高橋まゆみ・創作人形「まゆみの気まぐれ日記」

農道をかっぽして歩く笑顔のおじいちゃん。姿が見えなくなるまで手を振るおばあちゃん。やさしさはいつもそばにいた。

花咲く5月

2017-05-01 08:10:41 | まゆみのつぶやき室

5月、ゴールデンウィークの飯山は、何と言っても菜の花が咲き、あちらこちらの家で見られるこいのぼり。

我が家でも長いポールを立てて、気持ちよさそうに泳いでいます。

さて、

千葉、市川グランパでの作品展が開催されています。

キャプション文字でお世話になっている伊藤さんの、相田みつをギャラリーや、美味しいボローニャのパンも売っているグランパ。

 

初日には、絵手紙の生徒さんや沢山の方がおいで下さり、お話したりサインをしたり、用意されたおにぎりも詰め込むほどの忙しさ。

こんな感じ、久々なので伊藤さんや関係者の方々の宣伝効果を感じずにはいられませんでした。

人形展は連休明けの5月7日までやっておりますので、是非行ってみて頂きたいと思います。

初日には沢山のお気持ちを頂戴し、感謝しております。ありがとうございました

 

グランパの人形展を見届けて帰ってきた次の日曜日

一緒に準備に行っていた人形館の支配人{井田ちゃん}に誘われ、彼女の暮らす、戸狩の五束ではカタクリの鑑賞会があるという。

誰でも参加OK!・・・・無料・・・・・に惹かれ、旦那と参加しました

 

あちらこちらに群れを成す、カタクリに圧巻。小1時間ほどの山道を、川や鳥の声に耳を傾け、顔に降り注ぐ木漏れ日、芽吹き始めた木々。可憐に咲く山野草。

これまで、少し根を詰めて創作してきたので、体の中から水分が潤うようで、本当に参加して良かったと感じました

 

井田さんのご主人と信大の学生さんも道案内と解説をしてくれたり、嬉しかったのは戻ってきた時の、村の奥様方の手つくりおにぎり。

漬物やみそ汁もついて、しかも宝地米と言う、ほったらかしだけど、みんなで作ったと言う地元のお米のお土産までついた。

カタクリの咲く頃、鑑賞会の日が決まるという、この催しは10年以上も続くと言う。

来年、良かったら、お出かけになりませんか?

そんなゆとりと、心の栄養を頂いて、さぁ~百姓が始まるぞ!

って言っても、あまり役に立たないからね。

でも、出来ることはやらなきゃね。腰の曲がった年寄りたちを見てるとねぇ~・・・・・・・・・

 

 

 

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

今日から4月

2017-04-01 09:32:48 | まゆみのつぶやき室

最近あまり、エイプリールフールの騙しあいって、聞かない気がするけど、私の周りだけだろうか・・・・・

さて、今日から四月

信州の飯山は、まだ朝夕暖房を入れないとひんやりしています。それでも、雪の下から、福寿草やオオイヌノㇷグリなどが顔を出してくると、待ち焦がれていた大好きな春を感じます

3月の末には年二回の人形館の入れ替えが終わり、今はまた次への仕事に取り掛かっています。

自分の性格からいって、お天気がいいと一日家にいるのが苦痛で、ふらふら出歩くのですが、追われる仕事があると、そうも言ってられない。いい事かもしれないね!

今回の入れ替えでは、「働くこと、生きること」がテーマになっているので、収穫など働き者の村人たちを中心に並べました。そして3作品の新作

またまた、こんなものに挑戦しましたよ

達磨大師がだるまに目を入れている人形です

赤い、古代縮緬が鮮やかで、とても目立っています

もう一つは、「桃太郎」

3太郎シリーズのCMで、人気なので、パクリました

 

写真が良くありませんが、おさるが気に入っています。

もう一つ「眠れぬ夜に」と言う、枕を抱いて眠れない男の子を毛布を挙げて「さぁ、ここにお入りと、招くおばあさんの作品

私のように、お天気がいいと、じっとしていられない方、そうでない方、新しい展示見に来られませんか。

お待ちしております

 

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

弥生3月 花の咲く頃

2017-03-09 10:48:39 | まゆみのつぶやき室

1月14日から始まった、茨城県 しもだて美術館での展示会が3月5日をもって終わった。

会場に着くと華やかに雛飾りがずらり

今回は人形館から3人、私と4人での撤去作業だったが、閉館の6時からの作業だったので、終了したのが夜中の

11時過ぎであったと思う。静かな外は暗闇の中、黙々と人形や展示物を包み箱に入れて行く。

人形たちにお疲れさまと言う気持ちで、シートにまとめた人形の一つを取り上げ、そっと抱きしめる。

どんなに疲れていても、笑い返してくれる人形たち・・・・・・愛しいと思う。

夜中の作業だったので、次の日は運送屋さんにゆだね、私たちは残り時間をその辺りで費やすことにした。

 

しもだてから1時間半ほどの笠間市 笠間稲荷神社に参拝

梅の花が5分咲き きれいでしたね!

