです!!
瓦礫受け入れ情報 (北海道人)
2011-12-11 10:06:23
>渡島広域連が受け入れと問題になっておりましたが

→ttp://d.hatena.ne.jp/eupharasia42/20111208/1323369275

上記ブログで道に受け入れ現状で不可能と解答する予定だそう


>名寄市

加藤市長はブログで市民に対し、
『痛みを分かち合う「覚悟」が必要なのではないでしょうか。』
と述べている。

広報で痛みを分かち合うと市民に理解を求めたそう。

-名寄市問合せ先-
E-MAIL:nayoro@city.nayoro.lg.jp
TEL:01654-3-2111




>オホーツク海側

『美幌町』『清里町』

☆美幌町では

『誤報が流れている』
というものの
『では受け入れしないとはっきり住民に公表すればよい』
というと
『それは今の段階では無理』

という。
その理由が、現在新しいゴミ処理施設建設のため、国からお金を補助して頂いているからだそうです。
そもそもそのお金は皆からの税金では?

だけど
『今の段階で住民に説明する必要はない』
『国からの要請が来たら住民説明会を行う』

と言っていましたが、放射能に対する知識はゼロ。

なので反対意見を皆様にもご協力お願いしたいです。

※美幌町は7000トン埋め立て空きがあると回答

--美幌町役場--
電話(0152)73-1111
FAX (0152)72-4869


☆清里町

清里町も上記美幌と似たり寄ったり。

※清里町は焼却での空きを解答したそう。

--清里町役場--

電話(0152)25-2131
FAX(0152)25-3571


上記オホーツク海側の役場職員はどちらも放射能に対する知識はない。
美幌町の町議一人に問い合わせたところ、
『レントゲンと同じだから心配するな』
というありさま。

どうか正しい知識をお持ちの方、お力をお貸し下さい。


大阪市長の橋本さんでも正しい知識を知り、迷い始めたということで、本当の放射能の恐ろしさをどうかにか伝えて生きたいと考えております。

私も何度も電話しています。


>苫小牧市

メール  info@city.tomakomai.hokkaido.jp

※苫小牧市に瓦礫が入ってくると本当に困ります。。

港町なので、そこから瓦礫を道内に運べちゃいますよね。

どうか阻止するためにご協力下さい。
港町で受け入れに積極的なのは苫小牧のみですので、ここを阻止することはとても重要と思います。

まず小さい町全てを受け入れ拒否組とし、苫小牧を追い詰めていく、最終的に拒否せざる終えなくなるような構図でもいけるかもしれませんし、全ての自治体に連絡をしていただけるとありがたいです!

苫小牧は、住民の受け入れ反対の陳情を不採択としたこと、放射能に対する知識が全くないと見ております。


どうか皆様、大阪市長の心を動かせた皆様に協力していただけたら、本当に心強いと感じております。

よろしくお願いいたします。

畏れを 昔の人のように (マツダマツコ)
2011-12-11 10:48:09
 おはようございます。ゆうべ所用から戻り車を下りたのは23:20頃。気が付くと空は晴れ、いつも以上の美しい冬の星座に(放射能が覆う前の空との違いをいつも通り訝りつつ)思わず上天を見上げました。
 凍りつきました。頭の真上に球体があったから。飛んでくるバレーボールみたいに。
 月?え、でも、球体に見えるのはいつもだと、思いきり想像力を働かせてやっとそう見えるし違うもん(物)?じゃ なに?何が飛んでる?なにが浮かんでる?なにが地球に近づいてる?携帯をかざしシャッターを切ると、興奮も手伝って手がブレて光が軌跡となり火の玉みたいに写ったりして、そうこうしている間(30分)にそれ自身はどんどん赤みをましてオレンジの球体になっており。
 空をひたすら見上げながら、古代に小惑星が地球にぶつかり地上に大きな衝撃を与えたと聞いていたことなどを思い出し、これは放射能を地上にばらまいて生きとし生ける生物を苦しみのなかに陥れてしまったわれわれが今度は天からもばちを与えられるのかと空から一時も目が離せなくなっていました。そしてカメラを構え(メガネ・マスク着用)、携帯のニュース速報を確認しつつ(何もない)、大気圏に突入するときのその物体の起こす衝撃風やらなにかを想像し、かたく身構えつつ、しかし逃げることも考えられず、そのときを待っていました。運命?こうやって私は終わるのかなと考えたり。
 子どもが何してるん?と出てきて ネットで調べたげるわ、あ、皆既月食なんやてと 解説してくれるまで、ひたすら一人畏れの時をすごしました。
 これまで特に天体現象に興味を持ったことのない52歳です。前の私だったら、同じ月を見ても何かの現象だろうとまず理性の判断から分析を始めていたはずなのですが、人類史のターニングポイントに立ち、わたしたちを取りまく大自然の前でこうべを垂れることからあらたに生き直そうとするこの時期には、私の愚かさもふくめ本能を認識させてくれた良い体験だったと思いました。
 すみません、目撃されていない方にはうわごとのように聞こえる投稿になってしまいました。大自然の前では凍りつきますが、同じ人間相手であれば ちゃんとアクションを続けます。。
避難してたけど甘かった (Unknown)
2011-12-11 12:05:41
放射性物質を甘く見すぎていました。

娘は1歳の子を連れ3/15から4/末まで西日本に避難し、2週間千葉に帰り、以降再び避難し、それからは戻っていません。
千葉の家にいた2週間の間に、ハイハイをしていた子の手に赤い湿疹と、太ももは赤く大きくかぶれていました。
避難先では治っていきました。
その時はそれが放射能のせいだとは思いませんでしたが、11月に、私は避難先から帰り、1ヶ月ぶりに床の拭き掃除など一日していたら、ガンガンするほどの酷い頭痛になり、家の中でも被曝することにショックを受けました。
庭の土壌は670Bq/Kg・空間線量は室内で0.08~0.15の、ホットスポットとは呼ばれていない市です。

