ひだまりの中での~んびり

カフェと花が好き
ビスクドールを趣味で作っています
日記帳の替わりです

映画、関ヶ原

2017-09-04 19:37:57 | 美術館・映画
新聞に紹介されていた ファイナル エクスプレス
を見に行こうと旦那に話をふったら
「ゾンビは嫌だ!」と拒否された。
そう言えば点滴とかも見たくない性格^^;

仕方ないなぁと思っていたら「関ヶ原」 なら
行くと言う。岡田准一主演で石田三成役
役所広司が家康。東出昌大が小早川秀秋役!
丸い大きな目を彷徨わせ情け無さそうな
困り顔が結構似合っていた。
敗者の側から描いた話ではあるけれど、
三成には何時も、理性の人で、一部の人とは
篤い信頼と友情を結ぶことが出来るのに
多勢のトップには立てない、こう言う人って
居るんだよね。と言う感想を持つ。
そうそう、伊賀の女忍者役、有村架純が
幼顔とシャープな言動のギャップに魅力が
あった。

平日の午後、席の予約時には3人しか
いなかった観客^^; それでも上映時には
パラパラと入って来て10人程度。
若い子も数人??ちょっと意外だった。

エアコンなしで睡眠出来る様になり
よく眠れて仕方ない。今日などゴミ出しに
間に合わなかった。知らない間にタイマーを
切って眠ってしまい回収車の音にハッと
目が覚めた^^; あ〜ぁ 回収時間早すぎだよ。
※前夜に出すとネコに荒され悲惨な事に
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ターナーからモネへ ウェールズ国立美術館所蔵

2017-07-19 21:51:02 | 美術館・映画
7月23日まで県美術館で開かれている
ターナーからモネへ に出掛けた。
昨日からの雨で多少は気温が下がってはいたけれど
外は蒸し暑い。

三連休の後の昨日は振替休館となって
いた所為もあるのか、終了日が近づいた所為なのか
平日にしては思ったよりも来館者がいた。
絵は好き嫌いでしか考えた事はなく
感覚的で尖がった所の少ない印象派は
気持ちが楽でいい。
同時代の人達に酷評されながらも大きなうねりを
作って行ったんだと展示を観ながら思った。

美術館の窓から雨上がりの城山を



8/14まで松山城のライトアップが
行われている。
もうすぐ8月、日射しと湿気にうんざりしながら
日々を過ごしている。

そうそう、三線の検定を受けに沖縄まで
出かけていた旦那。無事合格💮
空港にカメラ、タブレット、鍵🔑一式
を忘れて来るオマケ付きでしたが^^;


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画 美女と野獣

2017-05-01 21:10:04 | 美術館・映画
連休中とは言え、長期休暇の取得出来る
人ばかりでは無い1日2日の月火曜日。
日曜に映画館なんか行かん!とか
昨日はチケットだけネット予約して
今日出掛けました。
「美女と野獣 」ハリー・ポッターのエマ・ワトソンが
出ているディズニー映画です。

これも、映画ならもう一つのアクション物がいい!
とか言ってましたが押し切りました^^;

いつも平日にしか行かない映画館。いつもだと
貸切か?っていう位の客席。
が、今日はどんどん入って来る〜♪満席ではないけど
なんだか映画を観てる気分になりましたね(^ ^)?

感想はと言うと後半からラストにかけて良かったです。
中盤あたりのうるささは、またかディズニーって
感がありましたが。

相手役の野獣君、野獣の時の方が断然魅力的!
王子になったらなんだか普通⁇で^^;
あとはティーカップの子が可愛いく
エマちゃんは歌えるんだな位かな。
そして流石ディズニー背景やCGが美しい。
うるさい場面はすっ飛ばして美しい所だけなら
もう一度観てみたい。ま、ツタヤを待ちますけれど。
旦那はミュージカル仕立てなのが良かったとの感想。
やはり真ん中辺りは寝そうになったらしい〜。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高畠華宵大正ロマン館 オリエンタル・ファンタジー展

2017-04-30 16:26:24 | 美術館・映画
巷はGW~だけど我家は毎日がGWで(^^;
今日は映画に行きたかったのだけれど
カープのデイゲームがありお昼過ぎには帰宅
出来る行先として高畠華宵大正ロマン館を
選択。
場所は東温市下林・・山の中でした。
ロケーションもいいのですが、土日しか開館
していない、不便な場所と言う事から?
私達だけでした。










高畠華宵と言う人は、1920年代のカリスマ
挿絵画家であったようだ。
中将湯、バスクリンのラベルなどから
始まり、雑誌の表紙、口絵、挿絵
新聞の挿絵、便箋表紙絵 等々
一世を風靡。

何処かで見たことのある絵でした。
そして、習作からデッサン力の確かな人だったと
言う事も十分伝わって来ました。

併設のカフェで周りの新緑を眺めつつ
のんびりとお茶を飲んで帰宅。
神戸にでもあったらもっと人に来て
もらえるのでしょうか・・・勿体ないですね。





※東京都文京区の弥生美術館・竹久夢二美術館
には高畠華宵のコレクション3000点と資料など
合計27000点が収蔵されている。

さて、カープの試合。負けゲームだと思いつつ
1点差まで追いつきましたが残念!!
先程、試合終了しました~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

細見美術館名品展 名嘉睦稔展(風の伝言を彫る)

2017-04-29 18:02:06 | 美術館・映画
愛媛県美術館一階で細見美術館
名品展(若冲、琳派、かざりと雅)が
開かれている
若冲の 躍動感あふれるニワトリに多数会える
鶏図押絵屏風。ユーモア溢れる鼠婚礼図も楽しい。
そして素晴らしい七宝焼きの釘隠、引手や
水指し、茶釜等々にも・・・


二階では名嘉睦稔(なかぼくねん)
風の伝言(イアイ)を彫るが開かれている。




名嘉睦稔 展は
何処か棟方志功を思い浮かべてしまう
迸る彫刻刀の力に引き込まれて。

撮影可でした
「ヨナグチ」

「鬼の弁当箱」

「大礁円環」

「深遠響森」

「あらはれ」

※スマホで撮影したので画の全体像ではなく
 一部分になります

美術館の窓から松山城が見え気持ち良い

お堀はツツジに彩られていた


名嘉睦稔:ナカボクネン
沖縄県伊是名島に生まれる
独学で木版画の制作を始める
切手、絵葉書原画、絵本など作成
H27年度小学校図画工作3~4下に掲載
H28年中学校美術Ⅰに掲載 される
コメント
この記事をはてなブックマークに追加