「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
更に重要なことはメルマガで展開します。

ホールボディカウンターでストロンチウムが検出された男性の訴え

2011-06-17 04:20:03 | 福島第一原発と放射能

 日に日に、強くなっている僕の思いとして、当初の段階で強烈な被曝を受けた人と受けていない人の間に差が結構あるのではないかという感覚です。かなり影響の出ている人がいる一方で、何も感じない人がいる。まだらなので、被曝の実態がわかりにくく、伝わりにくくなっているという事です。そうした中で、ホールボディカウンターは、その人の全ての被曝状態を測れるわけではありませんが、最もよくわかる手段であります。このホールボディカウンターを受けられないという人が圧倒的多数で、受けられても結果を知る事が出来ないという声もよく聞きます。

 僕が以前から聞いていた話で、このホールボディカウンターのあの山下教授で有名な長崎大学で受けた人がいます。彼は首都圏にいた人です。彼のホールボディカウンターで、ちょっとびっくりする核種が検出されていたことについて、彼の思いとともに伝えます。彼は長崎大学で、ホールボディカウンターの後の数値がわかり、更なる精密検査を、最近まで、国際被爆者医療センターと、放医研に、直接出向き依頼しましたが、 機械の検出ミスだと言いはられて、精密検査は拒否されたそうです。かなりひどい被曝した事実を、隠されているのではないかと、ご本人は疑っていて、「関東全域の方が、いろんな被曝している可能性高いのではないか。私の例を出して注意喚起をして頂きたい」と話しています。もちろん、僕は全ての方に同じ事はあてはまらないと思いますが、こうした例を知っていただく事も、皆さんには意味があると思い、掲載します。

======================================================

ホールボディカウンタを受けてきました。

 
結果は セシウム 134 が24.4ベクレルでした。
 
それ以外に  Zn-65(放射性亜鉛)   84.4ベクレル
        Sr-85(ストロンチウム)  71.5ベクレル
 
検出されているのに、それは機械のミス(アンチファクト)であるとのことでした。
どうも、信用できません。資料は手元にあります。
WBC は精密式のWBCで、20分掛けて計測し、20センチ程度の遮蔽空間に寝転んでやるタイプです。
カウントは 1万7千~4万と言っており、
1500カウント以上は、精密検査で無いかと問うと、機械が違うからとの回答でした。
 
精密式WBCでは、ある核種しか拾わないのでは無いかと、不審に思ってます。
また、Zn65は、前橋のCTBT核種検出器でも検出されております。
 
 
「追記」
 
年齢は34才の男性。ご自宅は埼玉県。
会社員にて、外回り等無く、基本は社内にいます。通勤は、電車です。


3月
11日  東京から埼玉  徒歩とタクシーで帰宅
12日  埼玉
13日  東京
14日  埼玉  屋内
15日  東京と埼玉
16日  東京
17から19日  東京
20から21日  埼玉

 
============================================
 
 
 メルトダウン直後に何が本当はおきていたのか。あのときに放出されている核種は量も種類も、一体どのくらいあり、どのようものなのか。そして線量もずっと高かったのではないのか。ある専門家は、成分比は燃料棒の反応後すぐのものではないのかという見解ものべていてます。メルトダウン、メルトスルーの流れの中で、どのような放射性物質が降り注いで、どんなことがおきているのか、皆目見当がつかないなかで、ホールボディカウンターでの被曝データ集めに使われただけと自嘲する男性の訴えは、皆さんにも聞いて欲しいと僕は思いました。
 
 ストロンチウムは、この量自体は多くはありませんが、骨に取り込まれると大変な事になる核物質です。こうした核物質が検出され、しかしながら、機関側からはアンファクトと言い張られている現実。検査機関は山下教授傘下の施設です。
 
いろんな観点で被曝がどういう影響を与えるのかを突き止めるための一つの材料としてこの話を考えて欲しいと僕は思います。
  
 また、僕のところに各号機は深刻な状態で、いよいよ下にのめりこんでいて、地下水との接触がひどくなる状態だと聞きます。しかしながら、政府周りの政治家は、「地下水は、放射能汚染されても拡散するまでにかなり時間がかかるから大丈夫だ」と言っているということが入ってきました。小出先生とこのことを話すと「いったい、どこまでまともでないのだろうか、何一つきちんとできていない。見通しは全く暗いし、地下水が大丈夫とは何の根拠もないでしょう」と、あきれ返るだけでした。とにかく、東電も政府もまったくまともなことを言わないまま、どこまでいくのだろうかという事です。どこまででも行くということかもしれませんが。
 
==========================================

満員になりました

「ジャーナリスト木下黄太講演会 in 上尾 ~放射能汚染を語ろう~ 」


日時: 明日土曜日 PM4~6時

会場: 上尾市コミュニティセンター 第2、3集会室

     埼玉県上尾市柏座4-2-3

カンパ(会場費):500円 

定員:110名(メールで申し込み)
        
交通:
http://www007.upp.so-net.ne.jp/musicA/center.html

JR高崎線 上尾駅西口から、徒歩7~10分
       バス5分 「弁財入口」下車
  
第1~3駐車場はありますが、土日は混みますので、
満車の時は、駅前大駐車場に    
お願いします。

参加申し込み用のメールアドレス
    
forchildren.ageo.saitama@g
mail.com

「上尾・子どもたちを放射線から守る会」のアドレスです。
               
===============================================

満員になりました

自由が丘講演会

「ジャーナリストの木下さんと原発問題についてみなさん一緒に考えましょう!」


あさって日曜日
●時間:15:00~17:00(14:30~受付開始)
●場所:東京都目黒区自由が丘1-26-18 チェスナットヒルズ2 3F
  チェスナットホールC
  自由が丘駅徒歩3分
●定員:50人くらい
●場所代として1人500円 おねがいします。(小学生以下のお子様無料)

注意:日曜お昼過ぎの時間帯のため、小さなお子様連れのお客様も予想されます。ご理
解、ご協力おねがいいたします。


参加希望者は代表者名と人数を下記メールアドレスまでお願いします。
(※その他の問い合わせもすべてこちらにお願いします。)

qqqppip@gmail.com

自由が丘チェスナットホールのHP
http://homepage3.nifty.com/chestnut/sub3.html

 
==========================================
 「追記」
鼻血、下痢、倦怠感を書いて、福島の子どもに体調変化がおきている情報を,きのう東京新聞が書いています。僕や皆さんが懸念したこと、そして書いていたことの一部分にあたるものを、新聞が書いたということです。



 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (180)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ、あなたは東京にいるの... | トップ | 大災厄であればあるほど、安... »
最近の画像もっと見る

180 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうしたら (さらさ)
2011-06-17 07:46:43
検査受けられるのですか?
その方は一般人ですか?それとも作業員のかた?
お願いです。こういう検査受けた方の情報とかたくさんかいてください。なによりもいま必要な情報のひとつと考えます。推測はいりません。子供だってニュースやネットをみて、それを信じて最悪な推測を口にする日々です。
誰にだってできてしまう。だから、どうか事実を知らせてください。
木下さんの記事はよくも悪くも影響は大きいです。

手すりのキラキラ (都内在住)
2011-06-17 07:54:29
今になって写真を撮っておくべきだったと思うことがあります。フクシマ爆発からずっと自宅に籠り、ベランダに出ませんでしたが(洗濯物は乾燥機)、1ヶ月近くたって初めて布団を干す気になり、ベランダの手すりを拭こうとしたら、手すりの表面に、無数のキラキラ光る細かい繊維のようなもの(細いまっすぐな筋状)が付着していたのです。ガラス繊維に似たイメージでした。初めての体験で、直感的に爆発で飛んできた浮遊物ではないかと思いました。ぴったりと手すりに貼り付いていたそれらを雑巾で拭き取り、よく雑巾をゆすいでおきました。黒い塗料で塗った手すりなので、よく目立ちました。ちなみに、我が家は一戸建てで、ベランダは二階。家の回りは家がまばらで、皆さんがウォーキングに来るような樹と草むらにに囲まれた静かなエリアです。ご報告まで
doseRae2による測定結果 (小金井市在住)
2011-06-17 08:12:15
先週福岡に、二週間前沖縄にいって測定したんですが、沖縄は003~005マイクロシーベルトでしたが、福岡では、008~015の東京の自宅より高い数値でした。機械が壊れたのかな?と思ったのですが、西日本の方の書き込みを見ていると西日本での食品調達も注意が必要かもと検討中です。西日本でデータを持っている方、ご協力ください。
恐ろしいです。 (yoko)
2011-06-17 08:43:01
ショックです・・。東北、関東の人々はホールボディカウンターによる被曝量検査を行った方が良いですね・・。

もちろん個人差はあると思いますが東北、関東の人間は多かれ少なかれしっかり被曝しているのですね・・。
当初の段階で強烈な被爆 (都内在住3)
2011-06-17 08:44:38
木下さんいつもありがとうございます。

木下さんの言う
「当初の段階で強烈な被爆」
というものを
この方が受けたと考えられますが、
この方の行動エリアと行動内容を補足して頂けないでしょうか?

もし北関東だったら安心だとかつまらない判断をするつもりはありません。

自分がなぜまだ東京にいるのか?
考えてみますが、明確な理由が分かりません。

自分は不治の病に蝕まれると考えています。
それでも、です。
だからと言ってどうせ死ぬから情報は要らない!とはなりません。
このブログには大変感謝しています。

喫煙者が癌になると知って吸い続けるのと同じかも知れません。
(これは理解できませんが)

癌になると知って住み続ける。
(なぜ自分がこれを選ぶのか、分かりません…)

何かの価値観しかないように思います。

自分は逃げたいけど逃げられないのとは本質的に違うみたいですが、本心で今すぐ逃げたい!と感じている方はそういう価値観の持ち主でしょうから、本当に憤りを感じていらっしゃるでしょう。

このブログであえて警告を続けるのは木下さんの優しさだと思います。
したくなきゃ、警告しなくてもいいんです。
警告している時点で見捨てていないじゃないですか。
価値観は変化することがあります。
気づいてない人には気づかせて1人でも助かって欲しい!という優しさだと思います。

こちらのみなさんが個人の価値観で一番大切なものを守っていけるといいなと思います。

教えてください! (S.S)
2011-06-17 08:50:55
木下様

私は、都内に住み、都内に通勤しているのですが、首都圏が皆、その男性のような数値で被曝している可能性を考えなければならないのか、参考にしたいので、その方の状態を、下記について、プライバシーを守る範囲でなるべく詳しいご回答をお願い致します。

1.その男性の、お住まいと職場は、首都圏のどちらですか?都内か県名だけでも教えて頂けないでしょうか。

2.その方は事故後、東北に行かれましたか?
行かれた場合、何県のどの地域に何回行かれたのでしょうか。

3.その方はどのような規格のマスクを、事故後、いつ頃から一日に何時間くらい、屋外、屋内で、どのような状態でされていらしたのでしょうか。

もしくはマスクはされていなかったのでしょうか。

4.その方は、事故後、どのような水を飲用されていらっしゃいますか?

食物は産地を選んでいらしたのでしょうか。外食の頻度はどのくらいでしょうか。

東北の食材を食べていらしたのでしょうか。

また、牛乳は飲まれていたのでしょうか。

5.傘をささずに雨にぬれた事はありますか?それはいつ頃、何回くらいありますか?雨が降った時、どのようにされていましたか?

6.事故後、どの地域に何日間ずつ、いらしたのでしょうか。

7.屋外にいる時の服装は肌の露出は、どのようなかんじですか?

8.一日に何時間くらい屋外にいらっしゃいますか。だいたいでいいです。

9.その方が事故より前に住んでいたのは、どの地域に何年ずつくらいですか。

10.その方に低線量被曝の症状は出ていますか?
体調は、どのような状況ですか。

以上、よろしくお願い致します。

情報元は? (Unknown)
2011-06-17 08:58:27
この方は、どういう立場でどういう経緯で検査を受けられたのですか
どなたからこの話を聞かれたのでしょうか

皆さんが批判するマスコミでさえ、政府高官が、などのぼんやりとした情報元は書きますし、
検査を受けられた方は特別な立場なんでしょうけど、その立場もなんとなく匂わしますよね
検査を受ける人は少ないわけですから、ここに書いた時点で、関係者から見ればわかるわけですし、
ストロンチウムは事実なんでしょうけど、そういうバックグラウンドの情報がないので、
疑問に思う方が出てくるのではないでしょうか。

危機を伝えたいのであれば、その辺りを少し丁寧にしていただきたいです
これでは聞きかじったことを羅列しているアマチュアのブログと一緒です
ショック (HONDA)
2011-06-17 09:12:33
私は神奈川県なのでちょっとショックを受けました。この方が原発事故後、どのような行動を取っていたのか教えて頂きたいです。気をつけていたのか、いないのか。外出をどれぐらいしていたか、食べ物飲み物についてなど。そういう所で個人個人ある程度の目安がつけられそうな気がします。
? (Unknown)
2011-06-17 09:23:49
なんで長崎大学でわざわざ?

逆に恣意的なものを感じてしまいます。
Unknown (横浜住人 移住検討中)
2011-06-17 09:39:00
本文と関係ない書き込みですいませんが、Googleの検索欄に、いままでは「木下」と打ち込むだけで、「木下黄太」という候補が出ていたのが、出なくなりました。
厚労省のやり口 (カイト)
2011-06-17 09:52:20
長年、厚生労働省のやり口を見てきた経験から言わせてもうらと、厚労省は絶対に本当のことは言いません。
「年間1mSvを目指す」と言い出したのだから、官僚はそのように国民を誘導します。
情報を小出しにして、我々を「こんな所に住んでいられない!」と思わせて、自費で避難させるように仕向けるか、「自分で除染しよう!」と仕向けるかのどちらだと思います。



Unknown (Unknown)
2011-06-17 10:15:54
情報が首都圏の男性だけではさっぱりわかりません。参考になりません。記事にするならもう少し取材して書いて頂けませんか?
首都圏といっても広いので区や市の情報も必要ですし、3月11日以降ずっと首都圏にいるのかとか期間の情報、外にいて吸い込む事が多いかもしれませんし生活や仕事の情報も必要です。汚泥処理施設で働いていたらかなりの被爆をしてるかもしれませんし、こんなに情報が少ないとさっぱりわかりません。ジャーナリストならせめて彼がなぜそこまで被爆したのかも取材して書いてください。信憑性にまで疑いを持ってしまいます
キエフ病院 (rio)
2011-06-17 10:20:44
http://www.youtube.com/watch?v=kFP-xx68q6Q&feature=youtu.be

現実を見て下さい。
Unknown (Unknown)
2011-06-17 10:24:14
ホールボディカウンターでストロンチウムが検出できるわけねーだろ
Unknown (都内在住)
2011-06-17 10:34:24
木下さま、ありがとうございます。

ストロンチウムが出ているので、小さいお子さま、成長期のお子さまの居るご家庭は、是非カルシウムをたくさんとってください、サプリメントでも良いです、ストロンチウムが骨に蓄積される事を防がなければなりません。
内部被曝 (Unknown)
2011-06-17 10:56:57
この男性が、3月15日、16、21、22日どこにいて、どのような行動をとっていたのか気になります。そちらも追記お願いします。

ストロンチウムが多いとなると魚から取り込んだのかもしれませんね。


東京新聞の場合、福島の子供なので高線量被曝による急性障害を疑います。首都圏は低線被曝区域なのでむしろ晩発性障害のほうが心配です。


あと最近西日本でも高線量が計測されている地域があるそうです。福島由来ではないとのこと。こちらも調べて頂けるとありがたいです。
Unknown (rinrin)
2011-06-17 11:05:51
千葉県我孫子市ホットスポットに住む主婦です。
子供の通う小学校、保育所のグラウンドでは0.4~0.5マイクロシーベルトの高い線量が検出されています。
また学校給食では毎日、我孫子産のコメを食べていて野菜も多くは千葉・茨城産です。

しかしながら、ここ我孫子ではまだまだ母親同士の温度差が大きく、あまり問題となっていません。

私は当初から情報を集め危機感を持っていてネットで信頼ある意見を探しています。学校や役所などに問い合わせたりもしていますが腰は重いです。最近やっと署名活動がはじまりました。

しかし、小さなお子さんがいるお母さんはネットで調べる暇もなく、また元々ネットをあまり使わないお母さんは全くと言っていいほどこの問題について知らなかったりしていて、話してもなかなか理解してもらえません。知らない人、ネットで勉強しない人が多すぎるのです。

また理解してほしいと思っても、なかなかうまく伝わりません。そのギャップの落差に落ち込むこと数回です。
最近では、この手の話はしないことに決めました。
変な目で見られるからです。
まだそんなもんです。

もちろん問題意識の高い主婦の方も多くいますが、団結してどうこう・・・というレベルではありません。柏や松戸でお母さんたちが団結して運動しているのが羨ましいです。

世の中的にもっと浸透しなければ多くの人に問題意識を持ってもらうのは無理です。もう少し時間がたてば浸透していくのでしょうか・・・?

私はマイホームを買ってしまいましたが、いつかは引っ越すつもりでいます。まだ主人も全くその気がないので、少しずつそう考えてもらえるように説得していきます。

今年いっぱいはここでいろんなことに注意しながら生活していくつもりです。やはり早急な避難・引っ越しは現実問題で無理です。しかしながら、ここに3年、5年、10年住み続ける事はよいことだと思っていません。
ストロンチウム85とは? (一般市民)
2011-06-17 11:09:23
はじめまして。いつも記者会見での鋭い質問を期待しながら拝見しております。
私自身に知識が無いもので申し訳ないのですが、一点だけ教えてください。
ストロンチウム85というのは初耳なのですがストロンチウム90のように健康へのリスクが高いものなのでしょうか?またストロンチウム85があるということはストロンチウム90(WBCでは検出できない)も存在すると言えるのでしょうか?

