「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
更に重要なことはメルマガで展開します。

文京区母親橋本病中学生長女びまん性甲状腺腫小5次女リンパ腫れ視力低下小1三女甲状腺にのう胞

2011-12-12 00:46:29 | 福島第一原発と放射能

日本の医師が、きちんと放射能に対して知見がないことを示す対応がみられます。

母親が橋本病、長女の中学生が単純性びまん性甲状腺腫、小学五年生の次女がリンパ腫れ、急な視力低下、小1三女が甲状腺にのう胞ができています。遺伝的家系的に甲状腺の異常はないそうです。

ある専門家は「放射性物質の影響は間違いないし、医師が対応を避けている話と思います。ヨウ素以外の核種が、影響を与えていることは間違いないと思う。由々しき事態だ。ちょっとした、環境の差、偶然によって被ばく量に大きな差が出ていることを示すものにもなるとおもいます。」

=======================================================================

体の痛み痺れと戦いながら下見、学校の手続き家の契約を一人でこなし何とか10月末に福岡に子供と避難する事ができました。

感謝です。
精神的には楽になりましたが、体調不良が続き困っております。再度ご相談させてください。
 
夫五十代、私四十代、長女中2 次女小5 三女小1。
 
 3月14日 家族でヨウ素剤服用
 3月15日朝6時 家族5人で車で避難。東名経由で9時ごろ静岡13時滋賀 静岡からは外気を入れてしまった。
 昼ごろ耳の下が痛かった。
 
 3月17日 夫は空路東京へ戻る
 
 4月1日まで長崎に滞在
 4月2日から10日日東京 始業式入学式等あり普通に生活。ただし水食べ物はすべて海外と西のもの
 4月11日から7月25日まで長崎
 ただし長女は転校を拒否して東京に残る
 
 7月26日から10月25日まで東京都文京区 マスク、食べ物飲み物は取り寄せる。学校は弁当持参
 10月26日から福岡に
 
夫、現在も東京在住
7月からずっと喉の不調。空咳。
11月に血痰。スコープで見てもらうが乾燥のせいといわれる。
 
 私の症状
 3/15  耳の下の痛み
 5月  ひどいうつ状態に また耳の下と首のリンパの痛み(長崎にて)
 7月  喉が痛くなる(長崎で)
 
 7月28日 首の後ろから肩にかけてひりひりずきずき痛んで眠れない
 8月    近所の内科受診 血液検査 白血球が基準値より低く赤血球も少ないが異常といえるほどではない
        更年期の不定愁訴?精神科を勧められる。
  
    中旬 微熱36.8から37.3位続く
         だんだんと腕、足と痛みが広がる。体の筋肉がぴくと脈打つように痙攣する。場所は不特定
         腕足、の筋肉に小さな虫がいてうごめいている感じ。
 
    下旬 手のひら足の裏などに電流が走るような鋭い痛みが走るようになる。
        耳の下、首からあごにかけてずきずきと痛む。リンパか?
        関節痛(ひざ、肩、肘、手、足首)
 
 8月は起きていることができず殆どシップとアイスノンで冷やしながら寝てすごす。 
 
 9月    しびれるような頭痛がする。めまいも始まる
       喉がからしを塗ったように痛む(耳鼻科受診も所見なし)
       口の中がひりひりする。
       動悸
       手の振るえが始まる
 
10月   鼻の脇(副鼻腔?)が痛む。
      膀胱、性器の周りが ひりひりする。 
      わきの下から二の腕がずきずき痛む。(リンパか?)
      左胸の痛み
      歯の根元がしびれる感じがする。
 
11月  視力の異常な低下。霞がかかった感じ
     生理がこなかった
 
12月  上記症状の全てが継続。
      日によってそれぞれが強く出たりいろいろで必要最低限の家事をこなすのが精一杯で殆ど寝ています。
      特にリンパの痛みと筋肉のしびれが強くてつらいです。
 
また12月1日の健康診断で左乳房に5ミリから7ミリのものがエコーで発見され、専門病院を予約中です。
 
長女  6月からアトピー悪化。幼児期はあったが7,8年治っていた。
     8月耳の下の痛み
        頭痛
        唇の周りのひどい湿疹 
        生理不順
     9月手足の関節通
     10月おなかの筋肉の痛み(運動は何もしていない)
     11月目のかすみ
     12月歯が痛い(虫歯など異常なし)
 
次女  8月頭痛
        のどの痛み
       たんが絡み1分に一度くらいの咳払い。音楽の時間歌が歌えないくらい
       倦怠感
       眠気
       耳の下の痛み
     12月急激な視力低下 6月1.2がなんと0.3と0.5に   
 
三女  4月からおねしょ(保育園のとき少しあったが治っていた)一晩に2回することもあり
     7月鼻血3回
     8月鼻血3回 前触れなく突然ツーと出る
       喉の痛み 絶え間ない咳払い
       耳の下の痛み 
     9月朝起きられなくなる。学校を休みがちになる。だるさを訴える
     (移住後眠そうだが起きられるようになる。おねしょも回数が減る)
     11月 足がしびれると何回か訴える
          時々膀胱とお尻の穴がしびれると言う  
          クラスで一人だけ吐き気を伴うおなかの風邪で3日間休む
      12月喉がガラガラ
          首の痛み
 
子供3人ともクマがひどかったのですが移住後は少し取れたように感じます。
 
  10月表参道の伊藤病院にて甲状腺検査を受けました。
  私と長女は血液とエコー
  次女と三女はエコーのみ
 
結果 私は橋本病といわれる。甲状腺はびまん性肥大。6ヶ月から1年おきに要経過観察。治療は今のところ必要ない範囲
    長女 単純性びまん性甲状腺腫 サイログロブリンの値が正常値より高いがホルモンは正常
    次女 所見なし リンパは少し腫れている
    三女 病的意義のないのう胞のみ
 
結果は私が行かれず夫が行ったのですが「奥さんは少しノイローゼ気味では」といわれたそうです。
また「日本人はチェルノブイリの人と違い海草などヨウ素を日常的に摂取しているしましてや東京で甲状腺に以上が出るようなことは考えられない」とも。
 
 
また文京区内の小児科で子供達の血液検査などお願いしようと受診しました。耳の下の痛みを訴えてると言うと
「東京で被曝はありえない。絶対ない。耳の下は歯並びとあごの骨の疑いがあるから口腔外科へ行くように。
 お母さんが心配しすぎないでドーンと構えてないと子供の精神状態にも影響します」
かかりつけでよく見てくださると信頼していた小児科だったので言葉を失いました。
 
 
ただ東京でも私ほど症状の出ている方は少ないように感じます。
次女、三女の文京区立小学校でもマイコプラズマが流行ったもののそれ以外子供、保護者の体調不良もあまり聞いていません。
長女の学校は葛飾区ですが聞いても関心もないのか驚くほど日常です。
 
自己分析に過ぎませんが3月15日午前中プルームとともに移動してしまったのが原因かもしれないと考えています。
200キロより300キロ400キロのほうがチェルノブイリでは被害が大きかったとも聞きます。
東京在住で15日に普通に過ごされた方より多く被曝した可能性があると見ています。
 
===================================================================
本日松坂の講演会も残り10人で満員ということです。 
「木下黄太講演会 in 松阪 福島第一原発事故後の今」
              
日時 : 12月12日(月曜日) 18時30分開演
場所 : 松阪市カリヨンプラザ 3階 市民活動センター
        
 松阪駅から歩いて8 分。駐車場(無料)もございます。
参加費: 一人500円
託児はご用意できませんが、お子様連れでのご参加もお待ちしております。

ご予約お問い合わせ
「木下黄太講演会 in 松阪」実行委員会
メール veludousagi@yahoo.co.jp
  

=====================================

明日仙台の午前の講演会は、180席が満員となりました。このため、仙台で夕方の講演会を別に設定しました。下記のフォームからお申込みください。

12月13日(火) 15時半開場 16時開始〜18時

申込専用フォーム
http://kokucheese.com/event/index/23418/

場所:仙台市体育館 (研修室)
    宮城県仙台市太白区富沢一丁目4番1号

アクセス:地下鉄「富沢駅」で下車の後、案内板に従って約5分で到着。

無料駐車場あり:A駐車場限定75台先着(ほか有料Pあります)

会費:500円

託児なし

未来へつなご〜会
     

  
====================================
埼玉県志木市でも講演会を行うことになりました。
 
「木下黄太講演会 in 埼玉県志木市 福島第一原発事故後の今」
 
日時 12月18日(日)
時間 18時15分〜20時15分(質疑応答含む)
場所 しきふれあいプラザ(丸井ファミリーフォーシーズン志木8F)
    
    東武東上線志木駅東口徒歩1分(マルイファミリー志木 志木駅改札を出 て右手)
ふれあいプラザ専用の駐車場はありません。丸井地下の駐車場(市営)もしくは近隣のコインパーキングをご利用
下さい。なるべく電車でお越しになることをお勧め致します。
 
              
参加費: 一人500円
託児はご用意できませんが、お子様連れでのご参加もお待ちしております。

ご予約お問い合わせ
kodomosukoyakashiki@yahoo.co.jp
吉川

 

  

 

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (75)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京都下(西部)1000人規模の... | トップ | 池袋勤務の34歳女性。丸の内勤務... »
最近の画像もっと見る

75 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-12-12 01:36:52
何も気にされてない方より、自衛されてるように思うのですが、何が原因なんでしょうか?
初めの段階の被爆でしょうか?
私も 勉強しながら手探り状態で自衛してますが、この方の用に 最善を尽くしてるつもりでも、何かミスをしてるんではないかと心配になりました。
助けられるだけ助けたい (出来れば全員)
2011-12-12 02:48:56
3月15日に外に出てしまった人が多いですね。
東京のテレビでは一切放射性物質が飛んできていることは放送していなかったので仕方ないですが。
まだ気をつけていた人はいいほうだと思います。
何も知らずにずっと外に出ていた人も多いと思います。
何を言っても無反応。自分の頭で考える事が出来ない、正しい事と正しくない事の判断も出来ないような人間がとても多い事に気付きました。
人間って何なんだろうとか思います。
心理学の世界ですね。

ヒトラーの予言
…“2つの極”はますます進む。1989年以後、人間はごく少数の新しいタイプの支配者たちと、非常に多数の、新しいタイプの被支配者とに、ますます分かれていく。一方は、全てを操り、従える者。他方は、知らずしらずのうちに、全てを操られ、従わされる者たち。

それをもっとはっきり言えば、人類の一部はそのとき、人類から、より高度なものに進化して、神に近い生物になっている。人類から神のほうへ進化するのだから、それは『神人(ゴッドメンシュ)』と呼んでかまわない。

残りの大部分は、これも進化なのか退化というべきかわからないが、一種の機械になっている。ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの、完全に受動的な、機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。それまでの気候異変と環境異変、政治と娯楽と食物、それから起こる突然変異が、そのようなロボットのような人間を大量に生み出す。

ただロボット人間たちは、与えられ、操られていることを意識できないようになる。自分たちの意識では、何もかも自分で選択して勝手に生きているのだと思う。しかし、じつは神人たちがすべてを見通して、管理工場の『家畜』のように彼らを育て飼うことになるのだ。

こうして人類は、完全に2つに分かれる。天と地のように、2つに分かれた進化の方向を、それぞれ進みはじめる
助けられるだけ助けたい2 (出来れば全員)
2011-12-12 03:03:41
もちろん日本の政治家、企業のかた達も、与えられ、操られていることを意識できない家畜の方です。
金や武器を与えれば奪い合い殺しあう人間は、獣と言うこと。
どこにいても (みつまめ)
2011-12-12 05:57:45
昨12月11日、東京・日比谷での「再稼働反対全国アクション」の集会・デモに行ってきました。

おもに東京電力をはじめとする、電力8社と、経産省への抗議のためです。

原発の再稼働はもちろん、放射性物質の拡散、事実の隠蔽(いんぺい)、ストレステストというウソ、不誠実な賠償、福島の人たちが避難することへの妨害……もろもろの非人道的な行為を、ただちにやめよ、自然を返せ、福島を返せ、子どもたちを守れ……と、1500人以上は、いたでしょうか、志を同じくする人たちと叫んできました。

