「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
更に重要なことはメルマガで展開します。

セシウム尿検査データを大学が利用する要請について。1/26(土)放射能防御女子会IN三茶、46人限定。

2013-01-12 06:38:00 | 福島第一原発と放射能

来週土曜日【1/19(土) 木下黄太 講演IN姫路】

 14時~16時 (受け付け1330~)姫路市立図書館「飾磨」分館 3階 第一会議室 【定員100名】

山陽電車「飾磨駅」下車東へ徒歩3分 駐車場あり。参加費:999円  

申し込み: 名前・人数・住所(市町村まで)を明記しメールかこくちーずで申込。

託児無、子連れ参加可。

sanohiromi3@gmail.com   090-5175-6139

こくちーずの申し込みページ→ http://kokucheese.com/event/index/69644/

============================================


46人限定【1/26(土)木下黄太と話す放射能防御女子会IN三茶】

18:15開場18:30開始21:00終了予定。世田谷区太子堂4-1-1。

三軒茶屋駅直結キャロットタワー内『世田谷文化生活情報センター』5階「生活工房」セミナールームA。

参加対象は、独身女子と既婚でもお子さんのいない女性が主。詳細は申込ページ確認。

申込はこちらから→

=======================================================

 きのうの福岡でのミーティングは、当日満席となる状態でした。正月明けに告知して、一週間、平日昼間の開催にしては、盛況だったと思います。このガレキ問題での進捗状況をお伝えすることが大きい会合でしたが、福岡移住者の参加率がきわめて高く、八割を超える方が移住者でした。福岡は、いろんな移住者支援するグループもありますし、運動体としては、さまざまな活動があるのですが、そうした中で、この被ばくに対しての問題意識を共有する人たちが、どのようにつながっていけるのかを試行錯誤する場として、試してみたものです。福岡という大都市での今後のあり方を考えると、いろんな意味で、可能性のあるつながりは作れそうな感じはしています。割合に意識が高い避難者は多いのですが、それが個別個別にうまく繋がっていない問題は前から感じていて、そうしたことを、リカバーするためにも、有効だったと思います。北九州のガレキが三月末で焼却中止となる話などでは、座の中から自然と拍手がおきる状態だったこともお伝えしておきます。

 本日は北九州に参ります。ここでは、18日に告示される北九州市議会選挙が、メインの戦いとなっています。選挙を戦う村上さとこさんとともに、意味のないガレキ処理を引き受けた北九州市と議会の問題点を指摘し、こうした無駄遣いをさせない議会というものを、本当に考えている人はいったい誰なのかという、問いかけを普通に行いたいと思っています。 

 衆議院でホームページにPDFファイルで上がっていた『チェルノブイリの長い影』をテキスト化した、専用のサイトが立ち上がっているそうです。簡便に見やすいですね。http://nucleardisaster.web.fc2.com/index.html


さて、尿検査をおこなっている分析機関から、大学との共同の調査に関して依頼がまわっている情報を複数の方からいただきました。

===========================================

<研究の説明>
国際福祉大学・(株)理研分析センター

●理研で尿検査(液体・オムツ)を受けた、全年齢4400検体と、居住場所の土壌表面沈着放射性セシウム濃度(文科省及び環境省測定データ)等を、客観的に比較する事により、相関関係等について明らかにして行きたい。

●研究の目的・背景・意義

1)福島第一原発由来の尿中放射性物質と居住地による相関、及び実態を客観的に明らかにする。

2)外的要因として生活習慣(食品由来)に注目し、アンケートによる回答から食生活による相関を明らかにする。

●お願い

1)(株)理研で分析した尿中放射性セシウムなどの放射能測定データを、研究目的で使用させて頂く事。

2)原発事故発生当時の居住地や、食生活に関するアンケート調査へのご協力を頂く事。 

===========================================

 「国際福祉大学を検索したら、御用学者の名前が上がってきて、大変不愉快で且つ不安です。私は、被曝検査・治療を積極的に当たって下さる医師、又は国民の放射能被曝防御・移住・避難・保養に対して、熱心に勧めてくれる医療機関でしたら是非協力させて貰いたいのです。その反面、自分のデータは絶対に、御用学者には利用させたくないと思っております。 」というお気持ちも、この方からは頂いています。

