「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
更に重要なことはメルマガで展開します。

直接知っている都内の知人複数に身体の異常がではじめました。無脳症の報告もまた。

2011-10-02 01:44:16 | 福島第一原発と放射能

 本日は午後二時開場で印西市文化ホールで講演会です。宜しくお願いします。

 「無脳症」の報告がまた増えました。二十代後半の沼津市内の女性が、震災後に妊娠が発覚し、順調と言われていたのですが、無脳児とわかり、堕胎しました。その沼津の総合病院では、一年に一例も無脳症はないそうです。                                                                

「無能症」というのは、通常時でも、おきない症例ではありませんが、いろんな形で続けて報告がくると訝しく思っています。頻度が多すぎる気がします。これは、普通の感覚で平常時におきる頻度を超えている気がしています。

 他に、嫌なのは都内の知人の複数に身体異常の話が聞こえ始めたという事です。甲状線関連、ホルモン関連、体重減少など、見知っている人たちの中で、いろんな事柄が通常の頻度を超えておきはじめているというのが、僕の印象です。まだ、具体的に足がとれたところまででは、ありませんが、なにかおかしな状態が身近にも迫っている感じがしています。

 体重減少は、子どもだけでなく、大人も聞こえています。この話は要注意です。子どもと若い女性は、特に注意を。女性の場合は、顕著に体重が落ちていないか、子どもは、体重の増えない時期も一般的にはありますが、半年近く増えていない場合は、疑いを持つほうがよいです。

 神奈川県の葉山付近からは次のようなお話が来ました。これも気になる「紫斑病」という単語が見えます。

子供の健康状態について・・・集団発生とかではないのですが、
友人の子供(4歳男児)が、8月に特発性血小板現象紫斑病という病気になり、2,3週間の入院をしました。
その友人いわく、入院中の院内で知り合いや友人の子供たちが入院してるのに出くわし              驚いたといっていました。
また同時期ですが、別の友人の子供(0歳男児)が喘息で数日の入院。
たまたまのかもしれませんが、これまで知り合いの中で子供の入院などとう話はほとんどなかったため
急にそんな話が増えて、ちょっと不安になっています。」

===============================================
              
木下黄太講演会 IN 大阪

日時:10月14日(金)午後6時30分〜8時30分(開場6時 
場所:市民交流センターよどがわ 106会議室(定員100名)
  
http://www.kashima-hra.com/map.html
参加費:500円
申し込み:(1)お名前、(2)連絡先メールアドレス、(3)参 加人数を書いていただき、
(4)rpp.kinki@gmail.com へメールしてください。なお小さなお子様をお連れになる予定の方は、その人数もお書きください(椅子を用意します)。参加費は中学生からは必要になります。
------------------------------------------------
 
木下黄太講演会 IN  京都

 日時:2011年10月28日(金) 午後1時~午後3時半
 場所:京都市下京区 ひとまち交流館・大会議室
http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
 定員:300名 (可能な方は事前に予約を。当日でもたぶん大丈夫ですが)
 料金:500円

 *小さなお子さま連れの方も、どなた様も是非お越し下さい。親子室もございます。

 主催:京都ママパパの会 
http://kodomo-kyoto.sakura.ne.jp/
 申し込み先:: kodomokyoto@gmail.com
============================================

 

◎印西講演会 放射能から子供を守る!
10月2日(日)木下黄太氏を千葉・印西市に迎え、講演会を開催します。
放射能の問題について、次々と具体的な対応を打ち出す近隣の自治体を尻目に、
対応方針を明らかにしてこなかった印西市もようやく重い腰を上げ、8月29日に
「放射線等に対する対応についての基本方針」を公表しました。

まずは一歩進んだことに感謝です。

印西の子供たちを放射能による健康被害から守ることができるのか。
子を持つ親は、そして地域は何をすべきなのか。
講師の体験談を聞きながら、いっしょに考えてみませんか。

【日時】平成23年10月2日(日)
開  場:14:00
開  始:14:30
終了予定:16:30
【場所】印西市文化ホール 多目的室
千葉県印西市大森2535番地
TEL0476(42)8811
【定員】90名先着順
【会費】500円 
【アクセス】・JR成田線木下駅から徒歩15分
・北総線 千葉ニュータウン中央駅よりちばレインボーバス木下駅行き15分 市役所前下車すぐ
【駐車場】駐車のスペースが限られておりますので、お越しの際はできるだけ公共交通機関等をご利用ください。
【主催】放射能から子供を守る会@印西
    ブログ(
http://ameblo.jp/inzai-mama/
    お問い合わせ先(
inzai.mama@gmail.com

=============================================

 10/15(土)の熊本、10/16(日)の福岡でも講演会をおこないます。お知らせ致します。

-----------------------------------------------------

★『木下黄太 講演会 IN 熊本』
________________________

■日時:10月15日(土)
■会場:熊本県青年会館(ユースピア熊本) 202号室(120名)
 熊本市水前寺3-17-15 2F
■開場13:00 開始13:30~15:30
■申し込み:
kyushu.kumamoto@hotmail.co.jp                                                               ※上記メールアドレスへ代表者名・参加人数をご連絡ください。
■参加費:600円(会場費・お子様無料)
■熊本県青年会館アクセス
http://www.ks-kaikan.com/access/access.html
※駐車場はござますが、当日は満車が予想されますので
公共機関または、近隣の駐車場のご利用をお願いいたします。
※JR水前寺駅隣に立体駐車場がございます→
http://parking-kyushu.jp/number/94178863


★『木下黄太 講演会 IN 福岡』
_________________________

■日時:10月16日(日)
■会場:春日クローバープラザ西棟1F クローバーホール(288名)
■開場:13:00 開始13:30~16:30
■申し込み:
http://kokucheese.com/event/index/18006/  

■参加費:500円(託児室あり一人 800円:保険込)

*混雑が予想されますので、ご来場の際は公共機関にてお越し下さいませ。
(会場はJR春日駅目の前。)
どうしてもお車にて来られる方は周辺駐車場をご使用下さい。
★クローバープラザ近隣駐車場のご案内→
http://www.cloverplaza.or.jp/parking1.pdf


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日、立川講演会。あすは印... | トップ | お子さんの体重を確認するの... »
最近の画像もっと見る

70 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (氷)
2011-10-02 02:50:20
特発性血小板現象紫斑病は、現象でなく、減少です。
血小板が少なくなり、血液の出血が止まりにくくなる病気です。
ちょっとしたことで、内出血がおこります。
動きすぎたり、重いものを持ったり。
主に、四肢の血管が切れます。
胸や心臓に近い場所に青痣ができると、とても悪い状態です。お医者さんに診てもらってください。
怪我に気をつけて。
出血を伴う手術も警戒が必要です。
他の病気にならないように、気をつけて。
原因が不明な病気なので、特定疾患に認定され、程度により国から補助が受けられます。
そして突然、治ることもあるらしいです。
以上は、震災以前の認識でした。
多分、症状は同じだと思いますので、ご自愛下さい。

血液のお医者さんに聞いたのですが、放射線は、骨髄がやられるそうですよ。
体重低下の件 (タマコ)
2011-10-02 05:34:51
子供の体重低下についてです。
わが子は2歳男児ですが、ここ半年の体重は少し減ったあとは夏中横ばいでした。身長は伸びていました。
心配していましたが、去年の夏も体重はまったく増えなかったので様子をみていました。
昨夜体重を量ったところ、増加してきました。
ほっとしました。