日曜日の午後から夕方にかけ、都心の道を7勸幣紊睚發ながら気づいたことはたくさんありましたが、そのうちの大きなものを3つだけ。

1)東電前には、日の丸を打ち振り、「反原発デモ粉砕」「反日集団は日本から出てゆけ」と口汚くののしる人たちが20人ほど。ついに、「彼ら」は、ネオ・ファシスト集団をも動員しはじめたようです。

2)日比谷、有楽町、東京駅前、銀座といった、日本を代表する繁華街を行き来する歩行者、自動車の人々の視線の冷たさは、いちだんとその度合いを増しているようです。「まだそんなことやっているの?」「早く通させろよ」といった感じです。

3)デモ・集会の参加者の多くが、中高年の人たちだったこと。これまで、多くの集会やデモに参加してきましたが。こんなことは初めてでした。たぶん、最も意識が高く行動的な若い人たちは、歯が欠けるように首都圏をあとにしてしまったのでしょう。

以上をまとめて考えてみると、原発や放射性物質の拡散をめぐる状況は、いちだんと厳しくなっているように思えてなりません。

とにかく、「彼ら」原子力ムラや電力マフィアなどと呼ばれる人たちは、福島第一原発の世界史に汚点を残す大事故を反省するどころではありません。各地で原発の再稼働を強行し、福島由来の放射性物質を全国に拡散させ、技術的にも未熟な原発を海外に輸出しようとさえしている。

かくいう私も、いよいよ東京は人の住む環境ではないと判断し、遅まきながら移住への具体的な方策を練りはじめているところです。

ただ、どこに移り住もうが、生きているかぎり「脱原発」「放射性物質の拡散反対」「原発事故被害者の人権を守れ」の声をあげつづけようと決意しています。
行政に声を届ける議員を選ぶのが選挙 (磯子区選挙)
2011-12-12 08:33:57
来週日曜日投票、横浜市議会議員・磯子区補欠選挙があります。
これまで選挙があっても、候補者は「ポスターの人」であり、街頭演説も子連れでは聞き流す程度、配布されるビラに目を通しても身近に感じることのない存在でした。
だからか、選挙はいつも盛り上がりに欠けていると感じます。

しかし議員は市民の代弁者であると、特に今回痛感し、私たち子育て世帯の不安や思いに対してどのような考えがあるかを知り、投票する際の参考にしたいと思い、友人から聞きたい事を集め、質問状を作成しました。

組織票で当たり前に当選するような選挙に疑問を持ち、「放射能」について理解がある人、子どもを守る事を優先する議員が増えて欲しい、そうしないとおかしな状況は変わらない気がします。
横浜は給食で汚染牛が出ても、謝罪の一言さえありません。
だからどう考えているのかを知って、有権者それぞれが一票投じたくなる選挙にしたい!
こんな事をするのは、違法でしょうか? http://ameblo.jp/hoketusenkyo/

公職選挙法も今回勉強になりました。
選管、警察の人とのやり取りも掲載してあります。
色々と知って、これでは投票率も上がらないと思いましたし(関心持ちづらい)、組織票で当選する陣営からしたら、こうして関心が薄いままでいてくれるほうが好都合なんだろうと思いました。
よろしかったらご覧ください。
http://ameblo.jp/hoketusenkyo/

瓦礫の受け入れなどに関しても、「全会一致で否決」などはとにかく議員の知識と意識が重要です。
だからちゃんと候補者を選んで、選挙に行って投票しないと、何も変わりません。

地域限定なのですが、多くの対象地域の人に見てもらって、候補者を選んで一票を投じて欲しいと思います。
対象地域でなくても、議員を選ぶという視点でブログをのぞいてみてください。

私自身は小さい子どもがいるので、ここでの生活はもう長くできないとわかっています。
ここに住み続けても大丈夫だという安心材料が私の感覚では1つも見つけられない。
と、わかっていながらも今はまだここにいるので、いるならしっかりやろうと思ってこんな事をしてみました。

木下さん、いつも情報発信、講演会などの活動有難うございます。
メッセージをしっかりと受け止めているつもりなのに、行動していないのは「頭だけでわかっているつもり」なんだろうと日々反省しています。
今後ともよろしくお願い致します。

このようなコメント投稿、場違いな情報で申し訳ありません。
Unknown (haru)
2011-12-12 08:37:35
放射性物質に特に敏感な方なのではないでしょうか。少しの被ばくでも症状が出る人もいるし、出ない人も。個人差があると思います。
ほとんどの人は症状が出ていても見逃してしまっているんではないでしょうか。
静岡県 がれき受け入れ (避難 母子)
2011-12-12 09:36:28
静岡県川勝知事が岩手県の環境生活部長や高山環境政務官、細野環境大臣を呼んで各市長村長に必死で説明や受け入れ要請をしています。
静岡県庁にはまだ100件ほどの電話しかなく、静岡市役所には130件だそうです。
せっかく避難して来たのに、子供達をこれ以上被爆させたくありません!!
皆さんの力をどうか貸してください!!
お願いします!!

静岡県庁 廃棄物リサイクル課 054−221−2424

静岡市役所 廃棄物政策課 054−221−1075
chocolateさま (Unknown)
2011-12-12 09:38:36
静岡県の情報、ありがとうございます。さっそく県に抗議します。
静岡県民としてくやしくて仕方ありません!
Unknown (私は大阪に避難しました)
2011-12-12 09:59:31
江戸川区から大阪に引越しです。
今の所子供も症状は良好です。
大阪で放射能を気にしている人なども見た事がありません、そして都内もそうでした。
ノイローゼとか言われると頭にきますよね。気にしないほうがおかしい・・・・・移住は正解だと思います。
民間の産廃処理業者? (キコリーナ)
2011-12-12 10:25:26
これほど危機感を持って色々と対策をとられていても、家族中にこのような症状が出ているということが非常にショックです。おっしゃっているように、3月15日午前中にプルームとともに移動してしまったことが原因なんでしょうか?
3月に、全く危機感を持たずに普通に生活していた人たちはどれほど被曝をしているのでしょう・・・。

ところで、
関西以西でも健康被害が報告されていますが、

/品による内部被曝はもちろん、
■複劼硫瀛や人が放射性物質を運んでいる。(JRの駅周辺や沿線付近は高いとコメントされている方がいましたが本当にそうです。)
2辰┐討垢任北唄屬了唆版儡物処理業者が被災地のがれき処理を行っているのではないかと疑っています。

我が家は九州への移住計画中で、何度かにわけて下調べに行っています。
親戚、知人が一切おらず土地勘もないので…。

福岡県、熊本県、長崎県の三県で線量を計ったところ、想像以上に高いところが多く場所によっては神奈川(海沿い)の自宅付近よりずっと高いのです。

まず共通しているのは中心部、特に繁華街は高いという事です。特にホテルの部屋は驚くほど高いです。ちなみに熊本市内のホテルは二箇所とも0.2μSv/hを超えてました。これらは人が放射性物質を運んでいると想像できます。

それから福岡市〜北九州市のJR沿線はどこへ行ってもそれなりに線量が高かったです。人の出入りの激しい博多だけでなく、北九州へ向かうJR沿線の寂れた町もです。後からわかったのですが、北九州市の民間の産廃処理業者が、震災以前から流山市の廃棄物を請け負っているんだそうです。もちろん震災後も継続。
高い線量の原因は人やJRに加え、この廃棄物処理にあるのではないかと思います。

長崎市も中心部はそれなりに高く、それは想像通りでしたが、驚いたのは隣の諫早市と空港のある大村市の、JR沿線でもなく、繁華街でもないところも高いことでした。
諫早市の閑静な住宅街よりも長崎市内の山の斜面の住宅地の方がよほど低いのです。

諫早市内を運転中に0.42μSv/h(SOEKS)と高線量が出たので横を見ると空のダンプカーが追い抜いて行ったところでした。
そこで検索してみると、諫早市、大村市は産廃物処理場が非常に多く集まっているところでした。
この事から、すでに各地で民間業者がれきの処理を行っているのではないかと疑っています。
この件に詳しい方がいらしたらぜひ教えていただきたいです。

慎重になってしまっていて、移住先がなかなか決まらない状態です。しかし危険な関東からは一刻も早く非難しなくては!と焦ってもいます。
できるだけ早く九州へ移り、マンスリーマンションなどで仮住まいをしながら移住先を探すのがいいだろうと考えています。
Unknown (hiroko)
2011-12-12 10:26:51
放射能問題に限らず、いつも思うのですが、「母親がドーンとかまえていないと子供の精神状態に悪影響がある」という言葉がどれほど母親を傷つけるか、言う方はわからないのでしょうね(私も同様の経験があります)。
子供の状態がいつもと明らかに違うから心配して相談するのに、心ない言葉を投げつけられてさらに右往左往する羽目になるんです。子供を守ろうとして、おまえはバカだっていわれてるようなものですから、子供に対する心配に加えて自分を否定されたようなショックで途方にくれるんです。

母親がドーンとかまえていれば鼻血止まるんでしょうか。セシウムが尿に出ていても大丈夫なんでしょうか。覚えのないあざが減るんでしょうか。リンパの腫れがひくんでしょうか。母親の態度と被曝症状を結びつけるのがまともな医学なんでしょうか。

母親のカンは侮れません。冷静になって顧みてもおかしいと思ったら対策を取るのが当然です。私も、改めて周囲の楽観論に流されないようにします。
Unknown (かな)
2011-12-12 11:30:28
初期のフォールアウトの時期については、慌て逃げた方より、冷静に留まっていた方のほうが、被曝が少ないのかもしれませんね。
放射性物質の雨にさらされるんですから。
どうも気になる (茨城県民)
2011-12-12 12:00:31
いつも記事をありがとうございます。

ものすごく気になるのですが、症状が出ている人は3/15に避難していたという事実と、ヨウ素剤を飲んでいたことですが、気になるところは、そもそも普通の市民がヨウ素剤なんて持ってませんよね。それに当時プルームの情報なんて分からなかった。これらの方々は、ヨウ素剤の入手とプルームの情報の入手をされています。政府関係者?東電関係者?マスメディア関係者?それとも、まさか映画のようなエリートコミュニティでもあるのでしょうか?
何故、当時、危険なことをみんなでシェアできない社会なのか気になってます。
所詮、その程度の社会や国民性なのでしょうか?
ヨウ素剤服用のせい? (ファニー)
2011-12-12 12:13:20
「3月14日 家族でヨウ素剤服用」が悪かったのではないでしょうか。私も勉強不足できちんと数字等はコメントできませんが、ヨウ素剤服用は「最悪の事態を避けるために体に悪いがあえなく服用する」というものであり、14日の東京レベルでの汚染はヨウ素剤を服用する程ではなかったと考えます。ただ、それだけでこのような症状が次々と出てくるとは考えにくいですが。。。明らかに食事等も気をつけていらっしゃるし、ご家族全員が体調が悪いということで何か共通の間違いを犯してしまったのか、気になります。

それにしても「東京なら汚染の心配は絶対にない」と言い張る医者って何なのでしょうね。勉強してみようという謙虚な姿勢が少しはないものか、悲しくなります。
三重県津市 (花)
2011-12-12 12:31:11
本日、参加させていただきます。こちらでよくみかける考えの主人になんとか参加してもらおうと思ってます。よろしくお願いいたします。
症状 (Unknown)
2011-12-12 13:00:03
明らかに被曝症状だと思いますが。
鋭敏に感じる人とそうでない人は居るでしょう。
被曝を気にしない人は、身体の異常も気にしない、ということはありうる。

動いてしまった事で、逆に被曝をしてしまったのかも知れませんが・・

恐怖にかられる事で免疫を下げてしまい、被曝症状が強く出てしまうことは、
山下さんではないですけど、ありえます。
この精神作用はかなり強力です。

いずれにしも、東電も国家も何もしてくれませんし、苦情を言ってもクレーマー扱いされるだけなので、しっかり自分で身を守るより他に無いです。
Unknown (ダメもとで試してみてください)
2011-12-12 13:48:01
文京区のお母さんへ
 EMW(家庭用EM菌 500ml 1050円)を今すぐ注文して使ってみてください。
 アイボンにEM菌を混ぜて目を洗ったり、お湯(ぬるま湯)にほんの一つまみの塩を入れてEM菌を混ぜて鼻うがいをします。うがいもEM菌を混ぜて行ってみてください。4〜5日もすればかなり違うはず!
 もっとマイルドな方法としてはEM菌を加湿器に混ぜて、そのミストを目に当てる、鼻から吸い込むという方法も良いとおもいます。
 3月15日は月曜で多くの人が食らっているはずです。22日頃の第二段を避け、食材にも気をつけている人でもひどい症状が出てしまっていることを知ってとてもショックです。7〜8月も放射能漏れていたようで、空調再稼動の季節でもありますし多くの人がそこで不調になっていますね。咳をしている人、のどの不調の人は東京では「何割」といったレベルでたくさんいます。せっかく避難したのですからなんとか回復されますように。
子どもの検査 (茨城在住)
2011-12-12 14:31:24
いつも情報をありがとうございます。

