goo

SEA GAMES 2017


      

いまマレーシアのクアラルンプールでは
SEA GEAMS(South East Asian Games東南アジア競技大会)
が行われています。

東南アジアの11ケ国が集まっての
オリンピックのようなスポーツの大会です。

      

写真は大会マスコットのRIMAU(リマウ)です。

大会のHPを見るとRIMAUの名前には

Respect
Integrity
Move
Attitude
Unity


の意味が込められているそうですよ。

マレー語でトラはHarimau(ハリマウ)といい
国を象徴する動物でもあるので
それにもかけているのでしょうね。

さて、このSEA GEAMESでは
あまり私たちが知らないような、見慣れていないような
スポーツの種目もたくさんあります。

      

Pencak Silat(プンチャック・シラット)は
インドネシア・マレーシアで行われている
伝統的な武術で

Sepak Takraw(セパタクロー)は
みなさんも聞いたことはあるのではないでしょうか。
ボールを足で蹴ってバレーボールのようにプレイするあれです。

このほかにも武術(武術太極拳)、ペタンク、クリケット、
ローンボウルズにネットボール。

どんな競技なのか知りたくてとても気になって
テレビやネットでの観戦を毎日しています。

気になる方がいらしたらYouTubeで
「KL 2017」もしくは「SEA GEAMES 2017」で
ぜひ検索してみてください。
大会のチャンネルがありライブでの観戦や
いままで行われたたくさんの競技を見ることができますよ。

SEA GEAMESの閉幕は30日です。
それまでたっぷり楽しむつもりです。

  *   *   *

      

街を車で走っていたら
ナンバープレートに「RIMAU」の名前の付いた車に
遭遇しました。

どうやらPEUGEOTは大会のスポンサーで
オフィシャルカーにはこのナンバーが使われているみたいです。

街で見たりすれ違うたびに
ワクワクしてしまうのでした。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

ホームシック

 
      

8月の初めの方に
ホームシックに陥っていました。

多分来た当初になった時以来の
ひどい落ち込みようでした。

日本に帰省してマレーシアに戻るたびに
1週間ほど気持ちを引きずってしまうことはあるのですが
今回はそれとは全く違うタイプのもので

日本にいる友人・知人に対する羨望と

時間の中にひとり取り残されたような
何とも言えないさみしさ。

おまけに追い打ちをかけるように
我が家の主から
「あと〇年ここにいることになるかも」という
私にとってはショックな話。

〇年というのは想定内だったのですが
早く帰れたらいいな、と淡い期待を抱いていただけに
はっきり言われてがっくり。

さらに悪いことに
雨季の時でも日本の梅雨のようにはならないマレーシアが
朝から連日のように雨がシトシトと一日中降り
じっとりとして薄暗い毎日。

本当、自分でもコントロール不能でした。

おかげさまで今は
お天気の回復とともに気持ちも上を向き
ふとした事をきっかけにして気持ちの切り替えもでき
通常の状態に戻っています。

あと〇年。
もう少しだけこの気持ちと付き合って
過ごしていこうと思います。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

やっぱり焼いています


       

こちらへ越してきてからも
パン作り続けています。

お引越しの一か月後にはもう焼いてました。

いつものパン、いつもの味が
新しい環境での生活の基盤を作るような気がしたのです。

小麦粉はこちらで手に入るものを使っていますが
酵母は帰省した時に持って帰ってきています。

      

一年中同じようなパンばかり焼いていますが
やっぱり食べ慣れた味はホッとします。

   *   *   *

現在住んでいる住宅には
もともと家具や電化製品は揃っていましたが
オーブンはありませんでした。

オーブンレンジを買うまで
しばらくはフライパンで焼いていました。

      

お焼きみたいですけど、ちゃんと焼けましたよ。

でも、最初のほうは火加減とか失敗して
焦がしたり…なんてこともありましたっけ。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

Selamat Hari Raya

      

Selamat Hari Raya
スラマッ ハリ ラヤ

とうとうpuasa(断食)が終わり
待ちに待ったハリラヤを迎えようとしています。

外からはパンパンと花火や祝砲の音が聞こえてきます。


トップの写真は今年購入した
Raya Poktsです。
落ち着いた色合いに惹かれました。

真ん中に描かれている四角のモチーフですが
Ketupat(クトゥパッ)と呼ばれるもので
葉っぱで作った籠の中にお米を入れて茹でたものです。

ハリラヤのイメージと言ったらこれで
あちこちにこの籠の飾りがぶら下がっていたり
電飾だったりモチーフが描かれていたりします。

スーパーのチラシにも…。

      

   *

こちらはISETANでいただいた
Poketsです。

レトロな柄と色合いがとっても素敵です。

      

   *

ハリラヤのお休みは数日続き
国としての祝日もあり
公共の施設やお店、レストラン
会社等もお休みになります。

我が家の主の勤める会社も
少し長いお休みに入ります。
なのでちょっとの~~んびりしようと思います。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

Jalan Tuanku Abdul Rahman界隈


 

マレーシアにもおしゃれな場所はたくさんあるのですが
私は地元で暮らす人たちの生活が垣間見られるような
そんな場所が好きです。

好奇心もありついつい覗いてみたくなってしまうのです。

そんな場所が
Jalan Tuanku Abdul Rahmanです。

『Jalan』はマレー語で『通り』を意味します。
Tuanku Abdul Rahmanは人の名前で
マラヤ連邦の初代の王様です。

この近辺は
マレー系の人たちの衣料品店や
布地を売るお店が立ち並んでいます。

      

数か月に一度は行って
ストールの流行と新作をチェックしています。

       

本来ムスリムの女性が頭を覆う為のものなのでしょうが
(トゥドゥン、ヒジャブと呼ばれます)
多くがなんの加工もしていないストンとしたものなので
ストールとして私たちも使えます。

マレーシア、モールの中などに入ると
とーーーっても寒いことが多く
あるととっても重宝するのです。

柄も素敵なものが多く
そしてなによりお値段がお安いのです!

時々こちらで購入したスカーフを
一時帰国の時のお土産にしたりしてます。
金額はもちろん内緒ですよ。
  

こちらは手芸屋さん。
手芸用品だけでなく
ウェディングで使う飾りや
ラッピング用品が並んでいます。

       

通りはちょっと違いますが
こちらは大きな布地屋さん。
大きなビルの上から下までいろいろな布が揃います。

       

高級な麻や、リバティなんかもありました。


こちらの通り近辺はラマダン月に行くと
ハリラヤというお祝いに向けて
服や食べ物を売るお店が立ち並びます。

午前中の早い時間はまだガラガラな道も
      
      

時間が経つにつれどんどん人が…。

 

女性の服はきれいなので
ついあちこちのお店を覗いてしまいます。

      

家族みんなで買い出しに…なんていう光景も
よく見かけます。

 

でも、お父さんと子どもは途中で飽きて
階段に座ってボーっとしている事が多いですよ。
これはどこの国でも一緒のようですね。

   *   *   *

このすぐ近くにはインド系ムスリムのモスクもあり
インド人街と呼ばれる場所もあります。

ヒンドゥー教のお祭りのディパバリの時には
並ぶお店もガラッと変わります。

       

大音量で流れるお経に、お香の香り。
キラキラの衣装に、カラフルな飾りとお菓子。

 

季節ごと、イベントごとに訪れると
違った光景が見られるので
私にはとても魅力的な通り・街なのです。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