子供の体重は、夏、減る傾向があると思います。うちは夏になると本当に食べなくなりますので。でも気温が下がると食欲が回復して体重もズンっと増えてきます。
保育園で毎月測定していると、その傾向がはっきりある、と小児科の先生に以前教えていただきました。
子供の体重は、秋にきちんと増加するかが決めてになると思います。

ただ、うちは違うところにコメントさせていただいていますが、母子ともに鼻、喉の不調が継続しているために、今、冬を目の前に、避難の道を必死で模索しているところです。
プルトニウムは (パパ)
2011-10-02 08:22:05
一児のママ様
プルトニウムは事故後、ハワイやアメリカ西海岸でも検出されています。風にのりアメリカまで届くのですから、日本国内(関東は特に)も確実に飛んでいます。
バズビー氏、ガンダーセン氏もそれは言っています。東京を走っていた日本の車のエアーフィルターからα核種を検出したとも。
バズビー氏、ガンダーセン氏は検索すれば情報は沢山出てきます。
一児のママ様が、逃げれるならば、迷わずすぐにお子様を連れて海外に逃げて下さい。

枝野氏が、事故後、すぐに妻子をシンガポールに避難させて、他方メディアでは「直ちに健康に被害はありません」を繰り返していたのは有名は話です。シンガポール枝野、という名前までつけられました。
確実に健康被害があるから逃がしたのです。国民には嘘をついて!
体の不調 (Unknown)
2011-10-02 09:10:12
40代女性です。
震災後から先月までの間に6kg体重が落ちました。ダイエットしてもなかなか落ちない年齢なのに。
7月の末から生理の異常もあります。今現在6回目の生理です(7月から)
更年期障害も考えつつ、不安です。
セシウムによる心臓筋繊維断絶 他 (こば)
2011-10-02 11:05:26
癌以外の疾患についてです。
心臓内の放射性セシウムの顕微鏡写真などもあります。

”チェルノブイリ事故による放射性物質で汚染されたベラルーシの諸地域におけるレポート。
ユーリー バンダシェフスキー教授(ミコラス ロメリス​大学 リトアニア)”

https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0Bz1fZmrqFppsZWE3NDhkZTMtNmRjNS00NjVkLWIwZmMtODQ0YWVhN2YyMDlh&hl=en_US
Unknown (ゆずぽん)
2011-10-02 11:22:47
私は相模原に住んでおりますが、ここのところ線量が高いです。
外出して(マスクをしています)帰ってくると喉は痛いしタンは出るし、部屋の中のほうが線量が低いのでしばらくすると喉の痛みは減ってきますね。
東京神奈川の汚染マップがなかなか発表されないのはかなり汚染された区域があるということなのでしょう。
近所の小さなお子さん達が心配です> <;

ガンになる以前に (ルイ)
2011-10-02 11:44:08
ガンになる確率が高くなるが、その確率は考慮するほどではないという言い分?を主張している書き込みがネットで見るにつけ、現実と乖離した意見だと思わざるを得ません。私(や多くの子を持つ女性)が恐れているのは自分や子供がガンになることそのものより、ガンが発病する前の、ガン以外の様々な疾病にあると思います。過去にも、その時代に世間から認められていなかった病気は、最初は気のせいとされた例はいくらでもあるのではないでしょうか。
放射能の影響はどこまで。。。 (唐津君)
2011-10-02 12:07:53
わたしはいただいた情報からすぐに動き、
18日に浅草から産後2週目の娘と主人と一緒に脱出して福岡に逃げられたので
20日あたりの雨からの被害に合わずに済みました。

近頃、東京にのこっている友人数組と連絡をしていると気になる点が出てきました。
木下さんが以前におっしゃっていた通り
親指の付け根が痛くなったり、違和感が出たりする人がぞろぞろ出ています。
本当にびっくりしています。

先に出ていました
『シンガポール枝野』 の事件ですが、
あれは完全なデマ報道のだったはずです。
血小板減少 (ホアンホアン)
2011-10-02 12:25:51
6月初旬に、子供をつれて、千葉から沖縄に避難した者です。

5月に両足のすねの毛穴が赤くなり、すね全体が真っ赤に見えるような状態になりました。はじめて見る症状だったので皮膚科で診てもらったら、「血小板が減少するとこうなることが多いので血液検査をしましょう」と。
引越しもせまっていたため、沖縄で血液検査をすることにしました。引越し後、2週間程度で足の異常はおさまりました。それに前後して受けた血液検査では、血小板や白血球の数に異常はなかったです。

異常がなかったのは、沖縄に移住したことで、体が受けるダメージが少なくなったからだと思います。

沖縄に来てからは、震災後に感じていた鈍い頭痛や妙な圧迫感がなくなりました。
あのまま千葉県に住んでいれば、いずれは何かの病気になっていたと思います。

放射線は、免疫系にダメージを与えるので、あらゆる病気になりやすくなります。何の病気になるかは人それぞれ、体質や生活習慣、年齢や性別によってもかわってくるようですが、若いほど影響を受けやすいことは、チェルノブイリが証明しています。

チェルノブイリから25年経過した現在、ベラルーシで健康といえる子供はわずか2割。・・・彼らは、事故当時には生まれてすらいなかったのに。

チェルノブイリ、100万人の犠牲者 というキーワードで検索すれば、アメリカの学者が今年3月に出版した本の内容が確認できます。

木下さんのブログには、子供が登校拒否気味でつらい、と書いてしまったこともありましたが、そんなこと、彼に先立たれることに比べれば、小さな小さな苦しみです。

木下さん、今の日本で、現在のような活動をされていけば、心身ともに消耗なさると思います。

けれど、木下さんを心の支えにし、応援している人たちも大勢います。
私もその一人です。




Unknown (ななふし)
2011-10-02 12:40:11
私も震災後、体重が4キロ減りましたが、健診で特に指摘されませんでした。
アラフォーなので、逆に体重が増える方が良くないようで。
因みに、162センチで45キロです。
色々なことが不安で、食べ物もろくに喉を通らなかったので当然と言えば当然かも。
私も含め、皆さん、精神的にもまいってるんですよね。

福島除染の実態 (Unknown)
2011-10-02 13:17:08
阿修羅から転載です
「永岡です、たね蒔きジャーナル、続いて、神戸大学大学院の山内知也さんによる、福島の除染のお話がありました。あす30日に避難準備区域の解除になりますが、各地域除染するもの、除染で放射能は減るのか、放射性エネルギー科学が山内さんの専門です。

山内さん、今月除染を行ったところで測定を行い、除染の前が100とすると除染で68、ほぼ7割残っているのです。除染は、あまり利いていないのです。
通学路の側溝があり、放射能を含む汚泥を取り除いても、コンクリートにセシウム吸着、アスファルトにセシウム吸着であり、庭にも残っている、側溝の土をとってもだめなのです。小さな埃がコンクリートに引っ付いて、高圧洗浄で表面を剥ぐしかない、住宅なら、屋根はコンクリートの瓦だと高くなる(ガンマー線が高くなる)、屋根から放射能が入ってくる、家の中でも低くならない畳の上で0.3マイクロが、天井だと0.5、その上が0.7マイクロになり、屋根の上は1を超える値で、このレベルの汚染でも、室内も高くなるのです。