夏から秋にかけて
亜急性甲状腺炎になりました。

10歳の娘の甲状腺が腫れていると気が付き、
いつもかかっている小児科へ連れていきましたら、大きな病院でエコーと一緒に血液検査をしたらいいでしょうとアドバイスをいただいた。

血液検査だけでもしてもらないか?といったら
できないと言われた。

記録として・・・・
追記 (チロル)
2011-12-12 15:16:29
追記です。
甲状腺ホルモンの検査でTSH(甲状腺刺激ホルモン)が正常範囲内でも3.0以上の数値は、軽度の甲状腺機能低下症が考えられるそうです。
甲状腺科の医師も血液検査で数値に異常がなければ、身体症状は出ないと言ってきますが。
正常範囲内でも機能低下症の様々な症状を自覚できます。投薬で症状は安定すると思いますが、なかなか薬を出してもらえない実情があるようです。
ファニーさん (命の息吹)
2011-12-12 15:55:10
そういった人をジャッジする事って必要でしょうか。
このお母さんも必死に我が子を守ろうとしていたのです。
その結果不幸にも望んでいない結果になってしまった。

「何か共通の間違いを犯してしまったのか、気になります。」
...貴方様のおっしゃる様にこの記事を読んだ人はそう気になるかもしれませんね、しかしそれはご自分の心の中に置き、何が正しいかそうで無いか自分自身を戒めるべきではないでしょうか。


そして、傷つきながらもこういった例を私たちに教えてくださった方に感謝するべきなのです。
このご家族だってこのブログを見ているのですよ。

何だか貴方様のコメントは医学書に載っている症例について
意見しているようでとても冷たく聞こえましたので、乳母心ながら一言言わせてもらいました。

そういった心を持った人達を、はたして木下さんはお助けになりたいと思うでしょうか。
他人の痛みを感じる心を忘れてしまってはおしまいです。
私たち...人の心まで汚染されないように気をつけないといけませんね。





日本の将来を左右する (匿名)
2011-12-12 16:01:04
大阪への瓦礫受け入れを阻止することは、全国他地域への受け入れの流れを大きく変えるものになると思います。
これほど緊迫した年末年始を迎えることになろうとは思いませんでした。
本日も反対電話をしたところ、府によると日程の公表はまだ出来ないが次回の検討会議が計画されているとのことです。
ビデオ傍聴では住民の意見はあげられませんが…。
何とか橋下市長に瓦礫受け入れの危険性を理解してもらえれば、撤回もあり得ると思います。

東京都内での被曝と思われる症状の報告が増えているのはとても気になります。
食生活に注意している方でも被曝症状が出るというのはやはり15日と21日の行動によるのでしょうか?
また逆もありで、ブルームは避けられたがその後の食生活の内部被爆の蓄積による健康被害もあるのか。
いずれにせよ、被爆症状と詳しい行動・食生活などの統計をとっていけば、なんらかのパターンが明らかに
なるのでしょう。
木下さんが当初から呼びかけられていた通り、もはや東京は住めないのだと思います。
ブルームを既に吸い込んでいる、食材の産地や日用品の製造地が東が多い、飲料水を取り寄せても入浴・洗濯・
掃除の水ってさすがに水道水ですよね?また瓦礫受け入れで線量の上昇、通常のガイガーカウンターで
検知出来ない中性子の検出…。
今、症状が出た方は避難に向けて行動出来るのだと思います。
でも今症状が出ていないからといって放射線によるDNAの損傷を受けていないとは限らないのが本当に
恐ろしいところです。
大阪も汚染を全く免れているわけでもなく、10年20年先まで安全だというわけでもありません。
比較論であって、将来には汚染の少ない場所への移動を余儀なくされることもあるかもしれません。
日本の未来はそのような緊張感のあるものになり果てたと思います。
だからこそ、今出来ることを精一杯して、汚染を少しでも少なくする努力をしたいと思います。
秋田大教授らがただす 瓦礫を受け入れてはならない12の理由 (ML)
2011-12-12 16:43:59
『瓦礫受け入れ反対』を訴えるときに参考になります。



http://merx.me/archives/14917

---以下引用---
福島原発事故による汚染がれきの受け入れに反対している村上東・秋田大学教育文化学部教授が中心となり設立された住民グループ「放射能を拡散させない市民の会」のメンバーが12月8日、秋田県庁で記者会見を開き、放射性物質による健康への影響が否定出来ないとして、がれきを受け入れるべきではないと訴えた。
記者会見を開いたのは汚染がれきの受け入れに反対している「放射能を拡散させない市民の会」で、代表を務める秋田大学の村上教授は、
『がれきに含まれる放射性物質が国の基準を下回っていても、子どもの健康に影響が出る可能性が否定できない』
などとしてがれきを受け入れるべきではないと訴えるとともに、汚染がれきを受け入れた場合の安全性や風評被害による影響など12の項目について秋田県の見解をただす公開質問状を県に提出した。
----------
Unknown (yumiko)
2011-12-12 18:35:28
3.11より西日本遊牧生活を経て、香川の「おいでハウス」(福島や関東から避難してきた親子が共同生活している)に滞在されている JWAVE Lohas Sunday ナビゲーターの丹羽順子さんのブログより。
 でも後半(夏休みの)、、、子供たちはびっくりするぐらい、みんながみんな体調を崩してしまいました。口内炎から始まり、下痢、嘔吐、目やに、発熱が続き、咳、気管支炎になる子どもも出て来てしまったんです。病院にいって処方される薬もあまり効きません。専門的なことは分からないけれど、情報収集するところによると、「線量が高いところから低い所にうつってしばらくすると、たまっていた毒素が出て来て、体調を崩すことが多い」ということ。他の地域からもそういう事例を、いくつも聞きました。旅の疲れや、いきなりの共同生活、いきなりの激しい外遊び、パパがいない寂しさなどいろいろな要因が重なったとは思うけれど、素人目から判断するに、放射線物質のデトックス(排毒作用)が行なわれていたのだと思います。

 つまり、線量の低いところに移ってから症状が出るのは排毒症状で、体が快方に向かう過程なのですね。高線量の場所に居続けると、体も放射性物質の排毒が出来にくいため、むしろ症状が出ず、潜伏し、大病に繋がりやすいということだと思います。
子どもの検査 (茨城在住) (Unknown)
2011-12-12 18:43:16
そのお医者さん、正直者だとおもいます。
外部機関に甲状腺に特化した検査頼むと費用と時間がかかる、
なら大病院でやってもらいましょう、てことでは。
素直に「問題あるけどわからん」と認めたんだと思います。
いきなり大病院に行ってクソ医者に当たったら門前払いくらわされるかもしれないし。
来年は (Unknown)
2011-12-12 19:06:18
今年作付を見送った農家は来年度、作るのでは。
それが怖い。
北海道の瓦礫問題について(苫小牧市の回答) (北海道/伊藤和久)
2011-12-12 19:25:16
苫小牧市に対して、以下のメールを送った回答です。



北海道を愛する1市民です。
そして、農業を営んでいます。


震災・津波の被害は、本当に悲惨で、心が痛みます。

しかしながら、福島原発の事故は、空前の汚染を引き起こしました。
全国の土壌調査結果を見ましても(空間線量や航空モニタリングではなく、土壌の実測値)、
チェルノブイリを大きく超える大惨事であることが明確になってきました。

法的な意味での「放射線管理区域」(約40000Bq/屐砲冒蠹する汚染は、
少なくとも、北は岩手南部から、南は静岡、長野東部、新潟まで広大に拡散しています。

そのことを認識なされば、
瓦礫を全国自治体に分散させて焼却するような事態は絶対に避けなければなりません。

人の避難には手を差し伸べ、汚染物は絶対に移動させない。

これが日本を守る大原則です。

まして、汚染が極めて低レベルで済んだ北海道は、
今後の安全な食糧を生産する一大拠点としての自覚を持たねばなりません。

これらのことをご理解いただき、
瓦礫受け入れについては、即時撤回してくださる英断を希望します。

それよりも、逃げたくても逃げられていない人々を受け入れる力を結集しましょう。

心より、お願い申し上げます。

******************
以下、苫小牧市からの回答です



日頃より市政に御理解と御協力を賜りありがとうございます。
さて、電子メールによりお寄せいただきました御意見について、苫小牧市としての
現在の状況をお知らせいたします。

現在のところ、国や被災地自治体等からの災害廃棄物の受入要請はありません。

平成23年10月23日に環境省より北海道胆振総合振興局を通じて「東日本大震
災により生じた災害廃棄物の受入検討状況調査について」照会があり、本市といた
しましては、平成23年11月10日に北海道胆振総合振興局へ『被災地の復興支
援として災害廃棄物の受入れには協力していきたいと考えているが、現在示されて
いる基準や指針では安全安心の確証が得られる状況ではない。今後、明確な基準等
が示された場合、処理可能量等について判断することになるが、現状での放射性物
質に対する廃棄物の処理基準では受入れられないものと考えている。』と回答して
おります。
さらに、国には『国民の安全安心を確証できる放射性物質に汚染された災害廃棄物
の受入れの基準や指針を示し、処理基準を説明すること。』、また、北海道には
『道民が納得できる安全安心な放射能レベルを国に要請し、道民への説明を実施す
ること。』を要望しております。

災害廃棄物の受け入れについては、市民の安全・安心の確保が絶対条件であること
から、正確な情報収集に努め、窓口となる北海道とともに慎重な対応を行って参り
ます。

・・・・との回答でした。
南半球に (Unknown)
2011-12-12 20:29:22
子供の冬休み春休みに行こうかと計画してました。けれど、航空機や高度が危険という内容のコメントを見かけ、海外で身体を休めるメリットより渡航のリスクの方が高いのか、不安になりました。
どなたか正しい情報お持ちでしょうか?
3月15日 (エリー)
2011-12-12 20:37:26
3月15日に、知人からメールが回ってきました。要約すると、「15日〜17日までは外に出るな。絶対に雨に当たるな。放射能を避けよ」と書かれていました。とある研究機関関係者からです。
私はできる限り知人にメールを回しました。が、信じる人もいれば、鼻で笑う人もいました。
16日、公立学校は再開されましたが、私の近くの学校では多くの子供が休んだと聞いています。国から県には情報はいっていないのだ、と感じました。
Unknown (Unknown)
2011-12-12 20:44:43
汚染瓦礫焼却の反対のメルアド、ホームページを貼って貰ってる方が、他県からでも反対メールが、直ぐ出来るので、出来れば貼って頂けると、沢山 反対メールが送れるので ありがたいです。
ネット不得意なもので すみません。
沢山協力したいので。
茨城県民さんへ (salisbury)
2011-12-12 21:05:55
私もヨウ素剤は「お守り代わり」として3月以前から保管していましたが、政府関係者でも何でもない普通の市民です。以前、日本ではなく、お隣の某国で原発が事故を起こすのではないか?という情報を某アマさんの記事で知りまして、昨年ですがネット薬局で購入しました。その時に線量計の購入も考えたのですが、夫からさすがにそれは、と反対されて止めました。(3月11日以降、夫に毒づいたのは言うまでもありませんが。)
ご存知のように、ある程度の情報はネットで入手出来ますし、あれだけの大事故でしたから、普通に考えれば「たったの」200~300キロしか離れていない関東も屋内退去、または脱出の範囲内であるかもしれない、と判断出来ませんか? その証拠に多くの外国人が出国したと聞きました。
危険な事をみんなでシェア出来ない閉鎖的な国が今の日本の姿なのです。
危険だと思ったら自分で判断して自分の家族の身を守らなければいけない国に成り下がってしまったのです。
Unknown (Unknown)
2011-12-12 21:44:36
毎日新聞によりますと、女川町の瓦礫245トンが今月中に千葉 埼玉 茨城 静岡 神奈川に 到着するらしいです。

