にしやまクリニックグループBlog(東京銀座、名古屋栄)

東京銀座と名古屋栄で2クリニック。美容外科・形成外科・美容皮膚科・皮膚科治療から予防医療まで、分かり易く説明します。

肝斑の水光注射治療は、 学会においてもその有効性の報告が なされています。にしやまクリニック。

2015年01月11日 | 肝斑治療

肝斑の水光注射治療は、
学会においてもその有効性の報告が
なされています。



トラネキサム酸は、
抗プラスミン作用のアミノ酸で、
抗止血作用、抗炎症作用、
抗アレルギー作用があり、
アレルギー性皮膚疾患にも
用いられます。


肌の赤み・かぶれ、ニキビ跡などの
頑固な色素沈着の改善、
特にトラネキサム酸が効果を
発揮するのが肝斑です。


女性ホルモンのバランスが乱れると、
その刺激でプラスミンと呼ばれる
情報伝達物質が分泌され、
メラニンを合成するメラノサイトを
活性化させて肝斑ができます。


トラネキサム酸はこのプラスミンを
ブロックして、メラニンの生成を抑制し
肝斑を薄くします。


今までは内服薬の処方が
主な手段でしたが、この治療では
注射薬を直接気になる部分に
供給するので
効果が早く、より一層
高まることでしょう。

 

注射薬の中にはヒアルロン酸も
入っているので、同時にプルッとしたお肌も
手に入れることができます。

 




水光注射の特殊装置で
皮膚を吸引しながら注射するため、
注射時の痛みもほとんど感じられません。


1ショットは5針で、
一気に薬剤を注入するので
治療時間も短い時間で
行うことができます。

 

極美白コース(ヒアルロン酸+ビタミン剤+トラネキサム酸)
についてお気軽にご相談ください。

 

安心と信頼、丁寧な
美容外科・美容皮膚科・形成外科・皮膚科
の診療予約は下記まで

 

http://momohime-medical.com

 

長生きしたければ「時計回り」で食べなさい:
お医者さんがすすめる「ダイエットプレート」の秘密/
現代書林

Amazon.co.jp

 

美女のスイッチ/現代書林
Amazon.co.jp



この記事をはてなブックマークに追加