言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

都内でも水道水から放射性ヨウ素検出

2011-03-23 | 日記
 被災地の福島県内はもとより、東京都内でも、水道水から放射性ヨウ素が検出された、と報じられています。

 もっとも、「危険なレベルではない」が、「乳児には飲ませないほうがよいレベル」だということのようです。



毎日jp」の「福島第1原発:都内浄水場から放射性物質…乳児飲用控えて」( 2011年3月23日17時22分 )

 東京都水道局は23日、金町浄水場(江戸川水系、葛飾区)の水道水から、国の基準を超える放射性ヨウ素が検出されたと発表した。食品衛生法に基づく暫定規制値で、放射性ヨウ素が水道水1キログラム当たり100ベクレルを超える場合は乳児の飲用に使わないよう求めているが、210ベクレルが検出された。都は同浄水場が水道水を供給している23区と武蔵野、町田、多摩、稲城、三鷹5市の全域に対し、水道水で粉ミルクを溶かしたり、乳児に飲ませないよう呼びかけている。一般向けの基準(300ベクレル)は下回っている。

 都は「代替の水が確保できない場合は飲んでも差し支えないレベル」と説明している。




YOMIURI ONLINE」の「5市町の水道から乳児飲用規制値超す放射性物質」( 2011年3月22日20時08分 )

 厚生労働省は22日、福島県内の5市町の水道について新たに1キロ・グラム当たり100ベクレルを超える放射性ヨウ素が検出されたことから、この5市町の水道水について乳児の飲用を控えるよう通知した。

 水道水についての暫定規制値は1キロ・グラムあたり300ベクレルだが、乳児は放射性物質の影響を受けやすいことから、100ベクレルを指標としている。

 厚労省によると、政府の原子力災害現地対策本部が16~21日までに福島県内の計83か所で実施した水道水の検査結果で判明。100ベクレルを超えたのは南相馬市(21日、220ベクレル)、郡山市(同、150ベクレル)、川俣町(同、130ベクレル)、伊達市(同、120ベクレル)、田村市(19日、161ベクレル)。また、飯舘村では20日に続き、21日に採取した水道水からも規制値の約1・5倍にあたる450ベクレルが検出された。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島第一原発の再稼働は難し... | トップ | コンピュータによる放射性物... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。