がれき受け入れ反対意見も載せ(被災地のがれきを一日もはやく処理し、原発事故を繰りかえさないためにめ汚染者が費用を負担するというごく当然の公正さが問われている)としめられています。

皆様、急ぎましょう、勝手に汚染瓦礫が来てしまいます!!
静岡への抗議、引き続き心よりお願いいたします!!
気のせいなの? (Unknown)
2011-12-12 22:03:06
11、12月と東京に一泊で遊びに行きました。
どちらも外食でしたが、下痢しました。

普段は東海地方に住んでますが、3月にはこちらでも放射性物質がかなり飛散したようでして、そのときにやはり下痢と右脇腹の張りがありました。
目が痛くなり、視界がおかしくなるということもありました。

この頃は日常的に目がしわしわして、視力も低下してます。今は東京の一泊旅行から戻ってまだ間もないですが、下痢は収まったものの、右脇腹が張ってます。
え?お友達なの? (えいぼう)
2011-12-12 23:12:18
銀座のデモの流れに出くわし、しばらく見学していました  街宣車の人たちが、たくさん来ていてスピーカーで「大声でバカヤローとか叫んでいた」

長いデモの列が行き去った後、街宣車の人たちが車から降りてきて、機動隊の皆様と和気あいあいと
「お疲れさん!」みたいに労をねぎらっていた

現場が一緒だとお友達になるんだーと複雑な気分で見てました
Unknown (なおんぼ)
2011-12-12 23:26:54
>どうも気になるさん

福島原発では東電の正社員は、当日職場放棄して車で家族を遠くへ逃がしていたようです。
原発近隣の保母さんが保育園の園児の安否を確認していて、東電の社員の親子は誰にも告げずに福島を脱出していたと証言しています。

http://prepper.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

他、親しい民主党の国会議員からケイタイで知らせを受けて関西に避難してきていた人を知っています。関西方面の新幹線乗り場は結構混雑していたとか…。
私も事故後すぐに東京から避難してきてる人に「まさか、東京からはちょっと大げさなのでは?」と思ってしまいました。今思うと無知でした。東京にいたら被曝していたうちの一人です。

その方たちを責めるつもりはありませんが、何が起こっていたかを私たちは知っていてもいいかも。

そして今、関東が汚染されている情報をここで
得たなら、行動するしかありません。

EM菌など (マリア)
2011-12-13 02:06:23
北関東在住の者です。
私も3月からEM菌を愛用しています。
EM菌には、酵母菌や乳酸菌、そして放射菌等の複合細菌で構成されている菌で、ずっと培養して利用していますが、確かに体調もいいし免疫力がつき、なんとか乗り切っている気がします。EM-1を使用して飲料用を作り、私はそれを飲んだり、うがいや、入浴に、部屋の噴霧、洗濯水にも入れてたりしています。ネットで検索すれば、作り方が出ていますよ。豆乳でヨーグルトも作れます。
とにかく、皆さん、免疫力を高めて、この寒い冬場を乗り切りましょう。
α線核種による被爆 (大学教員)
2011-12-13 03:14:36
ウラン・プルトニウムのホットパーティクルが舞っていますので、それらを吸い込んだ結果としての症状かもしれません。湾岸戦争症候群と似ていていると思います。首都圏は、α線核種で考えた場合、義務的移住ゾーンです。放射線管理区域なんて甘いもんじゃありません。今回の事故では、3号炉の核燃料(MOX)が爆発して首都圏全域に飛び散っています(米国エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)のデータを見るとそれが分かります)。
あくまで個人的な意見です (匿名希望にさせてください)
2011-12-13 03:30:50
初めまして。私は宮城に住んでいる者です。よく読ませていただいているブログを書いている方が貴方を紹介していたので、訪れて読ませていただき大変勉強になりました。貴方は個人的な意見を書いているだけだとは思いますが、個人的な見解を書かれている方に意見を言うのはどうかとも思いましたが私が感じたことを書かせていただきます。私の性格上、かなりの長文になると思いますのでお嫌でしたら読まないでください。少ししか読んでいませんがコメント欄を見ると、批判的な意見があるのは貴方の文章に少し言葉足らずな部分があるからだと思います。貴方が書いていることは正しいとは思いますが、綺麗事しか言っていないようにも聞こえてしまうんだと思います。実際は被災地の人のことをよく考えてくれている方なんでしょうが、被災地で実際に生活している人達がいるということを無視しているような冷たい感じがするんだと思います。文章ですので受け取り方は人それぞれだと思いますが、被害者(被災地の人)が加害者扱いしているようにも聞こえる文章のように思います。
批判的な意見を言ってくる人のだいたいの人が、貴方の文章を見て何かしら傷付いている人だと思うんです。さすがにご自分が言っていることが全て正しいとは思っていないでしょうが、文章を提示してる限り反対意見は必ずあるでしょうし文章という言葉によって傷付く人もいると思います。会話でも噛み合わないことがあるのに、文章だと自分の気持ちが伝わらないのは仕方のないことだと思います。「何を言いたいのか分からない」という人もいるみたいですが、直接会話をしているわけではないので本当にその人には伝わっていないんだと思います。特に文章だと人によって色んな受け取り方をしてしまうので、伝わらないことは仕方のないことだと思います。自分の気持ちを分かってほしくて否定的な意見に反応してしまうのかもしれませんが、その人を逆撫でする可能性もあるので否定的な意見は無視するしかないと思います。私も貴方が本当に言いたいことを理解していない一人かもしれませんし、否定的な意見がお嫌ならブログをやめるしかないと思うんです。文章を読む限り貴方は我が強いお人のように思うので、私が何か述べたからと言って貴方の心に響くことはないと思いますが少し意見を言わせてください。貴方を紹介したブログを書いている方は、貴方のような文章を載せた後に「せめて〇〇した方が良いと思う」というように現実的で具体的な文章を書いています。だからその方のブログをよく参考に読ませていただいています。
コメント欄を読んで感じたことも書かせていただきますが、復興を諦めるということは被災地に住む人にとっては大変辛いことです。他の地域の人は私達の辛さを10分の1も分かっていないと思います。もし「分かる」と言う人がいたとしたら、それは偽善意外何でもないと私は思っています。私は沿岸部に住む人間なので、色んなものを目にしました。何も悪いことをしていないのに人や車が次々津波に飲み込まれて目の前で亡くなっていく姿や遺体を目の当たりにしたり、電気・水道・ガスを全く使えない不便な生活を強いられて自分のことで精一杯で毎日必死だったことなど他にも色々ありますがこんなことを言いたい訳ではないのでこれ以上書くのはやめます。そんな辛さを乗り越えて被災地の人が元気になることができたのは、復興という目標があったからのように思います。それを諦めなければいけないのなら、東北の人全員が絶対納得する理由が必要だと思います。もし遠くに移住しなければいけないのなら、現実的に考えて東北人全員を安全な場所に移住することが可能なのでしょうか。あくまで私の個人的な意見ですが、それは無理に等しいと思います。さすがに国から強制的に移住するように言われれば従わざる得ないでしょうが、国がそこまで言ってくるとは思えません。誰かが死ぬまで生活の保障をしてくれるのなら良いのですが、生活していくことを考えると移住したからといって向こうに仕事があるという保障もないわけですから全部捨てて移住することは難しいと思います。生活の援助付で避難できているのは、自宅を失った人達だったはずです。色々な大切なものを全部捨てて住み慣れた場所を離れるということは大変勇気がいることだと思いますし、特にお年寄りは住み慣れた場所を離れたがらない人が多いように思います。お金の有無に関係なく、個人で判断して他の地域に非難している人の方が正しい選択をしているのは分かっています。ですが自宅が無事な私からすれば、移住するしないは個人の自由だと考えています。言われなくても分かっているとは思いますが、人の感情だけはどんなに真実や綺麗事を並べられても簡単に変わるものではないと思います。
私も多分他の東北の人もTV等のメディアの情報を全部信じるほどバカではありません。被曝していることは、とっくに覚悟しています。登米市でセシウムが発見された時点で、私は諦めるしかないと思いました。ですがお年寄りはTVの情報だけが頼りになっている人も多いので、TVで安全と言っているから信じきっているお年寄りも多いと思います。お年寄りに限らずTVの情報等を信じている人は、やっとここまで復興してきたわけですから「信じている」というよりは「信じていたい」の方だと思います。きっと他の地域の人は自宅避難の人がどれだけ飲食物(飲食物に限らずですが)が手に入らなかったのか、ほとんど知らないと思います。貴方なら仕事柄ご存知かもしれませんが、自治体にもよりますが飲食物に不自由していなかったのは避難所の人達だけで自宅避難の人達には物資を分けてはもらえませんでした。簡単に言うと、「家が無事なのだからそれくらい我慢しろ」ということなんだと思います。その辺にいる野良猫や野鳥などを食べる人も出てくるのではないかというくらい、自宅避難の人は飲食物が手に入りませんでした。そんな経験をしているから、被曝する可能性があると頭で分かっていても口にするんだと思います。全てにおいて西日本の食べ物を流通してもらえるのなら、西日本の物を買いたい気持ちは強いです。個人的に通販などで取り寄せれば不可能ではありませんが、毎回そんなことをしていたら家計が破綻してしまいます。「それくらいのことで」と思われるかもしれませんが元も子もない言い方をすると、どこに住んでいようとお金が無いと生活ができないことは誰でも頭では分かっていることだと思います。
仙台に来られるようですが、私は「ほとんど被害がなかった仙台の中心部だけ?」という感情の方が強いです。被害がひどかった地域は仙台まで行くのが大変な地域がほとんどです。私自身も高い交通費を払って、たくさん乗り継いでわざわざ仙台に行くのは正直嫌です。特にお年寄りには大変な負担になります。できることなら被害がひどい地域の集会所などにも足を運んでくれれば、お年寄りや小さい子供連れの人の負担がかなり減ります。ご存知かもしれませんが東北というのは県庁所在地に行ったからといって、誰でも簡単に足を運べる場所ではありません。それでも貴方の講演会にぞくぞく人が集まってるようですので、それだけ貴方は宮城の人に必要とされている人だということです。被災地の人は大変な時期を必死に頑張って生きて乗り越えて、特にお年寄りは(私の近所のお年寄りだけかもしれませんが)やっと元気になったんです。できるだけ被災地の人を傷つけることは言わないでください。あの震災を経験していない人には絶対分からないことですが、あの時の出来事がひどいトラウマになっている人も多いんです。それだけは本当にお願いします。
貴方は間違いなく色んな人から必要とされている人です。被災地の人は本当に瓦礫には悩まされているので、できることなら仙台市外・他の二県も色んな所をまわって「なぜ瓦礫を移動してはいけないのか」ということを重点的に話してほしいです。特にお年寄りは情報媒体がTVしかない人も多いので、遠くに足を運べないお年寄りの為にもそうしてほしいです。放射能に対して理解を示す人が少ないのは、それだけ放射能の知識を持っている人が少ないからだと思います。貴方に対して失礼なことを散々言っている私が言える立場ではないでしょうが、宮城の人にすごく必要とされていることを知ったのでそうしてもらいたい気持ちが強いのです。私のことは大嫌いになっていただいて全然構いませんので、私以外の被災地の人達の為にそうしていただきたいです。ほとんどの被災地の人は、これからも自分達の県で生活をしなければならないんです。瓦礫を移動できないということは、これからも被災地の人は放射能に曝されることになります。何も悪いことをしていないのに、これからも苦しみ続けなければいけないことになります。他県が瓦礫の受け入れをやめた方が良いのなら、被災地の人がこれ以上放射能に曝されないように応急処置的なことでも良いのでどうするべきなのかということも説明していただきたいです。その方法は貴方がリンクしてくれたURLに書いてはあるので特にブログに書かなかったのかもしれませんが、そのことを書いていないことが貴方のブログの文章に一番足りないことのように思いました。
念の為に言わせていただきますが、私はお年寄りを強調していますが貴方がお年寄りのことを考えていない人だと言っているわけではありません。実際は子供だけではなくお年寄りのことも考えてくれている人だと思いますが、貴方のブログは子供を重点に書いておられるので私はお年寄りを重点的に書かせていただきました。子供のことはよく取り上げておられるので、私がわざわざ取り上げる必要はないと思ったので取り上げませんでした。皆が貴方のように頭が良くて心が強い人ばかりではありませんので、知識が少なくて心が弱い人もたくさんいます。多分私自身も上記のように感じたから、貴方のブログとコメント欄を見てすごく傷ついたのだと思います。所詮私も心が弱い人間に過ぎないのです。正直「せっかく気持ちが落ち着いたのに、こんな思いをするくらいならあのまま津波に飲み込まれて亡くなれば良かった」という気持ちが強いです。私は子供が産めるぎりぎりの年齢です。私は薬を飲んでいるので、母乳で子供を育てることができません。粉ミルクを与えることができないということは、子供を産むことができないことを意味します。やっと病気を分かってくれる人に出会えて一緒になれたのに、母親なれないということは女として欠陥品になってしまったようなものです。「薬を飲むのをやめればいい」と思われるかもしれませんが、薬を飲むのをやめてしまうと私が命を落としてしまいます(今となってはそれでも構わないと思っているくらいです)。震災に巻き込まれてしまったが為に何でこんな思いをしないといけないのか、悔しくて悲しくて仕方ありません。
私も震災前から脱原発派だったので、こんなことが起こる前に対策をきちんとしなかった政府を無責任に感じています。いつかこういうことが起きるような気がしていたので、震災前から原発をやめてほしいとずっと思っていました。日本人は何か起きてから動く傾向があるような気がするので、今になって慌てている政府を見ていると嫌になってきます。私個人の意見としては、瓦礫を受け入れることができないのなら東北三県以外の知事が一丸となって他の方法を国に提示すべきだと思っています。「支援する」と言っているのなら、拒否ばかりしていないで他の方法を提示して国を説得することで支援してほしいと思っています。拒否ばかりして何もしてくれないのに「支援する」と言っているというのは、偽善としか言いようがないと思っています。国民の一人が政府に何を言っても無駄でしょうが、知事が一丸となって他の方法を提示してくれれば全然違うはずです。
続きです(長くて申し訳ありません) (匿名希望にさせてください)
2011-12-13 03:33:40
「支援する」と言っているのなら、拒否ばかりしていないで他の方法を提示して国を説得することで支援してほしいと思っています。拒否ばかりして何もしてくれないのに「支援する」と言っているというのは、偽善としか言いようがないと思っています。国民の一人が政府に何を言っても無駄でしょうが、知事が一丸となって他の方法を提示してくれれば全然違うはずです。正直「私達はあんなに苦しんで現在も放射能に曝されているのだから他の地域の人達も同じ状況になってほしい」という最低な感情も時々過ります。ですが放射能が全国に曝されて犠牲者を増やすことはもっと嫌ですしそこまでバカではありませんので、私個人の意見としては少しでも「助けになりたい」と思っているのなら東北三県以外の知事が別の方法を提示してくれることを強く望んでいます。私は被災地の沿岸部の人間なので、その人の意見が間違っているとしても「助けになりたい」という気持ちが表れているコメントを読むとどうしてもあくまで「助けになりたい」という気持ちに対して少し嬉しく感じてしまいます。
私個人としては「愚か者、能無し、馬鹿」など何を思われても、100人中99人に「間違っている」と言われたとしても復興することを待ち望んでいます。国が強制退去を命じない限り、どんなに被曝していても生まれ育った場所で死ぬと決めています。既に親戚や知人を亡くしている私にとっては、死ぬことは怖くありません。いつか人は死ぬんです、長生きなんかに全然興味はありません。きっと若くてもお年寄りでも、こういう考えの人は必ずいると思います。例えるなら自分の大切な人が崖に落ちそうになっていたとします。自分は助けに行きたいのに、周りからは危険だから止められていたとします。分かりにくいかもしれませんが、その止めている周りの人が貴方や貴方に賛同してくれている人達です。貴方は大切な人が崖から落ちそうになっていても、見殺しにする結果になっても救助がくるまで傍に行かないという冷静な判断ができる人かもしれません。私は後悔するのは絶対に嫌ですし強い人間ではありませんので、見殺しにするくらいなら自分が死ぬ結果になっても助けに行く方が良いと考えてしまう弱い人間です。他の場所に移住することは個人の自由だと思いますが、その地に残ることを強く希望している人にとってはそれくらい究極の選択になります。間違っているとしても被災地の人は復興の為に必死に頑張っているんです、私はそれで良いと思っています。上記でも言いましたが、貴方は決して間違っていないと思います。人の感情は理屈でどうにかなるわけではないので、貴方の考えを全員に分かってもらうのは無理に等しいと思います。人は個人的な考えを必ず持っているものなので、自分の考えを分かってもらえない人がいるのは仕方のないことなのではないでしょうか。どうしても分かってもらいたい気持ちが強いのでしたら、私のような我が強い人間や地元愛が強いお年寄りをも説得できる文面を書く必要があると思います。それは会話以上に難しく何より文章力が必要になることだと思いますが、そうしたい気持ちが強いのでしたらそれしか方法はないと思います。
貴方のブログを紹介した人は、「人それぞれ個人的な考えがあるから分かってくれる人が分かってくれればいい」という考え方の人です。分かってもらえる人が一人でも二人でも増えれば、それでいいんじゃないでしょうか。私自身が言葉足らずになってはいけないと思いできるかぎり通じるように書いたつもりですが、「文章が長すぎて何を言いたいのか分からない」と感じられているのなら貴方の文章に対して「何が言いたいのか分からない」と言っている人の気持が分かるのではないでしょうか。文章は精一杯自分の気持ちを伝えているつもりでも必ず読む人に伝わっているわけではなく、受け取り方は人によって全然違かったりするのでそれだけ文章は会話以上に難しいということだと思います。ですがそんなことは、貴方の方が仕事柄分かっていることのような気がします。
普段は他の人のブログを読んでも、「個人的な見解を述べている人に意見を言うべきではない」という考え方なので他の人のブログに意見を言ったことは今まで一度もありません。貴方のブログを読んで初めて意見を言いました。こんな考えの人間を動かしてしまうくらいの内容のブログでした。矛盾している点もいくつかあったと思いますが、全て私の気持ちです。貴方のブログやリンク先を見て、真実を知ることができたので大変勉強になったことは本当です。貴方のブログは被災地の人を応援するブログではなく放射能の怖さを伝えるブログだと私は捉えているので、これからも貴方のブログの内容を変える必要はないと思います。私程度の意見で気持ちが揺らぎはしないでしょうし、これからも貴方は貴方のできることをしてご自分の信念を通してください。
荒らしのような文章になってしまった上に失礼なことを散々言ってしまって、大変申し訳ございませんでした。全て素人の個人的な意見ですので、「愚かな人間が戯言を言っている」くらいに捉えていただいて全然構いません。嫌な思いをされたでしょうが、もう二度意見を言うことはないのでご安心ください。よく「嫌なら読まなければいい」と言いますが、普段ならそう思って読むのをやめます。本当にその通りだと思うので、貴方のブログはもう二度と訪れません。お約束いたします。こんな長い長文を最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
私の文章を見て否定的に感じる人が同じ沿岸部の人でも必ずいると思いますが、二度とこちらのブログに訪れることはありませんのでご安心ください。あくまで個人的な考えですので、私の意見に対して否定的な意見を言う人も決して間違ってはいないと思います。
匿名希望にさせてくださいさんへ (木下黄太)
2011-12-13 05:17:06
僕はあなたが退避してくれることを期待します。
Unknown (新潟県民)
2011-12-13 05:17:54
先日会社で行なった健康診断の結果が出ました。個人的に一番気にしていた血液検査の結果ですが、1年前の原発事故前に検査した時と比較すると、白血球が5030/μlから4920/μlに減少。逆に赤血球は495×10の4乗/μlから510×10の4乗/μlに増加。ヘモグロビン、ヘマトクリットはほぼ変化なし。血小板数が38.7×10の4乗/μlから33.7×10の4乗/μlに減少。MCV、MCH、MCHCはほぼ変化なし。
あと気になったのは、肝機能のGPTが前回は26U/lだったのが33U/lに上がっていた事です。ちなみに、私は普段は酒は飲みません。