分析の精度については非常に難しく、以前、東電も間違いを犯したことがあったと思います。専門家でも難しい(機械だって間違える)といわれる分析のようですので、是非ともこの手の判断にはスペクトラムを開示してもらって、広く専門家の意見を求めたほうが良いように思います。難しいとは思いますが。

いずれにしましても、このように情報を提供して下さるのは非常にありがたいです。
それでは、こらからもお身体に気をつけて取材を続けて下さい。応援してます!
驚きです。 (九州在住)
2011-06-17 11:18:17
内部被曝の検査方法はここにありまして
http://www.remnet.jp/lecture/forum/sh10_02.html
確かに、ホールボディカウンタには限界があるようです。しかし、都合の悪いデータが出ると機械のミスというのは東京電力と同じ体質です。国立大学の附属病院はだめでしょうね。
でも、データをくれただけいいのかもしれません。セカンドオピニオンには使えます。

東京でストロンチウムとなると水道水でしょうか?
ストロンチウム (Unknown)
2011-06-17 11:40:12
こちらの方は、かなり分析されて
柏市におけるストロンチウムの危険性を指摘しています

http://kenken4433.blog51.fc2.com/blog-entry-1.html
U+A0
U+A0
Unknown (べつに)
2011-06-17 13:39:02
驚きはしません。何の危機感もなくすごしていればそんなもんかと。
だって体調悪い人増えてますもの。自覚症状がない人も多いですが。関東・東北圏で生き残る為には安全な水と食べ物それと原発作業員並のマスクが必要なのかも。あぁ息苦しい。誰か空気中の放射性物質の細かい核種まで調べてくれないかしら。
ホールボディカウンター (珠美)
2011-06-17 14:02:54

いつも重要な記事をありがとうございます。

私は、木下さんの書かれた記事の内容をしっかり理解して、自分でできる最善なことを実行しています。

今回ホールボディカウンターを受けることにしたのも、自分なりにできることをしようと思って決めました。場所は長崎大学病院です。都内在住ですが、自分のことですから、遠方であろうと時間がかかろうと、最善を尽くします。

出来ない理由を探すより、出来ることを実行します。
もっと具体的に (mama)
2011-06-17 14:27:21
ここ最近の情報が不明確過ぎます。
木下さんの活動は応援していますが、もっと具体的に情報を出していただかないと情報を受け取る側としてもただ翻弄されてしまいます。
木下さんの本意ではない方向へ煽動してしまう可能性もあります。
検査をしてください→どこで?
避難してください→どこまで避難したら安全ですか?日本ならここ、とか海外ならここの地域とかそういった事まで含めてほしいです。実際に連絡が来る方にはどこへ避難したらいいとご説明なさっているのでしょうか?
あらゆる専門家とコンタクトがとれる木下さんだからこそ知る事ができた安全地域が存在するならば教えていただきたいです。

甲状腺の検査はどこの科を受診するべきなのか?
ストロンチウム検出の方は普通の市民の方なのか?いつまで首都圏にいた方なのか。
なぜ長崎大学で調査することができたのか?
首都圏では広過ぎます。一体どこの地域の方なのか。せめて県名ぐらいは知りたい人も多いはずです。

これはリクエストなのですが、最初の頃のような冷静な記事を読みたいです。
Unknown (この情報は塩素誤検出と同じでは)
2011-06-17 14:41:29
ストロンチウムがホールボディーカウンターで測定できないというのはストロンチウム90の話です。ストロンチウム90はβ線のみを発する核種で測定がきわめて難しい。ガンマ線を測るホールボディーカウンターで測定できる訳はないです。

一方ストロンチウム85もきわめて珍しい核種です。熱中性子や速中性子による核分裂ではまずほとんど生成されないはず(集率ほぼゼロ)。これがセシウム134と同じレベルで測定されるということは原理的にあり得ないと思われます。

ストロンチウム85は90と違いガンマ核種です。近いエネルギーを放出する核種と取り違えた可能性が高いと思われます。放医研の方の意見は納得できます。
いつか東電が塩素38を検出したと発表し再臨界の可能性が考えられた話と同じようなことでは。

Zn65の件もCTBTの測定結果ではCs134が6900bq/m2で、Zn65が22bq/m2と量が異なっています。これが同じレベルで検出されるのもなんだか理屈に合わないのでは。
原子力村が早くも潰しにかかってます。 (九州在住)
2011-06-17 14:47:27
またこの人のツイッター攻撃か
http://favotter.net/user/hayano

どなたか反論できますか?
Unknown (Unknown)
2011-06-17 15:15:36
>原子力村が早くも潰しにかかってます。 (九州在住)

妄言の代表的なサンプルですな。
Re: doseRae2による測定結果 (小金井市在住) (echo)
2011-06-17 15:19:08
>福岡では、008~015の東京の自宅より高い数値でした。

自然放射線の高い地域ではありませんか?…
http://www.geosociety.jp/hazard/content0058.html#map
思っている以上に危険。。。 (ToruS)
2011-06-17 15:23:13
縁があり、チェルノブイリの調査をしてきた人が線量計で長靴の底の放射性物質を測定・除染しているのを目の前で見せてもらいました。

ジェット洗浄でも落ちなかったことにもショックを受けましたが、上がった数値に対して、「この数値が靴底一面にうっすらついているのか、たったひとつぶの高濃度の粉塵がついているかは知りようがない」という説明にぞっとしました。そしてこの一言が、福島の汚染の問題を理解する上での大きな助けになりました。

やっと3ヶ月たち、線量計を手にした人たちが声をあげることで、関東の危険性がほんの少しクローズアップされてきたと思いますが、「放射性物質の量を直接測っているわけではない」線量計の数字はあくまでも一面。

野菜などの検出も、1kgなり、2kgなりのサンプルの「平均値」であって、一部の葉にびっしりと高濃度の粉塵がついていることもあり、それが網をかいくぐる事もあるわけです。

3月20日あたりで水道水の汚染であれだけ騒いだにも関わらず、あのときに水道水を使用した加工食品のメーカーは沈黙したまま、今日までどこも「自主回収」したところはないと思います。

予防原則として、近隣での線量や検出値が少しでも高ければ「かなりやばい!」と自覚して、できる限りの行動をするべきだと思います。

最も危険なのは内部被曝なのですから。

子供の親、妊産婦、これから子供を持とうとする若い人たち。多くの人が関東を去る決断をできるだけ早く下せることを祈っています。

何ができるかはその人次第ですが、少なくとも「実際に起きている危機を少しでも理解して、できる手を打つ」ということは誰でもできると思います。

事態は日々悪化していて、「いま、騒いでいること」はもう起きてしまったことの確認なのだ、ということに誰もが向かい合って欲しいと思っています。


甲状腺検査 (Unknown)
2011-06-17 15:36:14
甲状腺学会のサイトを見れば
専門医のリストがありますよ
ネットにつないでいるのですから
自分で調べられることは調べましょう

http://www.japanthyroid.jp/public/facilities/map.html

放射線の影響を調べたいといって断られたという方が
コメントしていますが、
個人の先生のところにいって
身内に甲状腺を患っている人間がいるので、
定期的に調べておきたいと言えば
普通やってくれますよ。
日本だと人間ドックの血液検査でも
内分泌系の項目入ってないんですよね。
アメリカでは入ってるのに。
妄言しょの2 (九州在住)
2011-06-17 15:36:25
この時期にこんな文書が出てました。
~放射性物質による水道水の汚染について~
http://www.top-water.co.jp/pdf/0311/web0311.pdf

半減期が65日でしたか、ストロンチウム85は。
・ストロンチウム85(Strontium-85) ・・・99.7%
除去できていたはずなのに、出たのはおかしいから機械のミスだということかな。

これも妄言でいいよ。
Unknown (サエコ)
2011-06-17 16:09:34
セシウム134は検出されたのに137は検出されなかったのでしょうか?
134と137は土壌汚染分布図を見ても、農作物からの検出量を見てもほとんど同じ量が検出されてるようですが
情報はニュートラル (大田区在住)
2011-06-17 16:50:54

東京からの避難のすすめや内部被曝の情報に関して、様々なコメントを読ませていただきました。でも、木下さんからの情報をどうするかは個人の判断でしかないのだと思います。

木下さんに対していろいろ要求をされている方もいらっしゃいますが、何を取材して、何を伝えるかは、木下さんの個人の判断に委ねられるものだと思います。

たとえば、私たちが取材対価をお支払いして、仕事として木下さんに依頼をするのなら、「○○について調べてほしい」などと要求することも可能だとは思います。
でも、このブログはあくまで、「こんな情報がある」「その情報から総合的に判断すると、私は現在こう思っています」という木下さんの善意によって発信されている、巷に数多くある情報の一つだと思うのです(私は非常に貴重なものだと木下さんに心から感謝しています)。

それをどのように判断して、どのように使うのかは、情報を主体的に(わざわざネットにアクセスして)得ている、一人ひとり個人の責任だと感じています。

一般の人より詳しい情報を知る位置にいる人だからといって、その方に答えを依存するのは(そのお気持ちは分かりますが)少し違うのかなと感じます。

私たちは誰かに依存するのではなく、原発問題という最大の危機に対して一体どうやって立ち向かうのか、大人として一人ひとりが自立して、つながり合って、自らの意志と責任において行動することが大切なのだと思います。

もしも私の発したコメントが不適切な言葉になって、被災者の方々など、どなたかを傷つけてしまいましたら本当にごめんなさい。お許しください。
この情報は塩素誤検出と同じでは (Unknown)
2011-06-17 16:57:49
>妄言しょの2 (九州在住)さん、

(この情報は塩素誤検出と同じでは)
2011-06-17 14:41:29です。

ストロンチウム85は水処理場で除去されているのではなく、原発内の核分裂生成物としてそもそも生成されていない。生成されていない物質が測定されているからおかしいということです。

ストロンチウム90は核分裂の過程で5~6パーセント程度の割合で生成されますがストロンチウム85の収率はほぼゼロ。JENDLでは10の12乗分の1程度と評価されています。
理由は早野先生がいう様にストロンチウム85は中性子が少ない軌道電子捕獲核であること。同じ原子量であればクリプトン85が生成されます。
海外でホールボディカウンターを受診 (戸谷真理子)
2011-06-17 17:07:49
海外でホールボディカウンターを受診するという手もあるかもしれませんね。

外国なら拒否されないでしょうし。

マスメディアが再受診に協力してくれないでしょうか。海外でも出たら、長崎大が隠蔽をはかったとして追求もできるかもしれません。

それにしても腹が立ちます。
許せない民主党 (民主党政治家は、腹をきれ)
2011-06-17 17:09:01
放射能汚染の情報をこれだけ
国民に隠匿して
特に大量の放射能を関東、東北に住んでる
日本人に照射したことは殺人罪に値する!
民主党政治家を全員逮捕して欲しい!!!
木下さんの記事は本当だと思う。
これだけ一般の関東の人間が内部被ばくしていることをもし、マスコミが報じたら
動乱になるのではないのか。
ホールボディカウンター (宮崎光子)
2011-06-17 17:26:09
http://nihonfujin.web.fc2.com/kinosita1116.html 見てください。

福島のお子さんの鼻血や下痢、倦怠感ですが、放射能被曝が原因ではないでしょうか?

携帯電話の中継基地局からの電磁波(放射線の一種)でも鼻血、倦怠感、消化器障害が言われます。電磁波過敏症でネットで検索すると色々出てきます。私もホームページで色々やっているので見てください。
対処法としては、その場を離れるしかありません。福島は外部被曝、内部被曝とも心配です。
http://nihonfujin.web.fc2.com/hi5423.html
見てください。
歯科で歯の被せ物をした後でしばらくして口がヒリヒリになった人捜しています。

お心当たりのあるときは教えてください、歯科で薬害が発生しています。
フィラデルフィアで新生児死亡が48%アップ (ToruS)
2011-06-17 18:10:31
ご参考に
http://www.myfoxphilly.com/dpp/news/local_news/is-iodine-131-killing-babies-in-philly-061611
Unknown (端からオッス)
2011-06-17 19:23:50
被爆は皆一律に症状が出るわけでないぜ。自分の子は大丈夫だから他の子も大丈夫的なこと平気でコメントしてるの おぃ どうかしてるぜ。
チェルノブイリへのかけはしブログを読んで (Unknown)
2011-06-17 19:36:33
チェルノブイリへのかけはしブログで、
福島を訪問された方の、興味深い報告が読めます。

人類始まって以来の新しい形のヒバク
6月 17th, 2011
http://www.kakehashi.or.jp/?p=3509


> 関東のお母さんたちが子供達の鼻血だとか、喉がいたいとか、下痢しているなどと泣いている。相談会に参加した医師たちが明らかに何か異常な事態が起こっていると語っていました。「同じ症状の人が多すぎる」
その数値の倍以上あるところで、子供達のそんな症状が目立ってないというのです。首をかしげる。そんなわけないでしょう?


そんな疑問を抱いて訪ねた福島でのこと。
このように、一人一人が感じた感覚を記録に残しておくべきだと思います。
木下さんへお願い (きりん)
2011-06-17 20:40:30
私がやりたくてもできないこと・・・チェルノブイリやベラルーシに直接行って、取材すること。
木下さんには出来ますか?

今、日本人がチェルノブイリに行き25年後の
ネェルノブイリの子供達について正しく取材・報道してくれれば、もっと多くの事が、新しい知恵も含めて
道が開けるのではないでしょうか?

誰かに行ってもらい、正しい情報を教えてもらいたい。そして今の日本と正しく比較・検討してもらいたい。
きりんさんへ (木下黄太)
2011-06-17 20:59:39
この前、僕もよく知っているジンネットの高世さんが取材に行った気がするので、本人にききます。僕自身は、取材コストがなんとかなるなら考えますが、これはかなりかかると思います。
放射能から子供達を守ろう (Unknown)
2011-06-17 21:22:27
野呂美加さんの2011年5月22日東京での公演 「放射能から子供達を守ろう!」 
を見て、とても励まされました。
 
http://www.youtube.com/watch?v=8ATEp8tTl5A&feature=related

野呂美加さん
NPO 法人チェルノブイリへのかけはし代表
22年前に起こったチェルノブイリ原発事故被災児童を1ヶ月間、空気や水のきれいな日本で保養させる活動を1992年に知人と始める。これまでに招待した子どもは、17年間で635人。2005年、国際交流基金より「地球市民賞」受賞。夫と大学生の娘と3人暮らし。

Unknown (キエフ病院の子供達のドキュメンタリーならあります)
2011-06-17 21:25:30
きりんさま、木下さま、

チェルノブイリの25年後の今のキエフの病院にいる子供達のドキュメンタリーならありましたよ。

これが、日本の未来なんて悲しすぎるので、どうしても、みんなが動いていかなくちゃダメですね。

これ→http://www.youtube.com/watch?v=kFP-xx68q6Q
甲状腺機能 (医師X)
2011-06-17 22:41:38
町の医者でも出来ますよ。単なる血液検査です。
自己免疫の病気でもないので、TSH,FT4程度はかれば十分かなと。
ただ、何人かの医師(らいき人?)がコメントしていますが、甲状腺疾患自体はもともと結構頻度の高い疾患です。
また、異常があっても放射能の影響か判定不能です。そこはご理解の上で検査なさって下さい。
正常値だからといって、被曝していないという証拠にはまったくなりませんので、あしからず。
ホールボディカウンターについて (ぽんた)
2011-06-17 22:51:06
文科省または、厚労省指示で、内部被ばく検査は、決してしてくれません。試しに、二次被ばく医療機関と検索して、問い合わせしてみて下さい。そうすると、お住まいの保健所へと、誘導され、保健所は福島でないから、心配無いとか理屈でうやむやにします。そのため長崎まで行きました。
国際ヒバクシャ医療センターです。
ただし、最初からバックグラウンドを、上げて、測定されると、体内にある核種も、自然放射線として、誤認されますので、誤魔化されます。また、検査結果は、貰えないので、強引に対処する必要があります。
また、セシウム ヨウ素のみの説明、提示しかしない可能性があります。
ですから、今から、測定しても、本当の内部被ばく量は、判らないかも知れず、データだけ取られる懸念さえあります。
a b線の内部被ばく量は、WBCでは、計測できません。当然の権利として、国民の声として、強く政府に要求すべきです。
おかしいですよね? 被ばくさせられた上、
被ばく量も判明せず、治療もしない。
水俣病、原爆訴訟と構図が全く同じです。
きっと、年金減らしをしたいのでしょう。
西日本に、遷都されたらたまりません。
権力者、役人はSPEEDIで、被ばくを避け、国民は、ゆっくりと、見えない毒で殺されて行く。必ず、訴訟を起こして、正義を貫くべきです。一人が負けたら、次の国民が訴訟を起こす。または、集団訴訟を
起こす。内部被ばくの証拠保存のため、髪の毛を150グラム 程度
取っておいて下さい。爪は消えてしまうかも、知れません。 チェルノブイリより、酷く、放出は今もしている事を、決して忘れないで下さい。放出が止まっても、土壌、食物、水産物からの、被ばくは残ります。
もしかすると、地下水脈にも、放射性物質が、既に入りこんでるかも、知れません。
Unknown (F.K.)
2011-06-17 22:52:29
木下さんの記事は、私及び家族が、今後どうやって生き延びるか、(できるだけ健全に)を考えるのに、大変参考にしています。これからも同じスタンスで、情報発信していただけるよう、お願いいたします。

この原発事故以降、「思考停止」という言葉をさまざまな場所で見聞きし、現実に、自分もさまざまな場所で実感しています。
(身近なところでは配偶者です)
こちらのコメント爛を読んでいても、同じように感じます。木下さんの投げかけをきっかけに、自分の今いる世界を、もう一度自分で考える必要があるのでしょう。これまでの教育のありかた、現在の大手マスメディアの方向性、これからの日本をどう見据えるのか、・・・本当にたくさんの課題があります。
それもなく、あげあし取りのような、「じゃあどうすればいいの?」のような、幼稚な質問が多いような印象を受け、これが、この日本が、もしかしたらめざしていた姿なのかも、と思います。思考停止日本。有事があっても、動じない、気づかない、日本国民。どんな状態になっても、「どうすればいいの?」と自分で考えることができない、日本国民。
私も、子どもを育てる身です。
この、子どもがこの先、できるだけ健康に生きていけることを願いながら、きちんと自分の考えをもち、この国を未来あるものにしていけるような。
最低限、自分自身が「この国に生まれてきて幸せだった」と思えるような、そんな時間を持ってほしい、そんな時代を作ってほしい、と思っています。
Unknown (Unknown)
2011-06-17 23:14:32
放医研などの専門機関は意外と小さく、原発作業員と飯舘村の人たちの測定で手一杯で、首都圏の一般人は受け付けられないはずです。
なんせ、補正予算も、人員も補充されていなかったのですから。現場は悲鳴を上げていると思いますよ。
インフルエンザの時もそうでしたが、緊急事態対応で超過勤務の連続に耐え、疲労でたおれそうになっている現場の人たちも被害者だと思います。