稲荷神社という事で、周りはお稲荷さんを売る店や狐さんが一杯。

 

実は私、ずっと前から、狐の嫁入りを作りたいんです。

まだ、エネルギーとイメージがわかなくて、タイトルだけついてる状態だけど、今回のお狐様にはちょっと刺激されましたね。

いわれも何もわからないのだけれど、妖艶な魅力を感じています

笠間稲荷神社からほど近く、焼き物が有名な場所でもあるので、ギャラリーロードを周り、帰路につきました。

まだまだ、雪の残る飯山ですが、花咲く3月

ワクワクする季節ですよね

 

お知らせ

3月11日  午後7時~  BS日テレさんに陽さん、谷村さん、チャゲさんの対談番組があるそうです

是非ご覧ください!

 

 

 

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

二月の講習

2017-02-19 21:52:06 | まゆみのつぶやき室

毎年、二月には人形館の休館日に二度、スタッフ、サポーターにお客様に説明ができるようにと、小さな人形を教えている。

ここ数年、カレンダーの表紙にもなっている干支が題材となるが、今年は可愛い「ひよこ」

なんか、かぶりもんみたい……とか。顔があるのに目も付けるんかい・・・・とか。

解ってないんだなぁ~。それがいいんだって。それが創作と言うもの

まぁ~そんな事も、口にせず、作りだせば皆夢中。

二回でよくぞ出来たものだと感心。それぞれのポーズ。それぞれの表情。

このひよこさんは、私の十八番になりそうだ!

 

 

 

さて、そんな講習も終わり、先日、知り合いに声をかけて頂いて、異業種の会{鎬の会}に参加してまいりました。

お医者さんもいればアナウンサーや飲食店の方もいたり、会社の経営者であったり設計士さん、はたまた、ジュエリーのデザイナーさんなど60人ほどの人がおりました。今まで、この会に顔を出された方は900人もいるという事で、いつでも、だれでもと言うわけにはいかない感じでしたが、こういう事でもなければ、知らぬままの関係を近いものにしてくれる会だと思いました。

人形を作ってきたおかげかな。話してみると皆気さくで仕事を離れて、年代も職業も共通する事がなくても、こんな機会もまたいいなと思いました。

友達と参加したので、日々から逃れるようにその日はゆっくりして、仕事ではなく、泊まったのは久しぶり。

 

二人とも、鋭気をもらい、エネルギーを蓄えられたのではないかと思っています

 

 

 

 

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

このところ

2017-02-06 10:22:56 | まゆみのつぶやき室

最近、私の周りがざわめいています

実は、放送になったので、もういいでしょう……という事で、先日「嵐にしやがれ!」と言う番組に出させていただきました。

そうなんです。実は人形館に番組のロケで、嵐の櫻井翔くんが、やってきてくれました。

親子ほども年が違うので、君付けさせていただきますね。

大雪の日で、それはもう、ロケも大変だったと思いますが、温泉に入ったり、野沢温泉に行ったりで、一番の目的であったおさるの温泉、地獄谷は道が閉鎖になってしまったようです。

翔くんは、目がキラキラして、素敵でした

作った人形も番組の中で紹介されましたが、もう少し、似せられたのに・・・・・と今更ですが、言い訳しておきますね。

 

さて、そんな二月に入り、陽気は温かく、雪溶けの雨だれが屋根から落ちてきています。

さぁ~これから、どんなお人形をつくろうかな。

やっぱり、この時期、お雛様が作りたいね。と言いながら・・・・

先にこさえないとならない人形があってね・・・大変なのよ!

でもね。私の大好きな季節

ひんやり透き通った空の窓から突き刺す、あったかい光

今にも殻を割って顔を出しそうな猫柳

春  らんらん 笑いの花を咲かせましょう

 

 

 

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

新年も半ば過ぎ・・・・

2017-01-18 11:15:35 | まゆみのつぶやき室

今更ですが、2017年になりました

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月18日の今日はとても暖かくいいお天気ですが、昨日までの雪降りで、今飯山はこんな感じです

 

ふわふわとしたやわらかい雪。木々を覆うキラキラした霜柱。

こんな大雪でも人形館に訪れて下さる方もいて、看板前で写真が撮れるように、スタッフたちがそこだけ雪をどけてくれたり、雪ウサギでお迎えしたり。

楽しんでいますよ!