まぁ、若干基準値を超えたGPT値を除き、どれも一応基準値内だったので、健康には問題なしと診断されたのですが、もしかしたら様々な数値の変化は、原発事故の影響なのかもしれません。一応ご報告まで。

ちなみに私の住んでいるところは、新潟県の沿岸部で、今回の事故の際も放射性物質はあまり降らなかったのでは?と推測されているところです。それでもこちらの自治体が田の土壌調査を行なったところ、セシウム137が検出されましたけど。一応国の基準値を大幅に下回っているので問題はないとの事ですが。空間放射線値に関しては、気象条件によってほぼ0.040〜0.080μSv/h代の間で推移しております。
匿名希望にさせてくださいさんへ (避難した母親です。)
2011-12-13 06:19:12
。例えるなら自分の大切な人が崖に落ちそうになっていたとします。自分は助けに行きたいのに、周りからは危険だから止められていたとします。分かりにくいかもしれませんが、その止めている周りの人が貴方や貴方に賛同してくれている人達です。貴方は大切な人が崖から落ちそうになっていても、見殺しにする結果になっても救助がくるまで傍に行かないという冷静な判断ができる人かもしれません。私は後悔するのは絶対に嫌ですし強い人間ではありませんので、見殺しにするくらいなら自分が死ぬ結果になっても助けに行く方が良いと考えてしまう弱い人間です

↑とおっしゃっていますが、全く逆だとおもいます。
私は、崖におちそうになっている子供達を救うために、
自分のすべてを捨てて西に避難しました。たとえ、バカと言われても、絶対に安全かなどわからない現段階において、放射性物質がおちている公園で子供を遊ばせる勇気のない弱い人間だからです。
大人は、長生きしたいと思おうが、いつか死ぬのだから死ぬのはこわくないとか個人の自由です。しかし、大人の自由で、危険かもしれない場所にいる子供達がかわいそうです。

自分がもし子供だったら、死ぬのはこわくないから、ずっと住み慣れた場所に住みたいとか考えますか?私が子供だったら、
世界中どこにすんでもいいから健康的に大人になって、好きな人と結婚したり、好きなことを仕事にして活躍したり、いろいろ夢を描いているとおもいます。
あくまで個人的な意見ですさん (Unknown)
2011-12-13 07:03:01
私は関東から持ち家を置いて、自力で海外避難してきた家族です。子供のためにコツコツ貯金してきたのを避難のために使って、仕事も捨ててきました。
今、本当に大変です。ですが、子供を守りたい、自分を家族を守りたい気持ちが、避難に繋がりました。
私はあなたの文章を読んでいると、まるで自分が悲劇のヒロインになったかのような気持なのかと思うのです。自分たちの辛さが分かってないとか、見殺しにするなら自分が死んだ方がましだとか綺麗事を並べているのはあなただと思えるからです。
東北だけでなくても、育った土地を自力で離れる人がいることを知ってほしいです。
私は阪神大震災を経験しました。同じように沢山の人が亡くなりました。
しかし、今回の震災は放射能という人災を引き起こしています。そこで土地とともに骨をうずめるということは個人の自由です。しかし、それならば、そこにある汚染されたものを拡げてはならないです。
あなたは『後悔するのは絶対に嫌ですし強い人間ではありませんので、見殺しにするくらいなら自分が死ぬ結果になっても助けに行く方が良いと考えてしまう弱い人間です。』と言います。同時に『私達はあんなに苦しんで現在も放射能に曝されているのだから他の地域の人達も同じ状況になってほしい」という最低な感情も時々過ります。』と言います。
ならばあなたが死ぬ結果になっても助ける人は誰でしょう?
木下さんが子供を重点に書いているのは、放射能の被害が一番大きく、大人により選択されていて一番弱いからだと思います。
あなたのようにいつ死んでもいいと思っている人はそれでいいと思います。
しかし子供はその選択すら出来ずに強制的に被曝させられるんです。
私は子供を転校させなければならないことにも悩みました。だから、子供と一緒にチェルノブイリや劣化ウラン弾のこと、福島原発の事を学びました。小学生になっているのである程度理解できました。
その上で避難生活を送っています。最初は実家の西日本を考えました。しかし、給食のことを考えたら海外を選択せざるをえませんでした。
知りあいも何もいないし言葉も分からない、貯金も少ないという無謀な選択でしたが、ここにきて学びもありました。
それは、この国には湾岸戦争時に自主避難してきた
イラク人や、治安が悪くて国を出たパプアニューギニア人、セルビア人、宗教弾圧された中国人と出会いました。彼らも国の被害者です。
決して自分だけじゃないです。
誰かに何とかしてほしいとか、被災地以外の県になんとかしろとかではなくて、自分でそれぞれが考えるべき問題だと思います。
木下さんに求めるのではなくて、あなた自身が考えて提案されればいいと思います。