ネットであまり議論されていなくて不思議ですが、チェルノブイリの時は、30Km圏外が汚染されていることが分かったのが事故から3年後でした。
つまり、キエフやベルラーシの子供達は3年間汚染ミルクを飲み続けたのです。また、ヨウ素だけでなく、当時の母乳からは鉛も検出されています。事故収束のために原子炉にヘリから大量に投下された鉛です。鉛は放射線を遮蔽しますが、催奇形性の強い重金属です。これを妊婦や乳幼児が飲んでいたと思うとぞっとします。

日本は300km圏まで汚染を調べて、食料の制限も始めています。また、鉛の散布もありません。油断はできませんが、救いを感じます。涙をのんで原乳を廃棄してくれた農家さん達に深く感謝したいです。

Unknown (Unknown)
2011-06-18 00:08:29
Unknown (Unknown)
2011-06-17 23:14:32さんへ

そうなんですよね、何故か危険ばかり訴える人は当時のチェルノブイリがどれだけ日本と違うかを全く伝えないのです。

福島第一の10倍に及ぶ大量の放射性物質放出の事故後丸1日、場所によっては1週間以上放置、ヨウ素不足、高度汚染ミルク・食事を取ってた上での甲状腺癌増加なわけで、今の日本がそんな状態になるとはとても考えられません。

チェルノブイリを知れば知るほど、日本は安全なんじゃないかとさえ思います。

木下さんが何故これほどまで危機を感じているのか、今ひとつ記事からは伝わってこないのは、恐らく根拠がないからでしょうね。
ジャーナリストを名乗るならもうちょっとなんか、あるだろうと。
Unknown (Unknown)
2011-06-18 01:47:12
正直なところ、下痢とか倦怠感ってストレスが一番の要因です。
で、親がヒステリックになってる状況というのは、子供には強いストレスになります。

子供の健康を思う親の思いが子供の健康を害する。皮肉な状況ですね。
ぜひ海外に知らせるべきです (レイアードかおり)
2011-06-18 01:55:41
なぜ精密検査ができないのか?とてもおかしい話だと思います。
是非外国人記者協会で関東で被曝が疑われる方々会見開いて下さい。
そして検査していただける海外の国で精密検査をしてもらえるように外国人記者協会の記者の方々に訴えて下さい。
日本の異常な状況恐ろし過ぎます。
コメは安全 (事務局①)
2011-06-18 02:02:50
>rinrinさん

現在給食で供されているコメは、すべて昨年の秋までに収穫され、コメ専用の低温倉庫内で保管されていたものですから、福島第一の事故の影響は一切受けておりませんので、安心して下さい。現時点で流通しているコメは、どの地域のものであっても、100%すべて昨年の秋以前に収穫されたものです。福島第一の事故の影響を受けている可能性のあるコメが出回るのは、どんなに早くても今年の9月以降です。(二期作地域である沖縄の一期目に限り7月収穫)
Unknown (逗子住民)
2011-06-18 04:14:32
昨日、奥さんが鎌倉市内の保育園に勤める友人から聞いた話。
現在保育園で4つの風邪が同時に流行しているという。

①のどの風邪
②発熱
③腹痛
④下痢

本当に「風邪」だといいんですが…。
空間のキラキラ (横浜市)
2011-06-18 04:27:41
上の方の投稿、手すりのキラキラを拝読して思い出しました。
3月20日、日中、その日はよく晴れていて風が吹いていました。私と娘4歳は、街中の横断歩道を渡ろうと歩道で信号機が青になるのを待っていました。 私は娘に目を配りながら、向かいの信号機をチラチラ見ていました。すると、道路(4車線)の上の空間がキラキラしていて、あっつ、きれいと思いました。
そのキラキラは太陽の光が眩しいというものではなく、何か細かい粒子が太陽に反射してキラキラしているといった感じです。
これは放射能なのでしょうか?
その日は風があり、歩いていた場所も10階建て以上のビルが並ぶ場所。ビルの谷間を抜けて、風で放射能が舞い上がっていたのでしょうか?
子供と外にいたことに後悔しています。 政府がきちんとしていれば外に出ることはなかったでしょう。
地産地消・暫定基準値・ストレス (Unknown)
2011-06-18 04:50:25
>つまり、キエフやベルラーシの子供達は3年間汚染ミルクを飲み続けたのです。

未だに給食は普通に地産地消です。だから心配しています。


>日本は300km圏まで汚染を調べて、食料の制限も始めています。

国として事故後、基準値を何百倍にも上げた事実をどうお考えですか。


>正直なところ、下痢とか倦怠感ってストレスが一番の要因です。

だとしても、ストレスを感じさせた方より感じている方が責められるなんて、絶対何かが間違っていると思います。
Unknown (Unknown)
2011-06-18 05:25:26
木下さん、こんにちは。色々な方のブログやサイトを沢山見てきました。素人の自分でも、大変な事態なのは分かります。今自分のいる所はどれくらい危険なのか…とても知りたい。私の住んでいる地域は原発から200キロ圏内の岩手ですが、どのように行動すれば良いでしょうか。恥ずかしながら、頭の中がとても混乱しています。周りは気にしてない様子の人ばかりです。自分がおかしいのかとさえ思ってしまいます。
まだ小さな子供がいるので、絶対に守りたい。。。
Unknown (Unknown)
2011-06-18 05:36:43
>福島第一の10倍に及ぶ大量の放射性物質放出の事故後丸1日、場所によっては1週間以上放置、ヨウ素不足、高度汚染ミルク・食事を取ってた上での甲状腺癌増加なわけで、今の日本がそんな状態になるとはとても考えられません。

情報を自分で探そうとしないとこのような理解になってしまうのですね。前の記事コメントで東京のどこが危険かわからないと言っている人もそうですが、公の検査を鵜呑みにしかできないんですよね。検査方法や検査場所、放射線各種(r線のみが危険なのではありませんよ)の意味さえ理解しようとしない。初めから動かない材料を求め結論ありきなんですから救いようがありません。自分だけが被害を被るならまだしも「安全」を他人にまで押し付けようとするのは人殺しに加担しているとさえ思います。

誰か知りませんか? (rinrin)
2011-06-18 06:31:45
「内部被ばくは外部被ばくの100倍~1000倍と考えるべき」というような事を読んだのですが、その正誤について知っている人はいませんか?内部被ばくについてどう捉えればいいのか考えあぐねています。

政府の発表や、公の検査などを未だに信用している人がいるのは驚きですが、ネットで細かい情報を調べていない多くの人は、鵜呑みにしてしまう。。。まだまだそのような人達が大多数ですね。

低線量被爆による健康被害について、知りたいのですが比較がチェルノブイリだけなので、なかなかネットでも資料を探すのが難しいです。資料というのは誰でも納得できる数値などで証明できるものです。

もしかしたら、そんな資料はないのかもしれない。しかし必ず「低線量被爆は子供に何らかの影響を与える」と私は考えています。多くのジャーナリストや、医者、ベラルーシの母親も言っています。
IAEAとかぜっっったいに認めないでしょうけれどね。

日本は今、壮大な人体実験をやってるんですかね?
本当に自分と家族がモルモットにされる前になんとか証明したい気持ちでいっぱいです。
なるほど (福島県人)
2011-06-18 08:18:07
福島県人に対して、全国に106もあるホールボディカウンターを政府がまったく使わせない理由が分かりました。ありがとうございました。恐い国です。
この情報は塩素誤検出と同じでは (Unknown)さんへ (九州在住)
2011-06-18 08:49:02
私の妄言におつきあいいただいてありがとうございます。

早野先生がそうおっしゃるなら.........
って信じませんが。

まあ 私なんかより木下さんを納得させて見てはどうでしょう。
rinrinさんへ (広島のママ)
2011-06-18 10:00:32
rinrinさん
「内部被ばくは外部被ばくの100倍~1000倍と考えるべき」ですが、

放射線医学総合研究所が3月25日に出した 「甲状腺等価線量評価のための参考資料」

3月12日から23日までの12日間、
甲状腺に0・2μSv(マイクロ=1000分の1ミリ)/時の内部被曝をした場合

 「1歳児(1~3歳未満)→108mSvの被曝」
 「5歳児(3~8歳未満)→64mSvの被曝」
 「成人(18歳以上)→16mSvの被曝」

この情報じゃないですか??
違ったらごめんなさい。

私も低線量被ばくによる影響は必ずあると考えています。
鼻血や下痢、数年後か何十年後かにガンや白血病、その他の病気。
それから、上のコメントにある「キエフ病院の子供達のドキュメンタリー」のように、子供たちが大人になり子供を授かる時に・・・

今すぐに証明できないし、認めてもらえないだろう。だったら少しでも早く安全な場所へ移動して生活する方が賢い選択、そういうことなのではと思います。
ワーォ (Unknown)
2011-06-18 10:05:47
わかって(工作)いってんのか

わかってなくていってるのかしらんが

ふくいちの格納容器といっしょで 底なしのばか だな。

↓ ↓ ↓ ↓



Unknown (Unknown)
2011-06-18 00:08:29

Unknown (Unknown)
2011-06-17 23:14:32さんへ

そうなんですよね、何故か危険ばかり訴える人は当時のチェルノブイリがどれだけ日本と違うかを全く伝えないのです。

福島第一の10倍に及ぶ大量の放射性物質放出の事故後丸1日、場所によっては1週間以上放置、ヨウ素不足、高度汚染ミルク・食事を取ってた上での甲状腺癌増加なわけで、今の日本がそんな状態になるとはとても考えられません。

チェルノブイリを知れば知るほど、日本は安全なんじゃないかとさえ思います。

Unknown (端がらオッス)
2011-06-18 10:13:42
何かをしようとする人に何でもかんでも求めるのは子が親に求めるのと同じさ。甘ったれるなょ。どこまで木下氏に求めるんだ。性格や人格まで求めてくる そして潰していく…。中庸を保つようなコメントをしておいて何かあると直ぐに手のひら返すように木下氏を攻撃する卑劣なのがいる。お前だょお前。自分の人間性の未熟さを棚に上げ何を言ってるんだ。他にもジャーナリストはいる。それぞれを客観的に見て認められないのか。それぞれの良さを。そんな幼稚なのはネットで情報など見るな。
下痢の症状ですが (ak)
2011-06-18 10:27:24
劣化ウラン弾を扱った米国女性兵士の動画、今どこで見たか思い出せないので申し訳ありませんが、全員が毎日下痢で毎日トイレに駆け込んだとか。その人はいまだに毎日下痢が続いているといっていました。ストレスだけで片づけるのは危険です。
福島より、関東の方が被爆量が多い? (S.S.)
2011-06-18 12:45:40
木下さん、ホールボディカウンターの検査した方の情報、ありがとうございます!

拝見する限り、関東でごく普通の生活をしておられる方々、みなさんの環境にあてはまるところが多いようですね。

東北に行かれたわけでもなく、原発の作業員でもない方が、1万7千~4万カウントということは、関東にいる私たちも、考えられないほど大量に被ばくしている可能性を考えなければならない、事態になっているのですね。

これは、福島の数値が高すぎる事を、公表していないのか、もしくは、関東圏の被ばくが福島以外の原発によるものも含まれているのか、どういうことなんでしょう。

3日くらい前、ustreamでガイガーカウンターのライブを見ていたら、愛知県の数値が、0.09から1.35くらいまで、みるみる上がっていって、怖かったです。もんじゅは大丈夫でしょうか。

それから、おとといは、ustreamで、ガイガーを検索したら、ヒットしない状態が30分以上続き、焦りました。

東電の14日のキノコ雲のような爆発のようなライブ映像も東電のHPから、過去の映像が消されたし、それについて枝野官房長官が、火災による水蒸気爆発だったと会見したという情報を書き込みで見つけて、その映像を見ることのできるサイトに飛んだら、何も表示されず、真っ白な画面になっていて、ニュースにもでないし、これは、ネットの情報を政府が削除する動きが出始めているのかと、不安になります。

戦争中に、正しいことを言っていた人たちが、刑務所に入れられたという話を、知り合いのおばあさんが話していましたが、そのようになっては困ります。

政府と東電のしたことは、ゆるやかな大量殺人事件のように思えます。

情報操作に負けないには、どうしたらいいでしょう。
Unknown (Unknown)
2011-06-18 12:55:54
>ホールボディカウンター (宮崎光子)
2011-06-17 17:26:09

>携帯電話の中継基地局からの電磁波(放射線の一種)でも鼻血、倦怠感、消化器障害が言われます。

電磁波が放射線の一種であり、
それが身体に相当レベルの悪影響を与えるとするならば、
電子レンジもヤバイですね。
近づかない方がいいですか?
使わない方がいいですか??

正しくは「放射線は電磁波の一種」なんですケドね。


>私もホームページで色々やっているので見てください。

こういう人って、なぜか突飛なことを言う(書き込む)ことが多い気がします。
宣伝の一種でしょうか?

>歯科で薬害が発生しています。
ふ~ん…。
三顧お (Unknown)
2011-06-18 13:00:58
海外移住と日本の原発地図
http://emigration-atlas.net/nuclear-power-plants/japan.html
地産地消・暫定基準値・ストレス (Unknown) 2011-06-18 04:50:25さんへ (Unknown)
2011-06-18 15:51:09
地産地消・暫定基準値・ストレス (Unknown)
2011-06-18 04:50:25
>>つまり、キエフやベルラーシの子供達は3年間汚染ミルクを飲み続けたのです。

>未だに給食は普通に地産地消です。だから心配しています。

心配は私も同じです。キエフと全く同じではないと言うことを書きました。
3年間汚染検査もされなかったミルクと、日本の少なくとも計測を受けて、基準値を守っているミルクが同じレベルの汚染量だと思いますか? それでも子供には飲ませたくないですが。

>>日本は300km圏まで汚染を調べて、食料の制限も始めています。

>国として事故後、基準値を何百倍にも上げた事実をどうお考えですか。

間違った判断だと思います。
医学的には確かに問題のない基準値です。EUの基準値を参考にしたものでしょう。
しかし、中には感受性の高い人たちもいます。これまでと同じ品質のものができないなら東電が賠償すべきだと思います。
事故当時の混乱の中で牛乳の供給量が不足することを危ぶんでの基準値改正かもしれませんが、それでもチェルノブイリの経験からヨウ素の基準値だけは上げるべきではなかったと思います。
事故時の対応というなら3ヶ月もたつのですから早々に下げるべきだと思います。

現在の救いは福島のミルクの汚染量が不検出(検出限界を考えて恐らく0.1 Bq/kg以下)になっている事です。
農林水産省の公開しているデータでは、事故当時は5300Bq/kgの場所もありました。もちろん出荷制限されています。
それでも、子供は大人と感受性が全く違います。流通の混乱などの危険を考えると福島の子供達には県外のミルクを飲んでほしいと思います。
また、大人だっていい気はしません。暫定の基準値なのだから、農家さんのためにもそろそろさげてほしいと思います。


Unknown ((九州在住)さんへ、)
2011-06-18 16:24:14
コメント欄がストロンチウム85の話からかなりずれてきており、皆さんが私のいう「誤検出」をどう受け止められているか分かりませんが、、、、

私が書き込んだ内容は「軌道電子捕獲核」は早野先生の受け売りですが後は自分で調べました。

ウランが核分裂した後の核分裂生成物にどんな種類があるかはWikipediaの日本語版、英語版(英語であればFission product yield)を調べれば分かります。
JENDLEは専門家のデータベースですが、理系の知識があれば自分で調べていけます。
放射性核種の性質も核図表、Nuclide Chartを使って調べることができます。
以外に自分で調べていけるものです。

ちなみに木下さんの記事にもありますがこのホールボディーカウンターの測定は精密版で、移動式のものより検査精度自体は一桁高いようです。移動式のものでは100ベクレル以下の測定はほぼできません。

「誤検出」といいましたが、正確にはシンチレーションカウンターで調べたガンマスペクトルのピークが、測定限界近くなためはっきりと現れていないのに無理矢理ストロンチウム85から出るガンマ線のエネルギーに当てはめたのが原因でしょう。
劣化ウラン弾を扱った米国女性兵士の動画 (オランダ)
2011-06-18 20:38:51
http://www.youtube.com/watch?v=oX9oPFsNybE
WBCの検査を受けたい (クマ)
2011-06-18 20:57:05
WBCの検査を受けたいです。
どこへ行けば検査を受けさせてもらえて
検査結果も正直に教えてもらえるのだろう。

海外へ行くしかないんでしょうか。
どうすればいいんだろう。

Unknown (東電、掃除しろ!)
2011-06-18 22:05:24
東電、あなたの所有物(汚物)を撒き散らしたのですから、掃除してください。みんな個人でお金を出して放射能の危険にまみれながら掃除しているのですよ。労力もそのために費やしているのですよ。オフィスの椅子に座っていないで、公園、駅、道路、各家庭の家(屋根、壁、窓、ベランダ、庭等々)掃除してください。
公共的な会社なのに、社会的責任全くない会社なんですね。本当に許せません!
えーと (2011-06-18 01:47:12ですが)
2011-06-18 22:39:46
何が情報不足で底無しの馬鹿なんだか何の説明もなく、お二人の方が今木下さん辺りが流してる危険という情報を鵜呑みにしてしまっているように見えるのですが…

