ひだまりの中での~んびり

カフェと花が好き-日記

花開く

2011-03-30 22:00:23 | 日記
ようやく水仙が咲いた。
白のミニバラも開き始めた。
今日は3/30。16年前の今日、
現在のマンションに引越してきた。
神戸の震災で家屋が被災、
無事な建物でなるべく近隣にと
探したあげく他市に移る事になった。
子ども達は転校を嫌がり
私も迷ったが仕方の無い事だった。
引越の日、何年もかけて殖やした
庭の匂いスミレが咲乱れ
近所の桜はピンクの花を揺らしていた。
何年もこの家の事は夢に見た。
夢に現れなくなったのは十年も
たった頃だろうか。
今回の事で、忘れていた記憶が
よみがえった今日の日。
頑張ってと言う言葉は嫌いだ。
かえって傷ついたりする。
言葉は無いが、普通の生活を
送り、自分に出来ることは
無理をしないでやろうと思う。
  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

毎朝

2011-03-26 09:07:07 | 日記
朝起きるとベランダ側のカーテンを
まず開ける。季節によって楽しみは違うが
今はまず水仙!花が開きそうなのだ。
あと、ミニバラのつぼみもちらほら。
季節は桜の開花時期だが
まだ寒さが長引いている。
それでも暖かな日差しをあびて
頭を伸ばしてくる球根や植木。
二つのプランターと10個にも満たない
鉢植えの花が満開になる時を
夢見て心待ちにしている。
 
まるでヘビいちごかと思うような
小ささのイチゴは実るそばから
鳥に食べられていく。もう
味見するのはあきらめて鳥に
譲ることにした。
チューリップは植え時が遅かったのと
水切れがあったから不安だが。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新しいシート

2011-03-24 20:44:07 | 日記
ようやく出かけるかという気になり
8時からやっているロイヤルホストでモーニングを食べ
宅配を受け取ってから映画館へ。
見たのはジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリー
の「ツーリスト」。彼女の切れの良さは
見ていてすっきりする。気持ちが
もやもやしないのが彼女を選ばせる理由だ。
プラス文句なしに美人。映画はベニスをバックに
ファッションも楽しませる。悩まなくてよい
さらっと楽しめる内容だった。落ちも
そうなのと苦笑気味に終了。
ジョニー・デップは海賊の時の魅力には
どうしても劣る。
新しいシネマだったので、シートが広くて
すわり心地が良かった。ネットで調べ
シートが良さそうだったので行きつけの
所から変更したのだが正解だった。
載っていた期間限定メニューのパニーニ
が扱ってなかったのが残念だった。
食べようと思っていたのに・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八日目の蝉

2011-03-21 23:50:17 | 日記
地震のニュースにインタビューが
混じり始め、お気持ちは?あれにはついて行けない。
今日も奇跡的に助かった16歳の子にマイクを
向けていたが、静かに寝かせてやればと思う。
数日前それが嫌になりチャンネルを回すと
BSで「八日目の蝉」を6話連続でやっていた。
内容は、ヒロインが不倫相手が妻との間に
もうけた女の赤ん坊を誘拐。その後
3年半愛情を込めて育てつつ逃亡生活を送る。
という話だ。ヒロインの檀れいが美しく、子役も
可愛い!!この二人が小豆島をバックに
これでもかと言うくらい親子?の愛情を
見せ付ける。逃亡の不安定さの中では
せつないくらいじーんと来る。
涙を流し、最後まで見終わったが
最終話あたりから何か微かな違和感が。
本でも買って読むかと本屋へ出かけたが
とうとう買わずに帰った。
引っかかったのは、どうしてそんな男に
惹かれた?妻と同時に妊娠させるような
不倫相手を思いやる事も出来ない奴に。
そしてどんなに、愛情深く育てようが
その子は母親から奪った子だ。
子どもを連れ去られた母親は半狂乱に
陥るだろう。そういう事態の上にたった
愛情ってどんなに綺麗に映像化しても
間違っていると。まして大きくなってから
不適応を起こすのも当り前だ。そこで
愛情の質を比べるのはおかしい。
どうやら最後に叫んだ言葉で愛情の
深さを表そうとしたらしいが、
言葉が判った時点で私は気持ちが
冷静になってしまった。
本だと他の女性達の生き様で読ませるのかも
しれない。ドラマや映画では綺麗な女優と
かわいらしい子役とで見せるのだろう。
のめり込んで見た割にはすっきり
しなかった。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

帰宅しました

2011-03-18 09:09:26 | 日記
昨日帰って来ました。二晩はこたつで雑魚寝、流石に身体が。今日は寝ます。
セの判断には気分が滅入りました。勇気を与える!ってなに?選手の言葉の方がよっぽど気持ちに沿っていると思う。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加