木下黄太のブログ 「放射能」 「被曝」「原発」、日本のリアルと未来を考えます。

「福島第一原発」の問題から「放射能防御プロジェクト」を創設、現在の日本の状況確認、様々な問題を自分の考えで書き進めます。

Protest Statement(the Murder of Nagai in Myanmar )

2007-11-26 12:51:52 | ProtestStatement英文
The text attached below is an English translation of a letter of protest against the Burmese military's murder of an international videojournalist Mr. Kenji Nagai. The news of this cruel and brutal murder, which also constitutes a blatant violation of freedom of the press, made headlines all over the world, with a memorable and shocking picture of Mr. Nagai holding his camera, taken shortly after he was intentionally shot point-blank by a Burmese soldier. You can see the photograph and read more about this incident in the Wikipedia at < http://en.wikipedia.org/wiki/Kenji_Nagai> and elsewhere on the internet.

We have formed a group "The Group Protesting the Murder of Mr. Nagai by the Army of Myanmar" < http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/> in Japan to protest the murder of Mr. Nagai and to demand the return of his camera and tape. Although the original letter of protest is written for the purpose of collecting signatures from the Japanese citizens, we are now also asking people from all over the world to show their support for this very important cause. We have already collected more than 20,000 signatures. However, we need 80,000 more signatures to reach our goal.

Please sign the letter today and help us spread the word by emailing this text to your family, friends and colleagues.

(To sign the letter, please visit our form at < https://hal.sakura.ne.jp/syomeis/sign> and write your name in the first blank and your occupation / title in the second blank.
Because the signature form uses https, there is the case that security alarm is over.
However, there is not the problem in the security at all.)

―――――――――――――――――――――――――

Senior General Than Shwe

Chairman of the State Peace and Development Council,

H.E. Mr. Hla Myint

Embassy of the Union of Myanmar in Japan

Dear Sirs:

On September 27, 2007 a video journalist Mr. Kenji Nagai was shot to death at a close distance by a member of the army of your country. He was reporting the activities of your army towards your citizens in your country as an international journalist. This Japanese journalist was shot without warning while he was engaged in an international press activity on the street of Yangon. This shooting incident by your soldier constitutes a sever violation of rules of the international community concerning activities of the press. The action of the soldier was intentional and cruel which, as members of the international community and as citizens of Japan, cannot dismiss without strong requests for fair punishment. Furthermore, the police authority of your country has not returned the video camera and the videotape contained within which Mr. Nagai was using at the time of death. The camera and the tape legally belong to Mr. Nagai in accordance with the international law.

We hereby strongly protest the atrocity done by the member of your military resulted in the violent death of Mr. Nagai. We also request with sincerity that details of this incident be investigated and opened to public, as well as identifying the perpetrator of the murder and the immediate initiation of due penal processes for this crime accordingly. This is also our strong request and hope that the video camera and the contained recorded tape be returned to Mr. Nagai's family without any modifications to the recorded material.

Best regards,

The Group Protesting the Murder of Mr. Nagai by the Army of Myanmar.

Suite 306, 7-8-25 Roppongi Minato-ku, Tokyo 106-0032 Japan

―――――――――――――――――――――――――
国外在住の日本人の方から英文の抗議文や
署名活動の但し書きなどをブログにアップして欲しいとの
要望がありました。
欧米のほうがこの類の署名が
ネットやメールで集まりやすいというご意見もあり
以前一度抗議文の英訳はブログにあげたのですが
但し書きも含め、再度掲載しておきます。
外国人の皆さんの署名ももちろん歓迎していますので
海外のネットワークがおありの皆さんは
ネットでの転載やメールの送付などを積極的に行ってください。
但し書き作成などについて
スターフォード大学の大学院生の方が
ご協力いただきました。ありがとうございました。


署名フォーム(クリック→)https://hal.sakura.ne.jp/syomeis/sign
携帯電話はこちら(クリック→) http://hal.sakura.ne.jp/sign.html
署名フォームはhttps使用のため、セキュリティアラームがでますが
安全上の問題は何もありませんので、先に進んで署名してください。
シンポジウム
長井健司さん殺害に抗議して

「最前線ジャーナリストの真実」


12月1日(土)12時30分〜14時30分(開場12時00分)

日本記者クラブ(日本プレスセンタービル)10階ホール
千代田区内幸町2−2−1
入場無料・当日受付(先着150名まで)
【パネリスト】
山路徹(ジャーナリスト、APF通信社代表)
石丸次郎(ジャーナリスト、アジアプレス大阪事務所代表)
高世仁(ジャーナリスト、ジン・ネット代表)

主催「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」
nagaikenji20070927@mail.goo.ne.jp(メール)
参加希望の方はできましたら事務局までお名前を事前にメールしてください
メールをいただけていない方は、
当日人数超過の場合のみ席数の都合で入れないこともあります。

署名フォームはhttps使用のため、セキュリティアラームがでますが
安全上の問題は何もありませんので、先に進んで署名してください。署名フォーム(クリック→)https://hal.sakura.ne.jp/syomeis/sign
携帯電話はこちら(クリック→) http://hal.sakura.ne.jp/sign.html
署名フォームはhttps使用のため、セキュリティアラームがでますが
安全上の問題は何もありませんので、先に進んで署名してください。

なお署名の用紙のPDFファイルも設置しました。
ダウンロードして手書きで署名する方のためにお使いください。
https://hal.sakura.ne.jp/shomei.pdf
http://hal.sakura.ne.jp/shomei.pdf
送付先は下記まで郵便かFAXで。
「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」
 〒1060032
港区六本木7−8−25永谷リュード六本木306  
FAX 03−3306−5181





肩書きは具体的な所属先でも、
「会社員」などの一般的なことばでもかまいません。
もちろんネット環境になんらかの問題がある場合は
メールやファックス、郵便物などで署名を頂いても結構です。
なお、会には電話も一応ありますが、
電話番をお願いしているだけの状態ですので
何かご連絡のある方は(メディアなども)
できるかぎりまずメールでご連絡をお願いいたします。

「ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議する会」
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/(ブログ) 
nagaikenji20070927@mail.goo.ne.jp(メール)
 〒1060032
港区六本木7−8−25永谷リュード六本木306  
TEL 03-3746-0065
(平日10時から17時で対応)
FAX 03−3306−5181



ジャンル:
その他
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« トンデモ元ミャンマー大使に騙さ... | トップ | 英語圏からの署名とシンポジウム... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
重ねてのお願い (事務局)
2007-11-27 00:10:51
インターネット上での署名が、さすがにやや伸び悩んできております。その意味では、海外に署名の輪を広げていくことは、大きな意味があると思われますので、ぜひ、今回ご紹介致しました英文を、海外に広げていただければと存じます。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
Protest Statement(the Murder of Nagai in Myanmar ) (今日の風王日記)
長井健司さん殺害に対する抗議文の英訳がUPされていました。これで英語圏の方でも署名が可能かと思います。 是非ご参加ください。 Protest Statement(the Murder of Nagai in Myanmar ) The English translation of the note of protest for the Kenji Nagai killing was ...