チェルノブイリと比べてどのぐらい危険なのかまとめてもらえます?
Unknownさんへ (ほんた)
2011-06-19 02:03:34
Zn65 Sr85 ともに、核分裂生成物で無いことは、しってます。
再処理施設等から、発生する誘導放射性核種ですよね? 中性子が当たると出来る物質
よって、3号機使用済燃料プールの核爆発 (即発臨界)の際に、放出されたのでは無いでしょうか? また、Zn65に関しては3/27日付?
高崎のCTBT 検出噐からも、検出されてます。ただし、3/14 1555~3/15 1555までのデーターは、計画停電のため、ごっそりデーターが抜けてます。
また、現在のCTBTコメントでは、当初から検出してないように、胡坐行くされてます。どう、思われますか?
必死に、なって否定されるのは、
何か意図があるのでしょうか?
Unknown (う)
2011-06-19 04:54:54
内部被曝の原因は主に食べ物でしょう。
とにかく「機械が違う」「機械のミス」とかだけいってそれ以上理由をいってくれないとなんの信頼性もない。ラドンとか検出されなかったの?
re>Unknown ((九州在住)さんへ、) (九州在住)
2011-06-19 15:11:13
文系素人の私に専門的なことを言われましても困るのですが、ご指名ですから無視するわけにもいかない。
誤検知と言っても、数値は出ているから、ストロンチウム85ではない何がしかのγ線核種を拾ったことは確かなのでしょう。
物理の試験問題なら、ストロンチウム85は、原子炉にない、だから人間が吸い込むはずがない。よってWBCのミスだとしても正解かもしれません。
しかし、原発事故で被害者がいるという社会学的問題の回答としてはそうはいかない。
当事者は不安になってます。
ストロンチウム85でないとしたらなんなのかを調べていただきたい。
CTBT観測所のことを他の方も書いてますが、確かにストロンチウム85はγ線なのにあそこでは検出されていません。
まああそこは中立な機関だと思ってたのに、小出先生がヨウ素135(だったと思う)のことをラジオで言った数日後に間違いだったと。
政治的にデータがころころ変わるというのは物理の世界では許されないことなのでしょうが、こういうことがあると初期のデータでさえも怪しいと思ってしまいます。
それが文系の悲しい性なのか?
Unknown (Unknown)
2011-06-19 22:38:05
チェルノブイリの比較をまとめろって 自分でやれ。正しいチェルノブイリのデーターはどこにあるんだ?
Unknown (ティルト)
2011-06-20 03:46:26
集団訴訟の準備をすべきなんじゃないでしょうか
(この情報は塩素誤検出と同じでは)さんへ (九州在住)
2011-06-20 09:41:58
ちょっとどの部分がお名前かわかりませんが、こちらからお尋ね。

>同じ原子量であればクリプトン85が生成されます。

もしかしたらクリプトン85をストロンチウム85だと機械が間違った、ということはないでしょうか?
ただ、クリプトン85を吸い込むだときはβ線のストロンチウム90をいっしょに体内に取り込む可能性はないでしょうか?
それにしても (通行人)
2011-06-20 13:44:01
いまだに安全と言ってるやつがいることがそもそも不思議。
まあ何らかの利害が絡んでる工作員なんだろうが…
Unknown (2011-06-20 09:41:58さんへ)
2011-06-20 16:17:31
Kr85やSr90などのベータ核種は核図表をじっくり見るとごくわずかに0.514MeVのガンマ線を出すことがわかります。(詳細は省きますが電子1個分のエネルギーです)Sr85のガンマ線も実は0.514MeVだったりします。

このことから推測されるのは他のベータ核種からわずかに出たガンマ線と取り違えた可能性はありえます。ただしだからすぐにSr90やKr85とはいえないです。同様のベータ核種はそのほかにもあり、体内に自然に含まれるベータ崩壊核種の可能性だって同じようにあります。
Unknown (Unknown)
2011-06-20 20:00:37
劣化ウランの側に居てずっと下痢が続いたアメリカの女性の話はヒバクシャというドキュメンタリーです。低線量被曝の恐ろしさがよく分かります。
チェルノブイリと福島は確かに同じではないと思います。
しかしチェルノブイリの事件後、ほぼ地球の裏側である日本までもチェルノブイリの放射線が届いていた事実もあり、爆発したということは、やはり量は違えど、かなり広範囲に飛んでいったことは確実です。
福島で何が起こったか、そして今何が起きているのか、事実を知りたい気持ちが怒りと共につのります。
日本ってもう少し民主主義の浸透した国だと思ってましたが恐ろし過ぎです。
Unknown (2011-06-20 09:41:58さんへ)さんへ (九州在住)
2011-06-21 08:12:39
なるほどよく分かりました。

どれかひとつの核種の間違いとは限らないわけですね。
ゆう (Unknown)
2011-06-21 23:20:07
WBCというのはNaIやGe検出器をもちいて、

横軸がγ線エネルギー、縦軸がカウント数というグラフで表示され、

そのピークとて放射線核種から放出されるγ線エネルギーデータと照らし合わせて

核種を同定させるものです。

この図を一般的にスペクトルといいます。

http://www.canberra.com/jp/products/detector_germanium.asp

http://www.aist.go.jp/taisaku/ja/measurement/index.html

上のURLのスペクトル比較図をみるとわかると思いますが、

NaIは、エネルギー分解能が悪い(スペクトルが広がる)ので、

Sr-85やKr-85から放出される514keVと電子、陽電子対消滅による506keVのように

似たγ線エネルギーの核種は弁別が難しいです。
(ただし、非常に多く検出されるとわかります)

Geは高分解能ですが検出効率がよくありませんので、
WBCの検出器が遠く離れた状態で20分程度でどこまで測定できるのか不思議です。

Sr-85は他に129.82、151.19、231.86keVのγ線を放出しますが、

低エネルギーのγ線を放出する核種はたくさんあり、

これも低エネルギーになると測定限界値が近いため、誤認したのでしょう。

測定プログラム(放出するγ線エネルギーと核種をマッチングさせる)は

少しピークを見つけるだけで検出とでます。

だから、ある核種しか拾わないのではなく、拾いすぎているのです。

よって、微量が検出された場合、他のγ線エネルギーをみて総合的に判断します。


そもそも、

なぜ精密検査を断られたのか・・・
なぜミスマッチだと判断されたのか・・・

この文章からは全く分からないし、知ろうともしていないように感じます。

わからない、怖いだけでは解決しません。

折角WBCを受検できたのだから、

これらの説明を納得いくまでうけて、調べてして、

それでも納得いかなければ拡散すべきです。

検査を受けた人の言葉を丸呑みして、

不安を掻き立てるような記事を書くことに疑問を感じます。

また、文系だからわからないというのは言い訳な気がします。

理系は、理系だからわからないという言い訳をしないと思います。

文系だからわかりませんというのは、私は馬鹿ですと言っているように聞こえます。

必要なことは十分調べるべきです。

とくに、ブログといえど公のところに記載する場合は。
ゆうさんへ (九州在住)
2011-06-22 08:24:07
>文系だからわかりませんというのは、私は馬鹿ですと言っているように聞こえます。

こういうこと書かなければあなたを支持する人も何人か出てきそうなのだが。

まあ どうしてもストロンチウム90あたりが気になる場合は、
http://www.remnet.jp/lecture/words2003/06002.html
排泄物の測定(バイオアッセイ法)をやると。
にげろーーー (ゆう)
2011-06-22 11:41:27
死にたくないなら逃げろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
九州在住さんへ (ゆう)
2011-06-22 20:58:53
すいません。
特定の人をさしたわけではなく、テレビやネット等、折角一生懸命説明されていても、
自分がわからない話になると、文系だからと理解しようともせずに、
感情的な理論をぶつけてくる人が多く議論にならないので、、、

といっている、自分がよく読まずにイラついていましたね。


さて、バイオアッセイでも核種を知るためには、
糞尿を何らかの形にして放射線検出器で放射線のエネルギーを分析します。
よって、スペクトルをみて核種を同定する方法はαβγ線いずれも同じ原理です。
(よって問題も同じです。)
http://www.irm.or.jp/work/keisoku/second.html

私はベータ線測定を実際にしたことはないのですが、、、
特にベータ線はちょっとしたことで吸収されるし、連続エネルギー(スペクトルにピークが出ない)のものもあり、
そのままでは測れないので固化したり溶液に溶かしたりするなど技術がひつようだし、
しかも特殊な測定器が必要であり、難しいのです。
だから、バイオアッセイでどれくらいの精度で測定できるのか・・・知りたいところです。

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-04-03-19

よくでてくるストロンチウム90の場合β線しか放出しないのですが、
崩壊してイットリウム90というのになり、
これがγ線を放出するので、
化学的に分離させてそれを定量的に測定するのが一般的です。
なので、これもすぐお気軽に測定できるというものではありません。

なんにせよ、一般的な化学分析にも言えることですが、
少ない検出量ですから誤検出されるわけです。
放射性核種がたくさんあればいくら分析が難しくても、
たくさん検出できるので、間違いようがないと思うのです。


なお、
にげろーーー (ゆう)2011-06-22 11:41:27
は私ではありませんので、あしからず。
本物のゆうさんへ (ほんた)
2011-06-22 22:39:45
Sr85についての御見解、大変参考になりました。是非、Zn 65の誤検出の可能性についても、御見解をお願いします。
ゆうさんへ(同じく本ものの) (九州東部のおじさん)
2011-06-23 08:11:36
すいません。昨日から名前が変わっております。旧姓九州在住です。

てっきり自分が該当者と思った私が悪いのですが、まあ、該当してる部分はありますが。

現時点では、首都圏在住の皆さんの内部被爆量では、誤検知の可能性が大きいということなんですなあ。
九州東部のおっさんへ (ほんた)
2011-06-23 13:22:10
関東も、被ばく量の差はあれど、
必ず内部被ばくしてます。
原研の資料見ましたか?

ヨウ素、セシウム それどころか、核分裂生成物、誘導放射性核種 併せて、百種以上の核種が、 大気中に、飛散してます。政府は隠蔽し、WBCすら国民に、受けさせない。公表してる放射線量は、ガンマ線のみです。間違い無く、九州にも、飛散してますよ
九州東部のおじさんへ (Unknown)
2011-06-23 14:43:34
Sr85はおかしいとおもいますね。
Zn65もCTBTでごく少量しか検出されておらず、データの信頼性にも疑問があります。

もう一つ大事なことは検出された核種が数十ベクレル単位の量であることです。一方身体の中には大人で7000ベクレルくらいの放射能が自然に存在しています。カリウム40などです。カリウム40は食品に自然に含まれる同位体です。現在食品の放射能が測定されていますが、カリウム40の値は除かれて公表されているはずです。
ほんたさん、14:43:34 のUnknownさん (九州東部のおじさん)
2011-06-23 17:35:30
いやしっかり疑ってはいるのですがね。
伊方もしっかり見張っておかねばならんな。
http://www.pref.ehime.jp/h99901/houshasen/sokuhou230623.pdf

プルトニウムのことは前に書きましたが、ストロンチウム90がしっかり出てます。海水とかヒジキですからね。関アジ、関サバやばいかも。
しかしこっそり発表するもんですなあ。
九州東部のおじさんへ (Unknown)
2011-06-24 05:54:42
野暮なツッコミで申し訳ないのですが、
そのPDF、資料採取日が昭和ってなってますけど。

それとも、昔からこれくらい検出されてたから、
これから少しくらい検出されても安心といいたいのでしょうか?
やっと海底のプルトニウム検出 (九州東部のおじさん)
2011-06-24 09:58:03
4月ぐらいから測定すると言ってた海底のプルトニウムが出ました。ちょっと少なすぎるが。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011062301001092.html
2011-06-24 05:54:42 のUnknownさんへ (九州東部のおじさん)
2011-06-24 15:39:24
そうですね。昭和の分は過去最高記録を出したときに採取した日付で、どうも核実験の時というから中国の核実験ですかね。
とにかく少ないということを強調するために出しているのでしょう。
で、プルトニウムに関しては、公式に表示はしてないのですが、なぜか問い合わせをした人には回答してるようです。
http://mantra.way-nifty.com/osho/2011/06/post-9d73.html
同位体が違うから、福島のものではない、というのですが、怪しいですね。
Unknown (Unknown)
2011-06-25 04:29:27
ストレスによる自律神経の異常で、鼻血や下痢が続いたり、喉の痛みなど感冒様症状を訴えるのはよくある事です。特に急性ストレス障害やPTSDを呈した子供に多い症状です。
実は阪神大震災の時も、数日後~数ヶ月後にそういう症例の子供を診た事があります。
子供にはあまり不安を与える要素(ニュースなど)をあまり見せないようにして、栄養バランスの良い食事を与えて、十分な睡眠をさせてあげて下さい。
どうしても不安だと言う方は、一度はお医者さんに診てもらいましょう。
ストロンチウムの検出 (ジオドクターKK)
2011-06-28 17:55:16
ホールボディカウンターでストロンチウムが検出されたという話について 測定者はそれが間違いだといっています.私もそのとおりだとおもいます.同測定器は固有γ線を測定することから,核種とその量をはかりますが,ストロンチウムはγ線をだしません.ベータ線だけなのです.したがって,その方の体にストロンチウムがあるという恐れは測定データからはまったくありません.
ドクターKKさんへ (ほんた)
2011-06-29 00:55:58
測定して、頂いたあの方の関係者ですか?
いたずら、デマで無ければ、せめて測定者のイニシャルだけでも、開示して下さい。また、Sr85は、γ線源です。
あなたが、測定者に近い放射線に知識のある方であれば、自ずと、コメントが間違えている事に気付いているはずです。また、ヨウ素検出に関しては、何故黙っていたのかも、教えて下さい。2回目の検査の際に
私の個人ファイルを、強引に見せて頂いて、初めてヨウ素検出の事実を知りました。
また、Zn65に関しての、見解も願います。
ジオドクターKKさんへ (追伸) (ほんた)
2011-06-29 01:10:35
貴殿のブログ、拝見しました。
放射線防護に、関して安易に安全サイドに立たず、危険性を注意喚起して頂いている様ですが、先述のコメントを投稿されたのは、本当のドクターKKさんですか? 名を借りた、成りすましでは、KKさんの名誉に関わると、思い念のためお聞きします。
ほんたさんへ (ゆう)
2011-07-09 00:35:32
>是非、Zn 65の誤検出の可能性についても、御見解をお願いします。

遅くなってごめんなさい。
Zn-65の①生成量、②測定方法について以下のように私は考えています。

①生成量

原子炉ではZn-65はほとんどできません。
通常ウランやプルトニウムが核分裂したあと、質量数90と135くらいの2つの核種に分かれます。
このできやすさを核分裂収率といいます。
図をみてみるとわかりやすいです。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/pict/03/03060103/08.gif

これをみると、Zn-65の質量数は65なので核分裂によってはほとんどできません。

一般的には、Zn-65はZn-64(天然組成比48.6%)が中性子を吸収してできます。

通常原子炉の構造物はステンレス鋼、被覆管はジルコニウム鋼なので、
亜鉛(Zn)は入っていない又は微量にしかありません。
Zn-65が検出されるくらいならば、Co-60やNi-59が測定されるはずです。

②測定

Zn-65は1115.5keVのエネルギーを放出する核種ですが、
これに近いエネルギーを放出する核種も結構あります。
下記URLのp.103~173参照
http://www.kankyo-hoshano.go.jp/series/lib/No29.pdf

たくさんの種類のγ線エネルギーを放出するものは総合して判断されますが、
Zn-65はほぼ1115.5keVしか放出しませんので、
誤って選択されやすいと考えます。

これを例えるならば、Ni-65は1115.53keVの放射線をだしますが、他に1481.84keVや366.27keVも放出されるため、
これらγ線が検出されていない場合、1115keVはNi-65ではない、もしくは疑わしいと判断されます。

②より測定上誤検出の可能性があり、②今回生成される可能性が低いことを
総合的に判断すると誤検出であると考えます。


ただ、根本的なことですが、
以前も記載しましたが、たくさん検出されれば間違いません。

よく本文を読んでみると、

Cs-134:24.4Bq
Zn-65:84.4Bq
Sr-85:71.5Bq

って、体換算なのか、測定部だけなのか、1kgあたりなのか(これはないか)
わからないですが、いずれにしても微量ですよね。

自然界に存在するK-40というのがあり、
これは飲食物から体重60キロの人で4000Bq程度取り込まれ、
通常ホールボディでは50~70Bq検出されると言われています(検出器によって違うかも)。

よくK-40は自然に存在するもので問題ないといわれてますが、
1505keVと比較的高いエネルギーのγ線放出核種なんです。
それが問題ないのであれば、K-40の量と比較してみて、
それ以下の検出量ならば問題ないと考えられますよね?

