にしやまクリニックグループBlog(東京銀座、名古屋栄)

東京銀座と名古屋栄で2クリニック。美容外科・形成外科・美容皮膚科・皮膚科治療から予防医療まで、分かり易く説明します。

名古屋栄 東京銀座 皮膚病・母斑疾患の皮膚生検について。にしやまクリニックグループ!

2016年10月25日 | パンチバイオプシー・皮膚生検

皮膚生検(パンチバイオプシー)について

皮膚病・母斑疾患がどのような病気かを診断するうえでなくてはならない検査の一つに、皮膚生検(パンチバイオプシー)があります。これは、皮疹・母斑の一部を小切除し病理組織標本を作成して、病理医に依頼して病気の診断をしてもらう方法です。診断が確定すれば、その病気に有効な治療を確実に施すことが出来ます。

皮膚は内臓と異なり標本を取りやすい組織ですが、生検を行うにあたっては1箇所の検体で可能な限り多くの情報が得られるような病変が得られるよう細心の注意を払います。

パンチバイオプシーには、ディスポーサブル皮膚トレパン(直径3-5mm)を使うのが最も簡単です。方法は、局所麻酔をして病変の一部を円形にくりぬいた後に皮膚を1針縫合するだけです。

全ての皮膚病・母斑症に生検を行うことはありませんが、必要と思われる時には積極的に行う必要があります。病理診断は、採取後約2週間ぐらいでレポート形式で行われます。

名古屋栄 にしやま形成外科皮フ科クリニック(予約する)
愛知県名古屋市中区栄3-14-13 
ドトール名古屋栄ビル5階 
TEL:052-242-3535

東京銀座 にしやま由美東京銀座クリニック(予約する)
東京都中央区銀座2丁目8番17 
ハビウル銀座Ⅱ9階 
TEL:03-6228-7950

http://momohime-medical.com

長生きしたければ「時計回り」で食べなさい:
お医者さんがすすめる「ダイエットプレート」の秘密/
現代書林

Amazon.co.jp

 

美女のスイッチ/現代書林
Amazon.co.jp

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

皮膚生検(バイオプシー)は、皮膚疾患を診断するのに必要な検査。にしやまクリニックグル-プ。

2014年02月18日 | パンチバイオプシー・皮膚生検

皮膚生検(パンチバイオプシー)について



あざやさまざまな皮膚疾患を診断するうえでなくてはならない検査方法です。

 

皮膚は内臓組織と異なり生検しやすい臓器であり、判断に迷った時には積極的に行います。
 
 
1箇所の生検で多くの情報が得られるような部位を選び、病変周囲の健常皮膚も含めて、採取します。

パンチバイオプシーの方法


局所麻酔をして病変の一部をディスポーサブル皮膚トレパン(直径3~6mm)により円形にくりぬいて、円筒形の標本を採取します。採取部は、1針縫合して圧迫止血後、抗生物質含有軟膏を塗布します。縫合糸は、1週間後に抜糸をします。

 

病理検査報告について


採取した皮膚は病理標本とした後、病理医の診断を行います。報告書は、1~2週間でまいります。その結果により、治療の方針を決定します。

安心と信頼、丁寧な
美容外科・美容皮膚科・形成外科・皮膚科
の診療予約は下記まで

http://momohime-medical.com

長生きしたければ「時計回り」で食べなさい:
お医者さんがすすめる「ダイエットプレート」の秘密/
現代書林

Amazon.co.jp

 

美女のスイッチ/現代書林
Amazon.co.jp

 


 


この記事をはてなブックマークに追加