二月に入ると、雪まつりやかまくら祭りも始まりますので、お出かけになりませんか

今月の私はと言うと、すっごく忙しくてあれやこれや進めなくてはなりません。

でもいつも思っているのは、家にいて出来る仕事でありがたいと。

先日から始まった、茨城県の筑西市 しもだて美術館の展示では人形館と同じ数くらいの人形が並んでいます。

美術館らしい高い天井。天空散歩が出来るような日当りのいい通路スペース。

一階には、軽食喫茶や地元の作家さんなどの焼き物などが並んでいる。

3月5日までやっていますので、良かったら行ってみてください。

 

毎年、新年が明けると目標と言うか誓いを立てるが今年は・・・これにしよう!

「本物に近づくべく、学びを忘れない」

まだまだ身につくものが沢山あると思っているので、今からでも遅くない。

学べるときに学ぶ

 

本年も一年どうぞよろしくお願いいたします

 

                高橋まゆみ

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年、過ぎ行く

2016-12-31 10:50:13 | まゆみのつぶやき室

いよいよ、後何時間かで、今年も終わるのですね。

世の中って、こういう節目があるから面白い。きっと、今日と明日では空気が間違いなく変わるもの。

以前投稿していた事のある、季刊誌「清流」という本がいつも届くのですが、心の教えのような素敵な本で、昨日も我が家に届いていました。

まだ、ほとんど読んではいませんが、正月にゆっくり読もうと思っています。

いつもテーマがあって、今回は「運を味方につける生き方」で、色々な方がそのテーマに対して自分の意見を語っている、

目に留まったのが、一番最初に宗教人類学者の植島啓司さんの言葉。

その中の一つにこんなことが書かれている

「運と寄り添って生きていくこと」を考える

忙しさの後では精神をゆっくりといたわり、休息の後では次に来る激しい高揚に向けて準備を整える。ゆっくりと生を楽しむ姿勢こそが大切・・・・・と書かれている。

どの方もネガティブな言葉はなく、前向きだ。

 

まだまだ人様に教えられる毎日だが、怒ったり、すねたり、妬んだり・・・・そんな物は無駄なエネルギーだと思えてきた今日この頃。

人間だからそれも難しいが、せめて2017年はそんな無駄なエネルギーをプラスに変えて行きたい!

一年、ありがとうございました。皆様の良き一年をお祈りいたします。

                         高橋まゆみ拝

              

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

あさやけ

2016-12-22 09:25:16 | まゆみのつぶやき室

冬至の夜を終えて、朝起きるとびっくり。

窓が赤く染まっていたので、思わず外に飛び出しました

山の稜線を照らす、真っ赤な空

最近、自然現象にばったり会うことが多く、先日上越に行った時も、くっきりはっきりの虹が見えました

 

端から端まで途切れることもなく綺麗な半円形。

きっと、多くの人が目撃しているだろうが、あまりの素晴らしい自然の宝物に、しばし見入ってしまいました。

 

さて、お買い物で、スーパーやホームセンターに行くと、すでに正月飾りやお節料理の材料などが、目のつく場所に並べられている。四季の歳時記はこういう所で発信され、気持ちを乗せてくれるのだろうなと思います。

 

今年は大きな出来事もなく、淡々と過ぎて行ったように思います。

ただ、人形を仕事として続けていると、経験したことがない仕事が舞い込んで来たり、陽さんのように映画になったり、まだまだ刺激を求めて、見たことのない世界を覗いてみたいとも思います。

大掃除もしなければならないけど、まずは仕事部屋をすっきりして、目標は「机一つだけ」なんだけどなぁ~・・

捨てる勇気がないものがいっぱい。整理上手になるにはどうしたものか

それが目下のお悩みです!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

師走

2016-12-06 16:40:25 | まゆみのつぶやき室

いよいよ12月に入りましたね。

今年は大雪予想も、なんのその。今のところ、その気配はないが、一気に寒くなって、ドカンとやってくるのが気まぐれなお天気。

ある人が言っていたっけ。雪あるところに雪がないと拍子抜けして体がなまる・・・・・・と。

へぇ~!そんな人もいるのかと思ったけれど、飯山は雪あっての観光所。昨年のように全く降らないのもなんだけど、そこそこにって感じでしょうか。

さて、この年末近くになってバタバタとしています。

作る人形があったり、出かけるところがあったり。

面白いお話がいくつか来ていて、それに向けて気持ちを切り替えています

また、ご報告できればと思います

 

さて、陽さんの「八重子のハミング」が、山口県で先行上映されていますが、好評で多くの人が来てくださっているようです。よかったぁ~!!

