美味-BIMI-

♪美味しいもの・旅・国際交流・家庭菜園が大好きなmyu-myuの毎日♪♪外国人専用GuestHouseも手伝っています♪

映画<サヨナライツカ>

2010年02月26日 | TV・映画・観劇・観戦<2006~2010年>

いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない

孤独はもっとも裏切ることのない

友人の一人だと思うほうがよい

愛に怯える前に傘を買っておく必要がある・・・

 

こんな詩で始まる<サヨナライツカ>の映画

”愛されるコト”が全てと思っていた女性が、

運命的な出会いを経て”愛するコト”が本当の愛だと気付くラブストーリー。

物語は“愛されたい”と願う沓子(中山美穂)が、

好青年・豊(西島秀俊)をポジティブに愛するようになる様子を

克明に描いていきます。。。

 

 

『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督(韓国人)がメガホンを取り、

監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、

『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で熱演。。。

原作は中山の夫・辻仁成。

そんなコトも気になる点だったのですが、

私が一番この映画が気になったのは・・・

130年以上の歴史を持つザ オリエンタル バンコクが撮影を

                             全面的に許可したコト。

(現マンダリン オリエンタル バンコク。

  全面的許可は”初”のコトです^^v。芸術的でした~~~。。。)

また、撮影の70%はタイで行われたり、

タイ語が散らばっている点もみゅうみゅう好みでした。。。

現場では、日本語・韓国語・タイ語・英語が飛び交ってた、とのコト。

コミュニケーションが、とても大変だったと、

タイの政府観光庁が発行している『ムアンタイ』とゆ~新聞でも話されていました。

 

 

バンコクで始まった恋が東京、ニューヨークへと場所を移し、

25年の時を超えて愛へと変わる過程が、とても切なかったです。

人間として生きていく中で、避けられない別れ。

そして、人生の選択や岐路。。

若い頃の別れや選択が、本当に正しかったのか?

そんな問いかけが、見てる側にも”ぐぐっ”と迫ってきます。。。

愛の形や人生の選択について考えさせられる、

切ない大人のラブストーリーです^^。

賛否両論ありますが・・・みゅうみゅうは好きだったな~~~^^。

 

ひとつ。。。

全体的には、日本語なのに、日本っぽくない、韓国映画の”のり”。

カメラワークも慣れない動きをするので、

考えずに”感じる”のが、この映画を楽しむコツでしょうか???

普通の日本映画を楽しむのりだと、失敗します・・・。

それと恋心を忘れてない、ある年月を経てきた人じゃないと難しいかも???

 

 

 

<サヨナライツカ>

  オフィシャルサイト → http://sayo-itsu.com/

  YouTube → http://www.youtube.com/watch?v=zViwacdHQhM

          →  http://www.youtube.com/watch?v=ALrFqEZbhmc

下のhttp://は、映画の主題歌・中島美嘉の「Always」です。

とにかく泣ける良い歌です。。。

切なくて、誰かに逢いたくなる、そんな曲。開けて聴いてみてください。。。

         → http://www.youtube.com/watch?v=2Dm6lsR7W5E

 

 

あらすじ。。。

1975年、タイ・バンコク。

航空会社のエリートビジネスマン豊は、

婚約者の光子(石田ゆり子)を東京に残し、バンコク支社に赴任。

ある日、艶やかな美女・沓子と出会う。

いかにもセレブ、きついメイクの沓子の女王様然とした態度の沓子。

ホテルのスイートルームに住み、金にも愛にも困らない奔放な沓子は、

自由奔放に“愛される”コトだけを求めてきた女性。

瞬く間に恋に落ちたのは豊の方でした。

激しい恋・・・。

オリエンタルホテルの“サマーセットモームスイート”で、

熱くお互いを求め合う姿はエロティックというより実に情熱的。

そんな彼女に豊は惹かれ、情事を重ねていく。

結婚式を目前に控え、豊は沓子と別れようとするのだが・・・。

“愛し続けるコト”を決意した沓子。

25年後のバンコクで運命の再会をする・・・。

 

永遠の幸福なんてないように永遠の不幸もない

いつかサヨナラがやってきて

いつかコンニチワがやってくる

人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと

愛したことを思い出すヒトとにわかれる

 

   

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上海名物・焼小龍包<永祥生煎館> | トップ | 台湾2009 vol.12 台湾カキ氷は... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本文学みたいですね! (よしえ)
2010-02-26 17:01:22
すごく日本的な映画ですね。

結婚という契約と、不倫という純愛を両方、認めるのが日本文学でしょう。
不倫は心中により完結するのが一番美しい形。

愛するのも、愛されるのもいいですねぇ~~!