 この話で、僕が疑問に思うのは、まずこうしたデータの活用は、そもそも尿検査を行う、当初の段階で許諾を求めることが本当は望ましいです。ですから、それが後付けになっている。

 さらに、この研究主体が、大学の研究者である以上、その研究に関しての詳細は、その研究者本人に話さないと、実際のことはわからないということです。

 自分の尿のデータがどのように使われるのかを、その研究を行う研究者に直接確認しないとならないと思います。 御用という言い方が妥当かどうかは僕にはわかりません。まず偏見を持たずに、きちんと相手方(この場合は研究者サイド)の意向を直接確認すべきと思います。

 一点、気になるのが、土壌の汚染を文科省などに基づくとしているところです。これは、疑問です。それが、疑念があるから、話がおかしいと感じている人たちが、こうした尿検査をしている構図を踏まえないとならないと、僕は思います。

=======================================================

 名古屋市内の単独講演会は、実ははじめてです。

 【1/23(水)夜 木下黄太講演IN名古屋】

 18:30~ (受付開始 18:00~) 


名古屋(日本特殊陶業)市民会館 第1会議室
金山駅徒歩5分名古屋市中区金山1丁目5−1
参加費 1,000円
申込はこくちーずより→
http://kokucheese.com/event/index/69512/  

 

 連絡先 放射能防御プロジェクト中部   rdpchubu@gmail.com

問い合わせ  090-2774-3937 (19時~22時 担当大森)

 ・定員90名 申し込み後キャンセルする場合は、他の方の参加を可能にするため、必ず「こくちーず」での手続をお願いします。 

・託児はありませんが、子連れ参加OKです。小学生以下無料。 こくチーズ申し込み後、子連れ参加の方は、お子さんの人数などを必ずメールしてください。

 ======================================================

 栃木県で講演が決まりました。これで僕が講演に伺っていない都道府県は、青森と佐賀の二県のみです。

 北関東では、一年三か月ぶりの開催となります。

  

栃木初開催!!【1/25(金)木下黄太講演IN栃木・宇都宮

 18:15開場19:00開演。栃木県教育会館小ホール。 宇都宮市駒生1-1-6。定員:165名。参加費1000円。

 

受付メール :0125tochigi@gmail.comに 氏名、人数(チケットが必要な人数)、連絡先電話番号、市町村明記。

 

主催「木下黄太講演会in栃木実行委員会」

 

=====================================================

 

健康被害と思われる症状が急増、深刻化しています。

 

報告、相談はまずメールください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp         

 

事故発生当時の行動記録や数値データなどを細かく教えてください。問い合わせの内容も書いてください。

 

健康被害の状態を皆で共有化し、事態の推移をあきらかにしていく作業が最も必要です。

 

「関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。妊婦、子供、未成年、妊娠可能な女性は優先して移住すべきです。他の皆さんも極力移住してください。被曝から二年近く経過しています。初期被曝は深刻で、慢性被曝の影響がさらに危険です。食物、飲料のみならず、吸気による被曝も軽視できません。回避する方法は限定的です。あなたやあなたの家族の命が何よりも大切です。一刻も早く移住してください。」

 

甲状腺の検査、甲状腺のエコー検査、さらにふつうの血液検査のうち、

 

血液像の検査(白血球、特に好中球)や異型リンパ球の確認、大人の女性はサイログロブリンの

 

数値も確認した方が良いと思います。

 

===============================================


 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北九州市、3月末でガレキ受入... | トップ | 年末年始、都内や神奈川、20... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東京五輪、反対 (Unknown)
2013-01-12 10:11:29

世界は、2020年五輪に汚染地・東京を選びません。

日本列島へ入れば、汚染食品、汚染水、汚染空気が待っています。大量の自国民が無駄な被曝をするような愚行を世界各国は行いません。
世界の輸入禁止食材をみれば、一目瞭然です。
http://blog-imgs-56-origin.fc2.com/k/i/n/kingo999/2012091606211769b.gif

日本政府・東京都は、国内向けに、まるで汚染がないかのように、まるで復興したかのように錯覚を与えるために、御用メヂィアを利用して東京五輪誘致をCMしているのでしょう。
誘導されるのは、汚染や被曝を理解していない一部の日本国民だけ。

