ひとり井戸端会議

主に政治・社会・法に関する話題を自分の視点から考察していきます。

児ポ法改正推進派のお粗末な論理を糾す その3

2009年07月05日 | 二次元(児童ポルノ規制)
葉梨議員の「話にならない」論理その2

・メール、郵便、FAX、いかなる手段で児童ポルノを所持していても逮捕する
・電子メールに児童ポルノが添付されているかどうかは、ファイルを開く前に分かるはず
・電子メールがきたら児童ポルノだと思えばいい


 素晴らしいまでのウィルスに関する無知ではないか。今から1年以上前にGigazineに掲載された記事にもあるように、児童ポルノを勝手に収集して保存するウィルスがあることを、彼はご存知ないのであろうか。以下上記Gigazineの記事より抜粋。


児童ポルノ画像を勝手に保存するウイルス「MELLPON」(メルポン)

このウイルスはいわゆるトロイの木馬型で、2005年に「山田ウイルス」と最初に呼ばれて いたもののオリジナル。このウイルスを改良したウイルスが山のように発生していますが、 オリジナルである「TROJ_MELLPON.A」は感染すると以下のような挙動を示します。
実行されると、不正プログラムは、自身と同じ名称のフォルダを作成します。
このフォルダには、違法なポルノ画像が含まれており、サイズは約4.46MBです。
この「違法なポルノ画像」というのがなんと児童ポルノ画像であると以下の記事で報道されています。
MELLPON.Aに感染すると「mellpon」というフォルダがPC内に作成される。
mellponフォルダには約4.46MBの児童ポルノ画像が保存されているという。

 そして、児童ポルノ単純所持の先進国(?)であるアメリカでは、児童ポルノ画像がダウンロードできない偽リンクをクリックしただけで逮捕、有罪になっているという、とんでもない事件が起こっていることには、どうして触れようとしないのだろうか。それともご存知ないのであろうか。



葉梨議員の「話にならない」論理その3

・冤罪など起こらない。単純所持規制国での冤罪の事例も知らない
・自白は証拠の王様だ
・捜査官は善良なので、自白を強いて冤罪を生じさせるようなことはない
・冤罪の懸念なら、鞄に拳銃を入れられることだってある


 元警察官僚だけあって、無邪気に警察善玉説を信奉してしまっているようだ。しかも彼は、「冤罪事件」が後を絶たないという、普段ニュースを少しでもチェックしていれば誰でも知っていそうな事実もご存知ないようだ。この主張は誰が見ても違和感を覚えるだろうから、深く突っ込まないようにするが、二つの点について批判を加えておく。

 まず、「自白は証拠の王様だ」とは確かに古くから言われてきたが、憲法38条3項は「何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科されない」と規定し、刑事訴訟法でもまた、「強制、拷問又は脅迫による自白、不当に長く抑留又は拘禁された後の自白その他任意にされたものでない疑のある自白は、これを証拠とすることができない。」と規定している(319条2項)。

 よって、自白のみでは有罪と判断することはできず、自白に加えてこれを補強する証拠が必要になってくる(補強法則)。自白に補強証拠が必要なのは、容疑者の自白のみによって、「空中楼閣的な事実が犯罪としてでっちあげられる危険」を防止するためである(最高裁昭和34年7月7日決定)。葉梨議員は、自白の無謬性を信じるということが、新たな冤罪を生みだす原因であることを認識した方がいい。


 次に、葉梨議員は「冤罪の懸念なら、鞄に拳銃を入れられることだってある」と言うが、これはただの揚げ足取りでしかない。これを言いだせば麻薬や覚醒剤の処罰はできなくなる。しかも、鞄に拳銃を入れられるという「冤罪」と、児童ポルノの単純所持に関する冤罪とでは、全く性質の異なるものであり、同列に論じることはできない。

 後者の場合、 「自己の性欲を満たす目的」で所持した場合に単純所持罰則規定が作用するのに対し、後者の場合、所持の目的が誰かを殺すのであれ自殺であれ、所持それ自体が客観的に認められれば処罰されるのだろう。よって両者を同列に比較することは間違っている。

 しかも、拳銃は誰でも容易に手に入れられる代物ではないのに対し、児童ポルノは拳銃に比べ格段に入手が容易い。つまり、両者では冤罪が引き起こされる可能性が全く異なる。更に、拳銃は誰でも容易に作れるという物ではないのに対し、児童ポルノは少しのPCに関する知識等があれば、誰でも容易に作れてしまうという点でも、冤罪が引き起こされる危険性が異なる。したがって、やはり拳銃を鞄に入れられることによって引き起こされる冤罪と、児童ポルノ単純所持規定によって引き起こされる冤罪とを同列に論じるのは不適切である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続 児ポ法改正推進派のお粗... | トップ | 青山繁晴氏らへの疑問 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2009-07-05 01:32:38
> ご存じないのであろうか。
もちろん、ご存じでしょう。 ただし、一般人とは正反対の意味でとらえてます。
つまり、「こんなに簡単に言う事をきかないやつを逮捕できるなんて、なんて素晴らしいんだ!」と。
自分は警察と懇意だから、絶対に捕まえにこない自信があるのでしょうね。
Unknownさん (管理人)
2009-07-05 01:58:24
コメントありがとうございます。

間違いなくそうでしょうね。
知っていても、自己に不利になるから言わないだけでしょうね。まぁ、もし本当に知らないかったとしたら、そんな程度の知識しかなくて規制を敷こうとすることにぞっとしますが。

この人が次回の選挙で落選することを願っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。