でも友人に言われた事があります・・
恋愛は脳の錯覚だと・・・確かに~そうかもしれませんが・・・ねぇ~・・・

一気に現実に戻ってしまいました・・・
映画を観たいです。 (mount)
2010-02-26 23:44:40
リンクでこのように主題歌を聞かせて頂いたり!! テレビ放送されているのでしょうか?失恋がこわくて… 恋愛を避けた青春時代
 今頃に渡辺文学など読んだり… 遅過ぎ・・・
Unknown (ラジオ映画館)
2010-02-27 05:15:02
TBどうもありがとうございました。
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-02-28 12:08:22
TB有難うございました。
男性と女性目線で意見が分かれる
映画かなと感じました。
男性視点では、身勝手な男に
見えてしまった…
女性目線では、切ない恋と捉えることが
できるのだろうでしょうか、疑問です。
石田ゆり子が演じた貞操な妻に
同情したいです。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
はい^^ (みゅうみゅう)
2010-03-01 11:35:41
よしえさん→日本の純文学~~って感じです。
  昔からの流れに、タイと日本の1970年代が交錯して・・・。
  私的には、好きな展開でした。。。
  恋愛は脳の錯覚。
  そうかもしれませんね~~~^^;。
  でも、脳内モルフィネ(?)が飛び交うあの感じ。。。
  いいと思いませんか~~~???
  
遅くはありません^^ (みゅうみゅう)
2010-03-01 11:38:42
mountさん→恋の感情に遅いはありません~~^^
  本でもドラマの俳優でも、
  きゅんと切なくなるあの感覚、いいですよね^^
  この映画は、賛否両論ありますが、
  純文学そのまま~~な感じで、素敵でしたよ。
  韓国人が描く、日本の純文学。
  韓国ドラマの雰囲気もちょっと入ってます^^v。
  
ありがとうございます^^ (みゅうみゅう)
2010-03-01 11:39:58
ラジオ映画館さん→はじめまして!
  コメント&TBありがとうございます^^
  遊びに来てくれて嬉しいです。
そうですね^^ (みゅうみゅう)
2010-03-01 11:42:10
シムウナさん→コメントありがとうございます^^
  遊びに来てくれて嬉しかったです。
  そうですね~~~^^: 
  女側から見ても”ずるい男”ですよ。
  でも、そこが日本的とゆ~か。
  私的には”アリ”な映画でした。
   
  
こんにちわ♪ (センタロウ)
2010-03-02 06:20:57
お邪魔します^^
TBありがとうございました☆

サヨナライツカ、切ない作品でしたね。
大人の恋愛。だけに、センタロウにはちょっと難しい(理解できない?)部分もありましたが^^;