そう考えると微量の検出量で深く考えるのに意味がない気がします。
ほんたさん 見てますか? (九州東部のおじさん)
2011-07-11 08:30:57
ゆうさん ご無沙汰です。
ほんたさんが、気がつくようにコメントさせてもらいます。

関係ない部分で恐縮ですが
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/07/post-2bb0.html
書評とはいえ新聞の見出しに3号機核爆発が出たのは初めてですかね。
先日書店で見た週刊金曜日のバスビー教授のインタビュー記事の中に、ほんの数行でしたが、「3月14日の3号機の爆発は、核爆発だ」と書いてました。多分、バスビー教授は即発臨界による爆発の意味で言ってるのでしょうが、まあ、一般になじみがない言葉ですから、核爆発と訳したのでしょう。
バスビー教授来日 (九州東部のおじさん)
2011-07-11 16:45:36
http://fukusima-sokai.blogspot.com/2011/07/ecrr1721_11.html

20日の議員会館では、核爆発をぶち上げていただきたい。
ゆうさん 九州のおじさん へ (ほんた)
2011-07-12 00:12:47
ゆうさん 細かい例示をありがとうございます。しかし、そもそも僕は、今回の汚染の原因を燃料棒溶解だけで無いと考えてます。九州さんも触れた、使用済燃料プールでの即発臨界も、汚染原因と考えてます。3号機の使用済燃料プールには、燃料棒が殆どありません。敷地内での1SVの破片は燃料棒のカケラ。広島原発40発分のエネルギーが、地表付近で核爆発を起こしたと考えてます。高崎CTBTのデータは世界で共有されてます。3/15の汚染を隠すための計画停電? 原爆は、上空での核爆発にて放射性物質を大気圏まで吹き上げますが、原発の地表核爆発は、放射性物質の吹き上げ高さが無い分周辺を、原爆より濃密に汚染するはずです。ゆうさんは、放射性物質の動向にお詳しい方と推察します。
MOX燃料の恐ろしさも、よくご存知かと。東北、関東、中部果ては関西まで汚染は免れないと危惧してます。素人の恐怖心が杞憂である事を願い日々を過ごしてます。

再飛散。そして、誰もいなくなった。

僕は、また違う行動を・・・
時が来たら、またご相談させて頂きます。
ゆうさんへ (追伸) (ほんた)
2011-07-12 00:26:16
すいません。書き漏れました。
ホールボディ測定の際に、バックグラウンド(自然界の放射線量)を、意図的に引き上げたり、検出された核種を意図的に表示させない事は出来るのでしょうか?
おそらく、パソコンソフトなので設定は自由に出来ますよね?
だいたい、誘導放射性核種を除き、核分裂生成物だけでの中でγ線放出は数十種類とあるはず。ことさらヨウ素、セシウムだけ前面に出すのも恐ろしい。皆さん アルファ線 ベーター線 こそ要注意です。しかも、ホールボディでは、測定不能です。バイオアッセイ法で検査。肺モニタ も必須です。
中性子線の問題 (九州東部のおじさん)
2011-07-12 10:00:35
私もほんたさん同様、3号プール即発臨界爆発説を信じる者なのですが、一点、疑問というか、否定派が論拠とする核爆発のような現象なら中性子線で周辺にいたものが死ぬはずだ、ということに反論がちょいとできないところにあります。
プールに水があったから減速されて、中性子もコンクリートとかで遮蔽されたとかいうことで納得してもいいのですが、ほんとは多数死者が出てたのに隠したという説に妥協はしたくない。
ガンダーセンさんの新着ビデオがありますが、今回はロックバウム博士との共演で時間が長いから字幕入りを作って下さる方も大変かもしれませんね。
ガンダーセンさんは3号爆発の点を詳しく説明してくれてますが、私の英語力では、中性子の問題に触れていたかどうかが定かでない。
http://www.fairewinds.com/updates
Unknown (ガンダーセンの核爆発説は???)
2011-07-13 01:53:36
私は「ゆう」さんではありませんが、ガンダーセンの核爆発説(即発臨界説)は当時から疑わしいと思っていましたが、現時点ではほとんど根拠を失っていると考えられます。

1 即発臨界して建屋の屋根を吹き飛ばすほどの爆発をしたはずなのに使用済燃料が核爆発したプールがそのまま残っているのは矛盾していないか。

2 3号炉プールの状況
 彼は最近のビデオで、燃料集合体が1つしか見つからなかった、といっています。ビデオを見ると確かにハンドルがついた燃料は見たところひとつしか見えません。しかしビデオを見ると燃料プールは空になったわけでなく、プールの中の燃料集合体より高い位置に多数の瓦礫が覆いかぶさっている状況であり、その下に燃料集合体があってもまったく不思議ではない状況に見えます。

3 3号炉燃料プールの汚染状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_110708_02-j.pdf
 3号機燃料プールの汚染状況を見ると、例えば炉心から出た高濃度汚染水と比べると1桁か2桁汚染が少ない。仮に核爆発?していれば炉心からの汚染水と同レベルの汚染が出るべきでは?東電は炉心から放出された物質がプールに溶け込んだといっているが、仮に燃料プール内の燃料集合体が瓦礫とぶつかり少数の燃料集合体が損傷したことによる汚染としても説明できると思う。

4 使用済み燃料が飛散して高汚染がれきになった?
 政府や東電はそうしたことを否定している。がれき処理にかかわる人は東電社員だけでなく関連会社を含め相当な数になるのに、危険な作業にもかかわらず誰一人漏らさず隠蔽するなど不可能では?サイト内で作業している方にはTwitterしている人もいるようですし、こういう人からも隠蔽できるとは思われない。

5 プルトニウムは大量に飛散していない
 サイト内で過去の核実験レベルのプルトニウムは検出されていますが、燃料プールのプルトニウムが大量に放出されていればサイト内外で大量のプルトニウムが検出されるはず。またプルトニウムの飛散については、ハワイやアメリカ本土で検出されたという主張もありますが米国環境保護省EPAが公表するデータでは未検出(Not Detectになっています)。ウランもアメリカで通常検出されるレベルと記載。
http://www.epa.gov/radiation/docs/rert/radnet-cart-filter-final.pdf

6 即発臨界した物理的な証拠もないのでは
 即発臨界していれば強烈な中性子線が放出されたり、周辺の汚染や作業員が大量に被曝、負傷すると思いますがこれらの形跡がない。一時期高崎のCTBTで極めて短半減期のI135が測定されていた“誤報”がありましたが、今はそれも否定されています。

 結局3号機の爆発が1号機より大規模であること、きのこ雲が核爆発を連想させただけだったのではないかと思います。
ガンダーセンの核爆発説は???さんへ (九州東部のおじさん)
2011-07-13 08:53:59
いやなかなか否定派の模範解答のようなご意見ありがとうございます。
と感心してはいられませんが、とりあえず2の点だけ。

集合体のとっての部分がひとつしか見えないということで、あの画像も全体を写せてませんから、「1本しか残ってない」とは確かに言えないのですが、少なくともあの1体の周りには10体以上の燃料集合体はあったはずで、とっての部分だけが水素爆発で破壊されてしまうことがあるのか?
集合体そのものが複数プールから飛び出したとすれば、そのエネルギーはなんだったのか?
水素爆発でもTNT火薬2トン分の爆発はあるとは聞いていますが。
「6 即発臨界した物理的な証拠もないのでは」について (九州東部のおじさん)
2011-07-13 10:00:03
6番目の問題は、否定派の代表的論拠ですね。これを突破するのはなかなかですが。
えーと 中性子ですが
http://www.nisa.meti.go.jp/earthquake/plant/1/230617-1-4.pdf
32ページで、爆発直後に検出されたのを、その次の33ページの報告で未検出に修正してますね。本店の指示でしょうが。
まあ私は、最初の報告が心理的には正しいと見るのだがそれにしても微量ですね。
0.01μシーベルト未満の中性子は、正門前のモニタリングポストでもよく検出されてます。

あとNRCの3月26日報告書はすでに原文があちこち出回ってますが、大沼さんの本でも取り上げられているので、「世界が見た福島原発災害」64ページを見ていただくとしましょう。
燃料エンタルピ (九州東部のおじさん)
2011-07-13 12:05:28
6項目につき、人のHPやブログひっぱってきて反論できなくもないですが、それでは芸がないので、そもそも原子炉の中にない使用済燃料や未使用のMOX燃料(4号プールにはないと東電は記者会見で答えてますが3号については否定したかどうか定かでない。)が、単独で即発臨界に成り得るか?を考えてみましょう。

志賀原発の即発臨界に関する見解です。
http://www.engy-sqr.com/watashinoiken/iken_htm/kobayashi_shika_crd070401.htm

燃料エンタルピとやらが、一定の限度を超えると即発臨界になると。
推進派のドンの石川のじいさんの本「原子炉の暴走」の初版を図書館で借りて全部読み上げるまえに返却期限が来てしまったのですが、この本の中に燃料棒爆破実験のことが書かれていて燃料エンタルピが330cal/g・UO2を超えると燃料は破壊され、二酸化ウランが飛び出し、水があれば高熱のため水蒸気爆発は起きると控えめに書いてました。
3号の場合は、黒煙が大部分で、水蒸気爆発であったなら水柱になるのではないか?という疑問もあり、単なる燃料崩壊ではないなと考えられます。
強烈な地震のゆれと、電源喪失でプールの温度が上昇、そのうえに水素爆発が加わり、臨界未満から超臨界に一気に達して爆発と。ただし、水が減速材となって本格的な核爆発には至らずに済んだと。
問題は黒煙の中身ですねえ。石川のじいさんの本の中には実験で破壊された燃料棒の写真があって、粉々になった燃料は真っ黒でした。これが数百本分ならあのくらいの煙になるなあと思った次第です。
MOX燃料 (Unknown)
2011-07-13 15:11:59
政府がIAEAに提出した報告書には3号機燃料プール中にMOX燃料はない旨記載されていますね。
MOX燃料 (Unknown)さん (九州東部のおじさん)
2011-07-13 18:04:03
それは気がつきませんでした。表向きはないということになってしまったか。

http://www2.gol.com/users/araie1ch/26_p4.htm
ここによると
「ただはっきりしていることは中性子臨界反応が起きると、強烈な中性子が発生します。東電の放射線管理室には第1種放射線取扱の免除を持つしっかりした主任者がいるはずですから、法律に基づいて、原子炉施設ではアルファ線、ベータ線、ガンマ線に加え、中性子の測定は常時行っているはずです。管理室は測定値がゼロの場合もそういう結果も発表すべきです。免除を持つ主任者が過ちを犯すと業務上過失として起訴されます。自動車免許と同じことです。」
ということですので、これまた表向き中性子は出なかったことに。
ほんたさんへ (ゆう)
2011-07-14 00:38:44
こんばんは。
通常β線を出すものはγ線を放出する各種がほとんどです。α線もしかり。

普通はαやβ崩壊するときにγ線を一緒に放出します。
β線しか放出しないSr-90なんかは結構特殊なんです。
だから、Cs-137を取り込まずに、原子炉内での生成量の少ないSr-90だけ選択的に取り込むなんてことはありえない。

というわけで、ホールボディでγ線を測定して見つからなければ、内部被ばくはない。
と考えるのが一般的。

疑いだしたら、きりがないですが、
バックグラウンド(BG)を上昇させる意味が分かりません。
BGが高くて分からなくなるようなものはそうとう微量なんです。
何度も言いますがBGが高いところでの測定でも、多量に取り込まれていたら検出されます。

また、検出された核種を意図的に表示させない事は、
分析ソフトの核データを改ざんすればできるかもしれないですが、、、
スペクトルデータをみれば一目瞭然なのでそんな変なことしないと思います。

今までの経験で、私が測定データを見た限りでは、関係ない核種でも、
ちょっことした検出で、あれもこれもいろんな核種が検出されています。。。

ほんとうに、精度が良い検出器はびっくりするほど微量が検出されます。

ただ、その微量が人体に影響があるか否かよく考えてほしいです。
それを心配するストレスのほうが人体に影響があると思います。
真実は隠蔽 (ほんた)
2011-07-14 01:05:03
3号機は、MOXが何十体かあったと、記憶してます。 情けなく許し難い事ですが、政府、東電の今までの対応から見て、情報は隠蔽だらけで、過小評価のデータばかりだと思います。原子力推進のIAEAへの報告など何の意味があるのでしょうか?
中性子被ばくは水が緩衝材となり、且つ爆発時期も予見していて(報道有).SPEEDIで風向きも予測していたから、避けられたのだと思います。放水の際、至近距離から放水出来ず、ホースの長さか足りないとかの報道もあった様な気がします。風向きが海だったのが不幸中の幸いでしたが、目立つ死者が出なかったため、その後の隠蔽、情報統制に拍車をかけた。いづれにしろ、MOX溶解及び使用済燃料棒が、あれだけ無くなったのだから、プルトニウム大量飛散は事実かと。僕の浅はかな知識ですと、地上にフォールアウトした濃度と、飛散して大気中を漂った濃度が同一とは、思えないのですが、どなたか教えて下さい。
また、未だにプルトニウムは、重いから飛ばないと、酸化プルトニウム、酸化ウランとの性質の違いに触れない御用メディア、御用学者の罪深さ、日本人の知らぬが仏根性にも悲しみと怒りを覚えます。
3号機の燃料プール (ゆう)
2011-07-14 01:39:25
3号機の燃料プールの事よく知らないですが、
どうやって核爆発に至ると考えられているのか教えてほしいです。

ご存知かもしれませんが、ウランやプルトニウムには最少臨界量というのがあって、
その臨界量に達さないようにプールの燃料同士間隔を開けるように設計されています。
(だから、プールには制御棒とか中性子を吸収するものがありません)

だから、物理的にどうやって即発臨界に至ったと考えられているのか興味があります。
ぱっと、検索しましたが、即発臨界による爆発と考えられているのは、爆発の回数とか色とか、現象による考察ばかりで。

燃料プールのラックが壊れて、燃料がひとところに集合した???
局所的な臨界はあるかもしれないけど、、、即発臨界にはならないんじゃないかと。
それとも使用済み燃料の温度上昇して、溶け落ちて、下部に燃料がたまり最少臨界量を超えて臨界???

いずれも即発臨界になる1$の反応度どこからはいるのか疑問を感じます。
(ただ、大量に人が死んでるかもしれないが、隠ぺいしている。
 という仮説がまかり通る場合は議論の余地なしですがwww)

あと、温度が高くなると臨界しやすくなると思っている人が多く感じますが、
原子炉の燃料は温度が高いほうが核分裂しにくいですよ。。。
原爆は関係ないですが。

MOX燃料もPuが入って特別と考えられていますが、
プルサーマル用はたかが4~9%Puが添加されているだけです。
通常の燃料でも運転中にPuが生成されているので、
使用済み燃料の中に数%程度含まれています。

Puの毒性を比較するなら、Uのほうが毒性が強いと思うのですが。。。

なので、プルサーマル用MOX燃料を特別視する理由は・・・?

すいません、素朴な疑問でした。
Unknown (やっぱりガンダーセンの説は???)
2011-07-14 01:39:55
どうもです。

 使用済燃料プールは原子炉と違って制御棒を抜き刺して臨界、未臨界にすることはなく、基本的には使用済燃料の配置で常に未臨界にします(形状管理:実際には使用済燃料のほかにも制御棒を混ぜて配置するようです)。

 指摘のように臨界、超過臨界になるには燃料棒の大規模な形状変化なしに臨界はしません。ガンダーセンも水素爆発により燃料ラックや燃料棒自体が破壊されて燃料プール下部に集まって臨界形状になり、即発臨界したと主張しています。イメージとしては原爆のように濃縮度の高いウランやプルトニウムが爆縮したイメージですね。ただし軽水炉の使用済燃料はウラン、燃焼してできたプルトニウムをあわせてもFissileは高々3パーセント、制御棒も配置された状態でいくら形状変化したとしても一気に爆発するほどの爆発現象を引き起こす程の臨界は確実に起きないと思いますね。万一一部分で臨界が起こっても核分裂のエネルギーにより核燃料の形状が変化して一瞬のうちに未臨界になると思います(なお、ウラン燃料下では水があったほうが臨界しやすいので、日本原子力学会がいうように水が蒸発し被覆管から水素が出るような状態であればさらに臨界しにくいはずです)。

 このように臨界には大規模な形状変化が必要であるのに、現実の燃料プールは確認された燃料集合体と同じ高さまで何か構造物が存在するようです。その上に瓦礫が積みあがっています。これは使用済燃料、燃料ラックの大規模な形状変化がなかったことを示していると思います。

 また前にも指摘しましたが使用済燃料が大規模爆発したはずなのになぜプールは無事なのか?サイト内でウラン、プルトニウムが大量に飛散したはずなのに大量検出されないのはなぜ?サイト内で大量の作業員が働いていますが彼らは飛散したウランプルトニウムで大量被曝中(それにだれも文句を言わない?)?燃料プールの汚染が低いのはなぜ?これらを考え合わせると答えはひとつしかないと思います。

 最後に、東電は確実に答えを知っているはずです。いくら瓦礫により燃料集合体が目視できなくても3号機燃料プールの温度変化によりどのくらいの発熱体(=使用済燃料)があるか推測できるからです。使用済燃料の量から発熱量が推定でき、現在の熱交換器の性能と水温の変化により、使用済燃料の数に変化がないということを彼らは理解していると思います。

最後にMOX燃料の件ですが、核査察をして炉内の燃料、使用済燃料の詳細を押さえているIAEAにうそをいってもすぐバレるので、ウソではないと思いますよ。
即発臨界になる1$の反応度 (九州東部のおじさん)
2011-07-14 09:07:23
ゆうさんも否定派でしたか。これは手ごわい。
とりあえずこの人の説を読んでいただいてということで時間稼ぎします。
http://www.saikan.jp/nakagawa_uso/2

そもそも「1$の反応度」なる言葉の意味を理解できてないからなあ。石川のじいさんの本にはありましたが、そこまで進まなかった。

JCO臨界事故も即発臨界とのことですが、あれは、濃縮ウランだったから、核分裂の連鎖反応がひたすら続いただけで爆発に至る心配はなかったという理解でよろしいかな。
ガンダーセンさんのビデオの訳 (九州東部のおじさん)
2011-07-14 10:41:49
4月26日分のビデオが有名になって影に隠れてますが、5月7日のも大事です。
で訳は,
http://www.asyura2.com/11/genpatu10/msg/113.html#c229
またしても「不正なURLが含まれているため」が出てしまいましたのでビデオのURLは222にあります。

(2) 3号機爆発ついて

Eメールをたくさんもらった。誰も水素爆発は疑わないが、それがすべてではない。deflagrationではなくdetonationがあった。

フレームごとに見ると、建屋の南(右)側の炎だが、右方向のみならず、左部分は上方向に出ている。そこにあった燃料プールから出たのに違いない。

プールの外壁が壊れている。爆発で外へ押されたのだろう。
内壁は強度があり真上に上がった。

もう一つ爆発がプールであったことの証拠は、
水素爆発は燃料を上へ吹き飛ばすことはできない点にある。

燃料はプールの中にあり、水素は上方に集まる。だからプールの中の燃料を下から吹き飛ばすことは不可能だ。

プールの底で激しい爆発があったことは皆認めている。異論が出るのが何がそれを引き起こしたかである。

化学反応について大きな議論があった。
ウラン、プルトニアム、ジルコニアムの反応が燃料を吹き上げたという説。
可能性はあるが、もっとデータが必要だ。

プルの融点はウランより低いので、溶けて原子炉の底に塊ができて臨界になったのではないかという人もいる。

前回話した即発臨界についてはっきり述べておきたい。

ウランが分裂して、娘核種と2ないし3つの中性子が生じる。
大半は即発中性子だが、いくつかは遅延中性子だ。
原子炉は反応を永続させるために遅延中性子を利用する。

私は3号機の爆発は即発中性子が起こしたものだと思う。

ある人は、原子炉の底で溶けたプルによる核爆発だと言うが、それを支持する証拠はない。

私の説は、核爆弾と違う即発反応であり、速い中性子が水で減速し、即発臨界を起こしその上即発減速材にもなったというものだ。

即発臨界、減速の例はアイダホ州のSL-1での事故がある。
燃料棒が吹き飛び、運転員を天井に串刺しにした。

3号炉の格納容器が漏れている可能性はある。
それが大爆発の原因かというとそうは私は思わない。
格納容器内の温度、圧力は正常範囲だから、格納容器は大丈夫だろう。



アイダホSL1 (九州東部のおじさん)
2011-07-14 14:58:05
先程の訳は速報につき、こちらの方がいいかもしれません。
http://d.hatena.ne.jp/shuusuto_koukaZERO/20110510/1305042426

SL1の爆発は、石川のじいさんの本によれば、制御棒をいきなり引き抜いて暴走し、結果的には水蒸気爆発が原子炉の中で起きて、原子炉を数メーター持ち上げたと。
亡くなった作業員は、天井のクレーンにひっかかって死んでた。となってるのですが、アメリカでは、制御棒で天井くし刺しとなっている。むごい状態ですが、上から抜き差しするタイプの制御棒がミサイルの役目をした結果なのでしょう。
「原子炉の暴走」をもう一回借りて読み直してみるか。
Unknown (ガンダーセンは???Pt.3)
2011-07-15 01:23:27
「建屋の南(右)側の炎だが、右方向のみならず、左部分は上方向に出ている。そこにあった燃料プールから出たのに違いない。」
「プールの外壁が壊れている。爆発で外へ押されたのだろう」

このガンダーセンの主張が正しければプールは破壊されているはずですが現実はどうでしょう?