屋根の汚染、高圧洗浄しても、セシウムは流れないのです。古い屋根は、瓦を張り替えるしかないのです。水で洗って落ちるセシウムではないのです。

闇雲に洗っているのみ、このままでは効果は出ないのです。線量を測っていないのです。しっかりした測定が前提なのです。今、校庭で1ミリシーベルトと言っているものの、実現していないのです。
 水で洗っても除染できないこと、安心して住める分の除染は、街を作り替えないとダメであり、アスファルトを作り替える、庭の土を作り替える、1ミリ/年はこれをしないとできないのです。福島では1,2マイクロのところを小学生が通っている、住宅地で、緊急時避難区域でないのに、1万ベクレル/時間が出ています。

福島では、住民に、除染できていないと伝えていないのです。小学校を開いており、年間1ミリに収まらないのに住み続けることを要求しており、経済がダメになるので避難ではなく除染と、地元の役人が言っているのです。当局の言う除染は、本来の除染ではない。

 街を作り替えないと、事故前のレベルにならないのです。山林に隣接すると、雨でセシウムが流れ込み、どこかからセシウムが流れ着くので、排水が流れる先を考えないといけない、除染して高圧洗浄しても、その水が別の家に流れ着いて汚染すると言う結果で、地域を面として除染することは困難なのです。子供と妊婦は線量の低いところに1,2年避難してもらう、その間に町を作り替えることが必要なのです。山林からのセシウムの流入を阻止しないといけない、これは無理なのです。

アルファ線、ベータ線、ガンマー線で、測定したのはガンマー線のみ、セシウムはベータ線を出してバリウムになり、コンクリート、表面にセシウムがこびりつき、ベータ線が強いのです。コンクリート、ベータ線の影響は無視できないのです。

子供たちを守るには、別の土地への避難しかない、空間線量の3/4はセシウム134、2年で半分になる、子供を一緒に住まわせていいのではないのです。学校を運営しつつ重機で除染していた、これを聞くと海外の報道の人は驚いているのです。

これが、除染の実態でした。これを、お知らせいたしました」
尿検査しました (JRママ)
2011-10-02 15:35:47
台東区です。いつも情報をありがとうございます。
理研分析センターで子供の尿を調べてもらいました。空間線量は屋外で地上1メートルの高さが0.1~0.13μSv/h、室内は0.1~0.12μSv/h(機種MKC-05)食べ物、水にかなり気をつけています。震災後15~22日と夏は一ヶ月北海道に滞在しました。
長男(小2)がセシウム134,137ともに0.16Bq/kg、ヨウ素不検出。
次男(5歳保育園)がセシウム134が0.11Bq/kg、ヨウ素とセシウム137は不検出でした。

このくらいならただちに健康への被害が出る値ではないのでしょう。しかし、友人からの情報でアメリカの飲用水の法令基準 0.111ベクレル(Bq/L) と聞きゾッとしました。少なくとも134は確実に今回の事故が由来していますし、蓄積は避けたいです。マスクの着用、年末までお弁当を持たせられるよう学校にお願いし、年明けには地方に引っ越す予定です。
震災後長男は一度治ったアトピーが再発し、次男は喉の不調が続き、頻尿ですが病院では異常なしと言われました。体重は二人とも横ばいです。
周囲でも今年初めての疾患(アテローム、蜂巣炎、肺炎、生理不順)に悩まされる人が現れていて驚いています。
しかし何より、放射能に関して感心の無い人の多さに一番驚いています。
ウラン、プルトニウムの検出につい (Cafe)
2011-10-02 16:50:16
アメリカEPA(Environmental Protection Agency)がRadnetというサイトで米国の大気、水、牛乳などでの放射性物質の検出を報告しています。http://www.epa.gov/japan2011/index.html

この中のデータを見る限り、ハワイや西海岸でプルトニウムが見つかったという報告はありません。ウランはごく微量検出されていますが通常存在する範囲内です(アメリカ中西部にはウランが結構あったりします)。
http://www.epa.gov/japan2011/docs/rert/radnet-cart-filter-final.pdf

逆にアメリカでプルトニウムが検出された、という結果があれば知りたいです。事実を示してほしいです。このブログコメントに限らず、アメリカ、ハワイでプルトニウムが検出されたと主張するブログ記事はたくさんありますが事実を示したものはほとんどありません。

ブログ「中鬼と大鬼のふたりごと」が4月末に「米国でプルトニウム・ウランが検出される:過去20年間で最大値!プルトニウム239やウラン238が大幅上昇」という記事を拡散したことがあるのですが、
http://togetter.com/li/128687
http://togetter.com/li/128714

のように同ブログの指摘は否定されています。アメリカでプルトニウムが検出された話は大抵この記事が発端になっているとみられます。同ブログは英訳でも記事を発信しており、この記事が
http://blog.alexanderhiggins.com/2011/04/27/plutonium-levels-california-43-times-hawaii-11-times-highest-levels-20-years-20549/
のようにAlexander Higgins氏のブログに転載され、英語圏に拡散したりしています(デマが)。

ガンダーセン、バズビーも確実な事実を証拠を持って示したことはなかったはずです。あったら逆に知りたいです。
(プルトニウムの検出はそれなりのラボや検出装置が必要で、そういう機関が検出したのであれば、それなりの発表があるはずです。ガンダーセンやバズビーがそういう発表をしたことはないはずです。そもそもガンダーセンはそういう装置すら持っていない。)
へんな風邪 (あい)
2011-10-02 18:47:31
咳と痰が半端なく出るのに、めっちゃおなかすくねん、食欲あるねん。
Unknown (ショウ)
2011-10-02 20:10:16
当方埼玉在住ですが熱が無いのにのどが痛いという方が周囲に増えました。私もそうなのですが季節の変わり目かそれともと考えています。避難出来る方はお早めにしたほうがいいかもしれません。首都移転となれば多くの方が目が醒めるでしょうがもしその前に今は試案ですが下記の法案が成立してしまえば難しくなります。

大規模な自然災害やテロなどが発生すると首相は緊急事態を宣言する規定を設け、首相に自治体首長への指示権などの権限を集中させ、国民の「通信の自由、居住および移転の自由並びに財産権」を制限できるようにしている
高齢者の体調不良(岩手) (東京都大田区在住)
2011-10-02 20:28:02
多大なご苦労にもかかわらず、貴重な情報を与え続けてくださり、いつも本当にありがとうございます。

60歳代の自営業者です。
岩手北部に住む高齢の両親をみるため、ほぼ毎月帰省しています。
東北新幹線の旅は、喉や耳下腺の痛みが出るので苦痛です。
特に福島、郡山など、通るだけでも大変な汚染を感じますので、
住んでおられる方々のことを思うと、暗澹といたします。

さて昨日土曜日、母と隣町に住む叔母が同じ症状で体調を崩しました。聞いてすぐ放射能の影響だと思いました。
今朝は具合が良くなった母が言うには、「一昨日は大雨だったが昨日は晴れたので、
風は強かったが家中の窓を開け放ちお茶を飲んでいたら、咳が出始めた。
やがて頭頂部がずきずきして、それが頭全体に広がり、なんとも経験したことがない感じになり、
拍動に伴ってずきずき痛み出した。
吐き気もし始めた。血圧を測っても正常値。
横になっても一向に良くならない。不安になって妹に電話をしたら、
まったく同じ症状で具合が悪く、歩いていて足が思うように動かせないとのこと。(酩酊感?)
夜も具合が悪かったが、今朝は良くなった。」