食品中の放射性物質 (Unknown)
2013-01-12 10:12:24
厚労省が定期発表しているのですが直接厚労省ホームページに行くとすっごく字が細かくてわかりにくいです。


食品中の放射性物質の検査結果について(第551報)|報道発表資料(12月27日厚労省)
・北海道流通のお魚 → マダラ 15 Bq/kg・ウサギアイナメ 0.54 Bq/kg
・青森県のお魚 → マダラ 25 Bq/kg
・岩手県の原乳 → 八幡平市 1.7 Bq/kg・洋野町 1.3 Bq/kg
・岩手県の大豆 → 一関市 30 Bq/kg・平泉町 7.0 Bq/kg
・岩手県の原木シイタケ → 遠野市 55 Bq/kg・金ヶ崎町 16 Bq/kg
・岩手県の川魚 → 盛岡市岩洞湖 8.2 Bq/kg
・岩手県のお魚 → マダラ 49 Bq/kg・ヒラメ 5.8 Bq/kg
・牛全頭検査 → 宮城県登米市 45 Bq/kg
・郡山市の流通品 → リンゴジュース 15 Bq/kg・凍豆腐 11 Bq/kg
・宮城県のお魚 → スズキ 43 Bq/kg・マダラ 29・ヒラメ 21・ムシガレイ 4.3・ゴマサバ 0.43
・茨城県のお魚1 → マダラ76Bq/kg・コモンカスベ61・エゾイソアイナメ36・マコガレイ32・クロソイ23・ヒガンフグ22・ヒラメ21・コモンフグ17・ショウサイフグ 17
・茨城県のお魚2 → シログチ 9.2 Bq/kg・マトウダイ 8.3・ババガレイ 7.3・アカエイ 6.9・ヤナギムシガレイ 6.6・チダイ 6.5・イシガレイ 6.4
・茨城県霞ヶ浦のお魚 → ギンブナ 94 Bq/kg・ワカサギ 30・シラウオ 25
・郡山市の流通品 → リンゴジュース 15 Bq/kg・凍豆腐 11 Bq/kg
・埼玉県流通のシイタケ → 原木 53 Bq/kg・菌床 27 Bq/kg
・埼玉県の原木シイタケ → 横瀬町 38 Bq/kg・小鹿野町 23・皆野町 14・長瀞町 16
・埼玉県の菌床マイタケ → 皆野町 3.3 Bq/kg
・神奈川県の生シイタケ → 大磯町原木 25 Bq/kg・寒川町菌床 4.92 Bq/kg
・千葉県のお魚 → スズキ 9.1 Bq/kg・ヒラメ 2.4・ビンナガ 2・キンメダイ 1・メバチ 0.69
・千葉県のレンコン → いすみ市 2.6 Bq/kg
・千葉県の温州ミカン → 一宮町 5.5 Bq/kg
・千葉県のお魚 → マアジ 2.7 Bq/kg・ブリ 0.91 Bq/kg
・新潟県のイノシシ → 十日町市 6.6 Bq/kg
首都圏に流通している基準値超の宮城県米 (Unknown)
2013-01-12 10:36:05
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kohou/130110-3.html
http://radiation7.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
Unknown (Unknown)
2013-01-12 12:11:04
群馬県太田市の春菊は施設栽培のものから、セシウム合計9.5 (bq/kg)検出されています。2013/1/7 採取の分です。
Unknown (たまご。)
2013-01-12 15:51:37
日本の大半は汚染されています。
岩手、宮城、山形、福島、茨城、栃木、千葉、東京、埼玉、神奈川、山梨、静岡、群馬、新潟、長野
他に北九州市近辺、大阪近辺、福井の一部