「燃料はプールの中にあり、水素は上方に集まる。だからプールの中の燃料を下から吹き飛ばすことは不可能だ」

使用済燃料が吹き飛ばされたことが事提として必要ですが、そういう事実はないと思うのですがどうでしょう。

これらガンダーセンのコメントから感じるのは、下から吹き上げる力は何かを無理に探した挙句即発臨界にたどりついたと思われ、それを裏付ける客観的な証拠は示していないということになるかと思います。
NRC3月26日報告書 (九州東部のおじさん)
2011-07-15 08:15:14
大沼さんの本を見ていない方に
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/04/blog-post_06.html
こちらが比較的詳しく書いてくれております。

問題の部分はここでしょうか。
「★初期の水素爆発により、使用済み燃料プールの燃料の破片が「1マイル上空に」吹き飛ばされ、高濃度の放射性物質が二つの号機の間に落下し、作業員の安全のために撤去しなければいけなかった。初期の水素爆発で起こったとされるこういった核物質の放出は、非常に高い放射能を持つ使用済み燃料プールが、これまでに報告されてきた以上に破損している可能性を示している。」

ガンダーセンは???Pt.3さんへ (九州東部のおじさん)
2011-07-15 09:41:51
プールが残っていて、水が残っているという事実はこりゃ否定しようがありません。
燃料も残っているなら、もう一度、クレーンでカメラ入れて撮影してもらったり、サーモで温度計るという手がありますが、東電にリクエストしてもやるかどうか。
「プールの外壁が壊れている」というのは、プールのそばの建屋の壁が壊れているという意味ではないかと思われます。

ちょうど引用したNRCの報告書にある

使用済み燃料プールの燃料の破片が「1マイル上空に」吹き飛ばされ

という部分。NRCが目撃したのか、東電が報告したのかは定かでありませんが、そうそうでたらめは書けないでしょう。斑目さんならともかく。

これも水素爆発で燃料が破壊されたなら、プールも破壊されるはずで、まさにここが謎なわけです。

3度の爆発音
最初が、燃料がプールに溶けだし水蒸気爆発、
2回目が水素爆発
でもって3回目が即発臨界爆発
なんてのは私の妄想ですが、煙のなかから白い水の固まりのようなものが落ちてるようにも見えます。黒煙の中にも水蒸気爆発の水煙があったとか。で、SL1のように燃料集合体を持ち上げたと。
まあバカにしてください。
現場は報告していたのかも (九州東部のおじさん)
2011-07-15 11:58:06
NRCが報告書にある「燃料の破片が1マイル上空に吹き飛ばされ」の部分ですが、そのまま真下に落下するはずはなく、ガンダーセンさんが言ってたように2マイルほどの距離に飛んだと。そうすると多分敷地の外に高濃度の物体が飛び出たことになるのですが、頻繁に呼び出すこの14日の文書
http://www.nisa.meti.go.jp/earthquake/plant/1/230617-1-4.pdf
45ページに境界付近に500μシーベルトを超える云々とあり、15条報告云々と書いてます。
いつかみたブログの写真で、原発の敷地外でガイガーカウンターが1mシーベルトを超えたものを見ましたが、燃料の破片は今もそのままにされているのかもしれませんね。
訂正 (九州東部のおじさん)
2011-07-15 14:07:18
先程の15条報告云々ですが、最初、三千数μシーベルトだったのを七百数μシーベルトほどに訂正してますね。まあ、このくらいならガレキの破片程度ですか。
燃料の破片はどう処理したのでしょうか?

ガンダーセンは???Pt.3さんの

3 3号炉燃料プールの汚染状況
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_110708_02-j.pdf

すいません今頃みたのですが、5月から減ったのは注水があったからですかねえ。

5月のときの小出先生のコメント
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/10/tanemaki-may10/

3月に大量に水を注入してますので、爆発当時の濃度はキープされてないのでしょう。


バスビー教授記者会見 (九州東部のおじさん)
2011-07-15 15:06:49
バスビー教授20日に記者会見です。
http://fpaj.jp/?p=1412

核爆発よろしくお願いします。
今日は夕方、広瀬隆さんの刑事告発会見もあります。
連投失礼 (九州東部のおじさん)
2011-07-15 15:59:32
ちょっと古い記事ですが
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aIdsHKBAD8Ok
「ウランが水中で溶ければ、ある種の原子炉を作ってしまうことになる。こうした状況でこの原子炉は制御不能となり、核分裂を始めることになる」
ということは、プールの中でも「原子炉の暴走」状態はあり得るということですね。

今中先生の論文ですが
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/GN/GN0207F.pdf
9ページ目あたりですが、最初読んだ時、いや今もチンプンカンプンですが、ここらへんをめげずに読めばいいですかね。

それと13ページ
「ルテニウムやバリウムといった高融点金属を含むほぼ球形のホットパーティクルが観察されている。すなわち、事故の発生時にウラン燃料の温度が四〇〇〇度C以上に達し、これらの元素が蒸発しそれから凝固したことを示している。このような現象は水素爆発では考えられず、核爆発があったことを強く示唆している。」
ルテニウムこそありませんが、
http://www.cpdnp.jp/pdf/110324_Takasaki_report_Mar19.pdf
バリウムは、高崎で15日に計測されてます。おまけにカドミウムも1日遅れてあるのですが、もしかしたらプールの制御棒の代わりのものですかね。
Unknown (NRC資料)
2011-07-15 20:17:35
指摘のPeacePhilosophyの記事
「初期の水素爆発により、使用済み燃料プールの燃料の破片が「1マイル上空に」吹き飛ばされ、高濃度の放射性物質が二つの号機の間に落下し、作業員の安全の ために撤去しなければいけなかった。初期の水素爆発で起こったとされるこういった核物質の放出は、非常に高い放射能を持つ使用済み燃料プールが、これまで に報告されてきた以上に破損している可能性を示している。」

NRCの3月26日付文書の3号機に関する部分の該当部分
Fuel pool is heating up but is adequately cooled, and fuel may have been ejected from the pool (based on information from TEPCO of neutron sources found up to1mile from the units, and very high dose rate material that had to be bulldozed over between Units3 and 4.It is also possible the material could have come from Unit4).
原文を忠実に日本語訳してみると、
使用済燃料プールは高温になっているが適切に冷却されている。使用済燃料は使用済燃料プールから出ていったのかもしれない(東京電力からの情報によると、3号機から1マイル以内のところで中性子源、そして3号機と4号機の間で高線量で撤去が必要な高線量物質が見つかっている(これは4号機からのものかもしれない))

2つの文章を見ると上の記事はNRCの文章からかなり尾ひれがついている記事になっていますね。
報告書でもNRCも東電も一次情報として直接使用済燃料が飛散したことは確認していない。NRCは東電の情報から使用済燃料がプールから出たのかもしれないと推測している。※がれきに中性子源?は日本で確認されたことはなかったと思います。がれきについては毎時900mSv,1000mSvのがれきが見つかっていて、コンクリートや紙片状のものとの報道があったはず。
NRC資料さんへ (九州東部のおじさん)
2011-07-16 08:40:15
原文解説ありがとうございます。

そういうふうにほんわか訳すとたいしたことないと思えますね。ニューヨークタイムスの記事はかなりな煽り記事になる。
さらっと書かれてますが、1000mSvは、ひゃくまんμSvです。原子炉の中が100シーベルト超えるとけっこう高いと言われる数字です。
政府は何を恐れてこの部分箝口令をしいたのですかね。
報告書には東電の名前もあるが、日本原子力産業協会の名前も出てくる。なんでですかね。
無線で遠隔操作する重機 (九州東部のおじさん)
2011-07-16 13:20:40
ひゃくまんμSvのがれきの存在を示したマップが発表されたのが、4月20日頃でしたか。

その10日前
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104110500.html

ゼネコン3社が無線操縦機を使ってがれき処理を初めてます。このとき動かしたものはマップには入ってないはずで、1000mSv以上の物体もあったのかもしれません。
後は、大沼さんの本の82ページあたりを見ていただきましょう。
九州東部のおじさんへ (ほんた)
2011-07-17 02:38:12
冷静且つ事実を時系列でまとめた、説得力のある、ご説明ありがとうございます。
大変、勉強になります。是非、また何か、お分かりになったら教えて下さい。
大沼先生の本、買っちゃいました。

他の投稿者の方は、反論出来ない様ですね。


大沼さんは鋭い (九州東部のおじさん)
2011-07-17 09:16:11
ほんたさん こんにちは。私なんかより大沼さんの読みが鋭いおかげなのですけど。
で、ニューヨークタイムスにはこの問題は2回取り上げられて
http://www.nytimes.com/2011/04/06/world/asia/06nuclear.html?_r=4&pagewanted=1&hp

http://www.nytimes.com/2011/04/08/world/asia/08japan.html?_r=3&hp
こっちの方に
Broken pieces of fuel rods have been found outside of Reactor No. 2, and are now being covered with bulldozers, he said. The pieces may be from rods in the spent-fuel pools that were flung out by hydrogen explosions.
NRC報告書では4号プールではないかとされてましたが、2号のそばとなってます。2号は建屋が壊れてませんので、3号から出たものだと。4号の爆発がでかければ、飛び越すこともあるかもしれませんが、プールの中がしっかりしてるので、やはり3号から出たのは間違いないですね。
この前のガンダーセンさんの短いビデオを見るまでは、外に飛び出た燃料はそんなにはないと思ってました。しかし、ハンドルが見えたものがあまりに少ないので、さらに恐ろしくなってきましたね。
行程表の見直しで、3号プールの燃料の引き抜きも早く行うことになりそうで、いずれ真相はあきらかになります。ひょっとして夜中にこっそり1号の使用済みを抜き出して、3号に移して数合わせをするなどという悪さを東電はやりかねませんが、今はふくいちライブもある。それまでに世論を換気して、マスコミも取り上げざるを得ない状況に追い込みましょう。

えーとあと一つ。
山田克哉先生の「核兵器のしくみ」119ページに、アメリカのオークリッジ国立研究所には、「スイミングプール型原子炉」なるものがあって、まさに使用済み燃料プールみたいなものが原子炉になっている。ブルームバーグの記事で、ロスアラモスの元幹部の方が、原子炉のように暴走する、というのもよくうなずけました。
おそらく日本の原子力村が作り上げた「常識」が、使用済み燃料プールで即発臨界が起きるはずがない、とういうことを通説化しただけなのではないですかね。
ゆうさん どんなもんでしょう。
スイミングプール型原発 (九州東部のおじさん)
2011-07-17 10:44:24
http://ja.wikipedia.org/wiki/TRIGA

イメージしてたものとだいぶ違ってました。まあ教育、実験用ですから、それらしい形にはなってますね。
ただ、山田克哉先生の本には
「パワーが小さいので、減速材である水が中性子及び他の放射線を十分に遮蔽してくれる。安全性に関しては問題ない。」とあります。
ほんたさんの読みどおり、被曝は避けられたと。

水があったかなかったかは、交錯してて、ヤツコ委員長はないと言ってた。ガンダーセンさんが最初の見解では、プールは水がなかったと言ってましたが、2回目は水があって減速したと。

えーとガンダーセンさんの3号プール問題について発言してる3回目のビデオは、こちらに全文翻訳があります。
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/05/blog-post_15.html

「裏付けとなる情報はほかにもあります。プール内で高濃度のヨウ素131が検出されたことです。事故後2ヶ月が経過しているのですから、本来ならヨウ素131はなくなっているはずです。にもかかわらず高濃度のヨウ素131が検出されたということは、私が数週間前から指摘してきたような「即発減速臨界」が燃料プール内で起きた証拠です。」

ここらは小出先生と似た読みですね。多分小出先生も核暴走疑惑についてはまだ撤回してないと思います。

それから、アメリカのプルトニウム問題は、サンデー毎日に載りましたが、武田先生にお出ましいただくと
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-53.html

「さらに武田氏は、米国政府が4月6日に出した文書で、検出値が出ているはずのプルトニウムをすべて「ND(未検出)」として公表した問題について、日本政府・東電の事故に関する公式発表との「整合性を考慮して」そのように発表したのではないかと疑問を投げかける。」
こちらも疑惑つき。

最終的に残る否定の根拠で、プールが無事だという点。

東京新聞に出た
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2011060602100004.html
4号機まであふれてしまうような水素量ですから、ここにある五百四十キログラムがどこまで正確な分析なのかわかりませんが、鉄骨がぐにゃぐにゃになる状態で果たしてプールが無事なのか?
これはどっちの説にとっても共通の疑問点で、直ちにガンダーセン説を否定する根拠にはならないと主張して弁論を終わります。
なんちゃって。
現場は報告してなかった様子 (九州東部のおじさん)
2011-07-17 17:13:49
12日の1号爆発時と15日の2、4号爆発時に正門付近のモニタリングポストで500μシーベルトを超えて15条報告となっておりますので、14日夜のは風向きが変わって正門付近の濃度が上がったから形式的に報告したまでのようです。
いずれにせよ風向きに助けられたことがよくわかります。12日1号爆発後の正門前は1015μSv、15日2号583、7μSv、4号807、7μSvでした。しかし、15日夜に正門前で4648μSvなどという高い数値もありますね。
いずれにせよガンダーセンさんは2km先、NRC報告書では1マイル先に飛んだ破片は、間違いなく敷地の外でしょう。海側ならいいですが、4日にはまだ避難できていなかった人もいたと聞いています。自衛隊が土をかぶせて埋めてしまったのか?
物的証拠を隠すと証拠隠滅罪、すでに刑事告発が多数出てきましたが「他人の」刑事事件の証拠を隠滅すると罪になるから、ゼネコンのみなさん、防衛大臣正直に自首した方がいいですよ。
とりあえずこのくらい (Unknown)
2011-07-17 22:31:21
1 ヨウ素131の存在自体が核爆発の理由にはならない。
 大規模な核爆発が起きて燃料を吹き飛ばすほどの力を出したわけですから、相当の燃料が核分裂したはず。その規模とヨウ素131の検出量が整合的である必要があります。ヨウ素131が少ないと漏洩したヨウ素131の混入や使用済燃料の損傷もヨウ素存在の理由となります。当方が最初にプールの汚染状況を指摘したのもその理由から。

2 プルトニウム量が過去の核実験由来の規模であることを否定する資料はないし、アメリカで検出されたという資料もない。あるのは陰謀論だけ。核爆発したのならサイトから数十キロ離れていても核爆発由来のプルトニウムは見つけられると思いますがどうでしょう(そしてその量は過去の核実験由来よりかなり多い量)。

3 3月14日の爆発当時、放射線量は増大しなかったような記憶がありますが、そうであれば核爆発によって周辺環境の放射線量はなぜ増大しなかったのか。また作業員も11人ほど近くにいたり3号機中央制御室にいたようですがかれらは大規模に被曝したのでしょうか。そして爆発後も作業していたようですが彼らは大丈夫?
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110314-OYT1T00313.htm

4 New York Timesの記事
http://www.nytimes.com/2011/04/08/world/asia/08japan.html?_r=3&hp
この記事は水素爆発により、燃料が飛び出した(the spent-fuel pools that were flung out by hydrogen explosions)となっていますがそっちは無視ですか。
あと、この記事の該当部分は a western nuclear executive, who spoke on the condition of anonymity to protect business connection in Japan(日本との仕事の関係で匿名を条件に話をしたヨーロッパの原子力業界のエグゼクティブ)が話した内容であって、事実認定されたものではないですよ。

 ここでは詳しく触れませんが核爆発説の一番の問題は使用済燃料(燃料集合体や燃料ラック等構造物込で)でどうやって核爆発するほどの反応度が得られるかということです。元々3パーセント程度のウラン濃縮度、水素爆発で一時的に臨界形状になったのなら、核分裂のエネルギーで形状変化してすぐに未臨界になるはず。アイダホSL-1の事故はウラン235を93%まで濃縮した燃料を使用しています。JCO事故も常陽用の20%濃縮燃料でした。軽水炉燃料でこうしたことが起きるとは考えにくいのですが。ガンダーセンなども使用済燃料で一体どれだけの反応度が得られるか、理論的に指摘していませんね。
とりあえずこのくらい (Unknown) さんはガンダーセンは???Pt.3さんかな (九州東部のおじさん)
2011-07-18 09:25:01
ニューヨークタイムスが水素爆発というのはまだ核爆発説が出る前だし、公式には水素爆発となってるから、まあ、原因はなんであれ使用済み燃料は飛び出したということですね。
事実認定と言っても、裁判にもなっていない、日本のマスコミは原産協会会員が広告キャンセルさせられるのを恐れて週刊誌でさえ、このことを取り上げない。

アイダホの件よく調べておられます。さすがですね。反応度の点はお勉強中ですのでしばしお待ちください。って1年先になるかもしれませんが。

3の問題は、いつまでたっても平行線になるだけでしょう。
小出先生は否定 (九州東部のおじさん)
2011-07-18 20:23:36
いや多少ショックではありますが、小出先生の新刊でほんの数行だけ触れておりました。核爆発(暴走)でなく水素爆発だったと。特に根拠は書いてませんでしたが。
ただガンダーセンさんも2者択一型ではなく複合型で言っているのと、CTBTでデータ訂正があったことで、小出先生の性格からして一応否定されたと善意に解釈しております。
まあいずれにせよプールの中がわかってくれば、いろいろ見えてくることでしょう。
ウラル核惨事 (九州東部のおじさん)
2011-07-19 08:58:57
放射性廃棄物が爆発した事件としてはウラル核惨事があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%AB%E6%A0%B8%E6%83%A8%E4%BA%8B

