ひだまりの中での~んびり

カフェと花が好き
ビスクドールを趣味で作っています
日記帳の替わりです

なんやかや

2014-06-29 16:09:28 | 手作り・趣味・アート
来週も検査で病院へ行く事に
なり、その他にも色々と気に
なる事があったりで落着かない。
すっきりしないので、ほったらかしに
していた布地。型紙を当ててカットする
だけになっていたのだが・・・。

気を取直し、切ってビスクドールの
ドレスとボネを作った。手をつけると
15~6センチの小さい子の物なので
寝る前には出来上がった。
裏地を初めて袖にも付けたのだが
やり方がイマイチわからずこんなものか?
と相変わらず自己流でガタガタの
ものだ。あらためて先生の腕の
確かさに感心する。お手本と
比べると月とスッポンだ(+o+)

浜松町のドルフェスで購入した
バッグを持たせた。
このバッグもプロの技。細かくて
美しい出来上がり。
さてドレスはこれで何枚作ったか?
満足する出来上がりにはほど遠い・・・

これもドルフェスでゲットした豆本。
どのページもきちんと中身が
あり背表紙もきれい。





太い私の指は無視してください~
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

箱根ガラスの森美術館

2014-06-26 21:58:27 | 旅行
日曜は浜松町の貿易センタービルで
ミニュチュアショーとドルフェスを楽しんだ。
6/21,22の土日に開催されていたが
22日の日曜に空港で娘と待合せて
三人でランチの後、旦那とは別行動で
浜松町へ。ドールフェスティバルは初日の
整理券をゲットした人達が開場後30分程
で目ぼしい物を購入してしまう。
まして二日目のお昼から行ったので
ブログで見ていたものは消えていたが
それでも沢山のビスクドールに小物類など
目にすることができた。ミニュチュアの方は
下の階で入場料が必要ではあったが
こだわりの小さな物が溢れこれも
堪能!見物疲れで写真なしです^^;
品川のホテルの近くで夕食を一緒にした後
娘は帰って行った。
次の日は新宿から小田急のロマンスカーで
箱根湯本、そして登山鉄道で強羅まで
行き、駅前のホテルに荷物を置いてから
箱根ガラスの森美術館に。
新宿の改札の前でフリーパスを買っていた
ので、電車・バス・翌日の芦ノ湖遊覧船も
使用できとても便利だった。

帰りの小田急ロマンスカーが小田原でゲリラ豪雨
の為、ストップ。仕方なく目の前に停まって
いた急行に乗り換え!!指定席に座って
ビールを飲みかけた旦那は駅構内で
ブツブツ言いながら立ち飲みしていた・・・
雹に見舞われなかっただけマシだったが。

最終日は私はドール教室へ旦那は別行動。
羽田で待合せ最終便で帰宅した。
今日、明日は病院のはしごだ。
今日など予約外の患者さんがあったとかで
2時間待ち、疲れた~~


華麗なるヴェネチアン・グラス
祝宴の器展 ~11/24

光りの回廊 クリスタル・ガラスのアーチ







この様なクリスタル・ガラスがキラキラと
光ります

様々なガラスの器



















まだ薔薇がきれいに咲いていました



クリスタル・ガラスの紫陽花





カフェではカンツォーネの生演奏が


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

額装 完成

2014-06-19 22:42:48 | 手作り・趣味・アート
4月から月二回の全六回で
額を3個完成させるNHKカルチャーの
講座の最終日だった。7月からは
またリクエスト版の様な感じで始まる
けれど、とにもかくにも仕上げて
持って帰る事を目指しなんとか
時間内に完成。
今日は、立体額の内側の板に
両面テープで布を貼ってゆき、
その後、額の裏にモスグリーンの
水テープを貼って裏板を止める
ねじを取り付けて完成という
手順だった。強力両面テープに
悪戦苦闘し、似たような性質の
水テープ貼り。時間ぎりぎりまで
もくもくと皆さん手を動かし
最後に並べて写真を撮ってもらった。
残念な事に、今日は夕方バタバタして
カメラもスマホも持たずに飛び出した
ので写せなかったのが悔しい。
持帰った額

明るく陽気な雰囲気に
したかったのですが

落着いた感じのものに
なりました。中はポストカードです

立体額にはビスクドールの
マーニー

ミッフィーとアヒル

今日は梅雨の晴れ間
アガパンサスが咲き始めました

ギボウシがやけに大きくなり
花を咲かせています

紫陽花です

今日の庭の風景でした(^^)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ノア 約束の舟

2014-06-18 23:24:57 | 美術館・映画
今日は雨。農作業もPC作業も
入っていない旦那が映画へ行こうと
言い出してお昼からエミフルへ出掛けた。
なにが上映されているか、私はノーチェック
だったが、旦那はノアがいいと言う。
いつもの様に最後列に座って待って
いると、やけに人が多い??
いつもは、こんなんで良いの?と
言う位の客の入りであるのが
ざっと見渡して30人はいる。
(いつもはどんなんやぁ~-_-;)
後で考えると水曜でレディスデーの
所為だろうと思いついたのだが。

映画は最後まで飽きさせず神か人か
の選択を迫りながらすすんで行った。
聖書の解釈うんぬんは知らない。
堕天使の変化した姿かと思われる
巨大岩石人が手伝う姿、あの船に
あれだけの動物が乗せられるという
色々な突っ込みは入るだろうが
単純にスペクタクルと人の心の動きを
楽しんで終わった。
後半、泣いている女性がいたが
そこまで泣けるかと言うと
どうも・・・。
ハーマイオニーのエマ・ワトソンがきれいな
姿を見せていた。長男役も
新鮮なハンサムボーイ。母親役の
ジェニファー・コネリーも素敵だった。
が、主役のラッセル・クロウには
役柄に反発がありどうにも
コメントし辛い。レ・ミゼラブルで
絶賛とか言われても・・・。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

海外ドラマ

2014-06-16 23:57:40 | 美術館・映画
テレビは煩く感じない時は
何かやりながらラジオの様に聞流し
神経に触る時は消している。
特に入れ込む番組はなかったのだが。
近頃珍しくも気に入って
いるのは、NHK総合のダウントン・アビー
これだけは時間を気にして
見ている。時代はタイタニック号が
沈没した頃。イギリス貴族の館が
舞台のドラマだ。
もう一つのお気に入りは
シャーロック・ホームズ 最近のSHERLOCK
の方ではなく、ジェレミー・ブレッド
吹替え露口茂の方である。
BSで6/22~8/3までの毎週日曜
ハイビジョンリマスター版が放映されると
なっていた。
これは録画しなければ)^o^(
ビクトリア女王が即位したのが1837年
ジェーン・エア 嵐が丘の出版が1847年
ホームズとワトソンが出会ったのが1881年
そして引退が1903年でタイタニック沈没が
1912年。
本棚から旺文社のジェーン・エアを
取出して読み返したりするが
この時代の時間の流れに沿った
話は魅力的だ。今ほど慌しくなく
けれど人間の感情はどの時代も
一緒でドラマになる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加