私の中では濃度の違いはあれ、上記の都府県が汚染地域であると確信しています。

瓦礫拡散や汚染食材や汚染された腐葉土等の流通によってはまだまだ拡大するでしょう。

政府は首都圏が汚染されている事は承知しています。

オリンピック開催はありえません。

これからは、あらゆる理由を付けて疫学データの取得に拍車が掛かるでしょう。
日本はその点に於いては最適な人体実験場なのですから。

命よりも経済を優先させる国家は国にあらず。
Unknown (Unknown)
2013-01-13 02:21:19
三茶の女子会の地図を拝見して、避難以前は池尻にいたのですごく懐かしくなりました。あのあたりは大学生も多いですし、都内の女性がどう考えておられるのかとても気になります。
ヨウ素被曝 (Unknown)
2013-01-13 03:53:52
昨日のNHKスペシャルみました。科学者のシミュレーションによると、ヨウ素は駿河湾上空まで流れた可能性。
甲状腺等価線量の試算 5歳児3月12日から31日まで屋外で24時間の最もリスクの高いものでやった。福島県内陸部は20ミリシーベルト 沿岸部は50ミリシーベルトを超える可能性がある。あくまで試算だが、長時間外にいた人は気を付けた方が良い。と

見逃した方は
つぶやきをまとめるならトゥギャッター に
memo: NHKスペシャル 「空白の初期被ばく~消えたヨウ素131を追う」 2013/01/12
という、まとめあり。
小泉新次郎 (みうら)
2013-01-13 07:25:57
我が家は海の前に建っていて、毎年浜辺でおんべ焼き(どんと)が行われ、毎年新次郎が火つけに来ます。
たった今話してきたので忘れないうちに書きます。
原発について「専門家に従い、安全を確認しながら進めます。ごり押しじゃないですよ」(安全て何ですか?地震は?)「そのために専門家がいます」

若者の被災地での被曝について「被災地も線量低いし、僕は毎月行ってますが何ともないですよ。(影響が出るのは数年後。α線、プルトニウムほかは線量計では計れませんよ)心配な人は行かなければいいんです。強制してるわけじゃないですから。横須賀は会津若松に歴史的に世話になっているので、恩返しをしてるんです。ですから横須賀の新成人にもドンドン被災地へ足を運んでほしいと思ってます。(影響力のある人がそう言うなら若者に行けと言ってるのと同じでは?)
ここで新次郎氏はずっと握っていた私の手を離し(この人、話してる間は手を握ったまま)さわやかな笑顔を残し、無言で立ち去りました。
これが政治家か~~~~~~~~~~~~~~~。

やっぱりという程度の知識しかないことが明白でした。この人はバカ? チャンスだったのに、もう少し突っ込めなかったことを反省。
でも地元の新年の祝いなので。
放射能は見えない服 (Unknown)
2013-01-13 07:54:29
と似てるなと思う。着せられた裸の王様も、町の大人達も、服が見えない=バカのレッテルを貼られないために、誰もが見えるように振る舞う。
放射能の状況は逆で、見えない知らない気づかない事を世間は良しとしているけど、心理的には同じだと思う。

放射能は試金石だったのだ。これだけ人の本性を露わにするものは今まで無かった。
表記ミス (みうら)
2013-01-13 08:50:53
「新次郎」ではなく小泉進次郎氏です。すみません。
改めて防御の参考著書紹介します (Unknown)
2013-01-13 09:53:10
既に読まれた方は多いかと思いますが
昨日12日付に
「正しい情報を探すブログ」…ビタミンc 云々(前半は注意深く、管理人の注意を注視して誤解のないように読解力が必要)の後半に

長崎原爆で被曝し生き延びた
秋月 辰一 医師の著書と、抜粋した内容が一部紹介されています。
絶版になった講談社版の著書
【死の同心円-長崎被曝医師の記録】
の内容の要点も。
*塩(当時の塩=粗塩=海塩)の有効性(レントゲンを受けたあとに起こる全身の倦怠感や筒宇などの症状は『秋月医師』の体験上、生理食塩水より少し多めの塩分を含んだ水を飲むと良い。」
【体はこうして癒される】
サンマーク文庫

【体質と食物】クリエート出版部刊
(ちょっとしたガードが生死を分けた)

上2冊には
*塩分が有効だった
*砂糖や糖分は細胞の再生を阻害するからダメ

また知られていないが
【日本の原爆記録】第9巻
『長崎原爆体験記』文中の
*味噌の有効性
記述で
チェルノブイリ原発事故のあと、ヨーロッパで日本の味噌がとぶように売れていた。