よかったらまた遊びにいらしてください♪

コメントありがとうございます^^ (みゅうみゅう)
2010-03-02 23:10:42
センタロウさん→遊びに来てくれて嬉しいです。
  ありがとうございます。
  25年後の演技に不満が少しありますが・・・
  全体的には好きな映画でした^^
  純文学の古き良き日本を感じさせられました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【サヨナライツカ】 (日々のつぶやき)
監督:イ・ジェハン 出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也      かなわない恋だとわかってた 「1975年バンコク、婚約者のいる豊と出会った沓子、二人は運命の恋をするが長くは続かなかった。」 昔から中山美穂ちゃんが好き。 夫の辻仁成さんの原
サヨナライツカ (LOVE Cinemas 調布)
『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督作品。辻仁成の同名小説の映画化だ。主演は原作者・辻仁成の妻でこれが12年ぶりの映画復帰作となる中山美穂。共演に『蟹工船』や『ゼロの焦点』の西島秀俊、『MW-ムウ-』の石田ゆり子、『新宿インシデント』の加藤雅也が...
『サヨナライツカ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「サヨナライツカ」□監督 イ・ジェハン□脚本 イ・ジェハン、イ・シンホ、イ・マニ  □原作 辻 仁成□キャスト 中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー ■鑑賞日 1月23日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの...
サヨナライツカ / Sayonara Itsuka  (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「私の頭の中の消しゴム」観てません。辻仁成の小説、読んでません。 タイ、バンコクが舞台、中山美穂主演ってことで観て来ました~{/m_0151/} 23日から公開...
サヨナライツカ (あーうぃ だにぇっと)
クリスマスの夜はよみうりホールで「サヨナライツカ」を観た。 有楽町に早く着き、TOHOシネマズ日劇に、「アバター」の予約をしに寄った。 元旦の予約を取ろうと思ったのだが、予約は二日前からだそうだ。 しかたないなあと、今度はヒューマントラストシネマ有楽町...
「サヨナライツカ」愛し愛された先にみた夢に惹かれた2人の女性の愛の深さ (オールマイティにコメンテート)
「サヨナライツカ」(R15+指定)は辻仁成原作の「サヨナライツカ」を映画化した作品で、バンコクに転勤してきた航空会社の青年が婚約者がいる身ながら現地で出会った女性と密会を繰り返して恋に落ち、それが愛となるが、別れて25年後に再び再会するストーリーである。叶わ...
映画『サヨナライツカ』(お薦め度★★) (erabu)
監督、イ=ジェハン。脚本、イ=ジェハン、イ=シンホ、イ=マニ。原作、辻仁成『サヨ
サヨナライツカ (しぇんて的風来坊ブログ)
実際それほど(というかかなり)期待しずに観に行った(天邪鬼的に)。その甲斐あってか(苦笑)細かいところの多くのところ(演技、シチュエーション、シーンの繋ぎの悪さ、タイの描き方、物語の展開、・・・・)に突っ込みを入れたくなる、・・・・・というのに、心に残...
サヨナライツカ (シネマDVD・映画情報館)
愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に...
サヨナライツカ (単館系)
主演、中山美穂。 原作は夫の辻仁成さん。 監督が何故か私の頭の中の消しゴムのイ・ジェハン 韓流じゃなくて良かったのでは? 伝えたい...
サヨナライツカ(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
うーむ、わけがわからない。1975年のバンコク。婚約者の光子(石田ゆり子)が3ヶ月後に来ることが決まっているのに、同僚の木下(マギー)が呼び出した沓子(中山美穂)と、狂おしいほどの愛に溺れる豊(西島秀俊)。いやもう、突っ込みどころは山のようにあるわけで。都....
試写会「サヨナライツカ」 (流れ流れて八丈島)
今日は仕事帰りに、なかのZEROホールへ中山美穂のなんと12年ぶりの主演映画「サヨナライツカ」の試写会に行ってきました隠れ中山美穂ファンとしては、超期待作ですとにかく、いまだ健在の美しさでしたとてもアラフォー(39歳)とは思えませんでしたとは言っても、映...
★サヨナライツカ(2009)★ (CinemaCollection)
かなわない恋だとわかってたメディア映画上映時間134分製作国韓国公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2010/01/23ジャンルロマンス映倫R15+【解説とストーリー】辻仁成の同名小説を「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督が映画化した切ないラブストーリ....
○『サヨナライツカ』○ ※映画と原作のネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:韓国映画、イ・ジェハン監督、辻仁成原作、中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー出演。