キコリーナ様へ (Unknown)
2011-12-13 07:07:46
SOEKSのβ線の感度は、Inspectorほど高くはありません。関東はβ線とα線の比率が高いのです。

九州の各地を、計測しました。ほとんど、ご指摘の通りだと思います。
博多と長崎は、何度も風向き・天気・時刻の違う時に碁盤の目のように計測しました。商店街は、高いというより、風と人と車で変わります。やはりJRの貨物線があるところは高いのです。そしてその風下です。さらに、線量の高い民間業者のトラックが走っています。

諫早は、コンクリートの集積場が高かったですし、どこでもゴミ焼却場の周囲は高いです。
長崎は、駅からの風が届くところは、風向きでどこでも高くなります。一度だけ測って、低いと判断すると、高くて失望することになります。

外洋からの海風は、0.07-0.08くらいまでです。これはハワイ周辺の海上も同じです。太平洋は汚染されているわけです。少し内陸に入ると、JRや問題のある箇所からの風が届かなければ、0.04-0.08というところもあります。ただし、自分の車で線量が上がりますし、他の車が来ても上がります。

移住しても、自分の荷物が汚染されているのですから、移住してからの清掃が大変です。持って行くものを可能な限り減らさないといけません。特に寝具の汚染は酷いものがあります。

大掃除ではN95よりN100の方が安全です。
今年の一文字 (まめた)
2011-12-13 07:23:22
一般投票の結果、清水寺で書かれた文字は

「絆」

???納得がいかなかったので、自分なりに一文字を考えてみました。

「脱」

脱原発、世の中を取り巻く闇からの脱却、自分自身が脱皮する時…そして避難を迷う方達へ、危ないからとりあえず脱走して下さい…!
木下さん! (沙羅)
2011-12-13 07:27:07
この人...、もう気がふれています。
これが「失う物は何も無い、死を覚悟した人間」の良い例だと言う事がわかりました。
人の善意も偽善と思う恨みに満ちた文面に、恐ろしさで鳥肌が立ちました。
私は今まで生きてきた中で、この様な怨霊のような手記を見た事がありません...とても気分が悪いです。
特に下記文章を読んだとき、心から読まなければよかったと後悔しましたが時既に遅し...。

>正直「私達はあんなに苦しんで現在も放射能に曝されているのだから他の地域の人達も同じ状況になってほしい」という最低な感情も時々過ります


...木下さん、お願いです。
今すぐ仙台の講演は中止できないでしょうか。
こんな気のおかしな人達がt沢山居る所に行くなんて、危険すぎます!
きっとこういった考えを持った人はこの人だけじゃないはずです。
人は究極の極地に立たされると、何でもしますよ。
逆恨み程怖いものはありませんから。

溺れかかっている人を助けようと近づいて、手足にしがみつかれ溺れ沈んでいくかの様です。
このタイミングでこの様なコメントが来たのも偶然ではない気がします。

木下さん、もう充分にお役目は果たされたと思います。
正常な思考を持つ方は、もう既に避難していると思います。

これ以上、ご自分の魂を削る事はどうか止めてください。
肉体的被害が無かったとしても、とてもこれでは精神が困憊してしまいます。
....少なくとも私はこの一撃でノックアウトです。

これ以上、魑魅魍魎の世界に身を置かれないで下さい....。
どうか....魂を乗っ取られない様にお心を強く大切にお持ちください。







大学教員さんへ (九州東部のおじさん)
2011-12-13 08:50:29
首都圏のα線核種とはこれのことですね。
http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/207.html

神奈川県横須賀市泊町(Bq/kg)土壌中
Pu-236 2.72
Pu-241 2.08
Sr-89 -62.53
Sr-90 15.84
Sr-Total 7.29

静岡県御殿場市中畑(Bq/kg)土壌中
Pu-236 1.35
Sr-89 22.72
Sr-90 -9.51
Sr-Total 2.61

さらに瓦礫問題にからむのが
http://unitingforpeace.seesaa.net/article/239454169.html
こちらの

宮城県名取市下増田
Pu-236  2.65
Pu-241 7.81
Sr-89 44.03
Sr-90 -17.98
Sr-Total 14.06

宮城県内の震災がれきにも、プルトニウムが確実に入ってくると。
マイナスのデータがよくわかりませんが、信憑性のあるデータであることには間違いありません。

Unknown (元福島県民)
2011-12-13 09:12:46
3月14日にいわき市の友人からメールでお知らせが来ました。福島原発で働いている人からのメールをそのまま転送しますというものでした。雨が降るので、絶対にあたらないで。被曝します。傘だけでは間に合わないので雨合羽も、とか、雨からの被曝を避ける具体的な内容のものでした。私はその時すでに福島県にはおりませんでしたが、雨や雪にはあたらないようにしようと思ってずっと屋内にいました。福島県内のお友達には転送したけれど、関東に住むお友達にまではまさか必要ないかと思って、メールの転送はしませんでした。私は郡山市に住んでいた普通の主婦ですが、いわき市のお友達とメールの中に出てくる原発で働いている人というのがどのような関係なのかわかりません。たぶん転送メールの転送メールと思います。雨に気をつけてという話を、私は聞いていました。でも同時に、デマを拡散するチェーンメールに注意しろという報道もあったのを覚えています。だからその転送メールをもらった時、どうしたらいいか悩みました。それほど積極的には転送出来なかったです。いわき市などの沿岸部の人に伝えればいいのかな、郡山や福島もかな、会津は?と考えましたが、他県までは考えが及びませんでした。風向きに気をつけなければいけないということも、その頃は知りませんでした。
15日に移動 (避難中の母)
2011-12-13 09:23:36
たまたまというか、帰省で 3月15日(確か)に 母子で新幹線で大阪へ向かっています。

昼頃に山手線で乗り換え、ホームで居たり、、と 15日に外出することで 大量被爆があるなら 私たちは凄くしてしまっているのでしょう。

その当時の駅は 異常な雰囲気でした。

平日なのに ほとんどがスーツケースを持っている人々。
子供連れでリュックを背負っている家族。

新幹線は激混みでした。

皆一斉に西方面へ。


二ヶ月の大阪滞在後、茨城県へ一旦2ヶ月間戻って生活しましたが 又大阪へ移住しました。

そして 約5ヶ月経ちました。

茨城へ戻ったころは 家族全員 全身の凄くかゆい湿疹が一週間ほどありました。

大阪へ来たころも 疲労と口内炎などがありました。子供も疲れていました。

一応食物には気を付けています。

今では自分も子供も ずいぶん元気になったと思います。


匿名希望さんへ。 なんだかとても気持ちが伝わりました。

木下さん同様、今後もブログに来てほしいし、避難して欲しいと思いました。

でもやはり、それ以前に。

女、子供、年寄りは 特に。
強制でないと 動けないもんです。


国が変わってほしいと思いました。


こういう方々を移動してあげないと。









いよいよ放射能が (日和見)
2011-12-13 09:37:02
12月10日頃より放射線量があがってきました。ドイツの放射線防護協会の警告では、東北関東では5年以内に6割死んでしまうなどブログにあったりしました。アメリカからプルニウム等の飛散が300キロぐらい確認されたとか外国の警告を見た国会議員の秘書が辞め始めて避難しているとかこのところ今までにない情報を目にします。一番悲惨な情報は放射能被害で福島は3年以内に9割亡くなる。東京では3年以内に5割でした。我が家も300キロ圏内です。私も夫もセキや体調不良などあり、もし空気汚染が本当だったら長生きできないと思います。子供は心配ですが、避難して親が死んでしまって一人で生きていくってどうなんでしょう。300キロ圏内に残るってそういう選択なのだと自分で思っています。木下さんは悲惨さを知っていて一人でも助けたいのだと思います。匿名希望さんの苦しい気持ちやみんなを思う気持ちは貴いものだと思います。しかし、現実がそうだったら、放射能が知っているより本当に悲惨なものだったら逃げたい誰かほんの少しでも助けてあげられたらと思うとその人達のためにも情報は伝えるべきだと思います。情報は伝えて自分はそれでも残るというならそれを尊重してあげればいいと思います。関東の人ももしかしたら日本中も生きていくのが大変いつまで生きていけるのかを心配する状況になりつつあるのかもしれません。生きていくつらさをもうすぐ日本人みんなで共有するときがくるかもしれないと思うこともあります。木下さんも匿名希望さんもご自愛下さい。
命の息吹さん、失礼です (ファニー)
2011-12-13 11:10:57
>他人の痛みを感じる心を忘れてしまってはおしまいです。

何故あなたに私がおしまいだとまで言われなくてはいけないのでしょうか?このご家族の状況に心痛を感じるのは当然の事です。もちろん本当にお気の毒だと思ってますよ。だからといって“可哀想に”とか毎回書かなければ非難されるのでしょうか?こちらのブログは放射能被害に詳しい方が多いので何が悪かったか皆で考えたかっただけです。

ネット上でドライな文章を読んだだけで真意を確かめもせず(私はこのお母さんを非難するようなことは一切書いていません。思ってもいません)その人の“心が汚れている”とか判断してわざわざ個人攻撃するあなたって、最低だと思います。その事ははっきりジャッジさせて頂きます。

木下さん、くだらない事でスペースをお借りして申し訳ありません。
匿名希望にして下さいさん、を読んで (A.K)
2011-12-13 11:20:01
長いからではなく、余りに前を見ない、子供たちの将来と健康に目隠しやをする文句の連続に耐えられず、途中で読むの止めました。結局、この人の言いたい事は、この国と国民の有史以来の異常なる非常時に、木下さん、はっきりとなにも言うべきじゃあない、なにも言うな、ということだけでしょう。
たぶん工作員ですから相手にすべきではないと考えます。
Unknown (Unknown)
2011-12-13 11:23:20
茨城県民さんへ

3月12日のテレビを見ていて、「何かおかしい」と思い、そこから寝る間を惜しんで、ネットや海外のメディアから情報を得て、これはやばい・・と思いできる限り周囲に呼びかけました。多くの友人・親戚には笑われるだけでしたよ。
3月13日に海外に逃げた友人(チェルノ時はミュンヘン)は、日本政府が情報を隠してる!メルトダウンしてると思う!と周囲に話したら「精神病院に入ったほうがいい」とまで言われ、話すのをやめたそうです。
私も含めて、どれだけ平和ボケしてたか。
まだ諦めきれず、311前に戻りたいと毎日寝る前に願ってしまいます。

また何かあっても、前回同様、政府は何も教えてくれないでしょう。
日本の専門家からも3号核爆発 (九州東部のおじさん)
2011-12-13 11:24:17
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20111213/zsp1112130929001-n1.htm

「その圧力で沸騰水中のボイド(水蒸気)が圧縮。ボイド反応度係数はマイナスなので、一気に核分裂の反応度が高まり、即発臨界の核爆発が起きた。」
とかなり専門的なご指摘。

国会事故調の委員にも、核爆発説の可能性ありとする田中三彦氏も入ってますから、これは追求が期待できそうです。
犬死宣言 (リン)
2011-12-13 12:49:35
『匿名希望にさせて下さい』さんの長い長い心からのコメント…きっと郷土愛ある心優しき日本人なのでしょうね‥。

私の脳裏には、放射能渦巻く瓦礫の地に立ち『犬死宣言書』を読み上げる人の映像が浮かびました。
その方がもうこちらのブログにいらっしゃらないのなら、さしずめ私は、その方の『犬死宣言』をただ黙って聴いている聴衆のひとりです。
Re>南半球に (Unknown) (D013)
2011-12-13 12:59:16
航空機による渡航リスクについてコメントしましたが、あくまでも私見です。私は自身の経験から空港も飛行機自体の汚染もある、それもかなりひどいと考えます。

