経営技法を究める ; システムとデザイン

経営技法に関する雑感
エンジニアリングとマネジメントの融合
システムズ・データの創成

避けるべき方々

2012-11-30 18:00:43 | 日記
自分の学問が破綻しているのに,それでも妙な動きをしてものまねで攻める...しかもぴったりくっつかれて...

相手にしない方が良いの.アイデアを持って行かれるだけ...

避けるべき方々ってやはりいらっしゃるでしょ.だけど,避ける手口を何気に使えるのってオトナの仕業なの.大切です.

研究だけど,オリジナルの思考と自分でまとめる力のない方々には,関わらないことが必要.後で痛い目に...自分のオリジナルがあるから,だからやっていける世界で,ココイラができないのは致命的だし,情けは無用ですよ,プロの世界なんだから.

とりあえず,厄介なことになるのを予想して避けるのが賢明.実は,計算結果がいつも怪しいの.そんな簡単に出ないはずなんだけど...確証がないときはオトナの手口が大切.

逆に,地道に信頼を築くのって大切.がんばりましょう.

ちょっと疲れた...


この記事をはてなブックマークに追加

知性を磨く

2012-11-30 06:52:20 | 日記
知性だけど,正直,博識のようなものが足りない,そんなことをずっと思い続けてきたの.モノシリの方っているでしょ...ただし,最近は,そんなことまで知ってるのかって思うほど,ある特定の分野に詳しい,そんな方っていて...

で,気になるというか,個人的に目指す知性は,やはり創造を促すものなの.単なるモノシリじゃなくて,新しいアイデアを導く,そんなもの.だけど,そんな簡単じゃないの.で,どうするか?

実のところ,この問いかけが気になり出して何しろナガーイの.要は,思考に目覚めた時からだから,12,3歳から? 知性に目覚めて,知性を追って...だけど知性が嫌いになって,知性を忘れて...だけど知性が大切って再認識して...だけど,答えがわからない,という状況.

さて,ホントにどうするか? で,案外,ココイラをきっちり考えるのって大切かなーと.要は,中高年のための教養教育,そんなこと.既に,いろいろな講座に行くと,多いけど,お歳をとられた方が懸命に学ぶ,という光景.だけど,創造を促すには?

考察は続くけど...

がんばりましょう.




この記事をはてなブックマークに追加

11月29日(木)のつぶやき

2012-11-30 03:07:50 | 日記

イノベーション,これをきっちり実現できる組織って大切だし,コレのできる組織に変える必要のある企業って多いでしょ.だけど,本質,要は科学を使って工学で製品を造り上げ,ビジネスのモデルおよびプロセスも革新を...というアタリ,実現可能な企業にはズッシリした思考の基盤が必要でしょうよ.


欧米のビジネススクールでは当たり前の概念だけど、意思決定論と情報システムの革新って重要でしょ。日本でも当たり前かあー、って思うけど、でもモドカシさが。



この記事をはてなブックマークに追加

底上げ

2012-11-30 01:48:18 | 日記
社会人の専門教育,やはりココイラって大切でしょうよ.

もちろん,昔の学生時代を過ごして,その後,何も身に付けずにバブルの頃の惰性で仕事をしてきて,行き詰っている,そんな状況って,案外,多いでしょ.個人的には同世代で,何となく焦っている気持ちがわかるけど.もちろん,20代,30代で変化を感じている方々,しかも手堅く勉強熱心,そんな方々も多いの.

底上げだけど,こういった方々にマネジメントの専門をきっちり身に付けて...広まって行けば,必ず,経済が変化するけど.

ただし,社会的にはロスが大きいでしょ.昔の学生さんみたいに,受験が終わって遊ぶことが務め,そんな勘違いをしてきて...今になって若い方々といっしょにお勉強して...だけど,若いと言っても,30代になって簿記からお勉強して...これもロスかなー.逆の言い方をすれば,言葉は悪いけど,大学のやり直し教育,そんな気もするの.だけど,今の日本では大切...それだけ,サボってきたし,で,実は教える方もサボってきた方々も多いかもしれなし...

工学系だって,要は研究室で先生の論文のために拘束されていた,そんなのが伝統で,実践という視点が...かつてはのこと.それに,工学だけでなくてビジネスもお勉強しておかないと企業での実践で困るだろうし.

ココイラの是正をしっかりやって,同時に本当に若い方々の教育をきっちり整える,そんなことが大切かなー.この先のロスを少なくする...そして,社会人教育はもっともっと高度なことを行う,そんなレベルにしないと...


がんばりましょう.







この記事をはてなブックマークに追加

目的をつくる

2012-11-29 06:57:44 | 日記
目的が明確じゃないと,途中で投げ出してしまって,結局,他のせいにしてやめてしまう,そんなことってあるでしょ.

続いたとしても,目の前のことを回避するだけで,常に安定した気分になれない,そんなことも,目標が明確でないときに起こるかなー.

目的をつくるのって,コレ自体にやり方があって,しかも努力が必要でしょ.デザインの基本でもあるし...

で,その次にどうやって達成するかのプロセスづくりが...