ずっと隠し通してきていたという点では、福島3号機もこの路線を踏襲しようとしてるのか?
軽水炉の使用済燃料といっしょにしてくれるな、という声が聞こえてきますが、濃縮度がどのくらいになったら危険かどうかを調べてみる必要はありますね。
バズビー教授が早稲田で講演してましたが、なにか話してないですかねえ。
松戸の講演会書き起こし (九州東部のおじさん)
2011-07-19 09:17:24
ありがたいものでさっそくバスビー教授の講演書き起こしがありました。早稲田のではなく松戸のもので核爆発のことは触れてませんが
http://umi238.blog79.fc2.com/blog-entry-71.html
自動車のエアフィルターとホットパーティクルの話はガンダーセンさんと共通です。
「さらにα核種を測定する装置を開発した。
この写真に見える小さなぽつぽつした泡のようなものはα粒子の飛跡。
プラスチック上にできる。
だから、フィルター上のα核種濃度を推定できる。」
これに期待です。
3号核爆発問題は、なにもオタクやマニアの議論ではなくて、あれがただの水素爆発だけならプルトニウムやウランなどの危険な核種はそう心配ないのかもしれなせんが、政府がごくごく周辺の数カ所しか測定しない。
体に入ってもすぐにはわかりませんから、対抗措置をいろいろ考える必要があります。
ただなかなか難しい。5月中旬にK産党の有名な議員さんところにNRC報告書のことを国会で追求してほしいと要望しましたが、全く無視です。まあ議員会館にFAXしただけですが。
じわじわこじ開けていくしかありませんが。
バスビー教授の核爆発説 (九州東部のおじさん)
2011-07-19 11:41:00
簡単な文書はあるのですが私の英語力では全文翻訳する根性がありません。

http://www.llrc.org/fukushima/subtopic/fukushimacriticality.pdf

チェルノブイリのキセノン同位体比率を述べておられますが、福島の場合は、千葉の日本分析センターのデータがあります。これもあちこちで引用されてますが。
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/nodo.pdf

Xe-133mを測定してないはずはないのに公開しませんね。
高崎といいデータを押さえられると、客観的証拠もなにも、ほんと不利であります。
ひとつ反論 (九州東部のおじさん)
2011-07-19 12:37:28
とりあえずこのくらい (Unknown) さんの

3 3月14日の爆発当時、放射線量は増大しなかったような記憶がありますが、そうであれば核爆発によって周辺環境の放射線量はなぜ増大しなかったのか。また作業員も11人ほど近くにいたり3号機中央制御室にいたようですがかれらは大規模に被曝したのでしょうか。そして爆発後も作業していたようですが彼らは大丈夫?
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110314-OYT1T00313.htm

の部分 読売よく写真入りで残してますね。貴重だ。昨日書店で見た宝島のムックに作業員の方の証言があって3月14日はほとんどの人が免震棟で缶詰だったといいます。
これを裏付ける資料にはならないかもしれませんが、
http://www.meti.go.jp/press/2011/06/20110617007/20110617007-2.pdf
内部被曝の激しい2名の3月14日の記録は
「免震重要棟から中操へデータ採取(6hr程度)」とありまして、多分これは爆発の後に中央操作室に移動していて、爆発当時は、免震重要棟にいたと考えられますね。
臨界量は変わる (九州東部のおじさん)
2011-07-19 14:07:26
時間稼ぎに遣わせてもらったnakagawa_usoさんのところからリンクされてましたが
http://web.mac.com/masaqua/iWeb/NotesOnNWP/density.html
(ちょうどこの方の、使用済プルトニウムで核実験成功のところを読んでたところでした。)
「通常の原子炉工学には縁がないので、それを説明した日本語の文献を目にしたことがない。」というから、あんまり日本では議論されてこなかったのですかね。
のたうち回りながら何回も読まないと理解できませんが、nakagawa_usoさんは、MOXだったら「ガス状のPuをHeガスで70気圧以上に加圧するわけですから、かなりの密度上昇があるものと思います。臨界量はさらに下がると期待されます。 」と言ってます。なんとかIAEAに報告した本数のウソを見破りたいですねえ。
九州東部のおじさんへ (Unknown)
2011-07-19 19:50:21
 バズビーの同位体比で比べるというアイデアはあり得ますね。
ざっとググって見たところ
http://belfercenter.ksg.harvard.edu/files/NKSampling_INMM07_Hui.pdf
に北朝鮮の核実験を検知するためにキセノンの同位体比を使う(核爆発時のキセノン同位体比と軽水炉由来のキセノン同位体比の違いを活用する)論文が見つかりました。

 同論文のTable.1がキセノン同位体の半減期、検出限界、各同位体の核分裂あたりの収率、各同位体の原子炉内での収率(半減期の違いによる存在比の変化を考慮)。
ここで重要なのは各同位体の核分裂あたりの収率と各同位体の原子炉内での収率の比較になります。バズビーはXe133/Xe133mの比率を比較したいといっているわけです。

 バズビーは「For instant fission the ratio of these nuclides is 11 but for normal reactor work the ratio is about 35(瞬間的な核分裂のような場合のXe133/Xe133mの比は11で、原子炉内での比率は35」といっていて、このテーブル1においては0.35と35.4がその値に相当。
 またこのテーブル1からXe133/Xe131mの比をとってみると、瞬間的な核分裂時6250と原子炉内150になります。CTBT観測によるXe133/Xe131mの比率を見ると、3.5から50の値をとっています。予想される値の範囲よりかなり低くなっていますね。これは論文の値よりCTBTで測定されたXe131mの量が多い、あるいはXe133の量が少ない(またあるいは誤差が多い)ことが原因と考えられます。
 この結果は、両核種の半減期を考えると福島原発から放出されたキセノン同位体は核分裂後生成してから時間がたったものであることを示唆している(=半減期の長いXe131mが多く、半減期の短いXe133が少ない)と思われ、したがって核爆発説を唱える方からは都合の悪い例となるはずです。

 なお、同論文の核データが本当に正しいのかどうか当方では確認していません。核爆発は主に速中性子、原子炉内では熱中性子で核分裂するので、実際の収率に違いがあるかもしれません(軽水炉と黒鉛減速炉でも違うかもしれません)。

 なお、バズビーのメモでは核爆発を主張するデータもないし、プルトニウムなどのホットパーティクルを検出したというデータもありません(最後ににいろいろ出ている核種は、こういう核種の蓄積データがほしいといっている)。使用済燃料プールについてはプールがなくなっているだろうということ、使用済燃料が蒸発したり大規模に飛散しているだろうと予測しています。

 また松戸のバズビーの講演内容を見ましたがアルファ粒子の件はプラスチック型の飛跡検出器?を使っているようですね。たしかに飛跡の数でアルファ粒子の数はわかると思いますがそのアルファ粒子が何の核種から出たかどう区別するんだろう。たとえば通常のラドンからでたものか、そのほかのアルファ核種からのアルファ線か区別できないと思います。
2011-07-19 19:50:21 の(Unknownさんへ (九州東部のおじさん)
2011-07-20 08:34:38
ありがたい援軍です。どしろうとの私には手に負えない問題ばかりで、おまけに英語もだめでほんと助かります。
ガンダーセンさんがいう米軍のデータというのは、Tホークが3月14日のうちに3号上空で採取したものと思われますが、これさえ出てくればと思ってますが、アメリカは出す気配がないですね。
これからもよろしくお願いします。
福島県が独自にプルトニウム検査 (九州東部のおじさん)
2011-07-20 09:52:05
昨日、立ち読みした週刊現代によりますと、政府の遅さに業を煮やした福島県が、独自にプルトニウム、ストロンチウムの検査に乗り出すと書いておりました。いいことです。しかし遅い。

で、チェルノブイリが即発臨界爆発であること主張する論文があるのですが
http://www.springerlink.com/content/d71710g0012116x4
私が前に見たときはPDFが無料で見れたのですが、今は有料になってますね。
バスビー教授が参考にした論文がこれでしょう。
惜しむらくは高崎 (九州東部のおじさん)
2011-07-20 12:15:30
Unknownさんの言われるとおり、CTBTのデータで行くと、即発臨界爆発を裏付けるものはなくなってしまうのですが、
http://www.cpdnp.jp/pdf/110330_Takasaki_report_Mar27.pdf
「通常より非常に高い濃度の希ガスが検出器材料内にしみこんだ」ということですので、15、16日は正確に測定できず、そろそろ落ち着く16日夜が計画停電。それ以降なら、半減期でこれまたデータもアウト。

ほんたさんも言ってましたが、なんかこれを狙って唐突に始めたともとれる。またぞろ陰謀説と批判されそうですが、原発上空高度無制限の飛行禁止も15日じゃなかったかな。報道陣がヘリで望遠レンズで取材することもできなくした。そこらへんに転がってる燃料棒を写すこともできない。
まあ、作業員の皆さんの口を封じないとできない細工ですから、これも批判されかねない屁理屈なんですが。
NRCがぽろっと漏らしてくれたあの部分をなんとか最大限活用する方法はないか?考えてみます。
バスビー教授核爆発説は封印か? (九州東部のおじさん)
2011-07-21 08:48:54
バスビー教授記者会見の書き起こしです。
http://umi238.blog79.fc2.com/blog-entry-75.html

どうも今回の来日では、講演を含めても核爆発説は話してないような気がします。聞き逃したのもあるからわかりませんが。

訴訟に影響あると見て封印か?それはないだろうが。
チェルノブイリ空中核爆発説 (九州東部のおじさん)
2011-07-21 13:17:42
今中先生の別の文書がみつかったのですが、この前の論文より後ですので、この説に落ち着いたのでしょうか。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/kek07-1.pdf
「炉心部が丸ごと中央ホール空間に浮かび上がり空中で核暴走にともなう爆発が発生した(冷却水が全部なくなったときの反応度添加は+5βであり、フィードバックのドップラー効果は-4βとされている。β:遅発中性子割合)。原子炉建屋の屋根と壁が破壊され、チャンネル管や黒鉛ブロックといった炉心内構造物が建屋周辺に飛散した。」

福島第一原発3号機で考えると、プール内の燃料棒が冷却停止で高熱となり、燃料エンタルピが上がり、中なら酸化ウランが飛び出し水蒸気爆発、これで集合体1体が一時中に浮く。この時、チェルノブイリ同様、「反応度添加は+5βであり、フィードバックのドップラー効果は-4β」となって即発臨界でもって爆発。同時に水素爆発も起きて、他の集合体も数本燃料が即発臨界を起こし、連鎖的に爆発した。
またしても笑ってやってください。
チェルノブイリの濃縮度 (九州東部のおじさん)
2011-07-22 11:59:17
空中爆発説はチェルノブイリで使えても、フクシマでは難しいか?
中に浮かなかったにせよ水蒸気爆発で水が大幅に減って、「反応度添加は+5βであり、フィードバックのドップラー効果は-4β」となることはあるのか。なんかこの言葉呪文のように使うとそのうち意味がわかるようになるのですかね。今中先生の文書によれば、チェルノブイリのウランの濃縮度は「2酸化ウラン(濃縮度2%)」でそれほどでもありません。
濃縮度のみが決め手と考えなくてもいいような気はしますが、即断は避けた方がいいですね。

ところで○旗はがんばってるということだそうです。
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/07/post-2cc9.html
5月にNRC報告書のことで取材を養母しましたがアウトでした。今は違うのか。
この判決は重要 (九州東部のおじさん)
2011-07-22 13:20:04
原爆症認定をめぐる裁判ですが
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2009-03-26/2009032615_01_0.html
「放射性微粒子」はいわゆるホットパーティクルでしょうか。とすれば、福島の訴訟に活かせる判決だと考えられます。

おっと前のコメント
>5月にNRC報告書のことで取材を養母し
は「養母」->「要望」でした。
小出先生の核爆発説の否定 (九州東部のおじさん)
2011-07-23 15:58:59
岩上さんのインタビューにあったのですね。

http://iwakamiyasumi.com/archives/10401

岩上「ベルリンで観測されたキセノンという物質に関して、それを分析すると、それが核分裂反応の証拠であるというふうに仰っているんですね、確かバズビーさん。これは、どういうふうに説明されるんですか?」

小出「キセノンはもちろん、核分裂反応で出来る物ですけれども、それは3月11日までに、もちろん、たくさん出来ていて、それが3月12日の1号機の爆発でも大量に放出されたし、3月14日の爆発でも、もちろん大量に出てきたわけですけれども、3月14日の3号機の使用済み燃料プールがあった場所での爆発で出来たという証拠はないと思います」


もろもろ (九州東部のおじさん)
2011-07-23 18:23:11
小出先生の場合、前提にある「常識」から、プールで即発臨界はないというもので、否定説の皆さんと共通なのでしょうが、私なんかは先入観がない分、あまりガンダーセンさんの説には抵抗がありません。
バスビー教授はちとデータの裏付けがなさすぎですが。
インタビュアーの情報量なんかもあって、NRC報告書やニューヨークタイムスのことに触れてないところ、キセノンの量の問題だけでなく、同位体比率をバスビー教授やガンダーセンさんが求めていたことなどを伝えられれば、まだ、疑念としては持っていてくれたのかもしれません。
まあいずれにせよプールの中ですね。ステップ2でも最短で3カ月で燃料取り出しですが、遅れた場合6カ月、多分、4号を優先するのではと見ていますが、早い時期でのプール撮影を求める方法を考えるといたしましょう。

CTBTのデータ訂正については、こちらにコメントがあります。

http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-47.html

「あとヨウ素135とプロメチウム151だけがなぜ「誤認」になったのかについては、これも同じ説明ですが、この二つの核種だけが"他の放射性物質が多すぎて見えなかった"ということでした(このへんはスペクトル計測の方法など専門的な説明をしていただいたのですが私の理解が追いついていない可能性があるので詳細は省きます)。ウィーンの判断が入った件については、計測値を出す場合には常にウィーンの方で分析をしている(つまり今回が特別というわけではない)とのお答えでした。ただなぜ日本政府がからんでいるのか聞くのを忘れました(ごめんなさい)。」

小出先生が問題にしたヨウ素135は「"他の放射性物質が多すぎて見えなかった"」ということであり、「なかった」ことではないので、ここらへんもインタビュアーが知っていればなあ、というところです。
またまた時系列 (九州東部のおじさん)
2011-07-25 08:48:42
岩上さんのインタビューは外が明るいので5月10日の昼あたりでしょうね。
で、たねまきのプール映像についての先生のコメントは、同じ日の夜です。
もういちどURL
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/10/tanemaki-may10/
書き起こし部分 東電の言い訳を「正気か」とまで言ってますね。
この時点では、動画を見ている気配はないですね。
核暴走まではいかないにせよ、何がしかの核分裂反応がプールであった疑いは十分あったという感触ですね。

プールの底にたまってる物質おそらく砂状のものがあるはずで、そいつをすくい取って事故調査委員会に提出して分析する。
東電が分析結果を発表したものなど信用できないから、この手でいくよう事故調に要望するだけしてみますかね。
プルトニウムたっぷりで危ないから事故調にお願いするわけにいかないと言えば儲け物だが。
福岡の建築事務所の提案 (九州東部のおじさん)
2011-07-26 10:13:34
福岡の建築事務所の方が、提案してますね。嘆願となってますが、提案、要望でしょう。
福永博建築研究所
http://fari.co.jp/

嘆願書その5 「4 号機の使用済み燃料を取り出す」
http://fari.co.jp/pdf/tangan5.pdf

3号は溶けた鉄骨の処理やがれき処理があってそう簡単にはいかないでしょうが、参考になります。

(6)破損した燃料棒の取り出し
破損した燃料棒は調査を行い、取り出し可能なものと不可能なものに区分します。仮に全体の10%が取り出すことができると仮定すると、50+10=60%の燃料棒を取り出せます(破損無し:770 + 破損あり:15 = 785 体、1535-785=残り:750 体)。
次に、コンクリート製ボックスカルバート等をプールに沈め、破損した燃料棒の被覆管などの部品を水中で入れ、放射性物質が漏れないようにコンクリート製の蓋をして引き揚げます。

(7)散乱した燃料ペレットの集める

燃料棒の状態で取り出せない燃料ペレット(直径1cm×高さ1cm)は、水中ポンプ等で水中に設けたカゴ1 箇所に集めます。集めた燃料ペレットはカゴごと水中コンクリート等で固め「石棺」にして管理していきます。

このあたり3号はどんなものか?ペレットが救いとれる状態なのか?

