経営技法を究める ; システムとデザイン

経営技法に関する雑感
エンジニアリングとマネジメントの融合
システムズ・データの創成

主観の等価

2012-12-31 04:56:34 | 日記
確率だけど、複数の仮説を常に等価にする理由として、優位の根拠の無さを挙げることも可能、そんな理屈もあるの。

事前分布の考察だけど、科学哲学で捉えることも大切。

だけど、常に実際の問題解決から逃げないことが必要。

この記事をはてなブックマークに追加

12月30日(日)のつぶやき

2012-12-31 03:12:36 | 日記

ジョギングだけど、医療センターのあたりで雨が。引き返してきたら、西高のところで勢いが強くなって、後は全力。西高って校舎の色、ピンク?



この記事をはてなブックマークに追加

思考の仕込み

2012-12-30 06:56:31 | 日記
思考だけど、下地を作るのって必要。

仕込みをきっちりしないと、問題解決の思考が巧く行かないの。

でも、気ままに何かに夢中になっていると、それが下地になっていることって多いでしょ。

昨日、神保町でぶらつきながら手に入れた本だけど、数学史と科学哲学に関するもの。これが、今考えている問題に繋がる、そんな気がするの。あくまでも下地。

がんばりましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

12月29日(土)のつぶやき

2012-12-30 03:09:04 | 日記

さいたま、ジョギングしながら、企業のことも考えてみようかと。


神保町の古本屋さんだけど、行ってきたの。カルナップの本をゲット。秋葉原の部品屋に行って、上野でモナカを買って、と昔ながらのルート。



この記事をはてなブックマークに追加

知識マネジメント

2012-12-29 07:04:19 | 日記
知識の創成、これを活用するマネジメントが重要でしょうよ。

だけど、組織の中で高度な専門に裏付けられた思考を束ねる必要があるの。

もちろん、組織全体に知識が浸透さないと、オペレーションで行き詰まるでしょ。

上からの一方的な決定は、知識創成じゃない場合が多いし。

最新?のマネジメントで、活性化、そして国際競争力を付けないと、シボンでしまうだけ。

がんばりましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

推定量の評価

2012-12-29 04:39:59 | 日記
推定だけど、コレの理解って難しいでしょ。
サンプルサイズの話をされる方、よくよく聞くと、推定量の評価を理解されていない場合が多いの。

いくら議論しても噛み合わない、そんなことに。それに、統計モデルとの関係も考慮する必要があるから、厄介でもあるけど。

だけど、きっちりした授業をきけば、仕掛けの理解は可能。イイカゲンなのが多いの。

応用って基礎が大切。
がんばりましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

12月28日(金)のつぶやき

2012-12-29 03:09:24 | 日記

コンフリクトの制御を数理で考察するのって、予測の推察が重要かなーと?簡単なモデルで計算しながら、気ままに過ごそう。



この記事をはてなブックマークに追加

リスク数理

2012-12-28 08:18:11 | 日記
リスク数理だけど、単純ににトレードオフの概念で捉えるのってよくやること。

だけど、もっと深い構成が必要で、時間変化と不確実性の考慮が重要。

もちろん、何をどうイジってリスクを下げるのかも、きっちり解かないといけないし。だけど、いじれないものの考察も同時にする必要があるの。

そして、コンフリクトをどう捉えるか?難しいけど、数学を信じて解くことに集中。

がんばりましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

シミュレーション

2012-12-27 20:18:15 | 日記
モデルと推定、それにシミュレーションの組み合わせだけど、確かに面白いの。

腕を磨いて、コレでしっかり食えるのって、悪くないでしょうよ。
がんばりましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

12月26日(水)のつぶやき

2012-12-27 03:12:22 | 日記

数学で問題を表現して解法を与える,そんなことが好き.同じ感じ?だけど,BBCの英語を聴いて,へーって思ったり,自分の考えをプレゼンや会話で話したり,数学も英語もツールとしての位置付けが気にっているの.そう言えば夢の中で,博士を取ったばかりの後輩?に厳しく批判されたところで目覚めた


今年は、学会から賞を頂いたの。半年前のこと。だけど、直ぐに忘れることにしたの。研究に集中したかったからかなー。反対に、批判されても続けることしかできないし。


絞込んだら解ける気配。確率過程に経済性の最適化を入れたモデルと推定なの。逆に経済性と安全性の関係が窺える? 経済性に均衡入れたら安全性が最良になるのかなー?レモンにしたら?


多くの企業の現場を見させて戴いてきたのだけど,やはりデータの活用をしっかり行っているところはカイゼンの実績があるの.自信も持っているし,思い込みを排除する風土があるの.もちろん,データによる意思決定は知識の蓄積でもあって,イノベーションの土壌もしっかり築く意欲があるということ.


意思決定だけど,これのリスクを徹底的に構成した気分.柔軟な思考を持たないと,組織は衰退して知識が創造に繋がらないだけ.論理構造の曖昧さにはリスクが潜在.マネジメントの思考って訓練されている方だと,世の中妙なことだらけって気づくの.これはホントのこと.おかしな意思決定って多いの.



この記事をはてなブックマークに追加