笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

論理的な真相は・・・

2013年01月28日 | 小説
小説「メルカトルかく語りき」を読みました。

著者は 麻耶 雄嵩

探偵メルカトル鮎とワトソン役といえる美袋三条
事件を解決していく推理モノ

5つの短編からなる構成

なのですが・・・
これは、何なのか、実験ともいえる感じで

モヤモヤ感が激しく
あえてなのですがね

論理的に語られる推理
しかし、論理的だからこそ その真相には・・・

えぇ!と言った感じで
そんなのアリですかぁと

うーん

論理性、ストーリー構成などは考えつくされていて凄いけど
私的にはちょっとな

私的評価:3
    好みはあるだろうが ミステリ好きは読んどくべきかも
    かなり攻めてるなぁ

この メルカトルは前作もあるみたいで
ちょっと気になります


それでは、また



『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それぞれの事件 | トップ | 漂流の果てに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
(書評)メルカトルかく語りき (新・たこの感想文)
著者:麻耶雄嵩 メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)(2011/05/10)麻耶 雄嵩商品詳細を見る 銘探偵・メルカトル鮎。その事件の現場に、作家である美袋を伴って彼は現れる。全5編を収録した問題作。 ...
『メルカトルかく語りき』-ようこそ麻耶ワールドへ- (くろくろDictionary)
メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)(2011/05/10)麻耶 雄嵩商品詳細を見る 先月発売した、麻耶雄嵩著『メルカトルかく語りき』! 読了したので感想を。 本作は短編集で、銘探偵・メルカトル鮎と助手...