とはいえ、海外で放射能を気にしないストレスフリーの生活も必要だとは思います。渡航の被曝リスクとメリットをどう評価するかはご自身の判断にかかっていると思います。

>正しい情報
この世にお墨付きのある正しい情報があるなら、木下さんのブログを読みにくる必要などなかったのでは?何が正しいのか判断することもご自身の判断です。私のコメントは数ある経験談の一つとしてご考慮いただければ有難いです。
命を金で売るな (長文の匿名希望の人へ 長文だから途中までしか読んでないけど)
2011-12-13 13:14:51
>復興を諦めるということは被災地に住む人にとっては大変辛いことです。他の地域の人は私達の辛さを10分の1も分かっていないと思います。もし「分かる」と言う人がいたとしたら、それは偽善意外何でもないと私は思っています。


自分の住む土地が住民意見無視の国や自治体の勝手な政策で汚染食材や汚染瓦礫で汚されることはそこに住む人にとっては大変辛いことです。被災地の人は私たちの辛さを10分の1も分かっていないと思います。もし「分かる」と言う人がいたとしたら、それは偽善意外何でもないと私は思っています。
犬死宣言…追記 (リン)
2011-12-13 16:09:49
…リンです。度々すみません。

万が一、あのコメントを書かれた方がこちらに戻っていらして私の文章を読まれたら…きっと不愉快に思われることでしょうね。

で、少しだけ個人的なお話を。
私の母方のご先祖は、豊臣秀頼の側近で、彼の図書係をしていた人だそうです。
でも、秀頼が滅ぼされた時、彼は既に大阪城にはいませんでした。
東に逃げてしまっていたんです。
そういう彼の行動が、当時倫理的に武士としてどうだったのか?それは言うに及びません。そして、当時彼がどんな思いで東に落ちていったかも、私にはわかりません。
ただ、わかっていることは、
「彼は逃げた。生きた。だから今私がここにいる。」
ということだけです。
万事諦め覚悟して死んでいくことよりも、たとえそれがいかにぶざまであろうとも、悩みもがき必死で生きようとする人に、私は共感します。
匿名希望にさせてくださいさんへ (ゆきママ)
2011-12-13 22:34:17
正直・・この長さのコメントをこちらに書き込むのは正常な考えの持ち主とは思えません。。
これなら木下さんご本人のメールにお送りするべきで。
長すぎる文章は、読む人の労力を考えていない(切羽詰まっている、あるいはかなりネガティブな方)方のやることです。

でしゃばってすみません。
わたしもおなじく (kyr)
2011-12-13 22:56:04
匿名希望にさせてくださいさんへ

わたしもあなたが避難してくれることを期待してやみません。

避難は「できる/できない」でなく「する/しない」の選択ひとつだと思うのです。

わたしの住む北海道札幌近郊で、もし泊原発の事故が起きた場合、いまのあなたは、私自身です。

わたしは北海道を愛しているので、北海道以外に、日本国内で住む場所は考えられません。
だから、北海道に住めなくなったら、おそらくどうしても避難したくない人間のひとりです。
断言します。

でも、わたしが「避難しない」ことは、他者に影響を与え、ほかの人々を巻き込む行為になってしまうと考えたら、もう、「決断する」しかないです…。

自分の命とほかの命を守ることと汚染を広げないことを、最優先に考えます。わたしは。

日本は、すでに他国に対して加害者です。
これ以上、日本国内全域を汚染することは、他国を脅かします。
もうすでに、地球を汚染しています。

避難してください。
避難してくれたら、手を差し伸べようがあります。いくらでも、一緒に方法を探しましょう。そのあとのことは、求めて手を伸ばした時にだけ、与えられると、そう思います。

お金のことも、仕事のことも、とりあえず避難してから考えましょうよ。

時間は限られています。(健康を守る上で)
お体を、ご自分を、あなたの大切な方を、お大事になさってください。本当の意味で。
北海道の避難者受け入れ支援 (kyr)
2011-12-13 23:10:07
「むすびば」という組織が、札幌でうけいれサポート窓口を運営しています。あらゆる生活相談から、入居先の案内、防寒具・家具家電の提供など避難後の支援も行っています。また、札幌以外にも受け入れをしている自治体が多数あります。
「わたしたちは『むすびば・うけいれ隊です』北海道へようこそ!」
http://blog.canpan.info/ukeiretai/

「泊原発の廃炉をめざす会」
2011/11/11ほくでんを提訴。原告612人のひとりです。
http://tomari.sakura.ne.jp/index.html
匿名希望にさせてくださいさんへ (ふう)
2011-12-14 00:43:50
やっぱり「希望」というからには、1%でも叶う可能性があるからこそだと思うんです。
東北の復興は、月に歩いて行くぐらい、可能性としては薄いと思うんです。
だって、ヒロシマの160倍の放射性物質でしたか?
これが今後も続くのですよ。
もし、広島、長崎のように派手に爆発すれば、みんな気づくのかな...。

実現するはずもないことを「希望」とかかげるのはいかがなものか..
匿名希望にさせてくださいさんみたいに、東北と運命をともにする覚悟のあるかたは仕方ないけど、子どもや、これから未来のある方がそれに巻き込まれるのはなっとくがいきません。
Unknown (Unknown)
2011-12-14 05:11:14
被曝しながらも政府の避難命令を待つ人は多いようですね。
チェルノブイリを超える汚染、今も福島原発から煙りが夜中にモクモク出ているのを被災者の方は見た事が無いのでしょうか?
政府は被災者に対してモルモット扱い、福島県外の移住は費用を出さない。知事や公務員やJA職員が困る。福島県民の被曝から死亡に至る病状データはアメリカに高額で売れます。ナチスのアウシュビッツでの人体実験データもアメリカが高額で買い取りしたのは映画サイコで暴露されてます
政府の県外への避難命令は出ないと思います。永遠にホットスポットを転々とし続けて同じ出身地域の方と同じ場所での生活は無理になってきます
独りで被曝症状と闘う辛さを想像して下さい。政府の対応を待つより地元民が真実を公表するよう行動せねば。放射能野菜やセシウム牛乳を送り何千人の子供を殺す気ですか?
自分が加担してると知りながらやってる人も居る。テレビで西日本産野菜を孫に食べさせる為に汚染野菜作ってると笑って答える福島農家。
被曝して死んでも悔いは無いという人は、子供殺しは平気ですか?一人の死んでも悔い無し・政府の命令を待つ、その政府は東電の献金受けてる人達ですよ。瓦礫受け入れも瓦礫にストロンチウムや放射性物質はゼロですか?政府は他県にも被曝を求める。
東京で
匿名希望にさせてくださいさん (Unknown)
2011-12-14 07:23:21
とにかく早く避難してください。
まだ子供が生める年なら、歩く事も出来るはず。
とにかく電車に乗って遠くに行ってしまえばいい。
お金がないなら、被災地から来た。お金がない。住むところもない。何もない。とはっきり言えばいい。
子供も、母乳が駄目で粉ミルクも駄目であきらめる事はないです。粉ミルクは安全な国から輸入すればいいことだし、母乳だってあまるほど出るんだから分けてもらえる。
木下さんはみんなを助けるためにこのブログをやっってるんだから、もっと信用して。自分の足で逃げられるんだから、逃げろって言ってるんだよ。助けようとしてるんだよ。

PTAはストライキを! (子持ちではありませんが)
2011-12-14 08:12:28

危険な首都圏から やっと安全な西日本に逃げても そこで子どもたちを待ち受けているのが とんでもなく高い暫定基準値の給食。

セシウムが検出された食材は公表しない、検出限界が異様に高い検査をすり抜けた福島食材の使用、
国や自治体に子どもたちを守るという姿勢が皆無の今 親が立ち上がって子どもたちを守らないと このままでは数年後には日本中の子どもがバタバタ倒れていくことになるでしょう。

全国のPTAは団結して文科省に立ち向かうべきです。

「子どもは4ベクレル/キロ」(ドイツ放射線防護協会基準値)

小学校が4ベクレル基準になれば それにつれて保育園も2ベクレルとか3歳未満1ベクレルとかにすることが出来るでしょう。子どもを預かってもらっていて声を上げ辛い立場の保育園ママたちも助かるはず。

「給食4ベクレル」この基準を文科省に認めさせるためPTAは全国一斉学童スト、授業ボイコットも辞さず という強い姿勢で臨むべきです。
大丈夫!半分以上の児童が休めば 学校は春休みや土曜日を使って代替授業をやり 何とかカリキュラムをこなすので 実質的には休みがズレるだけで 子どもたちの勉強が遅れることはありません。

お願いですから全国のお父さんお母さんは 子どもたちのために声をあげて下さい、戦って下さい。

お気持ち聴かせて頂きありがとうございます (被災地匿名希望さんへ)
2011-12-14 12:26:21
何度も読ませて頂きました。
今も被災地の皆様のあまりにも過酷な現実はその地で9ヵ月の暮らしを営んだ方々にしか本当の意味で理解する事はできない程さまざまな追い詰められた日々伺えます。復興を信じ必死で頑張ってる人が一人でもいる限り自分の命を差し出しても!伝わってきます。
命を差し出し捧げ寄り添いたい方々が沢山いらっしゃると思います。
誰かが命を差し出せばその大切な方々は東電、政府、放射性物質から命を守れるのであれば‥
【強制撤去】しかないこと、それが被災地住民を救う唯一の道。希望奪い心も命の犠牲なく。
私も私の個人意見として、そう思い願っています。
外部から自治体や政府に訴えても、それこそ原発推進政府から、放射性物質の実害を知らない方々にも、◇格好の被災地差別◇に利用されてしまうと感じてます。

たとえば、被災地から【強制撤去を求める会】放射性物質が降らない土地で暮らしたい

立ち上げる事はできませんか。
同じ主旨の会ができたら、私も署名させ頂きます。
各自治体、議員、などに訴えます。
被災地にいない私が言葉にするのは申し訳なく思います。
が、もう実態がつかめない程の放射性物質が存在する地域で犠牲者を出さない事はとても考えにくいのです。
放射性物質なんて今すぐ消えて無くなればいい!!
どんなに叫び祈っても‥消えない三世紀四世紀何世紀も生き続け猛毒を発し続け生き伸びる、それが放射性物質。嫌という程身近で、肌で、骨身にしみているからのコメント。どんなに応援しても支えても、助け守りたい命が目の前にあっても助け守れない深い苦しみ‥
死ぬこともいとなわない尊い愛を、形にしてくだされば、行政にも近隣にも報道機関、世論に伝え訴えます。
どうか、どうか被災地の方々がさらなる犠牲者となってしまわないために、
被曝を強いられない権利を主張していただきたくコメントさせていただきました。

人体に影響があることがどこの地域より発信される事願って止みません。

健康に生活している方の報道しか流れませんから‥全国の多くの人が、福島県も安全なんだと誤解される報道され、今日も明日も安全神話の捏造は続けられ、報道一つ変えられ、ません。
匿名希望さんこそが真の意味で被災地の希望、被災者を救う、日本を救えるとも感じます。
【強制撤去】ここから原発、瓦礫処理、人権、人命、放射性物質の真実、色々な問題が解決、未来につながると思います。

被災地の皆様が危険と伝え発信してくださること、ごう慢な期待するコメント読んでいただきありがとうございます。

被災地の皆様心身御自愛くださいますように。
ファニーさん (命の息吹)
2011-12-14 20:06:40
私の文章の一部をこのように抜粋されては誤解を招いてしまいます。よく文をお読みになって咀嚼してください。
>他人の痛みを感じる心を忘れてしまってはおしまいです。
私たち...人の心まで汚染されないように気をつけないといけませんね。

私が申し上げたのは、貴方様だけに向けての意見ではありません。
私たち全員がこの恐慌とした世の中を人の心の優しさを忘れない様に戒めなくてはいけない、と自分も含めて言わせていただいたのです。

貴方様のコメントをみて、そういう気持ちが湧き出てしまいましたので、失礼を承知で申し上げました。
今までこのブログは読ませて頂く一方だったのですが、最近のコメント欄を拝見しておりますと、何だか最近特に人の心の深層部が露出され、がさついた方向に向かっているのに居たたまれなく意見してしまいました。
乳母後心と思いお許しください。




12/13 07:07 Unknownさまへ (キコリーナ)
2011-12-14 22:55:07
詳しく教えて下さってありがとうございました!