続行中の瓦礫焼却や杜撰な除染処理、もしもの地震や再事故に備えて内・外被曝へ備える参考の為に。
不安だらけ (大阪在住です)
2013-01-13 12:07:44
現地ほとではなくとも、日本国内みんな安全だと思ってません。
震災直後から、家族で意識的に摂るようにしているのが、
自然塩で作られた調味料や梅干し、味噌、玄米の焙煎コーヒー、酵素飲料、ビタミンAEC、煮た大豆(セレンの摂取が、放射性物質の吸収を阻止する)、キチンキトサンのサプリなどです。
身体を冷やすこと(冷やすような習慣、食生活、ストレスからの情緒不安定)に、神経質にならない程度気をつけてます。

それでも子供達は学校で牛乳込みの給食を食べ、夫は片道15分近くかけて自転車で(瓦礫試験焼却の日も)通勤し、頼みの生協も食品の汚染についての情報を公開してくれず…なかなか安心なんてできないです。

大阪瓦礫試験焼却の2日め、私は京都にいましたが、夜に喉と頭が痛くなり、就寝時に脚がつりました。

ところで、ペットとか植木などには、妙な症状や奇形の発生など、みられないのでしょうか?この春は桜が咲かないとか…?

福島第2原発 (Unknown)
2013-01-13 12:24:06
久しぶりに原発作業員HAPPYさんのツィッターを覗いてみたら…

(福島第2原発は)「安定維持のため というより どう見ても工事内容が再稼働に向けてのもの」

現場の人も地元の噂でも やはり東電は福島での再稼働を画策しているとしか思えません。

こうなると、どうせ東日本はダメなんだから諦めて放っておいて西日本を守ることに集中した方がいいのかな?
とも思えてきました。
Unknown (志舫)
2013-01-13 12:36:47
1月17日 「広域処理差し止め戦略会議」in大阪 19:00~21:00 (開場18:30)

          場 所: 難波学習センター 講堂
               大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
               【TEL】06-6643-7010
               【地下鉄】御堂筋線・四つ橋線・千日前線「なんば」駅下車
               【JR】「JR難波」駅上
               【私鉄】近鉄・阪神「大阪難波」駅、南海「難波」駅
         
          参加費: 500円  印鑑持参(請求人希望者)

          中 継: IWJ大阪 / エンパワメントTV
    
          ※会議終了後に、住民監査請求人の受け付けをします。  
            翌日に住民監査請求書を提出するため、大阪府・大阪市民の方は、印鑑をご持参ください。

           

◆ 1月18日 監査請求書を大阪府・大阪市に提出 (午前中)
        
          15:00より 記者会見 
         
          場 所: 淀屋橋カルチャーセンター

           中 継: IWJ大阪 / エンパワメントTV

          会場のキャパの都合で、最前列で喋る方以外は、会場への参加は申し訳ありませんが
          ご遠慮して頂くこととなりました。
          当日の模様は、IWJ大阪とエンパワメントTVが中継してくれますので、中継映像をご覧ください。
Unknown (Unknown)
2013-01-13 16:18:39
講演会に、木下さんの話よりも避難者との出会い目当てで(すいません)参加しました。移住した人が沢山いることがわかり、つながることができました。交流の場を作って下さりありがとうございました。

健康維持について (福岡在住)
2013-01-13 20:30:44
私も日々無い知恵をふり絞って食材選択に心を砕いています。

玄米や塩の摂取など、たしかに抗酸化に期待できるものはあると思いますが、放射能を取り巻く状況が刻一刻と変化していっている今、私たちはそれに伴って思考をシフトチェンジしていかないといけないと思います。

玄米は、皮ごと胚芽ごと栄養を摂り入れられる分には大変良いものですが、セシウムも同時に外皮&胚芽に濃縮すると聞きます。
海塩の滋養もしかり。魚と同様汚染を考えないといけない上に、製造過程上濃縮もかなり起きるのでは…と気になるところ。

よってうちでは、玄米は精白米に、塩は岩塩に切り換えました。
栄養が偏るぶんは、自宅でのスプラウト(発芽時のギャバなどが豊富)育成で乗りきることにしました。
スプラウトは栄養的にも申し分ないですし、水で培養できるので堆肥だの土壌汚染だののリスクからはフリーになれそうだと思いました。

日本食が大好き、有機栽培の濃い味のフルーツや野菜が大好きな家族でしたが、生き残るために頭を切り換え中です。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。