ひだまりの中での~んびり

カフェと花が好き
ビスクドールを趣味で作っています
日記帳の替わりです

隠れる様にスミレ

2018-01-21 16:51:28 | 花・庭
見渡せば庭は冬枯れ状態。
天気は良かったので降りてみると
葉に埋もれ隠れる様にスミレが
咲いていた。

植えた時はまたしても全滅かなぁと
思ったけれどなんとか夏を越した。
匂い菫?香らないんですがねぇ・・・

こちらのパンダ菫は強い!
木かげでバンバン茎を伸ばしグランドカバーの
ような状態になっている^^;

葉先を折って土に挿しておくと
半数は根着いてくれるセダム

水仙

シクラメン

この鳥の名は何だろう

沈丁花の蕾は未だ固い

チューリップの芽🌷
あと2カ月は先だね


水遣りが大変だから鉢植えはシクラメンと
成長待ちのミニ薔薇しかない。
あと2カ月程、色が殆どない庭だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大寒 水仙

2018-01-20 13:26:28 | 花・庭
肩が重い、ダルい!何故?
なんかしたっけ?と首をひねっていた。
マッサージにも行ったのにと。
よくよく考えると、玄関に積んであった
薔薇のマスキング材に用土を庭まで
運んだ、結構重かった!これだ!
大した事ないと思ったけど、えいっ
とばかり片手に一袋ずつ一度に二袋
何度も運んだのだ。
分かったら、この際用土換えと
手入れをやっとこうと^^;
今日迄は暖かいらしいし、月曜から
冷え込むとかニュースで聞いた気が。

薔薇の手入れも色々と書いてあって
どこまで、どうやるのかイマイチ
分かってないが自己流でザザッと。
株元から少し離れた場所に穴を掘り
肥料を含んだ用土を入れる。これが
地植えの用土替えと・・・書いてあった。
粒状肥料を撒くってのもあった。
よくわからないがまあ適当にやりました。

目立たないけれど、庭の色々な所で
日本水仙が開いていました。




アリスバージョンにしてみました♪
下着は脱がさないと着れませんね〜


オビツボディ用のヘッドを買って
みましたが

あまり上手く行かないです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿渋塗り

2017-11-04 15:04:46 | 花・庭
今朝はパァーッと気持ちよく日差しが
あってシーツや枕カバーなどを干した。
一週間程前にテラスの水拭きをした
ので、用意していた柿渋を塗る気に
なった。今まではオイルステイン?
工事をしてくれた人から貰っていた
塗料を年1回くらいで塗っていた。
ただ色合いが微妙に違う気がして
柿渋を使いたいと思っていたのだ。

たった一週間程なのに埃やゴミが
板にあって、ブラシで落としつつ
では進まず3分の1くらいしか
塗れなかった。

手前が未だの部分、向こうは柿渋を
塗った部分。あまり変わらない?
でも時期をみて全部塗るつもりです。

薔薇も長雨で黒星病の葉が増えて
この間からせっせと取っています。

もうあまり蕾は付いていません
頑張って光合成してね

ブルーサルビアを株を残して全てカット
したら新しいチューリップの球根を
植えるつもりです。まあ、来月でも
充分間に合いますけれど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぽかぽか陽気の中で庭仕事

2017-10-27 13:23:17 | 花・庭
蚊の勢いが随分と弱まって長袖
靴下で短時間だと蚊取線香が要らなく
なった。外が気持ちいいので連日
庭に出て座り込んでいる。

大型のホスタが中型、小型を駆逐し
ひたすら勢力拡大したくせに花を
咲かせない。シビレを切らし株わけを
した。結構乱暴なやり方だったけれど
3つに分けたどの株もどうやら大丈夫
そうだ。

その横では隣花庵さんに頂いた石蕗が
開きそう。真横は紫蘭です


薔薇はレスポワールとホーラが
こちらがレスポワール




よく似た色だけど花弁の多いホーラ

多肉植物のセダムが勢いよくなって

名前は忘れてしまった多肉ちゃん

パンダ菫は至る所に花を咲かせています

別種の菫のこぼれ種が芽吹いて
いるのがあって春が楽しみに。

クリスマスローズの新しい葉
花が咲くのかどうか??

秋らしい色合いだと思います

掘り起こして置いたチューリップの球根に
カタクリ、ミニアイリスなどの球根を
植込みました。思うままの植込みなので
来春の情景は自然に任せます。ガーデナー
の様に思うままの庭作りは私にはムリだと
わかっています^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつの間にか増えていた薔薇

2017-10-18 20:20:16 | 花・庭
我が家の黄色の薔薇、名前はフリージア⁉︎
紛らわしい名前です^^;
それで昨夜、一体何種類まで増えているのか
改めて書き出してみた。9種9株!
木香薔薇を含めると10種類となる。
狭い庭の日当たりの良い場所には
それぞれが陣取ってもう場所は
残ってなさそうである。

書き出していると、どうやら無意識のうちに
一応の選択基準があったのだとわかった。
まず、蔓薔薇はない。ラデュレとホーラは
仕立て方によっては其れらしくもなるらしい
けれど。とにかく木立性の者ばかり。
狭い庭、絡ませ伸ばせない。
次は耐病性、強健などの説明があった者。
その次は香りが良い。強香、芳香の表示が
あった。ま、此れはそうでもない種もある。

木立ー強健ー香 の順で初心者向けの
表示も選択基準にしたようだ。

展示場で直接見て選んだのは
フリージアとルージュメイアン
どちらも、がっしりとした茎を
持っていて世話をしなくていいかなと
選んだ。世話無しは無理でしたが
強かったですこの子達^^;

ギョー って何?ロサオリエンティス?
デルバール?知らないまま、気にもせず
病気!害虫!イヤだ葉が落ちるだ何だと
振り回されている。強健って書いてあっても
純粋に放りっぱなしokは木香薔薇のみですね。

さて秋の長雨が続き、時々雨がやむと
病葉取り、花殻カットに庭に下りて
います。

今更ですが、ギョーGUILLOTとは
世界で最も古い薔薇のナーセリー。
デルバールDelbard Roses
フランスのオーベルニュ地方に本社が
ある園芸企業
ロサ オリエンティスRosa Orientis
日本で育種した日本の環境と嗜好に
あったブランド名
一応調べてみました^^;

まあ、手間がかからず花を楽しませて
くれるなら文句は無いのですよ〜
理屈なんて要らないし純粋に花を
愛でたいだけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加