娘の夫は外廻りの営業・・洋服などに付いて放射性物質が家の床に落ちていたのでしょうね。

頭痛が酷かった私は、命の危機さえ感じました。
そして、木下さんのブログ、皆さんのコメントを、今まで以上の危機感を持って読みました。
避難していない夫達も、一刻も早く避難しなければ命が危ない・・家が・・仕事が・・って言ってる場合では無い。だって命が無くなったら何もならないよって説得しなきゃ
それにしても平気で歩いてる街の人々、無防備な赤ちゃん、子ども達、本当に何でもないの?

そっか、放射能のせいとは気づいてないんですね・・。
内部被曝 (ちぃ)
2011-12-11 12:29:37
うちにも若い妹がいますが、周りの友達と普通に今までと同じように、ファミレスやマック、コンビニ、お菓子何一つやめないし、何度話しても無駄で咳がずっととまらず、病院通いしてます。親や友人も、私をきちがいだと思っていて誰も聞かないです。原発が爆発して関西で食べ物の危険を訴える私はきちがい扱いです ですが家族が病気になったらお金もかかるし大変だし、やめて欲しいです 皆さん説得はどうされてるのでしょうか?親は、もう六十だし食べ物を制限するのは気の毒だけど妹はまだ二十代でこの先不安です。
内部被ばく (山田義範よっしい)
2011-12-11 14:19:07
私の所に3件の内部被ばくと思われる方からの便りが有りました、その中の一人の方は、九州に避難していますが、もともとは関東の人です3,11以降十分に気を付けていたと言いますが、家族4人そろって体調不良で、動く事も出来ず、痛み止めを飲んで寝ている日々を送っています、だんだんひどくなる痛みに、耐えかねて、どのような薬を飲んでいいのかと私に尋ねてきます、まだ子どもさんたちは3人いて幼い子もいてその子たちも、被ばくしていると思われる状態です、かわいそうに思います、こちらからは、毎日出来る限りのアドバイスをしております,
もし2重投稿になっていましたらお許しください
Unknown (江東区2児の母)
2011-12-11 15:22:30

がれき受け入れの抗議の電話、微力ながら東京から毎日かけ続けています。

大阪も府や市や維新の会はもちろん、まわりの市にも(枚方市、吹田市、豊中市、堺市、寝屋川市、高槻市などなど) かけられる日は毎日続けてます。

関西広域連合の地域にも電話しています、京都府、鳥取県、滋賀県などなど

焼却することで、まわりの県にも必ずなんらかの被害がでるのですから…

九州の武雄市の時も、まわりの町や市にも電話をしました。

私にできることからひとつひとつやっていきます。
今までにも奈良県や広島県徳島県、新潟県などにもかけました。

明日からも、引き続き大阪や北海道、静岡などに声をあげていきます!!!
電話を続けていて、感じたことは…本当に各都道府県や市町村によって放射能に対する考えや対応がこんなに違うのかと…愕然としました。必死で危険性を訴えても電話口で笑われたりした県や市町村もたくさんあります。移住や避難を考えてますが、意識の高い地域に住もうと考えています。
木下さんをはじめこちらのみなさんのコメントも私の日々の行動の励みにさせていただいてます。貴重な情報だったり、私ひとりでは考えつかないことだったり、色々と深く考えさせられたり…このような場があるのは本当にありがたいです。

木下さんいつも貴重な情報をありがとうございます。これからも応援しています。
Re>日本人は海外に行く事が制限される日が来る? (ファニー) (D013)
2011-12-11 16:16:45
放射性物質は上空に高濃度で漂っています。ありていに言えば、日本発着便に限らず、北半球を飛行する全ての航空機が放射性物質に汚染されている可能性があります。

私の体感では、311以降、国内外に拘わらず、離発着前後のある高度に差し掛かると、酷い頭痛、というより、歯から目まで、頭部全体の神経に強い痛みを感じるようになりました。一般航空機には放射能フィルターなんてありませんから、もしかしたら高濃度汚染大気を吸ったかもしれません。

目的地到着後も安心できません。デリー、マニラ、釜山など主要な国際空港もひどく汚染されているなと感じました。空港のレストランなどで、ひどい頭痛を感じた時、辺りを見渡すと、ほぼ例外なくそこに航空会社搭乗員のグループがいらっしゃいます。私見ですが、彼らもかなり被曝しているのだろうと推測されます。

>日本人は海外に行く事が制限される
当分それはないでしょう。渡航手段がそれだけ汚染されているのに、日本人だけを対象に制限をかけるとは考えにくいからです。日本人に対する制限を認めれば、それは世界の航空・流通産業の存亡に関わる大問題に発展するでしょう。おそらく、各国ともそれを言い出せずにいるのだと思います。ここでも世界的な経済利益優先の思想が垣間見られます。
百Km以上離れている (ぐんそう)
2011-12-11 16:22:47
郡山市に住む親戚に爆発後避難を勧めましたが距離があるから大丈夫と聞き流されました。
私は北海道在住ですが、その親戚からお歳暮と称して地元のお菓子が送られてきました。
拙宅は室内での空間線量が大体0.08~0.1程度、ためしにお菓子を測ったら0.2μSv/hオーバー。
菓子そのものなのか包装に付着しているのか分かりませんが、とりあえず危険なので食べないことにしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事