今回のことは、木曜夜から金曜明け方まで福島原発付近で「地震」が多発したことや、
当時の風向きとも関係しているのではと疑っています。
岩手北部の汚染が進んでいると感じます。叔母の菜園から送られたかぼちゃを
下ゆで処理した際、湯気で喉と耳下腺が大変痛くなり捨てました。

高齢の両親は動かせませんので、たとえ私自身が東京から退避しても、
実家へは通い続けるつもりでおります。その為にも自分の健康には細心の注意を払っていますが、
のんびりした田舎の親たちが先に放射能でやられるとは・・・、
悔しく腹立たしい思いで一晩を過ごしました。

長文、お許しください。
群馬(東京新聞報道) (Unknown)
2011-10-02 21:02:31
群馬で木下さん講演会を企画されている方がいらっしゃると前のほうのコメント欄で知りました。以下の記事「空間放射線量測定 沼田など高い数値 県「除染の必要なし」」に言葉なし、です。

記事全文は東京新聞webで見られますが抜粋しますと、「文部科学省が二十七日に公表した県内の放射性セシウムの汚染マップでは、沼田市北部と川場村の一部、桐生、みどりの両市の北部などで空間放射線量(地表一メートルの高さ)が一時間当たり〇・五~一・〇マイクロシーベルトと比較的高く出た。(中略)県環境保全課の担当者は「さらに詳細な調査を行うが、現時点で除染の必要な所はない。あとは市町村の判断」と話した。(中略)同課の担当者は「山間部で民家は数軒程度。大きな集落はない」と話している。」

民家は数軒程度。。。と群馬県どうかしてる。

「県職員による緊急測定は、これらの地域のうち、人が立ち入れる場所で実施。沼田市北部と川場村で測定した十三カ所は同〇・一八~〇・四六マイクロシーベルト、桐生市とみどり市で測定した十四カ所は同〇・一三~〇・四〇マイクロシーベルトだった。」

人が立ち入れる場所だけで実施しているようですが、年配者によるキノコ狩りが心配です。
始めの一歩を踏み出しましょう! (TRY)
2011-10-02 21:24:11
木下様、本当にいつも有り難うございます。

色々な方のブログを拝見しておりますが、首都圏の方達への避難を声を大にして伝えて下さっているのは木下さんだけです。

東電・国・御用学者・行政の余りにもお粗末な嘘はもう聞き飽きました。
昨日は福島での避難解除、そして小学校での運動会で子供達が土埃にまみれて運動している映像を流すマスコミに腹わたが煮えくりかえりました。皆狂っています。
そして関西に住んでいる身内には、とうとう「アジテイター」呼ばわりされ、いくら話しても分かってもらえないのだなと悲しい気持ちになりました。

私自身いろいろな体調不良が8月からはっきり出始め、勿論今までになかった症状です。
これはおかしいと直感的に放射能による体内被曝だと確信しています。
自分の身体は自分が一番分かります。

お母さん達もご自分のお子さん達の不調は、いち早く分かりますよね。
御用学者や御用医者の事など阿呆の遠吠えに過ぎません。
本来は患者やお母さん達の側に寄り添い、その一言一言に耳を傾けなければならないのに…!
母親が神経質で子供がストレスになりそういう状態になったんだと言われの無い非難を受けているお母さん達、負けないで…!

でももう分かりましたよね。
この国の権力を持っている人間達(もはや悪魔と言っても良い位ですが)の言う事は何一つ信じてはいけません。

だからもう行動を起こす時です。

逃げましょう!
放射能には人間はどう頑張っても立ち向かえません。

除染を声高におっしゃっている児玉教授も本当に胡散臭い。
福島はもう人が住んではいけない地域なのです。

とりあえず私は明日こちらのコメント欄で紹介して下さっていた「自主避難に賠償を求める院内集会」に出席します。
私にとっての第一歩です。

木下さんの声がより多くの人に届きますように…!
シンガポール枝野は間違いでは?? (yhmhn)
2011-10-02 21:48:03
はじめまして。
何となく気持ちが良くなかったので、コメントさせてもらいます。


私も枝野さんが妻子をシンガポールに逃がしたという話を聞き、驚き、憤慨しましたが、後日、それはネットで誰かが書いた嘘が、1人歩きをしていた…と聞きました。


私が見た記事では、枝野さんの5才の双子の娘さんは、都内で生活しており、乳児の飲料水が制限された時に、通っている幼稚園から水筒を持ってくるようにと連絡があった時にも、水筒の中には水道水を持たせている。という内容でした。

どちらが真実なのか、私には確かめる方法はありませんが、シンガポールに妻子を逃がしているという情報が、悪意のある嘘で、1人歩きしているとしたら、5才の娘さんたちが周りからそのような目で見られていると考えたら、とてもとても苦しくなりました。


私が載せた記事も真実かどうかは分かりません。

だから、本来は載せるべきではないと思うのですが、このような個人のプライベートを攻撃する場合には、本当に真実である確信がなければ、やめた方がいいと思うのです。


ネットの情報はすぐに拡散します。

その影響力を考えると、枝野さんの妻子シンガポール避難が嘘だった場合の家族(特にお子さん)の心の傷の深さは相当に深くなると思うので、気をつけてコメントされた方がいいと思います。
枝野さん (兵庫県)
2011-10-02 22:48:54
妻子をシンガポールに逃がそうが、逃がさまいが、枝野さんの罪は重大です。なぜなら多くの被災者が彼のせいで逃げ遅れたからです。妻子を非難すべきではありませんが、心の傷なら国民全員が負っています。命の危険も負っています。妻子へのイジメが心配かも知れませんが、福島から避難してイジメにあった子供達の数は膨大です。全然同情する気持ちが起きない人は沢山いると思います。だって子供のいるお父さんの行動だと思えますか?直ぐに放射能の高い地区から子供達を避難させないのは枝野さんにも責任が有ります。
火のないところに (Unknown)
2011-10-02 23:16:29
枝野さんの妻子の件ですが、
嘘だとしたら、堂々とされていたらいいのではないでしょうか?

火のないところに煙はたたぬ、とは昔からのことわざです。
噂が出てくるところには何らかの理由があるということだと思います。

あまり、熱心に否定されると、より、疑ってしまいます。
Unknown (み~な)
2011-10-02 23:34:08
いつも有り難うございます.
広瀬隆さんが放射能防御プロジェクトについて書かれているのでお知らせ致します.
http://www.wa-dan.com/article/2011/09/post-163.php
東京は平均でさえ、チェルノブイリ原発事故の後にソ連政府(当時)が汚染区域の第4区として指定した危険地帯とほとんど変らない。
 第4区とは住民を強制避難はさせないが、厳重に健康管理をおこないながら危険地域に放置してきた場所との事です.

