言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

労働者保護、法規制強化は失敗 (韓国)

2009-06-05 | 日記
NHKスペジャル『ワーキングプア』取材班編 『ワーキングプア解決への道』(p.46)

新たな法律を作り、企業に対する規制を強めることにしたのだ。

 二〇〇七年七月一日に施行された「非正規保護法」。柱は二つだ。
■『正社員化の義務』――二年以上継続して雇われた人は正社員とみなされる。短期契約を延々と繰り返し、低賃金で雇い続けることをできなくするためだ。
■『待遇差別の禁止』――同じ職場で同じ仕事をする人たちに、賃金・社会保障などで差別を設けてはいけない。非正規労働者を「正社員並の待遇」にすることの義務づけである。
 違反した企業には、最大で一億ウォン (約千二百万円) の罰金が科せられる。


 これは韓国の話です。

 法律で規制を強める手段をとった、と書かれています。(引用は面倒なので省略しましたが) 法規制は事実上、失敗だったようです。脱法行為が蔓延り、労働者の保護にはならなかったのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 官僚の使命感 | トップ | 職業訓練期間の生活費を保障 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。