読書と映画とガーデニング

読書&映画&ウォーキング&落語&野球などなど、楽しく生活したいですね!

映画・ムーンライズ・キングダム

2013年02月17日 | 映画(海外)

 

2012年 アメリカ

原題 Moonrise Kingdom

 

 

「月の昇る王国」とは一体どんなところなのでしょう?

1965年、夏

アメリカのニューイングランド沖に浮かぶ小島、ニューペンザンス島

12歳のスージー(カーラ・ヘイワード)とサム(ジャレッド・ギルマン)が駆け落ちをした

二人が目指すのは地図上の正式な名前が『潮口3.25マイル』となっている入江、ムーンライズ・キングダム

 

二人が出会ったのは一年前、教会でお芝居が上演された時

スージーはキレやすく自分の世界に籠りがちな文学少女、いつも双眼鏡で周囲を見渡していた彼女は母親(フランシス・マクドーマンド)と島に一人だけの警官・シャープ(ブルース・ウィルス)の不倫現場を見てしまう

一方、両親を亡くし里親の元で暮らすサムは変わり者と見なされ、ボーイスカウトのキャンプ地でも仲間とはうまくいっていない上に、里親から面倒見きれないと言われていた

互いにアウトサイダーであることにシンパシーを感じた二人は強く惹かれあい、一年間文通を続けた後、ついに駆け落ちを実行したのだった

 

子供のささやかな抵抗はすぐに大人の知るところとなり翌朝には入江のテントで発見

スージーは両親の元へ連れ戻され、親のいないサムはとりあえずシャープ警部のトレーラーハウスに引き取られる

 

スージーの両親、ボーイスカウトの隊長、シャープ警部たち大人は二人の真剣な思いをどのように受け止めていくのでしょうか

 

 

子供の頃、自分も身に覚えのあるひと夏の冒険を描いた、とてもハッピーな気持ちになれる映画でした

二人の子役は映画初出演とのことですが、初々しい恋物語を無理なく演じていたと思います

脇を固める大人たちの演技も勿論最高でした

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湯本香樹美「西日の町」 | トップ | 佐藤亜紀「金の仔牛」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心洗われ〜 (cyaz)
2013-02-17 16:51:59
こにさん、こんにちは^^

なんか、この主人公の二人に、
大人は汚れた心を洗われたような気がしました。
回りの俳優陣も、何か今までにない演技で、
そこはそこで楽しめる映画だったと思います。
cyazさん (こに)
2013-02-17 19:15:54
子供の成長には周囲の大人の理解が欠かせませんね。
小説でも映画でも、子供が中心の物語にはいつも反省させられます。
こんばんは。 (オリーブリー)
2013-02-18 00:42:18
ミリオンですね(笑)
観終わった後は、特にこれということが思いつかず、でも何だかほっこりとしたわ〜と感じましたが、後からじわじわと頭によみがえってくる作品でした。
ノートンのボーイスカウト姿が可愛らしかったです(笑)
オリーブリーさん (こに)
2013-02-19 19:25:47
はい!
伏見ミリオン座でした。
一番狭い館でもお客さんは半分も入っていなかったかなぁ。

自然の美しさに音楽も合っていました。
ウォード隊長はダメ隊長なのかと思いましたが、そうでもなく、よく頑張っていましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ムーンライズ・キングダム (風に吹かれて)
ちょっと変な人たちのアンサンブル 公式サイト http://moonrisekingdom.jp監督: ウェス・アンダーソン 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 「ダージリン急行」1965年、アメリカの
ムーンライズ・キングダム (あーうぃ だにぇっと)
ムーンライズ・キングダム@ブロードメディアスタジオ試写室
『ムーンライズ・キングダム』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ムーンライズ・キングダム」□監督 ウェス・アンダーソン □脚本 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ□キャスト ジャレッド・ギルマン、カーラ・ヘイワード、ブルース・ウィリス、       エドワード・ノートン、ビル・マー...
ムーンライズ・キングダム (佐藤秀の徒然幻視録)
ページェントの起源のような物語 公式サイト。公式マップ。原題:Moonrise Kingdom。ウェス・アンダーソン監督、カーラ・ヘイワード、ジャレッド・ギルマン、ブルース・ウィリス、エドワ ...
映画レビュー「ムーンライズ・キングダム」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ムーンライズ・キングダム オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆少年少女の駆け落ち騒動を描くハートフルなドラマ「ムーンライズ・キングダム」。無名の子役を大物スター ...
ムーンライズ・キングダム (心のままに映画の風景)
1965年、アメリカ・ニューイングランド沖に浮かぶ小さな島。 家庭に恵まれず、自分の居場所がないと感じている12歳の少年サム(ジャレッド・ギルマン)は、ボーイスカウトのサマー・キャンプ中、置き手紙...
ムーンライズ・キングダム (だらだら無気力ブログ!)
出演陣が何気に豪華。
ムーンライズ・キングダム / MoonriseKingdom (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「アンソニーのハッピーモーテル」「天才マックスの世界」とインディペンデント通な人たちから 愛されてきたウェス・アンダーソン監督最新作 来年2月を前に、マスコミ試写で観させて頂きました〜 監督...
[映画『ムーンライズ・キングダム』を観た(未完成)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・「小さな島の、小さな恋のコメディ・・・、というには深みもあり」・・・。  この作品も、全く予備知識がないままに観た。  かなりの傑作なのでびっくりした。  その作風でかなり有名らしいウェス・アンダーソン監督だが、恥ずかしながら、私、この監督作、...
映画「ムーンライズ・キングダム」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ムーンライズ・キングダム」観に行ってきました。1960年代、アメリカ北東部に浮かぶ小さな島を舞台に、一組の少年少女の行動とそれに振り回される大人達の姿を描いたコメ...
小さな恋と子供と大人 (笑う社会人の生活)
12日のことですが、映画「ムーンライズ・キングダム」を鑑賞しました。 1960年代ニューイングランド島 ボーイスカウトに所属する少年サムと少女スージーは文通を始め、駆け落ち 逃避行する 一方 彼らを追う保安官や親、ボーイスカウトたちがいて・・・ 監督はウィス・....
ムーンライズ・キングダム (いやいやえん)
欠点だらけの大人たちを、少年少女の純粋な恋が変えていく。 黄色がかった色彩はまるで絵本を見てるよう。横スクロールで進む映像もそれに拍車をかける。 ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィ...
「ムーンライズ・キングダム」/「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ウェス・アンダーソン監督の映画2本続けてみました。