原発再稼働を目指す政治家に命を預ける愚かな国民であれば、もう日本は、そう長くないだろう。 
広瀬さんの言葉は過激とも取られがちですが、全く同じ認識です.こんなに言っても、まだわからない人がいるかと思うと、途方に暮れます.
Unknown (枝野氏は公人。)
2011-10-03 00:01:23
シンガポールに妻子を避難させたというTwitter情報をコメントした者です。それに対する反論?について。枝野氏のお子さんが幼稚園に水道水を入れた水筒を持参したとか…余程近い所でなければ出ない情報ですね。お嬢さんではなく息子さんなのでは?週刊誌のグラビアで見かけた記憶があるのですが。3月…「ただちに健康に対する影響はありません」何度聞いたことでしょう。半年以上前の枝野氏の様子が鮮明に思い出されるほどです。今は原発事故に関する報道に偏りがあり、例えば讀賣新聞を読んでいるだけだと放射能汚染に対する不安は持ちようがないくらいです。が、震災直後、全国民がテレビの報道に釘付けになり、必死で情報を得ようとしていた。あの時の枝野氏の「ただちに…」発言に命をあずけた人は…おそらく国民の大半と思います。Twitter情報などに悪意ある捏造があれば、妻子を守るために堂々と訴えたらよろしい。白日のもとに。しかし…シンガポールだの、水道水を入れた水筒だの、あまりにも具体的すぎて、一体どこから煙が立ったのでしょうね?
チェルノブイリ百万人の犠牲者 (なし)
2011-10-03 00:03:58
表題の本は全編ネットからダウンロードてきます。
yablokov, chernobyl, book
で検索すれば一発でリンクが出ます。
絶望から (Unknown)
2011-10-03 00:49:49
私は50歳主婦2児の母。震災・原発事故後…一番口惜しいのは日本という自分の生まれ育った国、我が子にとっての故郷に裏切られていると感じてしまった事。木下さんのブログを心の拠り所にしている人、コメントを寄せる人…皆苦しみながらなんとかして前に進もうとしている。論理的に矛盾があるかもしれないけれど小出先生、児玉教授、もちろん木下さん。原発(事故)に対して考え意見を出そうとする人の目を摘むようなことだけは、せめてあってはならないと思っています。放射能で日本が汚染されてしまったことよりも、嘘をつく人達が弱者(被災地の人達や女・子供)をないがしろにして利害を優先して踏み潰して行こうとすることが、一番のショックです。失敗は誰にでもあること。それをどう取り戻すか、前に進もうと歯を食いしばって頑張ること。それが大人にできること、いや、すべきことだと思います。
シンガポール枝野について (おまめちゃん)
2011-10-03 01:09:24
震災後、ユーチューブで枝野氏記者会見をいろいろ観ていた中に、シンガポールに関する質問の受け答えがあったことを記憶しています。

いつものマイクと台のある会見場で記者がご家族はシンガポールと聞いたのですが、とマイクなしで質問し、それに対しはっきりと認めていました。枝野家では父親抜きでこんな大変な時期に海外旅行しちゃって平気なのか~と思いました。

今、その動画を探しましたが見つかりませんでした。でも、事実です。

その後の水筒発言も観た覚えがありますが、あれは会見場ではなく玄関のようなところでやっていました。水道水を水筒にいれるのなら、幼稚園の蛇口から飲めばいいじゃん、自分の子どもが保育園に通っているのか幼稚園に通っているのかわかんないの?と突っ込んだ覚えがあります。
プルトニウム、ストロンチウム (Unknown)
2011-10-03 01:12:36
cafeさまへ

ガンダーセン、バズビー教授のこんなビデオや記事がありました。

「CNN解説+福島原発プルトニウム粒子等北米も飛散!ガイガー計測不能」
http://www.youtube.com/watch?v=7y-t5_jW7ag&feature=relmfu

はっきりプルトニウムとは語っていないですが、ホットパーティクルの種類には、セシウム、ストロンチウム、プルトニウムやウランなどがあり…と言っており(1分57秒あたり)、後半でこれらホットパーティクルがシアトルまで届いた、と言っているので、文脈からそうなのかな、と。微妙なところではありますが…。

「米国にまで広がったプルトニウム」クリス・バズビー博士インタビュー
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/07/in.html

後者は反原発路線の「週刊金曜日」の記事ではありますが…。真偽のほどは直接このインタビュアーか、バズビー教授にメールで問い合わせてみるといいでしょう。

あと、アメリカのForbesの記事では、ハワイの牛乳から微量ではありますが、ストロンチウム発見、だそうです。

EPA found 1.4 picoCuries per liter of strontium-89 in a milk sample collected in Hilo on April 4.

http://www.forbes.com/sites/jeffmcmahon/2011/04/27/radioactive-strontium-found-in-hilo-hawaii-milk/
誰であろうと (hi)
2011-10-03 01:33:44
危険だと思われる場所からは避難すべきです。
人間の肉体は確実に放射線の影響を受けます。
内部被爆は脳にも心臓にも全身に影響を与えます。
逃げられる人は誰であろうと逃げましょう。
逃げられない人は、外出時はしっかりマスクをして、飲食物に気をつけましょう。
自分の行動が周りを勇気づけたり助けることもあります。
皆で励まし合いましょう。
Unknown (ふぅ)
2011-10-03 01:59:23
JRママさん

うちの主人も少し前、蜂巣炎になりました。
今まで聞いたことのない名前で、その名前が書いてあるのを見てびっくりしました。入院するかしないかぐらいひどかったですが、何とか入院はせずにすみました。

他にもぎっくり腰、アトピーの悪化など、医療費が去年の倍かかっています。

ちなみに営業です。
食卓 (ふぅ)
2011-10-03 02:07:50
いまさらな質問ですが、みなさんはお魚を食卓に並べていますか?

震災前は夕食が肉、魚、肉、魚のペースでした。
今は鶏肉、豚肉、えび、魚、鶏肉、豚肉、えび..というかんじです。(正確にこういうふうに決めているわけではない)

魚は九州地方や四国のものを半分だけです。(一匹は食べません)こどもにはもっと少しです。

みなさんは、どういうふうに工夫されているのか知りたいです。

通販なんかを利用されているのでしょうか。

肉ばかりだと偏りますよね。なるべく豆やとううふも食べていますが、さすがに主人がそれだけだと嫌がります。
枝野さん (木村)
2011-10-03 02:34:27
おともだちのお子さんが枝野さんのお子さんとおなじ幼稚園で ずっと休んでいたと言ってました。どこにいたかはわかりません。
2011-10-03 01:12:36の方へ (Cafe)
2011-10-03 03:40:43
バズビー、ガンダーセンがこうしたことを言っているのは知っています。しかしこれは「誰が」「どのようにして」「どのくらいの量を」検出したのかまるではっきりしません。私は彼らの発言の根拠は「中鬼と大鬼のふたりごと」の英語版記事(及びそれを拡散したブログ)ではないかと疑っています。「尋常でない量のプルトニウムとウラニウムを検出」といっているところが同ブログの記載と似ています。

さて、バズビーの週刊金曜日の記事にあるCTBTOは高崎で測定をしていますがプルトニウムは測定されていないようですね。本来核実験検知用の測定ですからウラン/プルトニウムは測定必須項目のはずなのですが。

最後のハワイの牛乳の件ですがEPAが測定している事実です。
http://www.epa.gov/japan2011/docs/rert/RadNet-Sr-Milk-Public-Release-4-26-2011.pdf

観測されたのはストロンチウム89で、観測値は1.4pCi/l。ベクレルに換算すると約0.052Bq/lです。
追伸 (Cafe)
2011-10-03 04:00:55
先のコメントでの、「週刊金曜日」の記事のリンク先英文記事では、「This is no surprise, since unusual amounts of plutonium and uranium have been detected in Hawaii, Guam, Alaska, and on the West Coast by the US Environmental Protection Agency in the wake of the 3.11 earthquake and tsunami.10」となっており、10番目のレファレンスを見ると、
「10 A report and analysis of EPA database “RadNet” by blog “Chuoni to o-oni no futarigoto,” April 29, 2011」
となっていますね。当方の予想はビンゴだったみたいです。
枝野さんについて (Unknown)
2011-10-03 07:28:52
議論してるようですが、どうでも良くないですか?
まずは、我が子や我が身でしょう?
なんだか情けないというか。
今さら どうでも良い。
直ちにとか言われても逃げる人は逃げるし。
人に決められないと動けないのに、納得いかないと騒ぐんだよね。
私も含め日本人て…。
Yablokovの本 (本田まりか)
2011-10-03 07:41:39
チェルノブイリ百万人の犠牲者 (なし)
2011-10-03 00:03:58 にコメントされた方へ

