言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

拡大抑止力の概念

2012-02-26 | 日記
リチャード・L・アーミテージ ジョセフ・S・ナイJr 春原剛 『日米同盟 vs. 中国・北朝鮮』 ( p.198 )

春原 さて、一般に「核の傘(Nuclear Umbrella)」と言われているものは、正式には英語で「Extended Deterrence=拡大抑止力」と言いますよね。現在もオバマ大統領に「核なき世界」の実現に向けてアドバイスを送っているウイリアム・ペリー元国防長官とこの問題について議論した際、ペリー氏は「よく誤解されているが、拡大抑止力とはただ単に核兵器だけを意味するものではない」と言っています。

アーミテージ 拡大抑止力には(在日米軍を含む)米軍の前方展開戦力も含まれます。

ナイ その通りです。そして、拡大抑止力とは「信用と能力」から成り立っています。つまり、いくら能力だけがあっても、それに見合う信用性がなければ抑止力は拡大しません。たとえば、一九八〇年、あるいは七九年のソ連によるアフガニスタン侵攻の前、当時のアフガン政府に米国が「もしもソ連が侵攻してきたら、あなた方を守るために核兵器も使用します」と言ったところで、あまり意味はなかったでしょう。我々にはそうする能力はありましたが、まったく当てにならない(口約束だ)からです。「信用」というものは、あなたがそこにどれぐらいの思い入れや利害を感じているのか、ということと密接に結びついています。そして、経済的な関係や文化・社会的な交流などから、そうした「思い入れ」はどんどん大きくなっていくのです。だから、拡大抑止力を(核兵器などの)能力だけで語るのは間違っています。我々が日本に対して持っている「思い入れ」と組み合わさることによって、その信頼度は増し、拡大抑止力の効果を最大限に発揮するのです。

春原 核戦力だけではなく、経済力やその他、多くの要因が絡み合って形成されているのが「拡大抑止力」というものですね。

アーミテージ 私とジョー・ナイはそれを「スマート・パワー」と呼んでいます。

春原 「スマート・パワー」も拡大抑止力を構成する要素の一つという意味ですね。

アーミテージ もちろん、そうです。ハード・パワーの概念はご存じでしょうが、人々に自分が望むものを押し付ける方法(軍事力など)のことを指します。それに対して、ソフト・パワーは人々を(自分の望む方向に)説得する方法です。スマート・パワーとはその二つの要素を組み合わせたものです。つまり、部分的には軍事力であり、核兵器であり、通常兵器であり、経済力であり……。

春原 文化的なものも含めてですね。

アーミテージ ええ、文化は大きいですよ! こう言うと、日本の人はいつも「一体全体、どうしてそんなことが言えるんですか」と言いますが、たとえばソウルから東京への文化発信を見て下さい。韓流ドラマ(Soap Operas)があるではないですか。日本のポップ・グループは韓国でもとても有名ですよ。ポップ・カルチャー、現代文化が人々の概念、受け止め方を変える力はとても大きいのです。それも立派な抑止力なんですよ!


 抑止力とは、核兵器だけを意味するものではない、と書かれています。



 能力があっても、(状況次第では)使う意思がなければ、抑止効果は(ほとんど)ない、という話はわかりやすいですね。

 この観点からいえば、日本の「専守防衛」論は、「おかしい」とも考えられます。この観点は重要なので、あとで考えてみたいと思います。



 また、ハード・パワーとスマート・パワーの話も、細かく考慮されている感じがします。米国ではそれだけ、真剣に考慮されているのだと思います。



 ところで、しばらく更新しない期間が続きました。すみません。そろそろ本格的に更新を再開したいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「在日米軍=瓶の蓋」論 | トップ | 在日米軍の「人質」としての側面 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。