サヨナライツカ (cinemaholic な毎日☆★)
今日はレディースデーそして節分(関係ない) やっと『サヨナライツカ』を観てきました 一人で観に行こうかと思ったけど、私と同じく西島さん好きな母と一緒に行きました。もう公開が始まってしばらく経つからそんなに混んでいないかと思ったら結構混んでいました…女の...
サヨナライツカ (Diarydiary! )
《サヨナライツカ》 2009年 韓国映画 結婚を控えるエリートサラリーマンの東垣
サヨナライツカ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
サヨナライツカ’09:韓国 ◆ 監督: イ・ジェハン「私の頭の中の消しゴム」◆出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー ◆STORY◆1975年、タイ・バンコク。航空会社のエリート社員・豊は婚約者の光子を東京に残し、バンコク支社に赴任。そこで艶やか...
No.205 サヨナライツカ (気ままな映画生活)
誰にでも忘れられない恋がある。 25年間の男女のそこまで人を愛することができるのかと 見ている側に問いかける作品でした。 メインの登場人物は3人
10-28「サヨナライツカ」(韓国) (CINECHANの映画感想)
孤独は唯一裏切らない友  1975年、バンコク。高級ホテルのスイートルームに暮らし、お金に不自由することなく、欲望のままに奔放に生きる女性、沓子。  ある日、バンコクに赴任してきた若きエリートビジネスマンの豊と出会う。結婚を目前に控え、日本に貞淑な婚約者・...
サヨナライツカ (B-scale fan's log)
公開中 イ・ジェハン監督     出演 中山美穂、西島秀俊、     石田ゆり子、マギー 他 新評価 4.0 90年代の往年のトレンディドラマを見るような、 すこし劣化した昼メロ路線とも言えそうだけど、 21世紀にまだこんな新作映画が見れるなんて!! かなりグ...
サヨナライツカ (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
かなわない恋だとわかってた 「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督が、辻仁成の同名恋愛小説を映画化したラブストーリー。主演は辻仁成の奥方・中山美穂で12年ぶりのスクリーンだ。
★ 『サヨナライツカ』 (映画の感想文日記)
2009年。韓国/アスミックエース/フジテレビ/その他。   イ・ジェハン監督・脚本。辻仁成原作。  中島美嘉が主題歌『ALWAYS』を歌う、それだけで100点満点の映画だと言っても良いはずだ。たとえその歌が中島美嘉...
サヨナライツカ/中山美穂、西島秀俊 (カノンな日々)
中山美穂さんの久しぶりの女優復帰作としてTVでも話題にとりあげられることが多かったですね。中山美穂さんも宣伝がてらにいろんな番組でインタビューに答えてましたけど、「スマスマ」に出演していたのもしっかり見ちゃいました。思い出深い彼女の映画といえばそれはやっ...
サヨナライツカ (★The long night moon★)
1975年、タイ・バンコク。航空会社のエリート社員・豊は婚約者の光子を東京に残し
映画『サヨナライツカ』 (ガンまる日記)
※夢のコラボセミナー 心と体と気づきのストレッチ in 神戸(9)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありが
『サヨナライツカ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1975年、バンコクの高級ホテルに暮らしている沓子は、お金に不自由なく、男性から愛される満された日々を送っていた。ある日、沓子はバンコクに赴任してきたエリートビジネスマンの豊と出会い、二人はたちまち惹かれ合うが、実は豊には東京に残してきた光子という婚約者が...
サヨナライツカ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
スルーかどうしようかものすごい葛藤があった『サヨナライツカ』観てきました。だって『冷静と情熱のあいだ』観た時に、すでに唸ってたもの、、、たぶん、それと同じかなって危惧感ありあり(爆)でもね、観たいのだわ中山美穂を。ってことで鑑賞決定(決まると早いっ)タ...
サヨナライツカ (とりあえず、コメントです)
辻仁成著の原作小説を韓国のイ・ジェハン監督が中山美穂さん主演で描いたラブストーリーです。 原作は未読のままチャレンジしてみました。 25年の年月を経て真実の愛を見つけた男女の姿をじっくりと描いていました。
観ました、「サヨナライツカ」 (オヨメ千感ヤマト)
イ・ジェハンワールドと辻仁成ワールドのめくるめく融合。 よく映画を、「1800円
『サヨナライツカ』 (シネマな時間に考察を。)
孤独という“友人”を受け入れている冷静な人は、心では強く誰かを愛したいと願い、用意しているはずのサヨナラを出し惜しみにする。 『サヨナライツカ』 2009年/韓国/134min 監督・脚本:イ・ジェハン 原作:辻仁成 出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子 ...
mini review 10476「サヨナライツカ」★★★☆☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に...