原書ダウンロードできました。読んでみます。ありがとうございます。

日本語版はこちらで翻訳プロジェクト進行中みたいです。
http://chernobyl25.blogspot.com/
まだほんの少ししか翻訳されていないようです。
報道 (Unknown)
2011-10-03 08:16:01
私も聞きました。
記者の「奥さんとお子さんはシンガポールにいるの?」の質問に、「旅行です。前から決まってました。」まだ春休みでもないのに、都合よく前から決まっているな。と思いました。
「保育園、幼稚園から水筒を持ってきてと言われていて、何をつめたらに対し、水道水をつめて」とも言ってました。
近所に住んでいるわけでないので、事実を確かめられないけど、はっきりと、旅行ですと言ってました。いろいろ探したけれど、1度きりで、その後、旅行についての映像は見ていない。
弁護士枝野さん (okama)
2011-10-03 08:29:59
「あれは避難ではなく、以前から計画していた単なる旅行・・」。弁護士枝野の見事な言葉の使い分け・・というしかありません。いよいよ、お上の言うことには用心しなければ・・とフンドシを締め直しました。
cafe1さまへ (Unknown)
2011-10-03 08:41:21
木下さん、こんにちわ。いつも参考にしています。木下さんの活動に感謝しています。

cafeさまへ
挙げられたヒギンズ氏のサイト
http://blog.alexanderhiggins.com/2011/04/27/plutonium-levels-california-43-times-hawaii-11-times-highest-levels-20-years-20549/
そこに別なリンク先があります。
http://blog.alexanderhiggins.com/2011/04/21/radioactive-fukushima-plutonium-strontium-bombarding-west-coast-march-18th-19279/
ここで、ヒギンズ氏は次のように述べています。
>Lucas Hixton Whitefield tips us off to the fact that the EPA has been detecting Plutonium and Strontium along the entire US West Coast since March 18th.
ホワイトフィールド氏の言葉です。
公表されていないデータを探し出したとあります。
>We found a more complete RADnet dataset for various radioactive isotopes we had previously not encountered.
Recently while searching the EPA RADnet database for radiation reports, we found a link to the main database. It included the RADNet monitoring data for many isotopes not released in the public reports.
そのリンク先です。
http://news.lucaswhitefieldhixson.com/2011/04/epa-radnet-reports-show-plutonium-in-us.html
 (Unknown)
2011-10-03 08:49:41
魚は買ってません。
旦那とは喧嘩、子供にはあきらめてもらいました。ただ、もともと、だしはかつおぶしを削って、煮干、昆布、干ししいたけでが基本でした。今では出汁ようのを子供には栄養が偏るから、食べてもらってます。今はまだ、震災前のがあります。なくなったら、どうしようと悩んでいます。
ご存知のとおり、きのこは集積しやすい。海と陸の放射能汚染で日本のだし文化の崩壊です。数ヶ月前、日本食を世界文化遺産のようなものに登録を申請する、と言う、政府の発表記事を見ました。その時、政府は日本食が崩壊すると知っている思いました。
あえて (Unknown)
2011-10-03 09:00:28
…その影響力を考えると、枝野さんの妻子シンガポール避難が嘘だった場合の家族(特にお子さん)の心の傷の深さは相当に深くなると思うので、気をつけてコメントされた方がいいと思います。と前にコメントした方がいますが、今この瞬間に、なんだか木を見て森を見ずの悠長な意見だなと感じ、あえて言わせてください!

現在の日本の状況を考えれば、そのお子さんの心の傷はかなり深くて当然だと思います。あるいは、父親は悪くない、父親がテレビ事実を隠蔽して繰り返し語った言葉は正当だったと信じて、政治家二世の道に進むのかもしれませんが。

感情的なコメントです!
木下黄太放射能防御プロジェクト講演会@群馬 (meglalala)
2011-10-03 09:04:47
10/23(日)群馬県玉村町文化センター視聴覚室13時会場14時開演16時までその後一時間質疑の時間があります。参加費500円。参加ご希望の方は私meglian2004@yahoo.co.jpまでに参加人数とお名前連絡先をメール下さい。先着80人です。
cafeさまへ 続き (Unknown)
2011-10-03 09:55:11
「中鬼と大鬼のふたりごと」の方も調べてみました。
データベースにアクセスして調べた結果です。
>米国環境保護局(EPA)のRadNetのデータベースを詳細に調べてみたところ、・・・
そして、こうあります。
>※ご自身で個別のデータベースを確認されたい方はEPAのRadNetデータベースで検索してみて下さい。
懇切丁寧に検索方法まで書いてあります。
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-44.html

追伸 木下さんにエール。
 (K)
2011-10-03 10:31:56
私は生のお魚は自分では買ってきません。いりこやちりめんをある程度冷凍保存しているので、それを毎日炒って食卓に並べています。
お刺身大好きな主人は、日本海産や地元瀬戸内海産のお刺身をしょっちゅう買ってきて子供にも食べさせてるようです。見て見ぬ振りしています・・・
ほかの食材には気を遣ってくれますが、お刺身は我慢できないみたいです。
卵はどうなの? (姫りんご)
2011-10-03 10:36:23
ウチは魚、やめてないです。やめたいけれど年寄もいるもんで。ししやも(ノルウェー産)や鮭を控えめに食べています。さすがに刺身だけはやめました。
ところで、玉子は大丈夫なんでしょうか?検査してるのかな?聞かないですよね。最近玉子の使用頻度が増えているので、ちょっと心配です。(ニワトリが産むんですから…)
それと、魚卵も心配です。たらこ・明太子・とびっこ等…食べてるんですけどね。魚介類なので×かなぁ…。あさりの味噌汁ずっとSTOPしてますが、飲みたーい、と子供からクレームきてます。
テレビを見ていて気づいたこと。 (静岡県西部在住)
2011-10-03 10:41:42
あまりテレビ番組は見ない方ですが、今日、たまたまテレビ朝日の朝方の番組を見ていて気づいたのは、司会者の羽鳥さん、赤江さんという男女のアナウンサーが、異様に瘠せていたことです。前は二人とも、そんなに瘠せていなかったと思うんですが。
それに日テレの丸岡さんという女性アナウンサーも、体調不良で長期静養中だそうですし、フジテレビの夜の報道番組の司会を務める女性アナも、喉の病気とかでしばらく休養していましたよね。
テレビ番組に出てくる人たちの容貌変化を目にしたり、体調変化を聞いたりすると、時期が時期なだけに、いやでも危機感が高まりますね。
確かに (Unknown)
2011-10-03 10:44:58
枝野のことなんてどうでもいい。でも3.14あたりで、何の情報もなくて逃げられた人なんているのかしら?誰もが公平に得ることのできるテレビやラジオ、新聞の情報を信じるって、そんなにバカな事?マスコミが正確な情報を伝えられない、伝えちゃいけない国って相当終わってると思うけど。確かに枝野の妻子がどこに逃げようとかまわないけど、政治家としての枝野の姿勢、いや、枝野ひとりじゃなくて、この国のトップには国民の命を守ろうって必死さがないことに皆怒っているんだと思うけど。
食べ物 (関西から)
2011-10-03 11:06:48
小出先生の食材を計測して線量が高い物は、お年寄りが食べようと言うのは反対です。[うば捨て山]じゃあるまいし…。政府は食材を大量に輸入すべきです。我が家は魚、キノコ、乳製品は食べてません。栄養の偏りはドイツなど規制の厳しい国の【赤ちゃん用粉ミルク】を買って補っています。バランスの整った栄養だと思います。シチューやパンケーキetc.牛乳の代わりに使えます。日本の隣国は危ない(汚染は元より逆輸入の可能性あり)ので私はスイス製品を取り寄せました。高値ですが、病院代より安くつきます。魚はロシア製品は日本に近いからチリ産やノルウェー産しか食べません。パン焼き機で輸入小麦粉パンを焼いてます。さて、実は近くに刑務所が有ります。刑務所も東北支援給食でしょうか?罪を犯したとはいえ、三食とも東北野菜などが出てるとしたら逃げられないので気の毒…。前を通る度に気になっています。政府は何をするか判りません。だって福島の方々にも実験しようとしているから、逃げられない刑務所などは怪しいです。ご家族の方々はちゃんと食材産地を確認してあげて下さい。
2011-10-03 08:41:21さんへ (Cafe)
2011-10-03 13:07:36
情報ありがとうございます。