ずっと、人形とともに見てきた方なので、映画になるまで、それは魂をつぎ込んで関わってきたと思うのです。

次から次と大変な事が舞い込んでくる陽さんだと思うけど、逆境に強い人。

壁が高ければ高いほど乗り越えてゆける人だと思うのです。

NHKのTV番組や、先日は週刊誌の女性セブンにも7ページにわたって記事になっていたっけ。

来年4月頃から全国ロードショーという事で、ぜひ見て頂きたい映画です。

お知らせ

今週12月10日午前11時30分~54分

NHK総合「目撃!日本列島」命をかけて伝えたい~映画監督佐々部清が描く愛

という番組が放送されます。

 

2016年

出会ってくれた方たちに感謝し・・・・・・・ありがとう!

 

 

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

2016-11-01 11:04:56 | まゆみのつぶやき室

いよいよ11月  霜月に入りました

私は今まで、人形の巡回展をしてくる中で全国のほとんどを回ってきたが、山口県の萩市は、本当に素晴らしい所だと思っている

 白壁に瓦屋根。夏ミカンがぷっくり実をつけて、道行く人を覗いている

そんな萩市には「八重子のハミング」を出版している陽信孝さんがいて、映画がいよいよ公開されるという事で行ってきました。

飛行機に乗ればあっという間。宇部空港からのアクセスも、高速道路が途中までとはいえ繋がってきているので、以前来た時よりも

ずっと早い

陽さんが宮司を務める、金谷天満宮でまずはお参り。ここでの撮影も多かったと聞く

陽さんと合流し、いざ映画館へ・・・

「なに!なに!これは」懐かしい昭和レトロ

何とも風情のある、アンティークな映画館である。中に入ると、一階は飲食店が何件か入っている。

らせん状の階段を上ると、こじんまりとしたチケット売り場。100席ほどの観覧室

そして、こんな懐かしい映写室まで入れてもらった

 とにかく懐かしい昭和の香り、住人の皆さんがこの映画館を残そう・・・という強い心意気が感じられ、嬉しくなった。

佐々部監督、升毅さん、高橋洋子さんの舞台挨拶が終わり、いよいよ始まる・・・・・・

場面は陽さんの講演から始まり色々な場面へと繋がってゆくのだが、いつの間にか役者さんが陽さんや八重子さんに見えてくる。

本の中の、いくつものエピソードが映像となって映し出され、いつの間にか頬に涙が伝い、こぼれ落ちてくる。

これまでも、認知症をテーマにしたものはあるが、これは

ただの介護をテーマにした映画ではない。この映画には沢山の教えと指針がある。

ここに来るまでには家族一人一人の想いも見えてくる。試写会の会場の後ろの隅で、陽さんのご家族もいらしたが、娘さんの複雑な表情も見て取れたが、私ももし、同じ立場だったら父親に食って掛かっていただろう。……なんでアルツハイマーの母の日常をあえて表に出さなければならないのかと。

陽さんは、歩きながら会場に向かう道すがら、ぽつりとつぶやいた。

家族がみんなで来てくれた事が、許したということかもしれんね・・・・・・・と。

考え方の違いで、ぶつかることもあったと思うが、深い愛情のあふれる家族だと改めて思う。

映画という形にして残してくれてありがとう・・・・・・私は心より、そう思った

今、同じ状況、同じ葛藤をしている人たちがどれほどいるのか。

この映画を見れば、きっと気が付くことがあるはず。

山口行きはぎりぎりまで迷った。しかし、行ってよかった。見られてよかった。

翌日、半日ほど陽さんおすすめの図書館、博物館、城下町などを歩いた。

まだ、建って二年ほどという新しい図書館は、明るく天井が高い。木の香りとわかりやすい本の配置。豊富な机と椅子に、建物の前には広い庭。これだけの施設があったら、老若男女日向ぼっこをしたり、本を読んだり一日中でもいられるのではないかと思うほど、居心地がいい。

博物館には部屋ごとに解説をしてくれる方がいて、萩から出た勇士や文化人の話を詳しく聞ける。

瞬く間に帰る時間になってしまったけど、また行ってみたい。ゆっくりと

二つ並んだ映画館の片方では懇親会の準備がされ、人形館でも企画展として展示している資料などをパネル展示で見せてくれていた。

 

縁は繋げるものでなく、繋がってゆくもの。

陽さんとのお付き合いも10年以上になる

よく頑張ったね!ご苦労様でした

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加