事故調査委員会宛て要望書検討中です。
Unknown (りんご)
2011-07-27 00:20:03
日々、原発に関する隠された真実が
どんどん明らかになっていき、
落胆する毎日です。

私は震災当時、仙台にいました。
最初の一週間は食料調達のため、
雨の中、必死で店々をまわっていました。
放射線の影響か謎ですが、雨にあたった
直後、塗れた顔や腕が熱くなってピリピリ
していたのを覚えています。

宮城県は未だに色んな情報を他県より
公表しない恐ろしい所だと思います。

今後の人生で自分の身体にどんな影響が
あるか考えると不安です。


3号タービン建屋の穴 (九州東部のおじさん)
2011-07-27 14:04:50
いや気がつきませんでした。

http://onodekita.sblo.jp/article/46909479.html

「どうして、こんなにも巨大な構造物が必要なのでしょうか?雨のためだけとは思えません。放射線の遮蔽を考えての措置でしょう。」

細長くてかなり固いものがコンクリートを貫いた感じですね。つまり燃料集合体か。

りんごさんへ (九州東部のおじさん)
2011-07-28 13:37:29
宮城の知事さんも被害者みたいな感じになってしまいましたが、やはり原発情報に関しては政府と同じなのですね。
雨の影響がないことを祈ります。

さて1号機の臨界疑いのときの海外の学者の本格論文があります。

1号機の塩素38を問う「意図しない再臨界が起こっているのか」:ダルノキ-ベレス論文の和訳
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/04/full-japanese-translation-of-dalnoki.html
こちらの方が本文が開きやすいと思います。
https://docs.google.com/leaf?id=0B6kP2w038jEAZDhjN2MyZWItMWViMS00OTM5LWI4MDAtN2NmNzNmZGUxNzky&sort=name&layout=list&num=50

クロル38のことが中心ながら中性子の問題にも触れていただいているので、3号即発臨界爆発にも参考になることを書いていただいているのですが、私にはハードルが高すぎです。
ただ正門付近で中性子検出というのが距離にして1.5キロメートル約1マイルというところ。正門に近いところにも燃料の破片が飛んで行って中性子が出たとも考えられますね。
プルトニウム飛散 被ばくの証拠?九州東部のおじさん 及び有志の方 (ほんた)
2011-07-29 01:38:40
私の友人の採取4日後の尿から 半減期10.5時間程度の鉛(Pb )212
0.8Bq/Kg. 及び Bi(ビスマス)214.
鉛 210が検出されました。
どれも、天然に存在する核種では、ありますが、採尿から検査までの経過時間を、勘案すると、4n の崩壊系列のPu240や
4n+2の崩壊系列のPu238やU238からの内部被ばくが原因だと考えてます。
ラドンからの被ばくでも、半減期合いません。
どなたか、お詳しい方いたら教えて下さい!
ほんたさんへ (九州東部のおじさん)
2011-07-29 08:17:08
うほ その辺の知識はまったくありませんが、飯塚真紀子さんにメールして、バズビー教授に聞いてもらったらいいかもしれません。
http://www.iizukamakiko.com/
週刊現代の記事でバズビー教授やガンダーセンさんに取材を多数してます。
バズビー教授のところにしっかりあった (九州東部のおじさん)
2011-07-29 10:11:04
あは 見落としてました。バズビー教授の講演のところ

「我々は機器を使用し、以下の核種を見出している。



セシウム134,137, ヨウ素131,ラジウム226, カリウム40、ロディウム102、銀110、テルル129、ニオビウム95、鉛210と214、トリウム234、ビスマス214、ウラン235 」

鉛の212ではなく214となってますが、ほぼウラン崩壊系で一括りにできるような物質ですね。
ビスマスは天然ラドン温泉? (九州東部のおじさん)
2011-07-29 11:47:03
日本分析センターでは
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/nodo.pdf

Bi-214(自然)となってますが、ウラン隠しじゃないのですかね。

それと3号爆発時の嘘がまたひとつ。
http://grantgreen.jugem.jp/?eid=392
ジープが吹き飛び半身不随の重症だという。
むちゃくちゃだ。

間にポロニウム (九州東部のおじさん)
2011-07-29 14:13:34
あまり見たくなかったのですが
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1159352336
崩壊順序で
ウラン238 → トリウム234 → プロトアクチニウム234 → ウラン234 → トリウム230 → ラジウム226 → ラドン222 → ポロニウム218 → 鉛214 → ビスマス214 → ポロニウム214 → 鉛210 → ビスマス210 → ポロニウム210 → 鉛206(安定)

ビスマス214と鉛210の間に猛毒ポロニウムの名前があります。
もしかしてこんなのも大気中にあるんですか?

で天然ラドンの根拠を作ったのが、またしてもあの先生なのか?
ttp://twitter.com/#!/hayano/status/72434218579402752

あれまた不正なURLだ。h抜きでいってます。
ビスマス水道水にも (九州東部のおじさん)
2011-07-29 14:28:38
川崎の浄水場の件ですが
http://ka2ka.exblog.jp/13609070/
鉛214となってるもののビスマス214は同じです。
騒がないと「一般的な自然放射性核種」で逃げられてしまいますね。
九州東部のおじさんへ (ほんた)
2011-07-29 15:18:52
コメントありがとうございます。
悩ましいですね。

天然でも、人工にも存在する
決定打では無いのですね。
ちょっと騒ぎすぎで失礼します (九州東部のおじさん)
2011-07-29 15:54:36
バズビー教授の鉛214だと半減期が短すぎですね。やはり212かな。

それでも10時間少々 いつ出たものやら。微量だとまた誤検知で逃げられてしまいそうだが。いずれにせよ背後にある核種をつきとめる手がかりになればいいのですが。
ビスマスの影にウラン有り? (九州東部のおじさん)
2011-07-30 10:01:21
やはり5月の段階で、ビスマス天然説に疑問をもった方はいましたね。
http://twilog.org/mugla77/date-110523
結論を追いかけきれてはいないのですが、ビスマスと鉛の組み合わせで、尿に出た場合は、怪しいと見るべきか。
ほんたさんのお友達は腎機能は心配なさそうですか?
たわごと (九州東部のおじさん)
2011-07-31 10:31:58
理系の詳しい方また笑ってやってください。文系のたわごとです。
長崎の原爆の中心部の起爆装置にはポロニウム210が使われてました。

ビスマス214 → ポロニウム214 → 鉛210 → ビスマス210 → ポロニウム210 → 鉛206(安定)

今回検出されたビスマス214があと数回崩壊すると ポロニウム210 になる。
ものの本には、ビスマス209も起爆剤になると書いてます。
また鉛210の次の次がポロニウム210ですね。
爆縮が起きてポロニウム210がベリリウム等の軽い元素と混合され、ポロニウム210のα線が軽い元素に衝突し、瞬時に圧縮されたプルトニウムの中で強烈な中性子雲を発生すると。
まあ濃縮度の関係でそんなことは起こらないように設計されているのでしょうが、ペレットが破壊された場合は絶対にないと言えるのでしょうか?ペレットが破壊されることはプールでは絶対ない、と言われるでしょうね。

笑われる前に (九州東部のおじさん)
2011-07-31 16:57:06
偶然 起爆剤となるポロニウム210がうまいこと配置されることはなさそうですね。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhps/j/information/Po210_Information_Sheet_HPS_V3.pdf

さて即発臨界 ガンダーセンさんがいう即発中性子が減速された即発臨界というものがどんなものか、頭を沸騰させながら考えてみましょう。
九州東部のおじさまへ (ほんた)
2011-07-31 23:26:40
色々調べてくれて、ありがとうございます。腎臓に違和感は、今は感じません。検査はしてないですけど

しかし、肺が痛いです。

市川先生の資料をみると、ラドンは生物濃縮しないみたいですね。
そうなると、その前の核種ですね。
気が重くなってきました。

採尿3日後に、半減期10.5時間程度の放射性物質は、明らかにおかしいですもんね。
肺が気になります。 (九州東部のおじさん)
2011-08-01 08:20:19
あれひょっとしてほんたさんご自身のことでしたか。
肺というのが気になりますね。気をつけてください。
まさかとは思うのだが (九州東部のおじさん)
2011-08-01 08:54:20
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100720142409.pdf

長い判決文の中に出てきた安斎先生の意見です。63ページ

e 安齋育郎(立命館大学国際関係学部教授)は,次のとおりの見解を示している。
(a) 外部被曝が総じて体外からの一時的な被曝であるのに対し,内部被曝の場合,体内に入り込んだ放射性物質が放出する放射線によって局所的な被曝が継続するという特徴を持つ。例えば,骨組織に沈着したプルトニウム239は,ウラン235,トリウム231,プロトアクチニウム231,アクチニウム227,トリウム227,ラジウム223,ラドン219,ポロニウム215,鉛211,ビスマス211,タリウム207,鉛207などと変化していくが,その過程で,α線,β線,γ線などを放出し,周囲の組織に被曝を与える。

尿検査で出たものとは番号が違いますが、体内で変化していくというのは間違いないようです。これはバイオアッセイを受けた方がいいかもしれません。
事故調査委員会に意見 (九州東部のおじさん)
2011-08-01 12:08:54
先週の段階ですでに出してはいたのですが、次から意見メールを受け付けるようになってます。
http://icanps.go.jp/

あんまりうまく書けてませんが、委員の目に触れることが果たしてあるのやらわかりませんけど、うっぷんばらしにはなったような気はします。

東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会 御中

(ここは実名)と申します。福島第一原発の事故に関し意見を述べさせていただきます。

件名に掲げましたとおり3号機のうち使用済燃料プールに関しましては、その爆発の規模またマスコミに対する報道統制から画像の公開制限もあり国民に不信を招いております。
海外の原子力専門家からは、即発臨界爆発ではないか?あるいは国内の学者からも、使用済燃料プールで何がしかの核分裂反応があったのではないか?との指摘もあり、事故調査・検証委員会におかれましても、優先課題として取り上げていただくことを希望いたします。
問題点も多く絞り込むことも困難ですが、私は次の2点について集中的に調査検証することをお願いいたします。

まず、アメリカの専門家アーノルド・ガンダーソン氏のビデオで指摘されています3号プールの現時点での燃料の状況
福島3号保管核燃料棒一束しか確認出来ず!
http://www.youtube.com/watch?v=aDbYj0rcyH8

この指摘どおりですと、動画に撮影された範囲に関し、多数の燃料集合体の所在が明らかになっていないことになります。至急、再度の撮影を試みていただくことを要望します。また、プールの底に、砂状の物体が堆積していることも考えられますので、これを採取し、ウラン、プルトニウム、アメリシウム、キュリウムなどの放射性物質の検査を、事故調査・検証委員会の責任において行っていただくよう要望します。

もう1点は、4月の初旬からネット上では話題になっていましたが、アメリカのNRCの3月26日付報告書に記載されている重要な問題のうち、燃料プールから飛び出し1マイル先まで飛んだ燃料の破片、敷地内に落ちた燃料棒とみられる物体。
次のブログにNRC報告書の原文の存在と概要が記載されています。
NYT紙に報道された米原子力規制委員会の報告:問題への解決策が新たな問題を生んでいる
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/04/blog-post_06.html

原発の所在場所から1マイル周辺ですと、海の方向を除けば、明らかに敷地の外に出たと言えます。3号、4号機爆発時にはすでに避難対象にはなっていますが、まだ一部自宅などにいた人もあったはずですし、自衛隊、警察、消防関係者も当該地域にいた可能性も高いです。場合によっては次の法律違反により、刑事罰の対象になると考えられます。

人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律
(昭和四十五年十二月二十五日法律第百四十二号)

(過失犯)
第三条  業務上必要な注意を怠り、工場又は事業場における事業活動に伴つて人の健康を害する物質を排出し、公衆の生命又は身体に危険を生じさせた者は、二年以下の懲役若しくは禁錮又は二百万円以下の罰金に処する。
2  前項の罪を犯し、よつて人を死傷させた者は、五年以下の懲役若しくは禁錮又は三百万円以下の罰金に処する。
(両罰)
第四条  法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して前二条の罪を犯したときは、行為者を罰するほか、その法人又は人に対して各本条の罰金刑を科する。

事故調査・検証委員会がこのことを看過するようであれば、国民の信頼を欺き、国際的非難を受けることは確実でしょう。よって、燃料の破片及び敷地内にある燃料棒の現況について直ちに調査し、結果を公表していただくことを要望いたします。

以上 よろしくお願いいたします。
九州東部のおじさまへ (ほんた)
2011-08-01 14:07:36
事故調査委への、メール最高です。この件を、ハッキリさせてこそ調査委でしょうね。安斎先生の資料ありがとうございました。240Puや238Puの4n系列や4n+2の、崩壊系列では、検出された核種と同じ元素になるのです。それを懸念してます。
ほんたさんへ (九州東部のおじさん)
2011-08-02 08:27:52
いやいやこれで何か響いてくれればいいけど、難しいですね。
人の健康に係る公害犯罪の処罰に関する法律は、紀藤弁護士がこれは使えるとブログで書いておられたので使ってみました。
昨日出た1、2号機間の高濃度物質、ベントの時のなどと苦し紛れのこと言ってますが、あれも3号爆発時の破片でしょう。多分燃料棒の。

崩壊系列は、実際どのくらいの時間で体内変化していくのか調べきれていないのですが、思ってる以上に早いのかもしれませんねえ。
青い閃光 (九州東部のおじさん)
2011-08-02 08:49:24
なにやらネットでは、31日の日に、ちょうど高線量物質の出た場所あたりで青い閃光があったので、再臨界ではないかとの噂。
地震の後とはいえメルトスルーした後まで臨界するとはちょっと考えられませんが。

ストロンチウム85が何かの崩壊系列にないか見てみたけどわかりませんでした。やはり誤検知だったのですかねえ。
おお小出先生も (九州東部のおじさん)
2011-08-02 09:35:29
種まきかきおこしです。

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65755020.html

小出「通常は考えられない強さですので、私は燃料、使用済みの燃料そのものがどこかそこらに転がっている以外にはありえないと思います。」

水野「使用済みの燃料が転がるとはどういう意味ですか?」

小出「私が今可能性があるのは、あるとおもうのは1号機あるいは3号機で水素爆発が起きたときに使用済燃料済プールの1部がかなり破損されてるはずだと思いますけれども、中にあった使用済みの核燃料が吹き飛ばされてそこに飛んできたのかなと今は思いました。わかりません。私の単なる推測です」

水野「はあ…今の、プールが壊れたことによって使用済み核燃料が吹き飛ばされて、おっしゃるのは使用済み核燃料からじかに放射能がでているということでないとこのような高い放射線量はなかなか出ないんじゃないかということでよろしいですか?」

小出「はい。猛烈な放射性物質がそこにない限りは1時間あたり10シーベルトというような放射線量にはなりません」

しかし、配管の下に隠していたのだろうか?
4月10日前後の無人重機。
ただ今頃わかるといのも不自然で、再臨界説といい謎が多いです。事故調査委員会出番ですが、危険すぎて現地いけないですねえ。

事故調査委員会目立たず (九州東部のおじさん)
2011-08-04 07:08:28
結局小出先生の説も、場所が違ってたということで、変わってしまいましたが、「使用済みの燃料そのものがどこかそこらに転がっている」という言葉がポンと出てきたことは注目すべきことと思っております。
単なるネットの噂だけでない、そこそこに信憑性のある情報としてNRC報告書やニューヨークタイムスの記事があったことになるのでしょう。
ただ、現実に使用済燃料がドコンと落ちていたら、すごい線量になるということは今回わかりましたので、さすがにいつまでも土をかぶせるだけで済まされない。無人重機で運び出すにせよ目立ちすぎる。
また疑問が増えただけのような気はしますが、まあとにかく3号プールの詳細映像の公開をせっつくしかないのかな、というところです。
新聞記事の目立たないところに、事故調査委員会が吉田所長から事情徴集したとはありましたが、つっこんだところは聞いてないのでしょうね。
ガンダーセンさんのビデオ (九州東部のおじさん)
2011-08-05 11:53:59
先日の10シーベルト問題に関するガンダーセンさんの見解です。
ttp://vimeo.com/27306360
と、私は字幕入りが出るのを待つしかないが。

どうもこのビデオのURLは「不正」なのだそうです。
大沼さんによる概略 (九州東部のおじさん)
2011-08-06 09:44:14
こちらにガンダーセンさんビデオの大意がありました。
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/08/post-fe8e.html
じわじわとセシウムが濃縮だと。
保安院も嘘は言ってなかったのか。
ガンダーセンさん全訳 (九州東部のおじさん)
2011-08-08 08:30:25
ex-skfさんありがとうございます。

http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/08/blog-post_3033.html

やはりブルドーザーで埋めてるがれきも要注意とのことです。
現場の声 (九州東部のおじさん)
2011-08-08 09:35:23
happy20790さんのツイッターによると、3号プルトニウム飛散は間違いないとのこと。
http://mobile.twitter.com/happy20790/status/100138965188870144
しかし、東電発表は微量です。
url探すのも面倒ですが、敷地内では、ウラン、アメリシウム、キュリウムも最近ではそろって検出されてますね。
海底土砂では、ウランとプルトニウムが出てます。

ブルドーザーで埋めてしまえは、石川ドンの指揮だったのですかねえ。
そういや、原子炉の暴走がずっと図書館で貸し出し中です。だれかが頑張って読みこなしているのでしょうね。
ひとつ区切りに (九州東部のおじさん)
2011-08-23 08:45:10
まだ即発中性子の減速だとかあるのですが、だんだん気力もなくなってきました。
ガンダーセンさんの新着ビデオでは
ttp://vimeo.com/28014740
ひきつづき3号プール問題はやってくれそうですので、字幕または全文訳をしていただいたら、じっくり読んでいくとしてこれを区切りといたします。
と、もう他のみなさんはどうでもよくなっているみたいでしたが。

あ 衆議院の環境委員会は今日はまちがいなくあります。9時からです。
無主物騒動のゴルフ場について (橋本義人)
2011-12-14 12:57:41
木下黄太様
 初めて、メールさせて頂いております。
 早速ですが、無主物騒動のゴルフ場についてご存知かもしれませんがご報告させて頂きます。
 ”福島第1原発事故で休業を余儀なくされたとして、福島県二本松市の「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」が、ゴルフ場の維持に必要な経費など約8700万円の支払いを東京電力に求めた仮処分で、東京地裁は14日までに、申し立てを却下する決定をした。10月31日付。同倶楽部は14日、決定を不服として即時抗告した。”とあります。
「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部」は、”岩代・小浜城ゴルフ倶楽部”の 経営交代が相次いだ末の会社です。詳細につきましてはこちらをどうぞ⇒http://www.mmjp.or.jp/tubaki-golf/newsfail/news170-iwasiro.html

”岩代・小浜城ゴルフ倶楽部”につきましては、当初から暴力団関係者が運営する会社だとの噂がたっていたそうです。
 また、不可解なことは、それにもまして、”サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部は14日、決定を不服として即時抗告した”にもかかわらず、現在、ゴルフ場は閉鎖され、環境省のJAEA除染モデル事業の大成建設の基地になっております。
 裏の社会では、良くあることなのでしょうが、東電を訴えると言っても相手は、国の筈。そして、上告をしているにも関わらず、その相手に賃貸を契約するものでしょうか?
 ブログにUPしようと思いましたが、地元に住んでおりますので、とても底しれぬ恐怖を感じメールさせて頂きました。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
【放射性物質】同感です! (私のお気に入り(現在は東日本大震災復興支援情報))
皆様もぜひ読んでみて下さい お願い致します 参照記事:ホールボディカウンターでストロンチウムが検出された男性の訴え