いただいた情報からするとWhitefield氏の記事が4月11日で中鬼ブログより前ですから、中鬼ブログはWhitefield氏のブログをネタ元にしたものなのでしょう。

Whitefield氏は「What do the negative values mean in the results column?」といっており、中鬼氏はそれを「理由はRAの値の中にマイナスのものが多数見ら れたため、素人である私は計測値がマイナスになるはずがないと疑い、マイナス値のないMDCが検出値なのかもしれないと思ったから」と表現し同じことをいってますね。

これらは
http://togetter.com/li/128687
http://togetter.com/li/128714

にあるように測定不確かさを示すものであって、測定値より測定誤差が大きいような場合に起きる現象です。こうしたことからTogetterの中の人も、EPAもプルトニウムは検出されていないとしているのです。

ちなみに上記togetterではウランについても重量濃度の比較がなされて、EPAの測定が福島由来とは考えにくいと考察されています。
プルトニウムとりあえずの結論 (Cafe)
2011-10-03 13:24:08
アメリカのハワイや西海岸でプルトニウムが検出されたという件は、

EPAのRadnetデータベースを精査すると観測されていない。EPAもそういうレポートを出している。
http://www.epa.gov/japan2011/docs/rert/radnet-cart-filter-final.pdf

しかしながら、4月11日にWhitefield氏がRadnetデータベースの生データからプルトニウム観測と勘違いしブログで公表、

それを中鬼ブログが元ネタに使い4月29日に公表、以後日本や海外で拡散。

クリス・バズビー氏も中鬼ブログを根拠としてアメリカでプルトニウムが観測されたと発言するようになった。

ということのようです。
言葉の重さ (未来永劫)
2011-10-03 13:44:37
「ただちに影響は無い」と言ったままですからね。
「暫定基準」をいつまで使うのか…ということも同じ。
誰も責任を取らない、先送りの性質がこの国の政治の元凶なのでしょう。

でも、あの時、政府自体がパニックで機能不全に陥っていたのでしょうから、
ぎりぎりの言葉が「ただちに…」という逃げ口上だったのだろうと思います。

しかし、その「ただちに」っていつまでのこと?って思うのが普通の思考です。
期限の無い約束を信じる人はいませんから。
「ただちに影響は無い」という文章は、それだけでは完結していません。
日本人全員に、国語のテストをしてみましょう(笑)
この続きを述べよ!ということで。
私の回答は
「ただちに影響は無いが、この状態を続ければ影響はいつか間違いなく現れる」です。

もう7ヶ月になろうとしています。

「そろそろ影響が」出るころなんじゃないですか?
枝野さんは確かに間違ったことは言っていないから、責任は問えないのかもしれませんが、言葉の重さは未来永劫残ると思います。

それとも、「ただちに影響はないし、これからも影響は無い」と言い切れるのでしょうか。

いづれにせよ、もう、こんなことを言っている時間ももったいない。
自分の命の重さは、自分がまず理解しなければいけない。
子供を守りたい、愛する人を守りたい。
でもまず自分を守れなければ、他者を守る余裕は生まれないのです。

守りましょう!まず自分自身を!
自分の体力、精神力を維持しなければ!
体調崩してからでは遅いのだから。

大切な情報と、考えるきっかけを与え続けてくれる木下さんに心から感謝申し上げます。
長い戦いですから、木下さん自身もお身体に気をつけて。
Unknown (Unknown)
2011-10-03 14:33:21
魚、買ってないんですか
私はまだ甘かったんですね。

同居の母と、相談してみます..
食べ物悩みますよね (岐阜ママ)
2011-10-03 15:18:29
うちもストック分がなくなるまでは、干物など食べていましたが、今は魚食べていません。肉は九州や外国産のものを食べています。
豆腐は西日本のもの。練り物は怖くて食べれません。
出汁は鰹節を3本まとめ買いしてるので、少しづつ削って使っていこうかと思ってますが、なくなったらもう飲めないですね。
今日、恐る恐るノルウェーのサバ、買ってみましたが、イギリスも核廃棄物海に投棄してたんだよなーと思うと使うべきか否か悩んでいます。
日本食、作れなくなりますね…。
カリフォルニアのプルトニウム(EPAデータ) (コーンスープ)
2011-10-03 15:55:10
カリフォルニアでのプルトニウムの検出が気になりましたので探してみたら、確かにEPAが出しているデータで、福島と関連ありそうなのがありますね。

http://oaspub.epa.gov/enviro/erams_query.simple_output?Llocation=State&subloc=CA&media=AIR-FILTER&radi=Plutonium-239&Fromyear=2011&Toyear=2011&units=Traditional

ANAHEIM, CA AIR-FILTER 15-MAR-11 Actinides (Plutonium) by Extraction Chromatography Plutonium-239 -0.0000015 0.000005 0.000026 pCi/m3

RIVERSIDE, CA AIR-FILTER 15-MAR-11 Actinides (Plutonium) by Extraction Chromatography Plutonium-239 0.0000013 0.000003 0.000012 pCi/m3

SAN FRANCISCO, CA AIR-FILTER 18-MAR-11 Actinides (Plutonium) by Extraction Chromatography Plutonium-239 0.0000065 0.0000058 0.000018 pCi/m3