>SOEKSのβ線の感度はInspectorほど高くはありません。関東はβ線とα線の比率が高いのです。

なるほど、関東にはSOEKSでは計れないベーター線とα線が多いのですね。
線量だけでは一概に決められないという事ですね。
健康被害の出方が関東とは違う理由がわかりました。納得です。

教えていただいた事を考慮しながら、慎重に住まいを探そうと思います。
荷物はできるだけ減らし、車も寝具も処分し、現地で買うつもりです。
N100も高いですが、必要ですね!
Unknown (匿名希望にさせてくださいさんへ)
2011-12-15 07:01:26
□まとめ
・貴方が書いていることは正しいとは思うが、綺麗事しか言っていないようにも聞こえてしまう。
・被災地で実際に生活している人達がいるということを無視しているような冷たい感じがする。
・被害者(被災地の人)が加害者扱いしているようにも聞こえる。
・批判的な意見を言ってくる人のだいたいの人が、貴方の文章を見て何かしら傷付いている。できるだけ被災地の人を傷つけることは言わないで。
・自分の気持ちを分かってほしくて否定的な意見に反応するのだろうが、その人を逆撫でする可能性もあるので否定的な意見は無視するしかない、否定的な意見がお嫌ならブログをやめるしかない。
・復興することを待ち望んでいる。間違っているとしても被災地の人は復興の為に必死に頑張っている。辛さを乗り越えて被災地の人が元気になることができたのは、復興という目標があったから。復興を諦めなければいけないのなら、東北の人全員が絶対納得する理由が必要。
・TVの情報等を信じている人は、やっとここまで復興してきたわけだから「信じている」というよりは「信じていたい」。
・仙台に来られるようだが、「ほとんど被害がなかった仙台の中心部だけ?」という感情の方が強い。高い交通費を払って、たくさん乗り継いでわざわざ仙台に行くのは正直嫌。できることなら被害がひどい地域の集会所などにも足を運んでくれれば、お年寄りや小さい子供連れの人の負担がかなり減る。
・瓦礫を移動できないということは、これからも被災地の人は放射能に曝されることになる。他県が瓦礫の受け入れをやめた方が良いのなら、被災地の人がこれ以上放射能に曝されないように応急処置的なことでも良いのでどうするべきなのかということも説明してください。そのことを書いていないことが貴方のブログの文章に一番足りない。
瓦礫を受け入れることができないのなら東北三県以外の知事が一丸となって「他の方法」を国に提示すべき。「支援する」と言っているのなら、拒否ばかりしていないで「他の方法」を提示して国を説得することで支援してほしい。
・正直「私達はあんなに苦しんで現在も放射能に曝されているのだから他の地域の人達も同じ状況になってほしい」という最低な感情も時々過ります。ですが放射能が全国に曝されて犠牲者を増やすことはもっと嫌です。
・被曝していることは、とっくに覚悟している。
・自宅が無事な私からすれば、移住するしないは個人の自由。国が強制退去を命じない限り、どんなに被曝していても生まれ育った場所で死ぬと決めてる。死ぬことは怖くない。いつか人は死ぬ、長生きなんかに全然興味はない。
・自分の大切な人が崖に落ちそうになっていたとしたら、見殺しにするくらいなら自分が死ぬ結果になっても助けに行く方が良いと考える。
・どうしても分かってもらいたい気持ちが強いのだったら、私のような我が強い人間や地元愛が強いお年寄りをも説得できる文面を書く必要がある。
・貴方を紹介したブログを書いている方は、貴方のような文章を載せた後に「せめて〇〇した方が良いと思う」というように現実的で具体的な文章を書いている。「人それぞれ個人的な考えがあるから分かってくれる人が分かってくれればいい」という考え方の人。分かってもらえる人が一人でも二人でも増えれば、それでいいんじゃないか。
・「文章が長すぎて何を言いたいのか分からない」と感じられているのなら貴方の文章に対して「何が言いたいのか分からない」と言っている人の気持が分かるのではないか。

以上、まとめても長いですが。ところで、「貴方を紹介したブログを書いている方」って誰でしょうか?まさか、コメント主さん本人ではないですか?
匿名希望にさせてくださいさんへ (さらみ)
2011-12-15 08:53:46
長!!読めないわw
Unknown (Unknown)
2011-12-15 17:54:35
匿名希望にさせてくださいさんの気持ち分かります。

ここのコメント欄には善意と称し、安全な場所から首都崩壊を待ち望んでいるかのような、しかも偉そうに、そんな残酷な感情に気付かない人々の心を感じます。

だからここのブログは見ないことにしたんです。だって神経を逆なでされると免疫力がよけいに下がるから。

夫だって、妻の私からギャーギャー言われたくないのは承知の上です。ヒステリックにピーピーしかも上から目線で。

せいぜい面白がって死者の数でも数えていればいいんです。

それを真に受けてネットにかじりついて鬱になって被爆症状の様な健康被害を発症したら子育てどころじゃありません。

事実は事実として受け止めますが、面白がってブログやコメント欄でいちいち死亡宣告出されてありがとうございましたなんて言う気にはなれません。

東日本終了を楽しむサロンは残酷な遊びみたいです。
可哀想に.... (元世田谷区住人)
2011-12-15 18:35:06
>だからここのブログは見ないことにしたんです。
そうして下さい、私たちもあなたに見て欲しくありません。
邪魔をしないでください。
>夫だって、妻の私からギャーギャー言われたくないのは承知の上です。
ギャーギャー言わずに、ちゃんとした日本語で説得しましう。
>ヒステリックにピーピーしかも上から目線で。
それはあなたの文面そのものですが。
>面白がってブログやコメント欄でいちいち死亡宣告出されてありがとうございましたなんて言う気にはなれません。
死亡宣言ととるか、避難警告ととって延命するか、それはあなたの自由です。
私は少なくともこの木下さんのブログが無かったら、今ごろは東京と共に肉体も精神も崩壊していたと思います。

Unknown (木下支持)
2011-12-16 06:44:46
別に首都崩壊や東日本終了など楽しみにしていないし、本当に気の毒だと思っている。
ヒステリックは、あなたのほうで、ここに書いている人達の大半は、冷静であり、合理的な判断が出来る人達だと思います。
木下さんとか関係無くても、俺は一連の政府発表や大マスコミの報道で、東日本の一定の地域は被曝の危険性が高いと推察できるし、出来る限り一時的にでも集団疎開や退避をしたほうが、後々は国の利益になると考えていますよ。
本当に残酷なのは、どこの誰だか考えてみて下さい。
大学教員への質問です (MMM)
2011-12-16 09:22:15
大学教員さん.

>今回の事故では、3号炉の核燃料(MOX)が爆発して首都圏全域に飛び散っています(米国エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)のデータを見るとそれが分かります)。

とのことですが,具体的なURLを教えて頂けると助かります.
これは大変重要な情報だと思います.
体だけでなく、被災地、ホットスポットの人の心も病んでいる (西日本を守らなければ安全な食べ物の食糧難になることを理解してほしい)
2011-12-16 10:05:27
>Unknown (Unknown)
2011-12-15 17:54:35
>それを真に受けてネットにかじりついて鬱になって被爆症状の様な健康被害を発症したら子育てどころじゃありません。

心の持ちようで本当に被曝の健康被害が起きないなら、何の問題もありません。ニコニコ笑ってお過ごしください。たとえ子供が大量の鼻血を出して髪の毛が抜けてもど〜んと構えてください。それで「あなたの」子育てができる(と思う)のなら、それはもう「あなたの」自由です。自己責任です。ですが「あなたの子供の」自由を奪っていることは自覚してほしいと思います。
私は弱い人間だけど、子供を放射能から守るために今できることを調べつくし全力でやりきって人生を終わりたいと思います。そのためなら、苦手な勉強もするし、娯楽、物欲、捨てる覚悟です。これも私の自由です。


>匿名希望にさせてください

>正直「私達はあんなに苦しんで現在も放射能に曝されているのだから他の地域の人達も同じ状況になってほしい」という最低な感情も時々過ります

テレビのインタビューで被災して仕事も車も家も家族も失った人が、同じようなことを言っていました。「他の原発も爆発してみな同じ目に合えばいい」と。その人と同じ感覚なのですね。
この方の長文コメントを読んで、もう宗教でしか、この方を救うことはできないのかなという気がしてきました。土地に縛り付けた「復興」を掲げ、「放射能はこわくない」宗教・・・
ですが、同じ被災地にいる人で幼い子供を持つ母親が同じ気持ちとは限りません。避難したいい人の自由を奪う発言だということに気付いてほしいです。
復興はその土地の人が健康でなければできないと思います。瓦礫があろうとなかろうと、残念ながら、放射性物質降下量から考えて被災地ではこれから晩発性の放射線障害の健康被害が大量に起きてくるわけで、地元の復興は無理だと思います。
「復興」は各自が避難した先で「再起」という意味で行ってください。
新しい土地で少しでも内部被ばくを減らす生活をしながら健康を回復させ個人の人生で復興してください。
土や水や海が汚れた場所には暮らせないのです。

>瓦礫を移動できないということは、これからも被災地の人は放射能に曝されることになる。他県が瓦礫の受け入れをやめた方が良いのなら、被災地の人がこれ以上放射能に曝されないように応急処置的なことでも良いのでどうするべきなのかということも説明してください。

被災地の人がこれ以上放射能に曝されないようにするには、移住しかありません。移住した地で就職活動を行ってください。
瓦礫を他県に拡散しても、被災地の人の被曝量が減るわけではありません。大量の放射性降下物がすでに被災地には落ちているし、今もって原発は収束していないのですから。
エントロピーの法則から考えても瓦礫を拡散してはならないのです。
どんなに大量に瓦礫があっても、できるだけ燃やさず被災地内に堤防としてコンクリートで埋め立ててください。瓦礫を多額の経費をかけてほかへ運ばずに、その経費で最新のフィルター付きの焼却場・埋め立て処分場を作ってください。効果のない山や畑の除染をせずにその経費を瓦礫を埋めることに使ってください。
処分場をたくさん東電敷地内に作り、管理させるのです。放射性物質をまき散らした責任をきっちりと負わせなければなりません。
使用済み核燃料は「埋める」というくせになぜ瓦礫を埋めるといわないのか不思議です。
瓦礫は使用済み核燃料と違い崩壊熱がないのですから埋めればいいことです。どんなに大量に瓦礫があろうとも、何十年かかろうとも。
それをするのが東電・公務員の仕事です。
高濃度汚染地区の強制避難、自主避難に補償・補助を出すことを、被災地の人は国に求めてください。自分で要求運動してください。他県でもやりますが、自分も動かなければなりません。瓦礫を他県に拡散すれば日本の大地は放射能で汚染され、日本の子供たちは死に絶えるでしょう。









匿名希望にさせてくださいさんへ (母子避難中)
2011-12-16 11:11:46
5回読みました。すごく胸に響きました。

私、母子避難中です。
匿名希望にさせてくださいさんが私の娘なら、私は一刻も早く避難しなさい、と言います。
そして、貴女のような人こそ、何とか生き抜いて欲しいです。お書きになっている文章から、お人柄の良さを感じました。

津波被害をまぬがれて、とりあえずの命をつなぐことができた幸運を、目に見えないさらに大きな津波に奪われてはなりません。もったいない。
放射能汚染は、目に見えない大津波です。
何とかサバイバルしてくださいますように。

わたしは子どもを遅くにひょっこり授かりました。体質的な問題から不妊治療はできないので、アウトドアを楽しんだり、きれいな湧き水を汲んで飲んだり、温泉に入ったり、食べ物を気をつけたりというような日々の中で授かりました。
子どもを授かることだけが唯一の価値とは思いませんが、子どもがいてありがたいとよく思います。
貴女が子どもを望むなら、こんな形で可能性をあきらめることはないです。
まず安全な土地に逃げて、丈夫な子どもを産み育てる状況を拓こうとしてみた方が、よほどいいではありませんか。
第一、今のままでは貴女自身が、死に損なって生き損なった、みたいな感じじゃないですか。
そんなばかげたことはありません。もったいない。
貴女が私の娘なら、引っ張って新幹線に乗せて、西の安全な土地で気分転換させます。

色々と深い思い。私、共感します。
だけど、今は考えて思いにふけっている場合ではありません。おっしゃる通り、東北三県以外の県知事が妙案を出すなり、そもそも政府が大鉈をふるうべきなのだと私も思いますが、現実に今そんな理想的なことが行われる状況にはなく、放射能の大津波があちこち飲み込もうとしているのだから、とにかく、一庶民としては、津波から逃げるしかないと思うんです。
とにかく逃げて、考えるのは、その後に。
貴女のように、東北を深く知る、東北に深い思いを持つ人の健在が、これからとても大事だと思います。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。