ココイラの全体像がシステム・データの技法なんだけど,目的づくりの大切さがわからないと,何をやっても上手く行かず,技法すらも否定して...

目標をたてて地道にこなす...そして実績で評価を受ける...この感覚がグローバルスタンダード,そんな気がしているの.ビジネスという言葉に嫌悪を感じる方っているのだけど,この意味を広く捉えて,しかもいろいろな国での状況から共通の概念を感じ取るのって大切でしょうよ.

がんばりましょう.



この記事をはてなブックマークに追加

11月28日(水)のつぶやき

2012-11-29 03:13:16 | 日記

デフォルトの数理モデル,それとデータからのリスク推定と予測,ココイラに集中.ちょっとだけ新しいアイデアがあるし...そう言えば,デフォルトって時間による変化で捉えることが大切だけど,似非はいつ暴かれる,そんな視点も重要かなー.持続の本質,コレって不思議なの.


金利データなんだけど,久しぶりに解析.情報量規準の値が妙? 前もこんなことあって...どう弄ったか思い出せないの.で,きっちり尤度関数の最適化の構造を確認した方が良さそう.株価データとの違い? そんな視点も大切でしょうよ.為替データもやってみようかと.オリジナルの非線形モデルへ



この記事をはてなブックマークに追加

数理ファイナンス

2012-11-28 21:12:07 | 日記
ファイナンスなんだけど,数理手法と金融論の経済理論をきっちり頭に入れておきたい,そんなことを思い続けているの.

でも,どうも,足が地に着かない状況で...地が足に着かないとも言えるような,どうも大切な何かが足りないでいるの.

もちろん,数学追うのはできるのだけど,何となく,ズッシリとした重さが理解にない,そんな気分.

地道に...頑張りましょう.

この記事をはてなブックマークに追加

知性のクオリティ

2012-11-28 06:08:26 | 日記
教養の無さだけど,自分に足りないことで,いつまでも満たされない,そんなんかなーと.

で,どうやれば上質な知を得ることができるのか? ちょっと考えているところなの.

もちろん,明確な答えが出ないことを知っているから,ココイラを避ける,そんなことをやってきたの.で,要は専門に集中...だけど,思考力の基盤は教養で,ココは無意識に追いやって...で,深く専門を考察し続ければ無は避けられる,そんなやり方を若い時に考えて...

要は,教養を直接イジルと何も身に付かないから,専門に集中することで無意識の中でコレを保証しようとしてきたの.

だけど,最近,コレをだけじゃダメなんじゃないかと...芸術で置換えると?って思っていて...

芸術だけど,やはり根底には教養が...だから,芸術に集中?することで,無意識のうちに思考から教養が広がって...

でも,良く考えると,そこまで芸術に集中できるだろうか?,そんな疑問も.集中するって言うのは,そこに入り込んで趣味なんかじゃない,生き方を入れ込んで魂を芸術に...という情熱が必要.しかも,生活も芸術で...

と,言うことは,元に戻すと,専門で教養を養うなんて,中途半端な専門じゃダメで...魂を入れ込んで...

やはり,システムズ・データの経営技法,ココイラの専門,しっかりやらないと...今更,他のことで魂の領域まで入り込めないし...もう,コレで生活しているし...

ただ,ウワベだけの教養なんて,無の方のやることでしょうよ...何の魂を感じない,情けない,そんなこと...無は避けたいの.

がんばりましょう.









この記事をはてなブックマークに追加

11月27日(火)のつぶやき

2012-11-28 03:14:15 | 日記

ある文献を手に入れたの。やはり、同じ発想の方はいるの。


神戸大学からの帰りに元町に寄ってきたの.例の?有名なカステラ屋さんに.ココのこと,知っている方も多いけど,お店に入って奥まで進んで,それで寝ているおばあさんに声をかけると,ベッド?から起き上ってという状況.勇気を出してお店にお這入り下さいな.出るときは優越感ですよ.味は噂通りです



この記事をはてなブックマークに追加

英語

2012-11-27 06:40:29 | 日記
英語だけど,ナガーいこと付き合っているけど上達しない,という状況.

しゃべると,完全に妙なことになって...時制がどうしても難しくて,自分でもアレっれ感じることが...確かに語彙や文法って大切,だけど,しゃべると曖昧に...

それに,試験の点数だって,いろいろ絡むから気になるでしょ.

言葉って,やはり文化やパーソナリティとの関連が強いから,コミュニケーションまで考えると,自分は不得意という結論に...日本語でさえも,他人と上手くやっていくのが満足にできてないし...

そう言えば,コミュニケーションの大学院での専門課程ってアメリカとかにあるけど,広告とか,メディアとか,マネジメントを扱うのもあるの.文化など背景の違った方々が多い,そんな社会的状況の中でコミュニケーションの重要性が認識されている,ということでしょうよ.

英語,上手くなれるかどうかわからないけど,何が重要か,広く捉えるのが大切でしょうよ.ビジネス・コミュニケーションという枠組みで,英語を捉える,そんなこと.個人的は不得意だけど,でも,やっていかないと...

がんばりましょう.

この記事をはてなブックマークに追加