他の州は調べていませんが、ご参考まで。
>>セシウムによる心臓筋繊維断絶 他 (こば) (sarabande)
2011-10-03 17:29:01
サイトの紹介ありがとうございます。バンダジェフスキーは、教授職に無事もどることができたみたいですね。何よりです。バンダジェフスキーが、簡単にまとめた小冊子のようですが、非常に有用だと思います。検閲削除された論文の組織写真も載せているんじゃないかと思います。
癌以外に放射能予防出来る (よっしー)
2011-10-03 18:42:41
今、リスベラトロールという、サプリメントを飲んでいる。放射能による遺伝子破壊を守ってくれるて、その影響から守ってくれる。又、同じプロセスで、
生じる癌も予防してくれるとのことだ。もし本当なら、安いものだ。しかし、避難が一番大事だ。ただ、東京の東から、仙台岩手の方々は、今も住んでおられる訳で、何かして自分を守れるのであれば
、そのような手が、これかな?と思ったので、言っています。
アメリカのがん予防センターのお所長が、これを勧めているので。web
検索してみては?
私は、日本には、もう帰らないと決めている。毎年3~4か月は帰っていたが、あれ以来、木下氏のブログで自分の置かれている状況が分かったからだ。千葉県の自宅は、人の住めない汚染が広がっていたのだ。
Unknown (core)
2011-10-03 20:22:07
福島市在住のものです。無脳症で出産できなかった知人がいます。福島では確かになんらかの異常がはじまってるように感じますが、何か大きなものに裏で操作されている恐怖を感じます。産婦人科医が声をだすこともできません。
市内では「ガラスバッジ」をつけた妊婦さんをみかけます。何もない事を祈りますができればこの福島から離れて欲しいと願ってやみません。本当に怖いです。木下さん、病院名をお伝えすれば調べていただけますか?
 (九州からです)
2011-10-03 21:46:21
原発事故後にすぐにスーパーでさんまの缶詰などを買い込みました。そのストックがまだありますが、無くなったら外国産の鮭缶詰などにしようかなと思います。魚は外食などでどうしても―のときしか食べていません。海外に行くこともあるので、今だとばかりにしっかり魚を食べます。九州産でも、太平洋産でも、安心できないようになってしまいました。でも、放射能はできるだけ身体に入れたくない。そのうち、サプリメント生活になるのかな。悔しいです。
各地の放射線量測定値 (aba0371)
2011-10-03 22:29:10
今朝の新聞にこちらのサイトが載っていましたので調べてみました。リクエストをお願いすると調べてくださるそうです。
報道されている数値より高く出ているように感じますが、正しい情報を得られるので安心できます。
http://hakatte.jp/
チェルノブイリ百万人の犠牲者の本 (Navy blue)
2011-10-03 23:50:57
良さそうな本の情報をありがとうございます。

上記、英語の概要を見ましたが
「チェルノブイリ爆発事故の数年後、
1990年代初めに、アメリカ東海岸のコネチカット州で
子供の甲状腺ガンが2倍に増えた」

というのは驚くべき、そして見逃せない報告です。
東海岸は、ヨーロッパ側ですが、一体どんだけ離れて
なおかつこんな被害が出るのか?

同じレベル7に位置づけられているチェルノブイリから、
学ぶしか、私たちは、この国は、ないのだと思う。

この国独自のやり方で、前例から学ばずにやろうとすると、この国は終わるでしょう。
Unknown (Unknown)
2011-10-03 23:54:41
木下さん…いつも応援しています。「無能症」をタイトルに入れるには少し過激に思いますが…
紫斑病について (遠野)
2011-10-04 01:07:34
この紫斑病とは異なりますが、私のバセドウ病にいついてです。「アナフィラクトイド紫斑病」併発しました。入院してやっと皮膚切り取ったりもして甲状腺異常が判明しました。この場合、腎臓を疑うらしいのですが、何の問題もなかったので、検査が長引きました。足がぱんぱんに腫れます。ものすごい症状でした。歩くのが辛かったです。注意が必要ですね。因に東京女子医大にかかりました。
枝豆よりも食品安全委員会 (江戸川清掃工場の近所)
2011-10-04 02:39:35
枝豆大臣はともかく、東日本の人びとの内部被曝に大きな害悪を与えている
食品安全委員会の委員長は、次のような日常。

http://www.zakzak.co.jp/top/200907/t2009072449_all.html
> 平日は都内のマンションで一人暮らし。
> 実家のある京都市に金曜の夜帰り、日曜の夜には東京に戻る。
> 京都で親類と食事をしたり、買い物をしたりするのが、数少ない息抜きだ。
> 「年に1、2回、米国在住の娘が孫を連れて帰国するのが楽しみ」と、
> 少しだけ「おばあちゃん」の顔ものぞかせた。

自分の家族には影響少ないので、適当な基準つくって国民に被曝させてる、、、
coreさんへ (木下黄太)
2011-10-04 04:17:23
メール下さい。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp
コーンスープ様へ (Cafe)
2011-10-04 05:25:56
Results(測定値、負の値があるので通常のバックグラウンド?を差し引いた可能性あり)がMDC(Minimun Detection Concentrate:最小検出下限)より一ケタ小さい値、かつCSU(不確かさ)が測定値と同程度ある、ということから、EPAではNDとしているもの、と思われます。
ただし、この下の表ではサンフランシスコの値は過去平均の最大値レベルであったことを示しているようです。
食べ物 (Unknown)
2011-10-04 08:34:42
汚染されやすい大豆ですが、ある京都の豆腐会社に問い合わせしたところ、今年の大豆の収穫は9,10月でこれから、とのこと。
震災以降の物が出回るのは来年みたいです。

あと、これからの時期、鍋などに欠かせないこんにゃく。
大体スーパーで見ると群馬が産地のものが多く、心配ですがこちらも芋を収穫してこんにゃくにするまで1、2年かかるそう。
ですので、震災以降の物が出回るのは来年みたいですよ。
プルトニウムが北茨城でも? (九州東部のおじさん)
2011-10-04 13:05:37
アメリカに渡ったプルトニウムの話題は一応終わったようですが、その情報元だった中鬼さんのブログを見ると
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-67.html

追記の部分が重要です。信じない人は信じなくてもいいですが。
練り製品 (K)
2011-10-04 19:49:19
岐阜ママさんへ
練り製品ですが、少し前(夏)に3箇所ほどメーカーに問い合わせました。
原料は昨年の物を冷凍保存しているのでそれを使っているそうです。
いつまでなのかはわからないとのこと。
それから国産ではなく北米のものを使用している会社もありました。
おでんの季節ですし、問い合わせてみてはどうでしょうか?
cafeさまへ (Unknown)
2011-10-04 22:56:27
木下さんのブログコメント欄を使用してやりとりするのも気がひけますので、これで、お終いにします。
「中鬼と大鬼のふたりごと」の追記を読んでいただけたらマイナスの意味も理解できるはずです。
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-44.html
それに数値すべてがマイナスにはなっていません。
尚、ヒギンズ氏はEPAのデータ隠しについても記事を書いています。
チェルノブイリがレベル7なら〓 (雪ん子keikai神有月)
2011-10-10 14:00:06
〓それを上回ってしまった福島第一原子力発電所事故による放射能汚染は、レベル8以上と認識しても過言ではないのでしょうか!?

僕はレベル8から9と考えたいです。
ご機嫌 (伸子)
2012-06-04 23:26:31
私一年前埼玉県に住み茨城県に住んで皮膚科Clinic業務しています 茨城県に明らか住んでいる親子がきて 女子の児童に湿疹が出て血液検査したんですが肝機能か異常高く驚きました
遠足に行った後です既に被爆者であり茨城県の山か何か行って湿疹でした 通勤の花が怖かったです 花弁の下から花弁が出ており奇形でした 私はナッツ類を取り ビタミンを積極的に取ってます ヒインッチン酸の力に期待してます 娘は大学三年ですが原宿の伊藤病院に健康診断で腫れてから行き エコー血液検査しましたが癌ではありませんでした 放射線の遺伝子の破壊は理解しています
これからが最悪のシナリオの始まりと考えています P・S
お体御自愛下さいね

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。